Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月12日

おすすめカードローンを徹底解説!審査や金利の仕組みを解説

電車の広告やテレビのCMなどで見かける機会が多くなったカードローンですが、消費者金融や銀行カードローンは使いやすい反面、使い方を間違えると返済に苦しむことになります。

消費者金融と銀行カードローンの違いについて、金利はどうやって決まっているのかを借入する前に確認してから借入することがとても大切です。

本記事では、正しいカードローンの知識や使い方、消費者金融と銀行カードローンのおすすめポイントやメリット・デメリットについてプロの編集者が徹底解説を行っています。正しいカードローンの使い方や知識を学んで自分に合ったおすすめのカードローンを選びましょう。

また、「当サイト money-city」では無理な借入を推奨するために作られたものではありません。借入をする際は返済計画を立ててから利用しましょう。

MoneyCityおすすめ金融機関別カードローン

MoneyCityの編集部がおすすめするカードローンランキングを発表します!カードローンは大きく分けて消費者金融と銀行カードローンの2種類があります。

消費者金融では、即日融資が可能だったり、無利息サービスの特典がついてるところもあります。銀行カードローンでは金利が低めに設定されていたり、利用限度額が消費者金融より高い場合などがあります。

それぞれの金融機関ごとに特徴が分かれているのでカードローン会社を選ぶ際に参考にしてください。

金融機関の種別消費者金融銀行
特徴金利が高め・即日融資が可能 即日融資は不可・金利が低い
審査時間
審査難易度
金利
総量規制が適用されるか×

上記の表を見ると、消費者金融と銀行カードローンの違いがわかるかと思います。

ここから本記事では、消費者金融と銀行カードローンの違いや、知っておきたいカードローンの知識やカードローンのメリットとデメリット、カードローンの審査や消費者金融と銀行カードローンそれぞれのおすすめポイントの解説、抑えておきたい金利の仕組みについて解説していきます。

おすすめ消費者金融のポイントと特徴

消費者金融の最大の特徴は即日融資が可能ということです。

大手消費者金融は各企業ごとに特徴があり、自分に合った会社を選ぶとお得に使うことができます。また、これからおすすめするカードローン会社は、多くがメガバンクのグループ企業となっているので安心して借入することができます。

また、消費者金融は銀行カードローンにはない借入する際に無利息期間を設けている企業が多いので上手く利用することをおすすめします。

アコムなら審査が最短30分!お急ぎの方におすすめ

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

三菱UFJフィナンシャルグループに所属する日本最大のカードローンの「アコム」の最大のメリットは、審査の手続きが最短で終われば最短30分で即日融資が可能です。

この融資スピードがアコムの最大のメリットです。また、アコムと初回契約時のみ30日間金利が0円となるので、この無利息期間中に一括返済を行うことができれば利息もかからずに借入をすることができます。

アコムは新規成約率が高く、会員数が業界ナンバーワンなのでオペレーターの対応も丁寧で安心できます。初めてのカードローンを選んでいる方に検討してみてください。

なお、過去に金融事故などを起こしたことがあったり、審査に不安がある方は3項目を入力するだけで借り入れが可能か、不可能かを診断してくれる3秒診断というサービスがあるので試してみてください。

プロミスの瞬フリを使えば最短10秒で申し込みが可能

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短10秒で振り込み

プロミスの独自サービスである瞬フリを使うことで24時間365日のいつでも振込の受付をしており、利用手数料も0円です。

瞬フリを使うことの最大のメリットは申し込みの申請を行う時間が24時だろうと、早朝の5時であっても振込完了までにかかる時間は10秒です。

そして、プロミスの金利設定は年率4.5%~17.8%です。この金利設定は、消費者金融カードローンの中でもっとも低く設定されています。

また、プロミスでは女性専用窓口も用意されているので、借入に不安を考える女性も安心して利用することができるのでおすすめです。

アイフルは申し込みがwebだけで完結する

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1時間で振り込み

アイフルは申し込みから借入までwebで完結ができます。家族や親にカードローンを利用していることが知られにくいため、安心して利用できるカードローンです。

最短30分で審査が完了し、最短60分で融資が可能というスピードもおすすめできます。

アイフルには「SuLaLi」という限度額10万円向けの女性向けカードローンがあります。今まで借入をしたことがない方でも女性のオペレーターが対応してくれるので安心して借入ができます。限度額が10万円までということもあり借りすぎを防ぐことができます。


そして、高額所得者を対象とした最低融資額が100万円の「ファーストプレミアム・カードローン」という商品もあります。年齢制限が23歳以上59歳いかになっており、金利も3.0%~9.5%で、上限金利が9.5%という低金利ローンの為、審査はかなり厳密に行われます。

アイフルでは、「1秒診断」と呼ばれるネット診断も行うことができます。審査を受ける、前に借入が可能かどうか試してみましょう。

SMBCモビットはスムーズなWeb完結申し込みがおすすめ

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 実質金利 審査時間
可能(条件あり) 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 なし 最短3分で振り込み

株式会社SMBCモビットは、三井住友銀行と同グループのノンバンク系消費者金融です。ノンバンクとは預金業務は行っておらず、お金を貸すことだけに特化している金融機関を指しています。

SMBCモビットは、他社の消費者金融のカードローン商品では、契約書類の郵送があったり、在籍確認の際に電話連絡があったりと、利用者の手間となる手続きがあります。

しかし、SMBCモビットのWeb申し込みでは「郵送物ない」「電話連絡なし」という特徴があります。

Web完結申し込みは申込者のプライバシーに配慮したSMBCモビットの独自のサービスがおすすめです。

また、SMBCモビットに生年月日、年収、現在の他社借入全額を入力するだけで、お借入可能かどうかの簡易的な審査結果を得られることができます。お借入を検討している方はぜひ試してみてください。

レイクALSAなら無利息サービスが選べる

即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~18.0% 申し込み後、最短15秒
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 下記参照 Webで最短60分融資も可能

・ご融資額:1万円~500万円
・ご利用対象:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方
・遅延損害金(年率):20.0%
・ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
・ご返済期間・回数:最長8年、最大96回
・必要書類:運転免許証 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
・担保・保証人:不要

\  最短即日融資希望で /

2018年3月まで受付を行っていた、新生銀行カードローンレイクから2018年4月から消費者金融レイクALSAとして生まれ変わりました。レイクALSAは新生銀行グループの新生フィナンシャル株式会社が適用するカードローンです。

レイクALSAのおすすめポイントは、他社の大手消費者金融ではお借入や返済の際に手数料が発生してしまうのですが、レイクALSAは何度でもご利用手数料が無料です。

また、無利息サービスを初回契約時に選ぶことができます。初回契約翌日から30日間全額、Webからの申し込みの方のみご利用できる60日間無利息サービスもしくは、180日間5万円分の利息が無料の中から選ぶことができます。

そのため、返済の計画を建てて借入することができれば、お得に借りることができるサービスを選択することができます。

------------------------------------------------------------
・初めてなら初回契約翌日から無利息
・無利息期間経過後は通常金利適用
・30日間、60日間、180日間無利息は併用不可
・60日間:Webで申込いただき、ご契約額が200万円までの方
・180日間:ご契約額が200万円までの方
・30日間:ご契約額が500万円までの方
 Web以外(自動契約機や電話)で申し込んだ場合は30日間無利息を選択できます。
 Web申込でも契約額200万円を超えた場合は30日間無利息のみ利用が可能
------------------------------------------------------------

おすすめ銀行カードローンのポイントと特徴

近年利用者が増えているのは銀行カードローンです。
銀行カードローンは、メガバンクならではの知名度や安心感、信頼感の高さが特徴なのでおすすめです。

銀行が取り扱っているカードローン商品 ( 通称: 銀行カードローン ) を利用したい人は、金利、利用限度額、融資速度、返済額や借入方法など、それぞれに特徴があるので自分に合ったカードローンを選択するのが肝心です。

金利が低くて使いやすい!MR.カードローン (住信SBIネット銀行)

住信SBIネット銀行Mr.カードローンはネットバンクである「住信SBI銀行」が直接取り扱う銀行カードローンです。

大手メガバンクの一角である三井住友銀行とSBI証券が共同で出資して誕生したネットバンクです。

住信SBIネット銀行では、借入する条件によって2種類の金利が選べます。プレミアムコースと呼ばれる金利年1.59%〜7.99%、スタンダードコースと呼ばれる金利年8.99%〜14.79%のどちらかが適用されます。

金利の引き下げ条件を満たすことができれば、低金利で借入を行うことができます。また、手続きをネット上で全て行うことができるのでスムーズに借入を行うことができます。

使用用途が豊富で使いやすい、楽天銀行カードローン

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
不可 1.9%~14.5% 数営業日
Web完結 無利息期間 融資時間
あり なし 楽天銀行なら即時

楽天銀行スーパーローン ( 楽天銀行カードローン) というカードローンを展開しています。楽天ブラントということから、安心感もあるので「楽天銀行カードローンを利用してみたい」という人は多いかと思います。

楽天銀行カードローンは楽天銀行の普通預金口座開設不要で、お持ちの銀行口座に振込融資可能な銀行カードローン商品です。 また、楽天を利用して得られるポイントに応じて、レギュラー、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドのランク分けがされます。

普段から楽天のサービスを利用している方は楽天銀行スーパーローンの審査に通りやすいと言えます。

そのほかにも、楽天のほかサービスを使用した際の特典などが豊富です。楽天カードや楽天のサービスを利用している方におすすめのカードローンです。

そもそもカードローンとは | 知っておきたい知識や特徴を解説

カードローンとは、金融機関が個人に対して行う、使用目的が自由で、無担保の融資のことです。契約時に利用限度額が設定されて、限度額の範囲内なら何回でも借入でき、返済することが可能です。

カードローンは、担保(たんぽ)なしで、保証人なしでお金を借りることが可能です。また、保証人も必要がない為、審査も早く、お金を借入するためのハードルが低くいのが特徴です。

カードローンの特徴とは?

カードローンの借入を考えている方の中に、どのような特徴があるのかについて気になる方がいらっしゃると思います。

カードローンの特徴として「使用用途が限定されない」「利用枠内であれば、何度でもお金を借りることができる」「他のローン商品に比べて審査の時間が早い」「いつでもどこでも借入と返済ができる」などが特徴として挙げられます。

カードローンとキャッシングの違いとは?

クレジットカードのキャッシングとカードローンは大きな違いはありませんが、サービスの中身について若干の違いがあります。

キャッシングとは、多くのクレジットカードには、買い物に使える「ショッピング利用枠」と、ATMなどから現金を借りられる「キャッシング利用枠」が設けられています。このクレジットカードに付帯する現金を借りられる機能のことをキャッシングといいます。

カードローンキャッシングのサービスの中身の違いは金利と限度額です。 一般的にカードローンは、クレジットカードのキャッシングに比べて、金利が低めに設定されています。そのため長期間利用することを考えている場合は、カードローンの方が利息が膨らむのを抑えられるのでお得になります。

また、クレジットカードのキャッシング枠は、おおよそ10万円から最大100万円まで設定されてますがカードローンの利用限度額は10万円から最大1,000万円まで設定していることもあり、まとまったお金が必要な場合は、カードローンを利用した方が良いでしょう。

知っておきたいカードローンに関する法律の知識

カードローンを利用する際に、知っておきたい法律の知識について解説します。

借入を検討する上で考慮しなければならないのが「金利」「総量規制」です。

「金利」とは、カードローンのお借入金額に応じてお支払いいただく利息の割合のことです。2010年6月に上限金利が引き下げられました。その結果、10万円未満の借入額に対しては年率20%まで、10万円~100万円未満の借入額に対しては年率18%まで、100万円以上の借入額に対しては年率15%の金利が上限金利と定められています。

「総量規制」とは、借入する金額が年収の3分の1以上の借入ができないという規制です。

カードローンの4つのメリット

使い勝手が良いカードローンのメリットを解説します。上記の4点が挙げられます。それぞれ詳しく解説していきますのでお借入を検討している方は参考にしてください。

保証人や担保が原則不要

カードローンのメリットは保証人や担保が原則不要ということです。しかし、教育ローンや住宅ローン、自動車ローンなどと比べるとかなり金利が高くなってしまいます。

また、カードローンが保証人担保が原則不要なのは以下のような理由があります。

カードローンが無担保の理由

借入したお金の利用目的は自由

教育ローンや住宅ローンなどと比べて、カードローンは「資金の用途が限定されていない」ことがメリットの1つです。

教育ローンやマイカーローン、教育ローンなどお金の使い道が明確に制限されていますが、カードローンは基本的に用途を問いません。

しかし、カードローン会社は審査の際に会社の利益を損失しないために利用目的からも将来お金を返してくれる可能性を計算しています。よって、カードローンから借入したお金の利用目的は自由ですがギャンブルや博打などの理由で借入することは控えましょう。

提携ATMを利用すれば利便性が高い

大手のカードローンや銀行カードローン会社の多くは主要コンビニATMと提携しており、24時間365日近くの身近にあるコンビニで借入をしたり、返済ができるサービスを提供しています。

急遽お金が必要になった時も借入できる

カードローンでは、急遽お金が必要になった時も借入することができます。「外出先でお金が急遽必要になった」「まとまったお金が早急に必になった」と考えている人にとっては大変使いやすいカードローンです。

また、審査に通れば原則、利用限度額までなら何度でも審査不要で追加融資を受けることができます。利用限度額とは新規申し込み時の審査で決定された最大利用可能額のことです。

仮に100万円の利用限度額をお持ちの場合は、100万円までなら何度でも融資を受けることが可能です。カードローンでは追加融資を受ける利用回数が「月に何回まで」や利用限度額が「月にいくらまで」などの取り決めはありません。

カードローンの4つのデメリット

カードローンは24時間365日借入ができ、保証人や担保が不要だったりと使いやすい反面、カードローンにも他の教育ローンや不動産担保ローンなどに比べてデメリットがあります。

保証人がいないので金利が高い

有担保ローンなどと比べると、金利が高いことが挙げられます。

カードローンは無担保であり、保証人も必要ないので各企業の貸付対象者を満たしていれば、とても気軽に申し込みが可能となります。

一方で消費者金融側は審査を通して担保なく人を信用してお金を貸しています。また、銀行カードローン側も保証会社に委託をして保証人と担保を不要としています。

そのため、利用者が返済未納や音信不通になるリスクが発生します。そのリスクの引き換えとして金利を高く設定しています。

利息が膨らむと元金が減りにくい

カードローンではお借入した借入額によって「最低返済額」が設定されています。最低返済額とはカードローンを利用している方が、毎月必ず支払わなければならない返済金額のことです。

最低返済額は利用者にとって負担があまりかからない金額で設定されています。決められた最低返済額のみを返済しているとなかなか元金が減らない原因となりますので返済が長期化する恐れがあるので借入のしすぎには注意をしましょう。

信用情報に傷がつく恐れがある

カードローンから借入をすると利用履歴が信用情報に記録されます。指定されて返済日から1~3ヶ月入金されなかった場合に返済遅延として信用情報に記録が残り金融トラブル(金融事故)として傷がついてしまいます。

また、カードローンの審査や住宅ローン、教育ローンの審査は返済履歴などの信用情報に傷がついていると審査に通りにくくなってしまうので信用情報には傷をつけないように返済を計画的に行いましょう。

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
 
近年、クレジットカードを利用して買い物をしたり、ローンを利用して自動車を購入するなど現金を使わずに支払をすることが増えてきています。
このように現金を使わずに「個人の信用(期日までにお金を支払うという約束)」にもとづく取引を「信用取引」といいます。

そして「個人の信用」を客観的に表した情報が「信用情報(※)」です。 

信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。
信用情報は、皆さまの「信用力」を表す唯一の情報であり、「個人の信用」にもとづくサービスの提供を希望する際に大切な情報です。

出典: https://www.jicc.co.jp/whats/about_00/index.html |

利便性が良く、借金に慣れてしまう恐れがある

カードローンの借入は365日、コンビニなどのATMや専用ATMなどから借入ができるので利便性が良く、ついついお金を借りてしまう癖がついてしまいます。

毎月の最低返済額だけを返しながら、想像していなかった金額を借入してしまうと利息が膨らんで借入金額を返済することが難しくなるので注意しましょう。

カードローンの審査について解説

消費者金融カードローンも銀行カードローンでも、お金を借入する際には必ず審査を受ける必要があります。カードローン会社ごとに審査基準は異なりますが、審査で確認される項目や仕組みに大きな違いはありません。

消費者金融のカードローンや銀行カードローンの審査の流れは、「申し込み→仮審査→本審査→契約→借入」という流れで行われます。本審査の一環で行われる在籍確認では、職場への電話連絡も行います。

審査前に読んでおくべきことを解説!

カードローンの審査の前に読んでおくべきことを解説していきます。

消費者金融でも銀行カードローンでも、審査の際に仮審査本審査が行われます。

仮審査とは、申し込み時に申請した勤務先や年収、年齢などををコンピュターが自動で点数化し、審査の合否を決めることです。仮審査の審査方法はスコアリングという方法で行われています。

本審査では、担当者が人力で申請内容を確認して、虚偽申告がないか、過去に金融事故を起こしたことがないかをもう一度確認する作業のことです。

実際に、審査に通りやすい人の特徴と審査に落ちやすい人の特徴を書いていきます。

審査に通りやすい人の特徴

どのような職業の人が審査に通過するのか、また反対に審査に通りにくいのかについて気になる方は多いかと思います。

そこで審査に通りやすい職業について下記の表にまとめたので参考にしてください。

職業通りやすさ職業通りやすさ
公務員ベンチャー企業の社長
正社員水商売
パート・アルバイト学生
派遣社員無職×
個人事業主専業主婦×

公務員や正社員の方は安定した収入を確保することができるので、他の職業とは違い審査に通過しやすい職業と言えるでしょう。

個人事業主やベンチャー企業の取締役などの方は、返済計画書などの提出を消費者金融に行い、その計画書が承諾されることができれば借入を行うことができます。

また、学生に関しては毎月アルバイトなどで「安定した収入」を確保できているのであれば申し込むことは可能です。ただし、カードローンの利用履歴は将来的に住宅ローンや自動車ローン、教育ローンを組むときに不利に働くことがであります。

審査に落ちやすい人の特徴

どのような職業の人が審査に落ちるのかについて気になる方は多いと思います。

審査に落ちる人の特徴として挙げられるのは以下の通りです。

審査に落ちやすい人の特徴
  • 安定した収入がない
  • 規定の年齢を満たしていない
  • 勤続年数がきわめて短い
  • 既に借入残高が総量規制に触れている
  • 短期間に複数社に申し込んでいる
  • 本審査の際に在籍確認が取れなかった

上記のようなことが特徴がある方は審査に落ちやすくなります。

借入を検討している方の中で、このような特徴に少しでも当てはまると感じたら原因を修正して申し込むことをおすすめします。

在籍確認にはバレる?バレない?仕組みを解説

申し込み時に申請した勤務先情報が正しいのかを確認する在籍確認が原因で「勤務先にカードローン会社に借入していることがバレたらどうしよう」と不安に思う方も多いかもしれません。

在籍確認は利用者のプライバシーに配慮した形で行われるので安心してください。また、在籍確認は借入目前で行われるので利用者が信頼されているという証拠にもなります。

在籍確認の電話をかけてくる担当者はカードローンの名を出すことは決してありません。また、勤務先で職場の方と電話の際にも「〇〇様ご本人に直接伝えたい」と説明するので、職場にカードローンを借入していることはバレません。

また、在籍確認は申込者本人が申告した勤務先の会社に在籍していることさえ分かれば良いので、2分程度で終了するので心配することはないでしょう。

消費者金融のおすすめポイントを解説

消費者金融のおすすめのポイントについて解説していきます。

消費者金融の大きな特徴は、銀行カードローンと比べて、金利が低めだったりなどの特徴があります。

特に、消費者金融のおすすめポイントは、無利息サービスが充実していることや審査を受けた当日に即日融資を受けることがおすすめな特徴として挙げることができます。

無利息サービスが充実してる

無利息サービスとは、一定期間の間で無利息になるサービスです。

よって、決められた期間内に完済を行うことができれば利息を支払う必要がないということです。大手消費者金融では初回契約時から30日間金利が無利息になる期間を設けている企業が多いです。

中でも、大手消費者金融で最も無利息サービスが充実している、レイクALSAでは30日間の無利息サービス、60日間の無利息サービス、180日間の無利息サービスを申し込み方法や借入する際に決める利用限度額の上限によって受けられるサービスが変わってきます。

大手消費者金融を中心に一部の銀行カードローンでも無利息サービスを提供しています。

即日融資で申し込んだ日に借入ができる

消費者金融から借入する際に一番のメリットは審査時間が早いことを挙げることができます。

銀行カードローンは審査に数日かかりますが、消費者金融は最短即日融資です。申し込み方法によっては、土日や夜間でも即日融資を受けることができます。インターネット(web)申し込みの場合は、店舗の窓口や自動契約機に足を運ぶ必要もなく、気楽に申し込むことができます。また、ローンカードは郵送で受け取ることができます。

急遽お金が必要になった際や、短期間のお借入を検討している方は消費者金融カードローンからの借入をおすすめします。

下記の記事では、アコム、プロミス、レイクALSA、アイフル、SMBCモビットを徹底解説しています。それぞれの違いを具体的に紹介しているので参考にしてください。

銀行カードローンのおすすめポイントを解説

銀行カードローンのおすすめポイントについて解説していきます。

銀行カードローンは総量規制の対象になりません。総量規制とは一言で言えば「年収の3分の1以上のお金を借りることは出来ない」という仕組みです。少し専門的な話になりますが、総量規制は「賃金業法」の(貸金業法第13条の2)で規定されています。

よって、年収の3分の1以上のお金を借りたい人や専業主婦(主夫)の方でもお金を借りることができるの銀行カードローンから借入する際のおすすめポイントだと言えます。

第13条の2 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合において、前条第一項の規定による調査により、当該貸付けの契約が個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならない。

出典: https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search... |

また、銀行カードローンのメリットは、低金利でお金を借入することができることです。銀行カードローンの金利は消費者金融よりも低めに金利が設定されていることが多いので、長期間の借入や借入額が大きい額の場合は、お得にお金を借りることができます。

返済や借入の際に手数料無料で利用できるATMなども豊富なことがおすすめなポイントとして挙げることができます。

金利が安くて使いやすい

消費者金融の金利の年率は平均して銀行カードローンより高い金利が設定してあります。

銀行カードローン金利 ( 年率 )
みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%
楽天銀行カードローン年1.9%〜14.5%
消費者金融金利 ( 年率 )
アコム年3.0%~18.0%
プロミス年4.5%~17.8%
レイクALSA年4.5%〜18.0%

消費者金融の金利は年率3.0%~18.0%と高めに設定されていますが、銀行カードローンの金利は年率1.9%~14.5%などと低めに設定されている会社が多いです。

適用される金利が低い人ほど、完済までに支払う利息額を抑えることができます。長期間の借入を検討している方や出来るだけ利息を抑えてカードローンを利用したいという方は金利が低金利に設定されている、銀行カードローンからの借入をおすすめします。

手数料無料で利用できるATMが比較的多い

ATMは金融期間だけでなく、コンビニやスーパーなどに設置されており、カードローンの借入や返済に利用することができます。

借入や返済をする際にかかるATMの手数料はカードローン会社によって異なってきますが銀行カードローンから借入をした方が手数料を安く抑えることができます。

会社自社ATM提携ATM [ 返済 ] ( 1万円以下 )提携ATM [ 借入 ] ( 1万円以下 )
アコム無料108円108円
プロミス無料(三井住友銀行)108円108円
楽天銀行カードローンなし無料(一部有料)無料(一部有料)
みずほ銀行カードローン無料月4回まで無料月4回まで無料

ATMを月に最低でも1回利用することを想定すると、ATM手数料だけで総額1296円(108×12)年間の手数料がかかってしまうことになります。

カードローンから借入する際に低金利を利用したい、手数料無料を無料で使用したいなどの場合は、銀行カードローンから借入することをおすすめします。

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
不可 1.9%~14.5% 数営業日
Web完結 無利息期間 融資時間
あり なし 楽天銀行なら即時

カードローンの金利の仕組みとは

カードローンは教育ローンや住宅ローンと比べて金利が高めに設定されています。金利の見方や金利の抑えておきたいポイントなどを知ることで、返済の負担を軽くすることができます。

金利の負担を少しでも減らすことで、返済の総額減らすためには、金利の仕組みを知ることが必要です。ここでは、利息を抑えるポイントやカードローンの金利の決め方、実際に支払う利息の計算方法などについて紹介していきます。

また、金利利息の違いは下記の通りです。

使い分け異なっているポイント
金利お金を借りる側が、借りたお金に追加して支払う金額の割合のことをさします。
利息お金を貸した側が、元本に追加して受け取るお金のことをさします。

カードローンの金利の見方を理解しよう

カードローンを利用する際に気になるのが金利です。金利は(年率)が表記されていて、上限金利と下限金利が必ず設定されています。

下限金利金利が適用されるには、限度額が800万円以上の場合や、カードローン会社から信頼を得てないと適用されることはありません。なので、出来るだけ低金利を利用したい場合は上限金利が低いカードローンに申し込むことを検討しましょう。

カードローンの金利の決め方

カードローンの利率は、利息制限法が適用されるので、契約限度額(利用限度額)によって異なります。

利息制限法とは、個人向けの融資に対して、貸付金額に応じた金利上限を定める法律のことです。貸付金額と金利上限の関係は以下の通りです。

貸付金額金利上限
10万円未満20.0%
10万円〜100万円未満18.0%
100万円〜15.0%

実際に支払う利息の計算方法

基本的な利息の計算方法は、下記の計算式で1日の利息が導き出せます。

利用金額×貸付利率 ÷ 365 = 1日分の利息
また、1ヶ月や1年分などの利息は以下の計算式で算出することができます。

1日分の利息 × 日数

・10万円を利息18%で借りた場合の利息
100,000 × 18%(0.18) × 30日(日) = 1,479円

・50万円を利息18%で借りた場合の利息
500,000 × 18%(0.18) × 365 × 30(日) = 7,397円

上記の通り、利息は見落としがちなのですが利息18%は、1ヶ月にすると結構な金額に膨らんでしまいます。

利息が膨らんで元金がなかなか減らせない状況になる前に返済を計画的に行いましょう。

利息を低く抑えるコツ

金利の決め方は、利息の計算方法について上記では解説してきましたが、ここでは利息を抑えるためのコツをご紹介します。

無利息サービスを利用する

一部の消費者金融カードローンでは、無利息サービスを受けられる期間があります。新規で契約の場合には、最初の30日間やローン会社によっては60日間、180日間など無利息期間のサービスを受けることができます。

カードローン無利息サービス
アコム30日間無利息
プロミスプロミス
レイクALSA30日間、60日間無利息、借入額のうち5万円までなら180日間無利息

また、このようなサービスを利用することで、サービスの期間内に完済を行うことができ、利用者に負担がかからず利用できるので活用しましょう。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短10秒で振り込み

即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~18.0% 申し込み後、最短15秒
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 下記参照 Webで最短60分融資も可能

・ご融資額:1万円~500万円
・ご利用対象:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方
・遅延損害金(年率):20.0%
・ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
・ご返済期間・回数:最長8年、最大96回
・必要書類:運転免許証 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
・担保・保証人:不要

\  最短即日融資希望で /

利息が膨らむ前に返済する

カードローンから借入することはとても便利ですが、カードローン側も利益がないと経営が回らないので借入をする際には利息がつきまといます。

借入から返済までの期間が長ければ長くなるほど、支払う利息額が多くなります。元金がなかなか減らずに利息だけを払い続ける支払い地獄にハマらないように、お金に余裕がある時は返済日ではなくても、定期的に返済を行うことが大切です。

また、随時返済をして月々の返済日に返済できるお金がなくなってしまうと返済遅延金が発生してしまうので注意しましょう。

借入する目的に合わせて、ローン会社を分ける

借入する目的に合わせてローン会社を使い分けましょう。

正しく、ローン会社を使い分けることで利用者の負担を抑えて借入することができます。急なお誘いや、外出先で財布を無くして一時的にお金が足らなくなったということであれば消費者金融から借入を行いましょう。

まとまったお金が必要だけど、審査の時間は数週間先でも大丈夫なのであれば銀行カードローンを選択しましょう。

おすすめカードローンのまとめ

本記事では、MoneyCity編集部おすすめ金融別カードローンや、カードローンの知っておきたい知識や特徴の解説、カードローンのメリットとデメリット、審査や金利について紹介してきました。

カードローンは気軽に借入を行うことができる一方、借りているお金なので必ず返済を行わなければいけません。

自分のライフスタイルに合った借入方法を選ぶことが大切です。

借入する前に返済計画をしっかりと考えて、無理のない範囲で借入を行いましょう。

カードローンを条件から探す
職業
希望借入額
申し込み方法
融資までの目安

最新の記事