Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月08日

プロミスの審査基準とは?審査に通らない人の特徴6つ

皆さんこんにちは、今回は「プロミスの審査で落ちる人の特徴」と題して、プロミスの審査の流れ・必要書類・在籍確認などについて詳細な情報をご紹介します。プロミス審査は比較的誰でも簡単に利用できる金融機関の1つですが、押さえておくべき点もありますのでご確認ください。

プロミスは無人契約機やインターネットから簡単に申し込みができ、最短即日融資も受け付けている大手消費者金融の一つです。

消費者金融を初めて利用するの方の中には、「自分はプロミスの審査に通過することができるのかな」「審査に落ちたらどうしよう」と不安に感じる方も多くいるでしょう。

実は、プロミスの審査に通らない人には決まった特徴があります。

プロミスの審査基準や審査の流れをしっかり把握して対策をとることで、本来審査に落ちてしまう人でもプロミスの審査に通過できる可能性があるので、しっかりチェックしておきましょう。

プロミスの特徴
  • 条件を満たせば最大30日無利息!
  • 金利は4.5~17.8%と利用しやすい!
  • 無人契約機でスムーズに借入が可能!
  • 審査は最短30分、即日融資が可能!
  • WEB完結は郵送物なしで借入可能!

  • 手厚いカスタマーサポート!

プロミスの審査に落ちる人の特徴6つ

プロミスの審査は、分かりやすくいうと「プロミスがお金を貸してもちゃんと返してくれるかどうか」を判断するものになっています。また、借入の際の審査はプロミスだけではなく、ほぼ全ての消費者金融でも行われるため基本的に「審査なし」にすることはできません。

審査基準については各消費者金融によっても異なり、「アコムやアイフルの審査には落ちたけれど、プロミスの審査には落ちなかった」と言うようなケースも珍しくはありません。

では、大手カードローン会社ということもあり非常に多くの方に利用されているプロミスですが、プロミスの審査に落ちてしまう人の共通点はなんなのでしょうか。

プロミスの審査に落ちてしまう人の特徴や原因は6つあります。

審査の基準に関して、詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

原因1.信用情報に問題がある

プロミスを含めた多くの消費者金融は、「信用情報」をもとに審査を行います。「信用情報」とは、個人のクレジットカードやカードローンなどの利用状況や返済状況といった、信用取引に関する情報のことを指し、また、これらの情報を管理している組織を「信用情報機関」と言います。

プロミスの審査では、まず「前審査」の段階で、申込者の情報を信用情報期間に照会して自動審査を行います。もし、他社から借入があったり、カードローンの返済に遅れがあった場合はこの信用情報機関に記録され審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

過去に金融トラブルを起こしたことがある方も同様、プロミスの審査には通過できない可能性があります。主に金融トラブルとして扱われるのは以下のようになります。

主な金融トラブル
  • 他社のカードローンでの返済遅れ
  • クレジットカードやスマホの強制解約
  • 賃貸の強制退去
  • 自己破産

上記のようなことを起こすと、信用情報機関に金融事故として記録されプロミスはもちろん、そのほかの消費者金融の審査にも落とされる可能性が非常に高くなるといえます。

原因2.他社での借り入れが年収の3分の1近くある

もし、現時点で他社から借入があり、その額が年収の3分の1に近い方はプロミスの審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

ほとんどの消費者金融は、賃金業法という法律のもと経営をしています。その賃金業法の中には総量規制という規制があり「申込者の3分の1までしか貸付することができない」というルールが設けられています。この規制に違反してしまう恐れがある場合は、審査に通過することができません。

また、プロミスでは複数の賃金業者から借入がある場合、そのローンを一つにまとめることができる「おまとめローン」というサービスを提供しています。ローンをまとめることで、月々の負担を減らすことができ、返済日や返済金額なども管理しやすくなるので、他社借入がある方はぜひ「おまとめローン」を利用してみましょう。

総量規制について詳しく知りたい方にはこちらの記事もおすすめです。

原因3.プロミスで過去にトラブルを起こしている

過去にプロミスを利用したことがある場合は、当時の利用記録が審査に影響することがあります。

例えば、プロミスの返済を滞納・延滞してしまったり、強制解約などのトラブルがあった場合は、その金融記録が解消された後でもプロミスの審査に落ちる可能性が高いです。

原因4.申し込み内容に虚偽の申告がある

申し込みの際、明らかな嘘の情報を記載した場合はプロミスの審査には落ちます。

小さな入力ミスであれば、後で修正の時間を設けてくれるので心配ありませんが、大きな誤りや虚偽の申告があると正確な手続きができなくなり、審査に大きく影響を与えてしまいます。

申し込みを行う際は、嘘やミスがないように入念に確認をしながら行いましょう。

原因5.年金収入のみ

現在、年金のみで生活している方はプロミスの審査に落ちてしまいます。プロミスの利用条件の一つとして「安定した収入があること」を挙げることができますが、プロミスは「年金」を収入として扱っておらず、年金のみで生活をしている方は「無収入者」として審査に落とされてしまうのです。

原因6.会社に在籍確認が取れない

プロミスの審査では「在籍確認」という作業が行われます。在籍確認とは申込者が本当に申告した勤務先で働いているかを確認する作業で、この確認が取れないと審査に落ちてしまいます。

この在籍確認は、基本的にプロミスが勤務先に直接電話をかけて行うのですが、どうしても電話に出ることができない方はプロミスに事前に相談することで書類提出のみで済むケースもあります。

在籍確認について詳しく知りたい方にはこちらの記事もおすすめです。

\  国内大手の安心感 /

プロミスに即日融資を申し込む

プロミスで少額融資になってしまう人の特徴

プロミスの審査に落ちなかったとしても、審査の結果によっては希望した金額を借りられないケースがあります。初回契約時の利用限度額が10万円以下の少額融資に限定されることがあるのです。

少額融資しか受けられなくなるのは、返済能力が低い人と判断された時です。共倒れのリスクが高いと考えられる人に、大きな金額を貸し付けるのはプロミスにとって危険すぎるというわけです。

以下の項目に当てはまる方が返済能力が低い人と判断される可能性があります。

プロミスで少額融資になってしまう人の特徴
  • 65歳以上である
  • 総量規制に抵触する
  • 年収が60万円未満である
  • 現在の職場に入社ひと月未満

\  国内大手の安心感 /

プロミスに即日融資を申し込む

プロミスで利用限度額の増枠はできる?

プロミスを継続して利用することで、現在の借入額を増額させられる可能性があります。増額は自分から申し出るか、プロミスからの勧誘で行うことができます。

ただし、増枠の勧誘を受けた場合でも審査の結果によっては否決になってしまう場合や追加借り入れ自体できなくなってしまうこともありますので注意しましょう。

増額の審査に落ちてしまう原因としては、返済に遅れがあったり申し込みが転職直後の時期になってしまうことが挙げられます。

\  国内大手の安心感 /

プロミスに即日融資を申し込む

プロミスを利用した人の口コミ・評判

続いては、実際にプロミスを利用したことのある人の口コミや評判を見ていきます。ぜひ参考にして見てください。

派遣の口コミ評判

大手だから安心して利用することができました
  • 街で見かける消費者金融機関の看板と言えば、プロミスですよね。ですからカードローンの利用に迫られた時に身近にあるプロミスを選びました。 お金を借りるのはもちろんですが、そこら中に返済できるATMがあるので探すのに手間が掛かりません。やっぱりカードローンを利用するなら、近くにあるプロミスでしょう、ということで借りることにしました。
  • 20代/女性
  • 職業:派遣社員
  • 年収:300万円
  • 借入額:10万円

主婦の口コミ評判

女性にもオススメすることができます。
  • 初めてのキャッシュローンで不安がいっぱいでしたが、無利息サービスもあり安心して利用することができました。また、女性専用ダイアルもあり気配りができる良い金融だと感じました。
  • 40代/女性
  • 職業:主婦・パート
  • 年収:100万円
  • 借入額:10万円

学生の口コミ評判

アルバイトでも借りられる
  • テレビCMや雑誌に載っているから安心して借りれそうだと思ったのでプロミスを選びました。 あと即日融資ができるのと駅前周辺だと書いてたので交通の便がいいと思いました。私が利用したところは人目につきにくいビルで、エレベーターを出てすぐのところでした。 初めてだったので不安でしたが人に会わなかったのがよかったです。
  • 20代/男性
  • 職業:学生・アルバイト
  • 年収:200万円
  • 借入額:20万円

夜職の人の口コミ評判

不安でしたが無事借入することができました。
  • 生活が多少厳しくなり、お金が必要になりました。水商売でアルバイトをしているため審査に通過できるか心配でしたが、即日5万を貸してくれました!対応も親切だったので安心して利用することができました。
  • 20代/女性
  • 職業:キャバクラ嬢
  • 年収:250万
  • 借入額:5万

\  国内大手の安心感 /

プロミスの審査の流れ・タイミング

プロミス審査で落ちないようにするためには、申し込み時のツール利用や、本人情報・信用情報の充実性がまず大事になります。多くの審査ではあらかじめ決められている基準があるため、すべてはその基準を満たしていれば問題ありません。

プロミス審査の場合では、確実に重視される点が「金融上のトラブルが過去になかったかどうか」と「在籍確認がしっかり取れるかどうか」という点です。この2点をまず押さえておくことで審査の基準は大方満たすことになります。

またプロミス審査で合格する場合には上記のように在籍確認が必ず必要で、その在籍確認をするために「電話で確認される」という場合が多くあります。この電話で在籍確認されることを拒否することができ、このタイミングは土日祝日よりも平日に申し出ることがベターです。

必要書類

プロミスの審査の必要書類に関してもっと詳しく知りたい方にはこちらの記事もおすすめです。

プロミス審査に必要な提出書類は以下のとおりです。特に在籍確認に必要な書類(勤務場所の住所と基本情報、住民票)は重視されますので特に注意しましょう。

本人確認書類一覧
  • 免許証
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 勤務場所の住所を含む基本情報
  • (所有している場合は)パスポート
  • 収入証明書類(源泉徴収票、確定申告書、給与明細書など)

源泉徴収票や確定申告書が紛失してしまって、すぐに用意できないという場合は、可能であれば勤務場所と市役所にて申し出て発行してもらい、審査に間に合うよう迅速に手続きすることが必要です。

収入証明書

プロミスの審査で必要になる収入証明書についてもっと詳しく知りたい方にはこちらの記事もおすすめです。

本人情報・在籍確認書類に次いで大切な提出書類がこの「収入証明書」です。収入証明書をしっかり準備しておくことは審査に落ちないためには必要不可欠です。なぜなら、プロミスを含むすべての金融機関が「この顧客にお金を貸しても、必ず返済する能力がある」と認める土台となからです。

収入証明書というのは、先述でもご紹介しました「確定申告書」、「源泉徴収票」、「給与支払明細書」などを一般的に指します。確定申告書と源泉徴収票は直近の物(最新の書類)を用意しておき、給与明細書の場合は直近から2カ月以内の明細書と、過去一年間の明細書を合わせて持参することが必要です。

過去の古い収入証明書だと、現在の収入状況を判断できず証明書として受け付けてくれない可能性があるので、必ず直近2ヶ月以内のものを用意しておきましょう。

書類提出方法

プロミス金融を利用する場合、その利用に際して必要書類の提出方法には「インターネットを利用するWEB提出」、「店頭窓口から提出する」、「無人契約機から提出する」、「郵送によって提出する」という4パターンがあります。

どのツールを利用してもかまいませんが、インターネットを利用する場合は24時間受付のため、誰でも便利に利用できるでしょう。

WEB完結の場合

WEB完結というのは「WEB上ですべての書類審査・書類送付を行ない、WEB上で契約を取り交わすこと」を言い、多くはカードローン利用する場合によく使われています。これは郵送物を一切必要としないため、送料がまずかからず、おまけに24時間いつでも「自分のペース」で契約に必要な連絡交換をすることができるため、多くの人に利用されています。

必要書類をWEB上で送付する場合は主にスキャナが使用され、あらかじめ用意されたプロミスのホームページから会員ログインをして、スキャナでパソコンに取り込んだ画像をプロミス側が指定するメールアドレスに添付送信するだけでOKです。

自動契約機の場合

自動契約機・無人契約機の場合では、あらかじめコピーアウトした必要書類を持参しておき、画面上のタッチパネルの案内にしたがいながら書類送付をすることになります。この場合も自動契約機に設置されているスキャナで必要書類を読み取り、スキャンした画像はそのまま自動的にプロミスに送信される仕組みになっています。

特に在籍確認証明は非常に重要になるため、せっかく契約機まで書類を持参したのに「もう一度送付してください」というようなことにならないよう注意しましょう。

またよくあることですが、スキャンして送信したことで満足して、必要書類をそのまま置き忘れることがあります。この場合も「在籍確認書類」はプライベート情報となるため、絶対に忘れないよう特に注意しておきましょう。

審査結果の連絡方法

「プロミス審査が合格したかどうか」という連絡になりますが、ここで一番に想定されるのが「電話での通知か、メールでの通知か」ということでしょうか。

結論から言いますと、プロミス審査の結果は「メール」通知されることがほとんどです。

これは顧客の方から「メールにしてほしい」という要求が多いことに起因しており、電話では口頭での通知となるため、後で見返せない点で不都合になることが多いためです。メールの場合はずっとその通知記録を保存することができ、必要なとき(随時)に通知内容を見返すことができるという点が大きな利点となります。

\  国内大手の安心感 /

プロミスの在籍確認方法

プロミスでは必ず在籍確認が行なわれ、それによって得た情報を本人情報の土台として認めます。在籍確認というのは、「本人が提出した書類どおりに、本当にその住居に居住しているか」、「(本人が提出した書類どおりに)本当にその勤務場所に勤めているか」ということを確認することを言います。

基本的にプロミスでの在籍確認方法は、電話によって確認される場合が多いです。たとえばA社にBさんが勤めていたとして、そのBさんの在籍確認をする場合には、実際にプロミスからA社に電話を入れて「Bさんはその会社に勤めていますか」という旨の連絡をします。そして連絡が取れれば、「在籍確認をさせていただきました」となります。

つまり「リアルタイム確認」の形で在籍確認が行なわれ、「本当にその会社に勤めているか」ということを確認する手続きになります。

電話の場合の在籍確認

先述しましたように、在籍確認を行なう場合のほとんどが「電話での確認」がなされます。しかし、プライベートで電話されることを嫌う顧客からこの「電話での在籍確認」を拒否することもできます。その場合はあらかじめプロミスに連絡しておき、拒否するのに相当する(妥当と見られる)理由付けが必要となります。

その理由が妥当と認められ、「電話による在籍確認」が免除になった場合には、その代わりに「実際に勤めている会社名と、自分の名前を明記した給与明細と健康保険証の写真をメール・FAX・専用アプリで送信すること」が要求されます。

電話で在籍確認される場合でも、そのほとんどが「プロミスから会社へ電話が入り、直接、本人としか通話しない」という経過のため、この「電話による在籍確認」を拒否する人は少ないと言えます。

WEB完結の場合の在籍確認

WEB完結で「在籍確認」を行なう場合は、先述しましたように、「勤務している会社名と自分の名前が記載された直近の給与明細書、源泉徴収票、健康保険証の基本情報」をスキャンしてパソコンに取り込み、そのデータを添付ファイルによって指定されたアドレスに送ることになります。

プロミスの審査は早いのか

プロミスの審査時間は、最短30分で終了、また1時間程度で即日融資も可能となっています。

つまり、審査に落ちなければ、その日のうちに必要な融資を受けることできるのです。

即日融資を受けることのできる方法は4つです。

プロミスで即日融資を受けることのできる方法は4つ
  1. インターネットから銀行口座に振込
  2. 瞬フリ
  3. プロミスコール
  4. 自動契約機を利用したATM経由での借入れ

インターネットから銀行口座に振込する方法

パソコン・スマホ等からプロミス会員サービスにログインして、簡単な手続きをするとプロミスから融資を受けることができます。

この方法では、受付完了後、最短10秒で指定の口座に振込手数料無料で振込が行われます。

利用している銀行によって受付時間や振込実施時間が異なる点に注意してください。

プロミスおすすめのサービス「瞬フリ」

プロミスには「瞬フリ」というサービスがあり、24時間365日受付可能で、振込の受付完了から10秒程度で即時、振込融資が登録している口座に反映され借入できます。

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の場合のみ利用することのできるサービスだという点に注意が必要です。

プロミスコールの利用

24時間稼働しているプロミスコール(0120-24-0365)に電話をかけて依頼すると、振込キャッシングが利用できます。

プロミスコールでは、口座を登録していなくても振込キャッシングを行うことができます。

自動契約機を利用してATM借入れ

プロミス自動契約機は9:00~22:00(一部は21:00)まで稼働しています。プロミスのキャッシングサービスに対応している三井住友銀行ローン契約機も9:00~21:00まで稼働しています。(一部例外あり)

審査完了後、自動契約機でローンカードを発行すると、プロミスATMおよび提携金融機関やコンビニのATMから借入できるようになります。

\  国内大手の安心感 /

プロミスの審査審査に落ちたらアコムがおすすめ

万が一プロミスの審査に落ちてしまった場合の対処法としては、別のカードローンに申し込むことをおすすめいたします。

ですが、中にはどこのカードローンがいいか迷われる方もいるでしょう。そこで、審査に落ちてからある程度期間を空けたら、次はアコムに申し込んでみましょう。

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 ※最短10秒で振り込み

プロミスならバレずに即日融資を受けられる

プロミスなら最短審査時間30分で終わり、三井住友銀行かジャンパンネット銀行の口座があれば利用できる「瞬フリ」では審査通過後の融資は最短10秒です。

審査通過率も他の消費者金融と比較して高いので、今すぐにお金を借りたい方が多く利用しています。また、家族や職場にバレたくない方にも柔軟に対応してくれるので安心。
>
キャッシングがはじめてなら、まずはプロミスからお申し込みを。

即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 ※最短10秒で振り込み
\  最短即日希望で /

目次に戻る

関連記事