Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月27日

年金を滞納するとプロミスのカードローンの審査に落ちるのか

「プロミスでお金を借りたいが、年金の支払いを滞納している。大丈夫だろうか。」と不安に感じていらっしゃる方も多いでしょう。年金の支払いを滞納していた場合、プロミスの審査にはどのような影響が出るのでしょうか。結論から言うと、基本的に年金を滞納しても影響は出ません。

プロミスは無人契約機やWeBの利用でその日のうちに融資が可能な即日融資ができたり、審査の過程の職場への在籍確認を書類で代えてくれたりするなど、高いサービスが評判を呼ぶ人気の消費者金融です。

そのプロミスですが、以下のように不安に思っている方もいらっしゃるでしょう。

「年金の支払いを滞納してしまったが、プロミスでお金を借りることは可能なのか」
「年金の支払いが貯まってしまったから、カードローンを利用して返したい」


結論から言うと、プロミスの審査に年金の滞納それ自体はまったく影響することはありません。

注意点としてはクレジットカードを利用した支払いを延滞した場合は影響が出るケースがあるため、注意しましょう。

まずはその前に、プロミスの特徴と審査についておさらいしておきましょう。

プロミスの特徴
  • 条件を満たせば最大30日無利息!
  • 金利は4.5~17.8%と利用しやすい!
  • 無人契約機は24時間利用可能!
  • 審査は最短30分、即日融資が可能!
  • WEB完結は郵送物なしで借入可能!

  • 手厚いカスタマーサポート!

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 ※最短10秒で振り込み
\  国内大手の安心感 /

年金の滞納は基本的にプロミスの審査に影響しない

国民年金に加入している場合、毎月決められた金額を国に納めなければなりません。

しかし、毎月1万円以上支払わなければいけないため、特にフリーターやアルバイトなどの非正規の仕事をしている若者には結構な負担になります。

また、20代の男女にとっては「将来もらえるかも分からない年金を払うのはバカらしい」と支払いをそもそも拒否している人もいるようです。

では、その国民年金の支払いを滞納しているとカードローンの審査に影響を受けてしまうのでしょうか。

先述したように、年金の支払いの滞納はプロミスの審査には基本的に影響しません。

ポイントは信用情報機関という機関にあります。

信用情報機関とは

信用情報機関というのは、個人の信用情報を貯めておく銀行のようなものをイメージされるとわかりやすいです。

この信用情報機関に、消費者金融をはじめクレジットカード会社、各種銀行が加盟しています。

たとえばプロミスでキャッシングの申し込みがあると、この信用情報機関に

「○○さんという人からキャッシングの申し込みがあったけど、○○さんの信用情報ってどうなってる?」

という信用情報の照会が行われます。もし、以前に○○さんがクレジットカードの返済を延滞していたり、債務整理などの金融事故と呼ばれるものを起こしていた場合、その情報がプロミス側に伝えられることになります。

そうするとプロミス側では「この人にお金を貸しても返ってくる可能性は低いな」と判断されて、審査の難易度が上がる or 審査に落ちてしまうという結果になります。

年金の支払いの滞納は信用情報機関に記録されない

信用情報機関に滞納などの情報がのってしまうと審査の難易度が上がると先ほど述べました。

じつはその信用情報機関に、国民年金の支払いの延滞の情報は載ることはありません。

そのためプロミスのカードローンの審査に、年金の滞納が影響を与えることはないのです。

もし「年金を滞納をしていて、カードローンに落ちた」という場合は、単純にプロミスでカードローンを借りる審査の条件を満たしていなかったからだといえます。

プロミスで借りるときに必要な条件と審査の条件については、下の記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

\  国内大手の安心感 /

年金の滞納がプロミスの審査に影響を与える場合

国民年金の滞納それ自体がプロミスの審査に影響を与えることはありませんが、年金の滞納の原因によっては、間接的に審査に影響を与える場合があります。

具体的には、クレジットカードで年金の支払いをしていて、そのクレジットカードを止められてしまった。というケースです。

この場合、年金の滞納それ自体は信用情報機関に載ることはありませんが、クレジットカードを延滞してしまうと、延滞情報が信用情報機関に記録されてしまいます。

この場合、間接的に年金の滞納=審査に影響を与えてしまうと言えるでしょう。

\  国内大手の安心感 /

プロミスの審査に関係する滞納、関係しない滞納とは

それでは国民年金の滞納のほかに、プロミスの審査に影響を与える=信用情報機関に記録されるようなものはどれくらいあるのでしょうか。

プロミスの審査に関係のある滞納

先ほど例として出したクレジットカードの返済の滞納のように、プロミスの審査に影響を与えるものは以下のものです。

プロミスの審査に影響する滞納
  • クレジットカードの延滞
  • カードローンの延滞
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 奨学金の延滞

これらの支払いを延滞・滞納してしまった場合、クレジットカードの返済の滞納と同じように信用情報機関に金融事故として記録されてしまいます。

これらの支払いを延滞してしまうと、プロミスで借りる際の難易度が上がってしまいます。

プロミスの審査に関係しない支払い

一方で、年金の支払いと同じようにプロミスの審査に影響を与えない遅延や滞納は以下です。

プロミスの審査に影響しない滞納
  • 公共料金(電気・ガス・水道)
  • NHKの受信料
  • 税金(年金など)
  • 家賃
  • 携帯電話のサービス料金(通信料など)

これらの料金の滞納それ自体は直接がプロミスの審査に影響を与えることはありませんが、クレジットカードの滞納を理由に延滞などをしてしまうと、間接的に影響を与えることになりますので、あくまで延滞をしないように気をつけましょう。

\  国内大手の安心感 /

自分の信用情報を調べてみよう

自分の信用情報を調べてみよう

「昔にクレジットカードを1週間だけ滞納してしまったが、大丈夫だろうか」
「数年前に延滞してしまったことがある」


そのように不安を抱えている人は、自分の信用情報を照会してみるのもおすすめです。

一般的に、これらの延滞は61日以上=3ヶ月の延滞を行った場合に信用情報機関に記録され、その後5年間信用情報に残り続けると言われていますが、確実ではありません。

そのため、信用情報機関に直接自分の信用情報を照会することをおすすめします。

日本には信用情報機関が3つあり、500円から1000円の手数料で窓口またはインターネットによる申し込みをすることで、自分の信用情報を見ることができます。

信用情報は数年間にわたって残り続けるので、今後住宅ローンやカーローンを利用する予定が少しでもあるのであれば、そのときのためにも審査を受けておくことをおすすめします。

\  国内大手の安心感 /

プロミスの年金の滞納は審査には影響しない

以上の流れをまとめます。

・国民年金の支払いの滞納は信用情報機関に記録されないので大丈夫
・支払い方法にクレジットカードを利用している場合は注意


となります。

そのため、年金を滞納していもプロミスの審査に影響を与えることはありません。

しかし、年金を支払うことができない状態でカードローンを借りるということの重大さを認識しておくべきでしょう。

キャッシングというと違うようですが、あくまで借金です。それでも利用するのであれば、絶対に必要最低限にするように心がけましょう。

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 ※最短10秒で振り込み
\  国内大手の安心感 /

関連記事