Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月18日

SMBCモビットの審査で落ちてしまったらどうすれば良い?|落ちてしまった時に気をつけることとは?

SMBCモビットの審査に落ちてしまったらどうすれば良いのでしょうか?審査に落ちた原因がわかっていないとその後どう行動すれば良いかもわかりません。この記事を読むとSMBCモビットの審査に落ちる理由と落ちた後にどうすれば良いのかがわかります。

SMBCモビットの審査は大きく2段階に分かれています。まず、仮審査が行われてその後に本審査が行われます。これらの審査がどのようなもので、落ちる時にはなぜ落ちるのかをわかっておくと落ちた後にどのように行動すれば良いかがわかります。

SMBCモビットの審査の特徴は仮審査の精度が高いことです。他の消費者金融と比較してSMBCモビットの仮審査では求められる情報の量が多いです。

中には「生年月日、年収、他社の借入金額」という項目しか聞かない消費者金融もある一方で、SMBCモビットは氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先名、入社年月、年収、生年月日、他社の借入件数と借入金額、借入希望額」など多くの情報を入力します。

SMBCモビットの審査がこのようになっているが理由はSMBCモビットの仮審査と本審査の目的を明らかにすればわかります。

ここから仮審査と本審査ではそれぞれ何が審査されており、どのような時に落ちてしまうのかをまとめていきます。

どのような時に審査に落ちるかを明らかにするために、まずはSMBCモビットの審査基準をまとめます。

SMBCモビットの審査基準
  • 年齢が審査基準を満たしているか
  • 収入があるかどうか
  • 収入が安定する職かどうか
  • 借入総額が総量規制の範囲内か
  • 信用情報に問題はないかどうか
  • 他社への申し込みがあるかどうか

審査基準について詳しく知りたい方にはこちらの記事がおすすめです。

SMBCモビットの審査で落ちてしまったらどうすれば良い?|落ちてしまった時に気をつけることとは?

10秒でできるSMBCモビットの簡易審査

SMBCモビットの仮審査とはどのようなものなのでしょうか。SMBCモビットの簡易審査は必要情報を入力するとAIが10秒でその情報から借入できるかどうかを判断してくれるというものです。

他の消費者金融の簡易審査に比べて多くの情報を入力する必要がありますが、SMBCモビットの簡易審査はその審査結果が借入を行えるかどうかの最終判断をする本審査に影響します。

SMBCモビットの仮審査では何を判断するのか

仮審査では、借入希望者がそもそも借入を行える可能性があるかどうかが判断されます。SMBCモビットの仮審査ではかなり細かく情報を入力するため、仮審査でかなり正確に借入ができるかどうかの判断が行われます。

仮審査ではSMBCモビットに自分の情報を提出します。この時、自己申告で情報を入力していきますが、その内容に間違いがあると後の本審査に悪影響がでます。なぜなら本審査に仮審査で申告した情報は利用されるからです。SMBCモビットに提出した情報に間違いがあると審査の結果が出るのが遅くなってしまったり、場合によっては審査に落ちてしまうので簡易審査の入力は丁寧に行いましょう。

SMBCモビットの仮審査で落ちてしまう場合とは

SMBCモビットの仮審査は自己申告した情報によって行われます。その情報の中の数値や属性(職業や勤務年数のこと)から判断して明らかに借入を行えない場合に審査に落ちてしまいます。

仮審査に関わるSMBCモビットの審査基準は以下の通りです。

仮審査に関係するSMBCモビットの基準
  • 年齢が審査基準を満たしているか
  • 収入があるかどうか
  • 収入が安定する職かどうか

これらの要素は、自己申告した内容を元にある程度正確に評価することができます。そして、これらの内容は貸付を行えるかどうかに大きな影響を与えます。

本審査にもこの申告の内容は引き継がれるので、正確に入力するように心がけましょう。

SMBCモビットの本審査

SMBCモビット本審査はどのようなものなのでしょうか。SMBCモビットの本審査は仮審査を通過した人にさらに追加で情報を提出してもらったり、その人の過去の信用情報を調査したりしてその人が実際に借入可能かどうかを決定するものです。

この段階では、機械ではなくSMBCモビット側の担当者が判断を行います。

SMBCモビットの本審査では何を判断するのか

SMBCモビットの本審査では借入希望者が本当に貸付を行なっても大丈夫な人かどうかを判断します。

ここで行われることは主に2つです。

第一に、返済能力を評価します。ここで様々な資料を提出することになります。例えば「家族情報、給料日や勤務先の名前などの職業に関する詳細、他社での借入状況」などです。何を聞かれるかは個人の状況により異なる場合があります。本審査の段階では自己申告ではなく証明となる書類を提出することが求められる場合も多いです。そのため、必要書類をあらかじめ用意しておくとスムーズな借入を行うことができるようになります。また、勤務先の確認では在籍確認が行われます。

第二に、信用情報に関する調査します。信用情報とはクレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報のことです。SMBCモビットは信用機関に所属しており、借入希望者の信用情報を参照することができます。過去に各種支払いの延滞・滞納がないかということを調査し、借入希望者が信頼に値する人物かを判断します。

SMBCモビットの審査に落ちてしまう場合とは

SMBCモビットの本審査では借入希望者が提出した情報を精査し、返済能力があるかということと信用機関を利用して信用情報に問題はないかということを判断します。

SMBCモビットの本審査に関係のある審査基準は以下の通りです。

本審査に関係するSMBCモビットの審査基準
  • 仮審査での自己申告が正確であり、本当に借入可能な水準を上回っているか
  • 借入総額が総量規制の範囲内か
  • 信用情報に問題はないかどうか
  • 他社への申し込みがあるかどうか

要するに本審査では何かしら根拠となる資料をもとにして借入希望者が貸付を行なっても大丈夫な人なのかを判断しています。

もしもSMBCモビットの審査で落ちてしまったら

SMBCモビットの審査に落ちてしまったらどうすれば良いでしょうか。

SMBCモビットの審査に一旦落ちてしまった場合には他社での審査に申し込んでみましょう。

SMBCモビットでの融資は一旦、あきらめましょう。落ちた直後にもう一度申し込んでも結果は変わりません。しかし、他社の審査基準はSMBCモビットのものとは異なる点もあるので通るかもしれません。

落ちてしまった時、他社の審査に申し込む前にしてみたほうが良いことと絶対にしてはいけないことがあります。

それぞれまとめてみました。

SMBCモビットに落ちた場合他社申し込みでしたほうが良いこと

したほうが良いこと
  • 希望額を下げてみる
  • 書類に不備がなかったか確認してみる
  • 年収を手取りではなく額面で記入する

それぞれ簡潔になぜしたら良いかをまとめます。

・希望額を下げる → 総量規制や返済能力の不足による問題を解決できるかもしれない
・書類に不備がなかったか確認してみる → 修正するだけで審査に通るかもしれない
・年収を手取りではなく額面で記入する → 返済能力の過小評価で落ちたのかもしれない

他社に申し込む前にこれらのことは完了させておく必要があります。

同時に複数の消費者金融に申し込んではいけない

同時に複数の消費者金融に申し込むと「申し込みブラック」と呼ばれる状態になり、どこでもローンを組めなくなる可能性があります。

これは「同時に複数の消費者金融に申し込む人はお金に困っている人だろうから、返済能力も低い可能性が高い」とSMBCモビットをはじめとする消費者金融側が考えるからです。

焦って同時に色々なところに申し込むとかえって借入を行えなくなるので、気をつけましょう。

SMBCモビット以外でおすすめの借入先は?

SMBCモビットで落ちた方も十分に対策をすれば、他社で借入を行える可能性があります。

どの会社でも無料簡易審査を行なっているので、借入可能か気軽に確かめてみましょう。以下、他の大手消費者金融にアクセスできるリンクを貼っておきます。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 実質金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短10秒で振り込み

即日融資 実質金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1時間で振り込み

関連記事