Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月04日

プロミスの返済の仕方・お得な返済方法|一括返済/利息/手数料

プロミスのキャッシングを利用したとき、お得に返済する方法がないか考える人は多いでしょう。この記事ではプロミスの返済の仕方とお得な返済方法について紹介します。プロミスでのキャッシングを利用していたり、これから利用しようと思っている人はぜひ読んでみてください。

プロミスの返済の仕方って?

プロミスの返済の仕方って?

プロミスでキャッシングを利用したとき、どのような返済の仕方があるのか疑問に思う人は多いでしょう。プロミスにはたくさんの返済の仕方があり、返済の仕方によって返済できる時間帯や手数料が異なります。ここからはプロミスの返済の仕方をみていきましょう。

インターネット

インターネット

プロミスの返済の仕方で一番便利なのはインターネットでの返済です。

インターネットでの返済の仕方は、まずプロミスの公式サイトから会員サービスにログインします。ログインしたあとにお借入・ご返済手続きから「インターネット返済のお手続き」をクリックし返済金額・返済金融機関を指定してインターネット返済を実行します。

インターネット決済は24時間365日手数料無料で、家の中にいながら返済をすることができる便利でお得な返済方法です。プロミスでのキャッシングの返済計画をしっかりと立てることができているのであれば、インターネットでの返済を積極的に利用していきましょう。

口座振替

プロミスのキャッシングを利用していて、仕事が忙しかったり返済を忘れてしまったりする人は、口座振替を利用して毎月の返済額が口座から自動的に引き落とされるようにしておくと手数料無料で確実に返済をすることができます。

口座振替の仕方はプロミスの公式サイトから会員サービスにログインし、お借入・ご返済手続きから「口座振替の手続き」をクリックし、金融機関を選択して口座振替の申し込みをするのが一番簡単です。「預金口座振替依頼書」をプロミスに郵送し口座振替の申し込みをすることができます。

口座振替に返済方法を切り替えるときには、返済に使う金融機関によってご返済期日や引き落とし開始日が異なるので、返済に関して不安がある場合にはプロミスコールに電話して詳細を確認すると安心です。

店頭窓口

店頭窓口

プロミスの返済は店頭窓口で行うことも可能です。プロミスの店頭窓口であるお客様サービスプラザでの返済は手数料無料で、返済と同時に窓口で返済計画の相談もできるので、返済について相談したい人におすすめです。

しかしプロミスのお客様サービスプラザは店舗数が少なく、営業時間は平日の10:00~18:00なので返済に利用する際には注意が必要です。

プロミスATM

プロミスは店頭窓口の数は少ないですが、プロミスATMは全国にたくさん設置されています。プロミスATMでの返済は7:00~24:00まで受け付けており、手数料無料なので余計な出費を抑えて返済することができます。

プロミスATMでの返済の仕方は、画面表示の返済ボタンを押し、金額・金融機関を選択し返済を実行することで簡単にできます。またプロミスは他の消費者金融とは違って、プロミスカードを忘れてしまっても氏名、生年月日、電話番号を入力すればカードなしでも返済することができます。外出時のちょっとした隙間時間に返済に行きたい人はプロミスATMがおすすめです。

提携ATM

提携ATM

プロミスではプロミスのステッカーが貼ってある提携ATMでも返済をすることができます。返済の仕方は、提携ATMにプロミスカードを挿入し表示画面の「ご入金」を押し、返済金額・金融機関を選択し、返済を実行します。画面表示に従って操作していくだけなので、インターネットでの手続きが苦手な人でも簡単に操作することができます。

しかし提携ATMを利用するとプロミスATMでの返済と違い手数料がかかるので、すぐに返済をしなければいけない緊急の事情がない限り利用しないほうがよいでしょう。

Loppi

プロミスの返済は、ローソンやミニストップにあるLoppiでメンテナンス時間の日曜日の23:00~月曜日の7:00の時間帯を除き、手数料無料で行うことができます。

返済の仕方は表示画面のガイダンスに従い、「各種サービスメニュー」、「各種代金・料金お支払い・クレジットカード等のお支払い」、「カードローン・キャッシングのご返済」、「プロミス」を選択し、カードリーダーに金融機関のカードを通します。その後暗証番号と返済金額を入力し取引内容を確認すると「各種収納代行申込券」が発行されます。「各種収納代行申込券」を発行したらレジで30分以内に支払いを完了させれば返済完了です。

ATMよりも動作が多く面倒ですが、ローソンやミニストップを利用する機会が多い人は、コンビニに行くついでにプロミスの借入の返済を行ってみてはいかがでしょうか。

Famiポート

プロミスの返済は、ファミリーマートにあるFamiポートメンテナンス時間の日曜日の23:00~月曜日の7:00の時間帯を除き、手数料無料で行うことができます。

返済の仕方はファミポートの画面ガイダンスに従って、「借入金のご返済」、「プロミス」を選択しファミポートにカードを挿入します。カードの暗証番号と返済金額を入力し、取引内容を確認すると「申込券」が発行されます。発行された「申込券」をもって30分以内にレジで支払いをすれば返済完了です。こちらもLoppiと同様に動作が多いですが、ファミリーマートをよく利用する人は活用してみてはいかがでしょうか。

銀行振込

プロミスでの返済は近所にある銀行から銀行振込で行うことも可能です。返済の仕方は、近くの銀行においてある銀行振込用紙に振込金額やプロミス口座番号などの必要事項を記入し窓口で処理をしてもらいます。

普段銀行窓口をよく使っている人には、親しみのある場所で返済ができるメリットがありますが、振込手数料を負担しなければいけないので余計な支出がでてきます。お得に返済を進めていくためにもインターネット返済などの手数料無料の返済の仕方を積極的に利用していきましょう。

なんで完済したら銀行系カードローンへの申込みをする人が多いの?

プロミスにお得な返済の仕方ってあるの?

プロミスにお得な返済の仕方ってあるの?

プロミスで返済をしていくとき、少しでも余計な支出を抑える返済の仕方はないかと考える人は多いでしょう。プロミスでは返済の仕方によってお得に返済をすることができます。ここからはお得な返済の仕方をみていきましょう。

返済の仕方は手数料無料のものを選ぼう!

返済の仕方は手数料無料のものを選ぼう!

ここまでインターネットやプロミスATMなど手数料無料で行える返済の仕方を紹介してきました。返済時に毎回手数料を払う人と手数料無料の返済の仕方を選んで返済する人とでは、最終的に支払う金額の合計が変わってくるので、手数料無料の返済の仕方を積極的に活用し、お得に返済をしていくようにしましょう。

無利息期間中の一括返済がお得!

プロミスでは初めてのキャッシング時にメールアドレスを登録し、利用明細書や受取証書などをウェブ上で確認するウェブ明細を選択すると30日間無利息でキャッシングすることができます。30日以内にお金を返済するめどが立っていたら、30日間の無利息期間が過ぎる前に一括返済を利用するようにしましょう。

なんで完済したら銀行系カードローンへの申込みをする人が多いの?

プロミスで一括返済する方法

プロミスのキャッシングは、お金を用意することができれば一括で返済することが可能です。ここからはプロミスキャッシングの一括返済の仕方を紹介します。

金利を日割り計算してもらい返済する

プロミスの一括返済を利用するときには、プロミスコールへ電話をして一括返済をする旨を伝え、返済日までの金利を日割り計算してもらい、返済額を確認する必要があります。プロミスコールで確認した返済金額を、プロミスで扱っている返済の仕方で支払えば返済は完了です。

一括返済をする際ATMを利用すると、硬貨の取り扱いがなく端数がその場で返ってこないので、銀行振込や窓口での返金手続きをしなければならず手間がかかります。一括返済を行う際はインターネットや窓口など端数まで返済できる方法を選択するのがおすすめです。返済は早くすればするほど利息面でお得なので、お金に余裕が出たらすぐに一括返済をするといいでしょう。

なんで完済したら銀行系カードローンへの申込みをする人が多いの?

お得な返済の仕方を利用して余計な支出を抑えよう!

お得な返済の仕方を利用して余計な支出を抑えよう!

今回はプロミスでの返済の仕方とお得な返済方法についてみていきました。返済の仕方や余計な支出を抑える方法についての疑問は解消されたのではないでしょうか。手数料無料の返済方法を使い、できる限り返済をすることで余計な支出を抑えていきましょう。

プロミスを完済したら利用しやすい銀行系カードローンがおすすめ

プロミスの借入を完済または、完済に近づいたら、利用しやすい銀行系カードローンの申込みをしましょう。プロミスなどの消費者金融系よりも、銀行系カードローンのほうが、審査が厳しく少し時間がかかる分、金利が利用しやすいという特徴があります。今のうち銀行系に申し込んでおけば、もし次また急にお金が必要になったときに、利息を無駄に払うことなく借りられます。銀行系ならやっぱり楽天銀行がおすすめですね。

即日融資 金利 審査時間
不可能 1.9%~14.5% 数営業日
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 -- --
\  ネット銀行ならではの金利で /

目次に戻る

関連記事