Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月14日

他社借入があるとプロミスの審査に落ちる?審査を通過するには

プロミスの利用を考えている方の中には「他社借入があるけどプロミスの審査に通過できるのかな」と不安に感じる方を多くいるでしょう。そこで本記事では、他社借入があるとプロミスの審査に落ちてしまうのか、また審査を通過するためのポイントを解説します。

プロミスは、店舗ではもちろん、無人契約機やインターネットから申し込みができる大手消費者金融です。特に、最短30分で審査に通過、また所定の銀行カードローンの口座があれば審査後最短10秒で融資を受けられる「瞬フリ」というサービスが魅力的です。

プロミスの利用を考えている方の中には
「他社からの借入があるけど、プロミスでお金を借りられるの?」
「他社からの借入が原因でプロミスの審査に落ちることってあるの?」

と不安に感じている方も少なくないでしょう。

結論から言うと、他社借り入れがあってもプロミスの審査にただちに落ちてしまうというわけではありません。

この記事では、他社借り入れをしているとプロミスの審査にどのような影響を与えるのかを、プロミスの審査の基準と照らし合わせて解説します。

まずはその前に、プロミスの特徴と審査について解説いたします。

プロミスの特徴
  • 条件を満たせば最大30日無利息!
  • 金利は4.5~17.8%と利用しやすい!
  • 無人契約機は24時間利用可能!
  • 審査は最短30分、即日融資が可能!
  • WEB完結は郵送物なしで借入可能!

  • 手厚いカスタマーサポート!

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 ※最短10秒で振り込み

他社借り入れとは?

他社借り入れとは?

「他社借入」とは、プロミスに申し込みをする際に既に別の会社で借入をしている状態のことを指します。この、他社借入があるかどうかでプロミスの審査に大きな影響を与えてしまいます。

プロミスを始め、多くの消費者金融では3,4件の他社借入がある場合は審査に通過することが難しいです。

しかし、そうでない場合は条件次第では他社借入があってもプロミスを利用できるケースはあります。

他社借入をしている状態でプロミスの審査に通過するためには、既に借入しているローンが「無担保ローン」であるかどうかがポイントになってきます。

無担保ローンとは、その名の通り担保を必要としないローンのことを指し、「他社借入」として扱われるものはこの無担保ローンであることがほとんどです。

他社借入として扱われるローンとしては、以下のものがあります。

「他社借入」になるローン
  • カードローン
  • フリーローン
  • クレジットカードキャッシング
  • ブライダルローン
  • 教育ローン

一方で、他社借り入れに含まないローンはこちらになります。

「他社借入」に含まないローン
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 事業者ローン
  • 奨学金
  • 携帯電話や家電のローン
  • 家族や友人からの個人的な借金

審査に影響しないローンも存在しますが、これらのローンをクレジットカード払いに設定している場合は、滞納の記録が審査に大きく影響してしまうので注意しましょう。

他社借入があってもプロミスの審査に通るには

先ほどお伝えしたように、他社借入があってもプロミスの審査に通過することは条件次第で可能です。

それでは、具体的に同様な条件下であれば他社借り入れがあってもプロミスの審査に通りやすくなるのでしょうか。

プロミスの利用限度額は年収の3分の1まで

プロミスを始めほんとんどの消費者金融は賃金業法という法律のもと運営を行なっています。

この法律の中には「総量規制」という規制が定められており、この規制をちゃんと守られているかどうかでプロミスの審査通過率が大きく異なります。

総量規制とは、「申込者に貸付できる金額は年収の3分の1まで」という決まりで、借入希望額を年収の3分の1以上に設定、もしくは既に年収の3分の1近くまで借入をしていると審査に落ちてしまいます。

例えば、Aさん(申込者)の年収が300万円だとすると、総量規制によりプロミスから借入できる金額は100万円までになります。もし既に他社から50万借入していた場合は、その分と合わせてプロミスからは50万円までしか借入することはできません。

もし、総量規制を破った際に罰を受けるのは申込者ではなく金融会社になるので、総量規制に関しては厳しく審査されます。

他者借入件数が1社または2社である

他社借入をしている件数が1,2件である場合は、総量規制の上限に触れなければプロミスの審査に通過できる可能性はあります。

3件や4件などの消費者金融から借り入れを行っているというような、あまりにも他社借入件数が多いと「多重債務者」として扱われてしまいます。

そうなると、「返済能力が乏しい人物である」と判断されてしまうので、他社借入があっても最低1,2件に抑えておくようにしましょう。

他社借入の返済を延滞していないこと

他社借入をしている場合は、その返済を怠らないようにしましょう。

もし他社での返済で遅延・滞納してしまった場合、その情報が信用情報機関に記録されプロミスの審査にも大きく影響を与えてしまいます。

逆に、他社借入の返済を毎月きちんと行なっていれば、プロミスの審査には良い影響を与えることがあります。

他社借入が少なくてもプロミスの審査に落ちる人の特徴6つ

「自分は他社借入をしていないから大丈夫」という方でも、他の条件に満たしていなければプロミスの審査に落ちてしまうことは十分にあります。

では、他社借入していなくてもプロミスの審査に落ちてしまう原因は一体なんなのでしょうか。

続いては、他社借入以外でプロミスの審査に落ちてしまう人の特徴を6つご紹介します。

特徴1.信用情報に問題がある

プロミスの審査では、まず信用情報機関に申込者の信用情報を照会して滞納・延滞記録があるかどうかを確認します。

信用情報機関に確認を行う際、信用情報になんらかの問題があれば審査に落ちてしまう確率は上がってしまいます。

具体的には、クレジットカードの延滞や延滞を長期間(61日以上)にわたって行ってしまったり、債務整理や任意整理などを起こしてしまうと信用情報に記録されます。

このような場合は、ほぼほぼプロミスの審査に通過するのは難しいでしょう。

信用情報の滞納記録は、すぐに消すことができず、ある程度の年月がかかってしまうので、もし自分の信用情報に不安がある方は一度確認してみることをおすすめいたします。

金融事故の例
  • クレジットカードの長期滞納
  • 割賦払いの長期延滞
  • 奨学金・各種ローンの長期延滞
  • 自己破産などの債務整理

特徴2.他社での借り入れが年収の3分の1近くある

こちらは先ほども解説しましたが、他社借入額を含め、借入金額が年収の3分の1以上になってしまう場合はプロミスから借入をすることができません。

どうしてもプロミスからの借入を希望するのであれば、総量規制に引っかからないように借入金額を余裕を持って下回るようにしましょう。

特徴3.プロミスで過去にトラブルを起こしている

プロミスのカードローンを以前借りていて、少しの期間でも延滞してしまった場合は、プロミスの審査に落ちてしまう可能性があります。

これは信用情報には記録されていませんが、プロミスのデータベースにその情報が残っているからです。

この情報は消すことは実質不可能なので、後述するプロミスの審査に落ちてしまった場合の対処法を試してみましょう。

特徴4.申し込み内容に虚偽の申告がある

プロミスに申し込みをする際、最初に申込者の情報を入力して提出します。

しかし、審査に通過したいからといって嘘の情報を入力してしまうとプロミスの審査には通過することができません。

年収や勤続年数に関してはプロミス側でも調査があるため、すぐにバレてしまいます。

また、小さな入力ミスであれば修正するだけで済みますが、明らかな嘘を入力してしまうと審査に落ちてしまうことはもちろん、場合によっては「詐欺行為」として扱われる可能性があります。嘘の入力だけは絶対にやめましょう。

特徴5.年金収入のみ

プロミスの利用を考えている方の中には、年金のみで生計を立てている方も少なくないでしょう。

プロミスの申し込み条件として「安定した収入がある人」であることが挙げられますが、実はプロミスでは年金は収入として扱っていません。

つまり、年金のみで生活している方は「収入がない人」としてプロミスの利用ができません。

プロミスの審査に通過したいのであれば、他に収入源があることをアピールしましょう。

特徴6.会社に在籍確認が取れない

プロミスは審査の過程で、「在籍確認」を行うことがあります。

「在籍確認」とは、本当に申込者が提出した勤務先に勤めているかを確認する作業で、この確認が取れない場合は審査に通過することができません。

在籍確認は基本的に勤務先と職場などに電話をかけることによって行われます。ただし、「どうしても電話は難しい」という場合には、在籍確認の方法はプロミスとの相談で変えることができます。

さらに詳しい審査基準については、以下の記事を参考にしてください。

他社借入がある人がプロミスで審査落ちした場合について

ではここで、実際にプロミスの審査に落ちてしまった人の口コミを見てみましょう。実際の利用者の話を聞くことで、より審査を受ける時のイメージがしやすくなります。

審査に落ちた人の口コミ

大手だから安心していたのに
  • 週2、3のコンビニバイトで月収4万ほど生活をしていたので、プロミスを利用してみようと考えました。他の口コミを見ても審査に通過している人も多かったので期待して申し込みをしたところ、なんと審査落ち。他社からの借り入れ経験があったことが原因?それとも信用情報に傷がつきていた?今となってはわかりませんが、どちらにしろ大手で安心して借り入れができると思っていたのに少し残念です。
  • 20代/男性
  • フリーター

プロミスは他社借入があると収入証明書が必要な場合も

プロミスに申し込みをする際に必要な書類は、基本的に「本人確認書類」のみですが、借入希望額が50万円以上、もしくは他社借入と合計して100万円以上になる場合には、「収入証明書」も併せて提出する必要があります。

もし上記の条件で借入を希望する方は、審査をスムーズに済ませるためにも事前に「収入証明書」の用意もしておきましょう。

プロミスの審査に必要な書類に関しては、以下の記事を参照してください。

他社借入が原因でプロミスの審査に落ちたけどお金を借りたい場合

いかがでしたでしょうか。もし、他社借入などが原因でプロミスの審査に落ちてしまった場合は、別のカードローンへの申し込みをおすすめいたします。

大手として数えられる消費者金融はプロミスの他にもアコム、アイフル、SMBCモビットなど複数あり、それぞれで審査基準が異なってくる乗せ審査に通過できる可能性は十分にあります。

また再度申し込みをする際に注意すべき点は、「一度落ちた場合、プロミスへは連続して申し込まない」「別のカードローンへの申し込みを期間を開けて行う」ことです。

もし連続して申し込みを行えば、場合によっては「申し込みブラック」として信用情報に傷がついてしまいます。別のカードローンを利用する際も、審査に落ちてから最低でも半年以上の期間を開けてから申し込みを行うようにしましょう。

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 ※最短10秒で振り込み

関連記事