Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月14日

年収200万円でもアイフルから借り入れすることができるのか

「アイフルでの借入を考えているが、年収が200万だから審査に通るか不安」と悩んでいませんか?一般的に審査項目には「安定した収入」とありますが、年収が低いことで必ず審査に落ちるものではありません。この記事では年収200万でも融資を受けれられる理由を解説します。

アイフルから融資をうけるためには審査を必ず受ける必要があります。審査の流れの中にはいろいろな評価項目があり、総合的に申込者の返済能力を見極めているのです。

年収が一般的な基準よりも低いというだけで、自分には返済能力がないとあきらめていませんか?

実際は、年収が200万円であってもアイフルの審査に申込むことは可能です。加えて審査に通過すれば年収が200万円であったとしても融資を受けることができます。ここでは年収200万円でも融資を受けることができる理由を詳しく解説していきます。

まずはアイフルのカードローンの特徴や審査について押さえておきましょう。

アイフルの特徴
  • 初めての利用であれば30日間の無利息サービスがある
  • 審査は最短30分で終了。時間帯によっては即日融資可能
  • 在籍確認は状況により書類で代用可
  • 契約時に郵便物無しで借入することもできる
  • 提携先が多いため、借り入れ返済時に便利

  • 審査がスピーディ!

アイフルのキャッシングは年収200万円でも審査に通るのか

実は、アルバイト・パート・派遣社員・フリーターの人で年収が200万円程度であってもアイフルで借り入れを行うことができます。なぜなら、アイフルの審査申込み条件に正確な年収の基準は規定されていないためです。まずは、アイフルの申込み条件から見ていきましょう。

アイフルの利用条件に年収制限はない

アイフルの申込み条件としては以下の2件が設けられてます。

アイフルの利用条件
  • 年齢が20歳~69歳までの方
  • 安定した収入がある方

このように、年収に対して設定された明確な基準はありません。あくまで「安定した収入」さえあれば審査に申し込むことができます。

このように、年収が200万円未満だと融資を行うことができないという条件はありませんので年収200万円の方でもアイフルの審査に申し込むことができると言えます。

アイフルの審査に職業は影響するか

アイフルの審査に職業は関係ありません。上記にある通り、申込み条件として定められているのは「年齢」と「安定した収入」の2点のみであり、職業の指定はないからです。

しかし審査に職業が影響しないとしても、アイフルが重要視しているのは「安定した」収入です。収入が安定しないイメージの強い投資家、個人事業主、不動産などは審査の難易度が上がってしまう可能性があります。この理由に関しては後述します。アルバイトやパートは給料日に給料がしっかり入るので審査にさほど問題ないでしょう。

アルバイトやパートという職業がアイフルの審査にどう影響するのかに関してはこちらをご覧ください。

\  はじめての方なら最大30日間利息0円 /

年収200万はアイフルの言う「安定した収入」になる?

さて、何度も出てきている「安定した収入」という文言ですが、どういう意味なんでしょうか。ここではこの「安定」とはどういう意味なのかを説明していきます。

アイフルが認める「安定した収入」

「安定した収入」とは簡単に言えば、「定期的に入金される一定金額の収入」ということです。わかりやすい例でいうとお給料です。それは正規雇用の社員がもらうお給料だけでなく、アルバイトやパートがもらうお給料や月収も含まれます。

そうはいっても、アルバイトやフリーランスの方は「勤務日数」に注意が必要です。なぜなら、勤務日数が少なければ、貰える給料も当然減ります。そうなれば、アイフルが気にしている返済が滞ってしまう可能性が高くなってしまうからです。

例えば、先月は20日間働いたが、今月は10日しか働かない場合は、今月の給料は先月の給料の半額になることになります。そうなれば決して「安定した収入」とは言えません。

アイフルが認めない「安定した収入」

個人のもとにお金が振り込まれたとしても、形式によってはアイフルが「安定した収入」だと捉えないケースがあります。例えば、生活保護や年金などの給付金は、確かに定期的に一定額入金されます。しかし、アイフルは給付金は国から給付してもらってるお金であって、収入ではないと考えています。

給付金で生活している方に関しては、給付金をもらわないと生活が回らないほど自身に返済能力がないことを意味しているため、アイフルの審査難易度が高くなり、審査に落ちる可能性があります。

アイフルの審査に落ちる可能性が高い「不安定な収入」

「不安定な収入」はどういう収入かというと、「不動産所得」、「投資」、「事業収入」などです。これらの収入は非常に外部要因の影響を受けやすく、アイフルは安定した収入とは考えていません。

しかし、「不動産所得」、「投資」、「事業収入」を得ている人でもアイフルから融資を受けれないというわけではありません。上記の収入で生計を立ててる方に関しては、アイフルの審査時に確定申告書、決算書、収入証明書といった書類を提出すれば審査に通る可能性があります。

収入証明書として有効な書類は下記になります。

収入証明書例
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書(収入証明書)
  • 確定申告書
  • 青色申告書
  • 収支内訳書

アイフルが収入を気にするのは返済能力の有無

アイフルがなぜ「安定した収入」にこだわるのかというと、返済能力を見極めるためです。例えば、正社員は必ず、給料日に基本的には一定の収入が入金されるので「安定した収入」といえます。なので、その給料があれば必ずアイフルに返済できると考えられます。

しかし、アルバイト、フリーターは簡単には解雇されない正社員と比べると安定性にかけると言えます。さらにフリーターはアルバイトと比べた時、十分な収入が確保できるくらい勤務をしているのかが懸念材料になるので、アイフルはその安定しきれていない収入でちゃんと返済できるのかというところを審査します。

収入が200万円の方の返済能力を調べるためにアイフルでは下記の項目をヒアリングしています。

返済能力を調査するために必要な情報
勤務先に関して会社名・住所・電話番号・社員数・業種・職種
雇用形態に関して正社員・契約社員・派遣社員・アルバイト・パート
給与に関して給料日・給与形態(固定給・歩合制)
勤続年数に関して入社年月日・勤続年数
年収に関して年収(税込)

\  最短30分のスピーディーさが魅力! /

年収200万円の人がアイフルで借入できる限度額

年収200万円の人がアイフルで借入できる限度額

年収200万円でも収入が安定していれば、アイフルのカードローンを利用できることがわかりました。しかし、いくらまで使えるのかという利用限度額はまだわからない方もいます。

年収200万円の方がアイフルから借り入れることができる利用限度額は約66万円です。

しかしこの66万円はあくまでも一例であり、アイフルから必ず借り入れできる保証された金額ではありません。アイフルの限度額に関しはいくつか制約がありますので、ここで解説します。

総量規制によって限度額が決まる

限度額は総量規制という法律によって決まります。総量規制は、貸付業者は個人1人に対してその個人の年収の3分の1の金額までしか融資を行うことができないという法律です。

年収が200万円のAさんを例として取り上げます。Aさんの年収は200万円なので、消費者金融会社はAさんに対して200÷3=約66万まで融資を行うことができます。

ここで気を付けておきたいのが、アコムやプロミスから融資を受けている場合です。この場合アイフルから借り入れることができる金額はさらに減ります。ここに関しては次で解説していきます。

限度額まで借入できるとは限らない

年収200万円のAさんは総量規制によって66万円までアイフルから借り入れを行うことができました。しかし、必ず66万円をアイフルから借り入れできるとは限りません。

これには2つ理由があります。

1つ目の理由としては、Aさんにアイフルの利用実績がなく、信用がないからです。アイフルは総量規制によって法的には66万円をAさんに貸付することはできますが、返済能力がわからない場合66万円を貸し付けようとはしません。その場合は、10万円程度を限度額として設定する場合があります。

2つ目の理由は、アコムやプロミスからすでにキャッシングをしていることです。この場合もアイフルの借り入れ限度額は減少します。下記を例に説明します。

Aさん
年収:200万円
プロミスからの借入金額:20万円

この場合、年収200万円のAさんが総量規制によって消費者金融会社から借り入れることができる限度額は66万円でしたが、そのうち20万円がプロミスによって貸付が行われています。この場合、アイフルから借り入れできる限度額は46万円(66万円−20万円)になります。さらにこの場合でも、Aさんがアイフルの初回利用だった場合は返済能力がわからないので、実際は46万円ではなく20万円程度が限度額として設定される場合があります。

限度額を増やしたい場合は、返済実績を重ねることで返済能力をアピールする必要があります。アイフルが納得した時点で増額案内のメールが届きますので、案内を読んで手続きを行ってください。

年収200万円の人はキャッシングをするとき収入証明はいる?

年収が200万円の方は収入証明書が必要な場合があります。収入証明書が必要な場合は下記の場合です。

収入証明書が必要なケース
  1. アイフルからの借入金額が50万円を超える場合
  2. 他社からの借り入れを含め100万円をこえる場合
  3. 前回提出した収入証明書が3年以上たっている場合

年収200万円でも、アイフルからの借入額が50万円を超えない場合はアイフルに収入証明書を提出する必要はありませんが、逆に50万円を超える借り入れを希望している場合は収入証明書が必要となります。

アイフルの審査に必要な書類については、以下のリンクに詳しく解説されているので参考にしてください。

\  国内大手の人気消費者金融! /

年収200万円の人がアイフルの借入限度額を増やすには

年収200万円で他に借り入れがない場合、通常の総量規制の影響により66万円まで借り入れを行うことができますが、保証はできないとお伝えしてきました。それでは、どうすれば増額できるのか解説していきます。

年収が増えれば追加融資が可能

まず1つ目は「年収を上げる」ことです。理由は簡単で、限度額は総量規制で決まるからです。年収が200万円のAさんが300万円に上がった時の限度額を見てみましょう。

Aさんの年収限度額(年収の3分の1)
200万円66万円
300万円100万円

このように34万円も限度額が上がったことがわかります。

返済実績を積み重ねる

先ほどもお伝えしましたが、アイフルを初回で利用する場合は基本的に限度額が低く設定されます。理由は「返済能力が未知」だからです。だからこそ、アイフルに対して期日通り返済していくことが重要になります。期日通りに返済をしていると、アイフルからAさんの信用度が増します。結果的に増額案内へと結びつきます。

では、逆に200万よりも下回る額だと審査や借入限度額はどのように変化するのでしょうか。以下の記事では年収100万のケースについて解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

\  増額審査の申し込みもこちらから! /

アイフルに年収200万超えと嘘をついたらバレる

年収が200万円の場合の限度額は最大66万円です。しかし、66万円以上借りたいからといって年収の項目に嘘の情報を書き、それが嘘だとわかった際にはアイフルの審査では落ちる可能性があります。

なぜ虚偽だとわかるのかというと、アイフルの審査の流れの中に信用情報機関に申込者のクレジットカードの契約日や返済情報などを参照しているからです。それらの情報から、申込者の年収を見積もることができます。

絶対に嘘や、虚偽の情報をアイフルに伝えてはいけません。

\  審査がスピーディ! /

アイフルは年収200万でも借り入れができる

年収が200万円でもアイフルから融資を受け取ることができます。ただし、限度額は約66万円なので、それ以上は融資を受けることはできませんので気を付けてください。

「年収が200万円と少なく、審査に落ちてしまう」と思っていても、アイフルは審査に通る可能性があることが十分に分かったかと思います。きちんと「安定した収入」さえあればアイフルの審査には問題ないので、今すぐアイフルに申し込んでみても良いでしょう。

アイフルの審査と年収の関係をさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1時間で振り込み

関連記事