Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月13日

プロミスの審査と年収の関係/低年収・不安定な収入でも通過する

プロミスの審査項目にある「安定した年収」ですが、安定しているとはどういうことなのでしょうか。この記事では、プロミスが認める「安定した年収」がどういうことか、どのような条件を満たせばそのれを満たすのか、また審査の流れを併せて解説します。

プロミスは、数多くある消費者金融の中でも比較的低金利で借入することができ、即日融資も可能な大手消費者カードローンです。そんなプロミスでお金を借り入れしたい場合、初めてのご利用の人は審査を受ける必要があります。

プロミスなどのカードローンの審査項目の中でも特に重要視されるのが、その人の年収=収入です。プロミスの公式ページにも、申し込みができる人の条件として安定した年収というのがひとつの要素としてあげられます。

それではプロミスの特徴からおさらいします。

プロミスの特徴
  • 条件を満たせば最大30日無利息!
  • 金利は4.5~17.8%と利用しやすい!
  • 無人契約機でスムーズにお借入が可能!
  • 審査は最短30分、即日融資が可能!
  • WEB完結は郵送物なしで借入可能!

  • 手厚いカスタマーサポート!

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 ※最短10秒で振り込み
\  国内大手の安心感 /

年収の額は関係ない?/プロミスの審査で重要なのは安定した収入

プロミスの審査について詳しくはこちらの記事から

プロミスの申し込み条件は以下の2つです。

プロミスの申し込み条件
  1. 20歳から69歳の間であること
  2. 本人に安定した収入があること

これらを満たしていない場合は、プロミスの審査に落ちてしまいます。

パートやアルバイト、学生など低収入者であってもこれらの条件を満たしていればプロミスで借り入れを行うことが可能になります。

\  国内大手の安心感 /

プロミスの審査と年収の関係とは

このように、プロミスの審査基準項目において年収は非常に重要です。

ではいったいどれくらいの年収があればよいのか、また年収がどのような影響を及ぼすのかを解説します。

年収は利用限度額の大きさに関係する

年収が多ければ多いほど、利用限度額も大きくなります。

楽天銀行、みずほ銀行といった銀行カードローンとは異なり、消費者金融のカードローンの会社は申し込み者の年収の1/3の金額までしか融資をすることができません。

具体的には、年収が300万の人は100万円までしか借り入れをすることができません。他社やプロミスで50万円をすでに借り入れをしている場合、プロミスでは最大でも50万円しか借り入れすることができないということです。

つまり、この例の場合、利用限度額が50万円ということになります。

これは法律で定められた総量規制に基づく決まりです。プロミスの審査を通る通らない以前の問題となります。

年収の額はいくら借りれるのかを決める要素です。しかし、年収の額は借りられるかどうかの審査には関係ありません。

プロミスの公式ページには、事前にあなたの情報を入力することで融資が可能かどうかをシミュレーションするサービスがあります。

あなたの年収の額などを入力すれば希望金額の融資が受けられるかをその場で判断してくれます。

\  国内大手の安心感 /

プロミスの審査項目の「安定した収入」の意味

プロミスの審査条件にあった「安定した収入(年収)」ですが、具体的に安定とはどのような意味でしょうか。ここでは、「安定した収入(年収)」について解説します。

プロミスが認める「安定した収入」とは

プロミスの安定した収入の定義とは「高収入」ということではなく「定期的にある程度決まった額が収入として入る」ということです。具体的にいうとサラリーマンの給料です。1ヶ月に1回ほぼ決まった金額が入ります。

気を付けておくべきなのは、アルバイトやフリーランス、業務委託などで働かれている方です。

これらの方は勤務日数や契約期間、中には歩合制で収入が変動してしまうことがあります。そのため、安定度がサラリーマンよりも高くなってしまうため、仮に年収が多くても審査の難易度は上がることが多いようです。

プロミスが認めない「安定した収入」とは

一方で、プロミスが「安定した収入」だと認めないものもあります。

代表例としては、国から受けている年金や生活保護といった給付金です。これはあくまで給付金としてとらえられ、収入としては考えられません。

年収に関係なくプロミスの審査に不利な「不安定な収入」とは

プロミスの審査に落ちてしまう可能性が高い人について詳しくはこちらの記事から

プロミスが「収入不安定」と認識するのは、不動産所得や投資、事業などで得る収入です。

これらの収入は外部の影響を受けやすく安定しているとはいえません。

しかし、これらの人が必ずカードローンを利用できないかと言われればそんなことはなく、確定申告書や決算書、あるいは収入証明書を提出することで借り入れが可能な場合もあります。

しかしその場合でも利用限度額はかなり低めに設定されるようです。

\  国内大手の安心感 /

年収や職業などがプロミスの審査に与える影響を解説

以上の安定した収入に該当する人であれば、基本的には審査に進むことができます。

次に気になるのが、「安定した収入は低所得でも問題ないのか」ということですね。

基本的に、アイフルやプロミスなどの消費者金融カードローンの審査では信用情報機関に記録されている申込者の情報を参照しつつ返済能力の判断を行います。ですので、ご自身の信用情報に傷がついていると審査に通過することが難しくなってくるので注意しておきましょう。

年収は100万円~200万円でも申し込みが可能

年収が100万円~200万円程度でも、審査を通過できる可能性は高いです。

プロミスをはじめとした消費者金融では、年収の高さにそこまで比重を置いていません。もちろん総量規制との兼ね合いで大きい金額を貸すことはありませんが、そこまで重要ではありません。

アルバイトや派遣社員でも申し込みができる

アルバイトや派遣社員でも安定した収入があれば全く問題ありません。

しかし、勤務体系上、いつまでその収入が続くかは分からないので少し審査の難易度は上がってしまいます。

主婦でも申し込みは可能

主婦でもアルバイトやパートをしていれば問題なく審査を通過できます。

これも理由はアルバイトや派遣の方と同じで、安定した収入をアピールすれば大丈夫です。

他社からの借入がある場合は注意

他社からの借り入れを行っていないときと、行っている場合とでは審査の難易度が変わってきます。

先述した通り、すでにSMBCモビットやアイフル、アコムなど、他の金融から借り入れを行っていた場合、総量規制などの面でいくらまで貸すことが可能なのか、プロミスにちゃんと返済できるのかを詳しく調査しなければならないという理由があります。

4社以上の借入をしている場合は、審査の難易度は上がり、審査に落ちる可能性が非常に高くなります。

勤続年数が短い場合は審査に通りにくい

先ほども言いましたが、プロミスの審査を受けるために必要な条件は「安定した収入があるかどうか」です。

新卒の方や転職したばかりの勤続年数が短い方は、収入状況を明確にしずらいのでプロミスの審査においても不利に働いてしまいます。

確実にプロミスの審査に通過したいのであれば、最低半年はその会社に務めてからにしましょう。

また、申込者の勤続年数はクレジットカードの申し込み日や契約日、利用履歴などの信用情報を確認すればすぐにわかりますので、嘘の申告は絶対にやめましょう。

収入証明として提出する書類

プロミスでの審査で収入証明として認められる書類は以下のようなものです

プロミスで認められている年収証明書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書・所得証明書
  • 給与明細書

会社勤めをしている方は、給与明細書を提出することになりますが、収入の安定性をはかるために直近1ヶ月〜2か月分が必要です。また、賞与がある場合は、正しい年収を明らかにするために賞与証明書も提出する必要があります。

年収でプロミスに嘘をついてもバレる

プロミスでまだ借り入れをしていない場合でも、ほかの消費者金融で審査を行う場合、個人信用情報機関というところで申告者の信用情報を参照しています。そこでは契約内容なども記録されており、返済状況などすべての情報を見ることが可能です。

プロミスに申し込む際に、審査に受かろうとして年収を多めに書いたとしても、プロミス側で信用情報機関に信用情報を照会するため、そのような嘘は全てバレてしまいます。

\  国内大手の安心感 /

プロミスでは収入証明の提出が不要の場合もある

プロミスでは年収証明を提出しなくても良い場合があります。プロミスで年収証明が不要なのは以下の2つの条件を満たした時です。

プロミスで収入証明を提出しなくても良い条件
  1. 借入額が50万円以下である
  2. 希望の借入額と他社借入の未払い分の合計が100万円以下である

上記の条件を満たしている場合、プロミスで収入証明書なしで審査を進めることができます。

しかし、嘘をついて年収を多めに報告したとしてもプロミスが信用情報機関にあなたのデータを参照するので、その嘘はバレてしまいます。

年収に関して嘘の報告をしていたとバレると、審査に落ちるだけでなく、カードの強制解約の対象となり今後ローンを組めなくなることもあります。

嘘をついて年収の額を多くいうのは絶対にやめましょう。あくまでもプロミスが重視するのは年収の額ではなく、安定した収入があるかどうかです。

アルバイトでも借入することができました!
  • 口コミ・評判:友達に旅行に誘われましたが、給料日前で金欠になってしまいました。そんな時にCMでも評判のプロミスの事を思い出し、ダメもとで申し込んでみました。すると1時間で審査が終了し、無事に3万借入することができました!
  • 職業:居酒屋アルバイト
  • 性別:女性
  • 年収:230万円
  • 借入額:3万円

このように、年収が多くなくても借入が可能なことで評判のプロミスですが、
「どんな人がプロミスを利用しているのか知りたい」
「プロミスにデメリットはあるの?」

など、さらにプロミスの口コミ評判を知りたい方は以下の記事を参照にしてください。

年収などで審査に不安がある方に便利なお借入シミュレーション

自分が融資を受けられるのか不安な方にはプロミスの公式ページのお借入、返済シミュレーションが便利です。

年収などの自分の情報を入力して、希望する融資を受けられるのか確認してみましょう。

\  国内大手の安心感 /

プロミスの審査の流れ

プロミスの審査の流れ

プロミスの審査項目の年収についてまとめました。これからはプロミスの審査の流れをまとめていきます。

【1】申し込み手続き

まずはプロミスの公式ページに行きましょう。

申し込みボタンを押して申し込み手続きを行うと、氏名や住所といった個人情報、自宅の家賃や勤め先の情報を記載します。この段階では年収をきかれることはありません。

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 ※最短10秒で振り込み
\  国内大手の安心感 /

【2】前審査

前審査では、年齢、年収、他社からの借り入れ情報を判断基準にして、プロミスが貸し付けをできるのかをシステム的に決めます。

【3】書類提出

この段階になると、以下の書類を提出します。

本人確認書類(パスポート、運転免許証、住基カード、個人ナンバーカード)
収入証明書類(源泉徴収票、給与明細書)


これらの顔写真付きの書類が必要になります。

【4】本審査

これらの情報をふまえて、プロミス側で本審査が行われます。

これまでに延滞をしていないか、債務整理などの金融事故を起こしていないかをチェックします。ここで、申し込みした際の情報と個人信用機関の情報の間で乖離があると審査に落ちてしまいます。

【5】在籍確認

本審査の終盤に在籍確認というものが行われます。これは、申告した会社に現時点で在籍中であるのかを確認するものです。

プロミスの担当者から電話がかかってきますが、会社名を出すことはありません。○○というものですが~という風に、担当者の名前を使って電話をかけてきます。そのため、バレたりすることはありませんので安心して下さい。

【6】借り入れ



これらの過程を全て完了することができたら、お金を受けとって終了です。

また、キャッシングに関しては自動契約機かプロミスと提携しているATM、プロミスの店舗などで行うことができます。お近くの店舗やATM、各店舗の勤務時間などを知りたい方はプロミスの公式ホームページにて店舗一覧を調べることができるのでぜひご利用ください。

\  国内大手の安心感 /

プロミスは年収が高くなくても申し込める

プロミスで最も大切なのは、年収が高いことではなく、安定した収入があることです。収入の大小についてはあまり関係ありません。

プロミスに申し込む際は、収入が長いことちゃんとあることを証明できれば問題ないでしょう。安定した収入があれば、今すぐにでも申し込むことが可能です。

今回は年収100万円の場合と年収200万円の場合で考察してみました。

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 ※最短10秒で振り込み
\  国内大手の安心感 /

関連記事