カードローン検索
Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月10日

【2019年最新】おすすめカードローンを徹底比較!審査や金利の知識から特徴まとめ

「給料日まであと20日以上あるけど、急な支払いができてしまった!!」

と言ったように、急な出費は今後の生活をする上でもなるべく避けたいところではありますが、そうもいかないことがほとんどです。

カードローンは「今月どうしてもお金が足りない!」「急な出費で急いでお金が必要」という人には、非常に強い味方になってくれる商品です。

最近では、佐藤美希さん、渡部篤郎さんなどが出演しているアコムのCMや、溝端淳平さん、岡本玲さん、ココリコの田中さんが出演しているプロミスのCMなど目にする機会が増えてきたのではないでしょうか。

カードローンは必要な時にお金を貸してくれるサービスのということは認識しているかもしれませんが、実際に借りるまでにはどうすれば良いのかわからないという方が多くいるかと思います。

「カードローンの審査って何を審査するの?」
「カードローンの審査にどれくらい時間がかかるの?」
「カードローンの金利っていくらに設定されるの?」
「カードローンの返済っていつまでに済ませば良いの?」
「カードローンを選ぶ時にはどこに気をつければ良いの?」

など、多くの疑問があるかと思います。また、カードローンの特性や返済方法についてよく知らないまま借りてしまうと、借りたお金より多くのお金を支払わなければならなくなるなどの危険も存在します。

Money Cityでは、そんな疑問を持つ方々に解決の糸口となるように、銀行系カードローン、アコムやプロミスなどの消費者金融系カードローンにまつわる情報(審査、審査に通るコツ、金利、返済方法など)をわかりやすくお伝えしています。

先述したように、カードローンには銀行系カードローンとは他に消費者金融系のカードローンがあり、互いに差別化を図っています。例えばですが、銀行系カードローンの審査時間は長いですが、金利は低く設定されています。一方で、消費者金融系カードローンは最短30分で審査が終わるが、金利は高く設定されています。

最近では消費者金融のカードローン申し込み方法として、インターネット上で審査から申し込みが完結する「Web完結」というのが流行っており今すぐお金が必要という方にはぴったりなサービス内容になります。

MoneyCityおすすめカードローンランキング

MoneyCity編集部がおすすめするカードローンランキングを発表します。

金利や融資までの時間などを総合的に判断してランキングにしました。

おすすめランキング1位 アコム

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 楽天銀行なら最短1分

おすすめランキング2位 アイフル

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 審査後最短1時間で振り込み

おすすめランキング 3位 楽天銀行

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
不可 1.9%~14.5% 数営業日
Web完結 無利息期間 融資時間
あり なし 楽天銀行なら即時

カードローンを条件から探す
職業
希望借入額
申し込み方法
融資までの目安
本記事はこんな人向け!
  • カードローン初心者
  • 銀行系カードローンと消費者金融系カードローンどっちを選ぶか悩んでる
  • 結局、どのカードローンが良いか自分で決めれない

Money Cityおすすめのカードローン!
63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利息期間 融資時間
郵便物なし 初めてなら最大30日 最短1分

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利息期間 融資時間
郵便物なし 初めてなら最大30日 最短10秒

カードローンとは?

カードローンとは?

カードローンの特徴

カードローンとは、簡単にいうとカードを利用した個人向けのローンです。次のような特徴をもつサービスです。

カードローンの3つの特徴
  • 担保や保証人が必要ない
  • 利用目的は何でも大丈夫
  • 枠内であれば返済後も無審査でok

担保や保証人が必要ないことが、カードローンの一番の特徴です。

「この人ならちゃんと返してくれるだろう」という、お金を借りる人の信用度を見てお金を貸すことが基本になっています。

そのためまわりの人に気づかれないように借りることができます。

また、利用目的を特に問わないというのも大きな特徴です。

住宅ローンや自動車ローンなどの「特定の目的のためにお金を借りる」ものは目的ローンと呼ばれ、家や車を買うためのお金を借りられますが、そのほかの用途に使用することができません。

しかし、カードローンは利用の用途をまったく問いません。そのため「急な結婚式で生活費が足りない」「今月お金を使いすぎてどうしよう」という場合にも気軽に利用することができます。

カードローンのメリットとデメリット

カードローンがどういうものなのかわかったかと思います。ここからは、カードローンを利用することのメリットとデメリットを紹介していきます。

カードローンのメリットとデメリット

メリット:利用目的は自由

まず1つ目のメリットは借り入れたお金の使用用途が制限されていないことです。

自動車ローンや、住宅ローンでは利用目的が明確化されていますが、カードローンでは基本的には生活費から自動車の購入費用などに充てる事ができます。多くの人が、下記の項目でカードローンを利用しています。

カードローンの主な利用目的
  • 生活費・交際費・教育費・旅行費用
  • 自動車関連
  • 冠婚葬祭
  • トラブル

メリット:利用枠内なら使い放題

カードローンの審査が終了すると、審査の結果次第でカードローンの利用額が決まります。銀行系であれば総量規制(年収の1/3までしか借り入れができない事)対象外にはなりますが、消費者金融の場合は総量規制の対象になります。なので100万円の融資を受けたいのであれば年収300万円が必要になります。

基本的には、審査時に決められた利用枠内であれば借り入れは何度でもでき、返済すれば利用枠内で使えるお金も回復します。

メリット:担保や保証人は不要

一般的にカードローンを提供している会社は、融資先の人の返済能力がなくなった場合のことを想定して保証会社を利用します。

保証会社とは、融資を行った個人が返済できなくなった場合に、代わりに融資元に返済する会社になります。

アコムやプロミスといった消費者金融系カードローンには、自社に保証会社が有する保証機能が備わっているため担保や保証を不要としています。

また、銀行系カードローンに関しては保証会社を利用しているため担保や保証を不要としています。


※ちなみにですが、銀行系カードローンは保証会社と連携している為、審査時間が長くなっています。

デメリット:使いすぎてしまう

利用目的が制限されてない分、あれもこれもとカードローン利用しすぎてしまうケースがとても多いようです。

目的が違えば、1つの目的に対して多くのお金を使ったという認識が薄れてしまう為でしょう。

デメリット:常に借金状態になりがち

1回カードローンを利用して借り入れを行い、次の借り入れまでに完済していれば大して問題はありません。しかし、まだカードローンの借り入れ残高がある、完済まであと少しといったところで、新しく借り入れしてしまうと借り入れ残高が膨張します。最初の借り入れは完済したけどまた次の借り入れ分を完済しなければいけないという無限ループに陥ってしまうのです。

カードローンの利用は計画的にしましょう。

デメリット:信用情報に傷がつく可能性

上記のように、返済ができなくなっても保証会社が代わりに支払いを行ってくれますが、返済できなかった事実に代わりはありません。

返済できなかった場合は自分の信用情報に傷がつくので気をつけましょう。今後の借り入れなどが難しくなる場合があります。

カードローンって安全なの?

カードローンって安全なの?

「カードローンの返済が万が一滞ったら、ヤクザみたいな取り立てがあるんじゃないの?」

初めての利用だとよくわからなくて不安ですよね。そのように考えていらっしゃる方はとても多いのです。

しかし、安心してください。絶対にそのようなことはありません。なぜなら、貸金業法という法律があるからです。この法律では、債務者(お金を借りた人)に対して過剰な取り立ては一切禁止されています。

大手は安心

それでも不安だという方は、大手の銀行や消費者金融のカードローンを利用しましょう。

大手は安心

図のように、ほとんどの消費者金融はメガバンクの傘下のグループに加入しています。グループの一員である以上、信頼できるでしょう。

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループ、プロミスは三井住友銀行グループに所属していますね。

このような大手では個人情報の保護やコンプライアンスの遵守が徹底されているなど、非常に利用しやすいといえるため、特に初めての方にはおすすめできるでしょう。

カードローンを利用してることってバレる?

「カードローンを利用したいけど、家族にバレないか心配」
「カードローンに会社から、今働いている会社に電話がかかってきたらどうしよう」


カードローンでお金を借りるときに一番気になることが「まわりにバレないか」ということですよね。

カードローンを利用していることがバレる主な要因をまとめてみました。

利用明細や郵送物を見られたらバレる

「捨てようとした利用明細を見られた」
「家に郵便物が届いてバレた」


このような郵便物や利用明細などの書類を見られたせいでカードローンを利用している事がバレてしまったというのが一番多いです。

重要書類は気をつけて処分、あるいは隠したという人も、利用明細などの細かい用紙を何気なくポケットにいれっぱなしにしており、洗濯のときに見つかってしまうというケースが多いです。

郵便物や明細でバレないための対処法

郵便物が一切届かないWEB完結できるカードローンを利用することが一番です。

そもそも郵便物が届かなければ、カードローンを利用してることすらバレることもありません。まずはWEB完結できるカードローンの中から選びましょう。

これらのカードローンは一切の郵便物が届かないので、絶対に郵便物からバレることはありませんので、安心してください。

お金の出どころや様子からバレる

次に多いのが不自然に羽振りがよくなったりするなど、普段と違う様子からバレることです。

カードローンを利用したために現金に余裕ができ、お金の使い方が豪華になったりすることで不振に思われるパターンが多いようです。家族からはもちろん、友人関係でバレる場合はこのパターンが主になります。

様子でバレないための対処法

重要なのは、あくまでカードローンは借金であることを認識することです。そして、必要最小限のお金だけを借りることです。

カードローンの特徴としてあげましたが、カードローンは枠内であれば何度も返済や融資を繰り返し行うことができます。だからこそ、必要最小限だけ借りて、どうしても足りなくなったら追加で借りるという選択をとることができます。

このカードローンのメリットをいかして、無理のない借り入れ、返済計画をたてることができれば、羽振りがよくなるなどの様子でバレることはないでしょう。

催促の電話はどうしようもないので注意!

カードローンの返済予定日に返済がなく、延滞してしまった場合は、カードローン会社から催促の電話が来ることがあります。

プライバシー保護の観点から、本人以外が電話に出ても会社名やカードローンのことを話すことは基本的にはありませんが、リダイアルされてしまったり、電話番号で調べられてしまってはおしまいです。

先ほども言った通り、あくまで必要最低限だけを借り入れすることを意識して、しっかりと返済日に返すことを心がけましょう。

きちんと返すことができていれば、電話が来ることはないので安心してください。

カードローンを選ぶときのポイントは?

それでは、実際にカードローンを選ぶときに見るべきポイントを解説します。

カードローンを提供している会社は数多くありますので、大切なのは金利だけを見たり、審査時間だけを見て判断することではなく、自分にあったカードローンを選ぶことです。

銀行系と消費者系の違い

カードローンはおおまかに、「アコム」「プロミス」と言った消費者金融系のカードローン「住信SBIネット銀行が提供しているMR.カードローン」と言った銀行系のカードローンがあります。

消費者金融銀行
金利3.0~18.0%1.5~15%
審査時間最短30分一週間程度
審査基準やさしめ厳しめ
無利息期間ありなし
総量規制年収の1/3までなし

一番大きな違いは金利です。消費者金融系カードローンの金利に比べて、銀行系カードローンの金利はかなり低く設定されています。

「金利が低い銀行系カードローンの方がいいに決まってる」

確かに、この表を見ると銀行系カードローン一択のように思われるでしょう。

しかし、話はそう簡単ではありません。銀行系カードローンはかなり審査が厳しいというデメリットがあるからです。これは、銀行は「この人なら絶対に返してくれる」という人にだけ限定でお金を貸すことで、金利を低く設定しているからです。加えて、2018年の1月から銀行系のカードローンは即日融資が禁止になりました。背景には借りての情報を警視庁などに照会して反社会的勢力に融資を行わないようにするためです。なので、審査のハードルが高く、審査日数が多くかかってしまうのです。

いくら金利が低くても、そもそも借りられなければ意味がありませんから、自分自身の情報(年収はどれくらいか、延滞などをしていないか)と相談して決めましょう。

もし、時間がないという方は消費者金融系カードローンの方をおすすめします。理由としては、

現時点で即日融資ができるのは消費者金融系カードローンのみであること、
申し込みから融資受付までWeb完結で行えること、
審査は最短30分で終わらせる事ができ、
融資まで最短1分というスピード、
⑤また、消費者金融系カードローンには無利息期間がある
からです。

まとめると、

時間がある方で手数料がきになる方は、銀行系カードローン

時間がない方で今すぐ融資を受けたいという方は、消費者金融系カードローン

になります。

Logo
困ったガール
給料日が再来週にあるんだけど銀行系カードローンだと金利が発生してもったいない気がするなぁ

もし、給料日が30日以内にあり、30日以内に全額返済できるのであれば、消費者金融系カードローンを選ぶべき!無利息期間内に完済できれば金利は発生しないからね!
Logo
マネー卿

総量規制は消費者金融系カードローンのみが対象

カードローンを検討している人であれば総量規制というルールがあることはご存知でしょう。初めてカードローンを検討している人には聞きなれない言葉ですね。

これは年収の1/3を超える金額を貸し出してはいけないという決まりで、すべての消費者金融がこの決まりを守らなければなりません。例えば年収300万円の人なら、100万円までしか借りることができないということです。

しかし、銀行はこの決まりの対象外です。そのため、大きいお金を借りることを検討しているならば、銀行系カードローンを利用することになります。

金利を見る際のポイント

カードローンには消費者金融系と銀行系があるものの、その金利は会社によって細かく異なります。

【消費者金融系】金利
アコム3.0~18.0%
プロミス4.5~17.8%
アイフル3.0~18.0%
レイク4.5~18.0%
【銀行系】金利
楽天銀行1.9~14.5%
三菱UFJ銀行1.8~14.6%
じぶん銀行2.2~17.5%

消費者金融系カードローンはどこも3.0%-18.0%とそこまで差がない状況になっていますが、銀行系カードローンは最大金利が14~17%とかなり幅があります。

「実際の金利はいくらになるの?」という疑問があると思いますが、これはあとで説明する「審査」の結果によって異なりますので正確な数字は分かりません。

ただ、以下のことが大体のケースに当てはまります。

一般的なカードローンの金利事情
  • 借りる額が50万円以下⇒基本的に最大金利が適用される
  • 借りる額が100万円以上⇒初めてでも下がる可能性が高い

ただしこれはあくまで審査を通った場合の話であり、「これ以下しかあなたに貸せませんよ」となってしまった場合は最大金利が設定されることを認識しておく必要があります。

無利息期間を考慮に入れる重要性

はじめての場合は特に目先の金利を気にしてしまいがちです。

しかし、無利息期間というものを考えて選ぶことがとても重要です。無利息期間とは、初めて利用した人に対して一定期間利息なしで貸してくれるサービスのことです。

例えばアコムだと初めての方に最大30日間の無利息期間を設けてくれるサービスがあるなど、基本的には消費者金融系のカードローンにのみ存在します。

実はこの無利息期間がとても重要なんです。

無利息期間を考慮に入れる重要性

ご覧のグラフのように、実は5ヶ月以内に返せるのであれば消費者金融系カードローンで借りたほうが利息が少なく済むパターンが多いです。これは無利息期間が30日あるおかげです。

もちろん、この話は誰にでも適用されるわけではありません。それは、この無利息期間が存在するのが基本的に「そのカードローンサービスを初めて利用した人」のみだからです。

例えば、まだアコムを利用したことがない人はアコムからお得に借りられることになります。ぜひ無利息期間を利用してお得に借りましょう。

金利を見る際のポイントまとめ
  • 50万円以下の融資では基本的に最大金利が適用される
  • 銀行系は審査が厳しいが金利は低いことが多い
  • 初めての利用ですぐ返せるなら消費者金融系の方がよい場合もある

審査

審査とは何かについてご説明いたします。

カードローンとはつまり、お金を一時的に借りることになります。そのため「この人はちゃんと返してくれるのだろうか」ということを判断するために、企業側で審査というものが行われます。

この審査にかかる時間や審査の基準も会社によってまちまちですが、おおまかに以下のことが言えるでしょう。

審査の点だけを見るならば、消費者金融に完全に軍配があがります。

目安として、審査通過率という指標があります。

審査通過率
アコム50%
プロミス43%
アイフル-

このように消費者金融が審査通過率を公表している一方で、銀行系のカードローンの審査通過率は基本的には公開されていません。

唯一公表されている新生銀行レイクの成約率(=審査通過率)が32%とかなり低くなっています。さらに、新生銀行レイクの利率が4.5~18%と消費者金融と大差ないことをふまえると、これよりも金利の低い三菱UFJの「バンクイック」などの審査通過率はさらに低くなると考えられます。

1位のアコムは50%ということですが、これはアコムが人気のため1社目の借り入れとして選ばれやすい(=2社目で借りる人よりも信用情報が良好)という状況もありますが、利用しやすいことには変わりありませんね。

参照: アコム マンスリーレポート

審査のスピードは重要

銀行系のカードローンはしっかりと審査をするので、非常に時間がかかります。

しかも審査が厳しいため「一週間後に間に合うと思っていたのに、審査に落ちてしまった」という場合は非常に困ってしまいます。他の銀行系のカードローンに頼む時間もなく、結局キャッシングや消費者金融系のカードローンを利用したというケースも多いです。

もちろん余裕を持つことも大切ですが、短期間で返すのであれば消費者金融系のカードローンを利用すれば、審査も早く、利息も少なく返せる場合があることを認識しておくべきです。

申し込み方法

こちらでは、実際のお申込みの手順を解説していきます。

申し込み方法

具体的には、図のような手順を踏む必要があります。

難しそうですが、自分でやることになるのはお申込みフォームへの情報の入力と本人確認書類の提出のふたつだけなのでご安心ください。

お申し込みフォームへの記入は10分程度、本人確認書類の提出は免許書などの写真を送るだけですので5分で終わるため、合わせて15分程度あれば十分です。

銀行系のカードローンも消費者金融系のカードローンも基本的にはこの流れで進みますが、最も違うのがこの本審査にかかる時間です。

銀行系消費者金融系
審査にかかる時間~1週間最短30分

急いでお金が必要な人は消費者金融系のカードローンを利用する方がおすすめです。

銀行系のカードローンは余裕をもった状態で申し込みたいですね。

在籍確認ってなに?

在籍確認とは、「借りた人が本当に会社で働いているのかどうかを電話をかけて確かめる」というものになります。

基本的にはすべてのカードローンにおいてこの在籍確認はなされます。

「会社の人にバレたくないんだけど」という人も安心してください。プライバシーの保護の観点から、「アコムですが~さんはいらっしゃいますか」という電話ではなく、「(個人名)ですが、~さんはいらっしゃいますか」という電話になります。

つまり、本人以外の人にはバレないので安心です。

「万が一にも会社にはバレたくない」という人は、書類の提出で在籍確認のかわりとしてくれるカードローンを選びましょう。

アコムなら社員証や収入証明書を提出することで、電話での在籍確認にかえてもらえる場合があるほか、郵送物が0のWEB完結が可能であるなど、非常にプライバシーに配慮されていることが特徴です。

アコムの在籍確認やWEB完結サービスについては詳細をご覧ください。

最新の記事