Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月05日

アイフルが利用可能なコンビニ一覧|営業時間・手数料・借り方

テレビCMでもおなじみの「アイフル」は、初めて消費者金融を利用する方からも人気が高くあります。またアイフルはコンビニATMでもキャッシングが可能で、その利便性の高さからも人気があります。そこで今回はアイフルが利用できるコンビニATMについて紹介していきます。

アイフルはコンビニATMでキャッシングできる!

アイフルはコンビニATMでキャッシングできる!

テレビCMでもおなじみの「アイフル」は、数多くある消費者金融の中でもトップクラスのシェアを持っているとても人気の高い消費者金融です。またアイフルはインターネットでしたら24時間365日申し込みも可能で、最短30分で審査完了と申し込みも簡単で審査の時間が短い事でも人気が高く、初めて消費者金融を利用する方も「アイフル」を選ばれる方は多くいます。

またカードローンを利用する際、限られた場所でしかキャッシングができなければとても不便ですが、アイフルはコンビニATMでもキャッシングができるため、その利便性の高さでも人気が高い消費者金融です。

アイフルが利用できるコンビニ

アイフルが利用可能なコンビニはセブンイレブンを始めたくさんあります。ここでは借入れ・返済が可能、借入れが可能、返済が可能に分けて利用可能なコンビニATMを一覧で紹介していきます。

※イーネットATMは、主にファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、スリーエフ、デイリーヤマザキなどのコンビニに設置してあります。

借入返済
セブン銀行
ローソンATM
イーネットATM(コンビニATM )
ファミリーマート・Famiポート×
ローソン・Loppi×

アイフルが利用できるコンビニATM営業時間

ここではアイフルが提携しているコンビニATM別に営業時間を紹介していきます。24時間利用可能なコンビニATMがローソンATM、イーネットATMになります。

セブン銀行は設置台数は群を抜いて多くなりますが曜日によって多少時間帯が変わってきます。しかし利用できない時間は短く、何よりコンビニトップの設置数なので多くの方がセブン銀行を利用しています。

ファミリーマートのFamiポート、ローソンのLoppiに関しては返済のみで利用可能な発券時間を紹介しています。またFamiポート、Loppiは発券してコンビニのレジにて返済する形になります。

平日土曜日曜祝日
セブン銀行0:00~2:00  3:00~24:000:00~2:00  3:00~23:007:00~24:000:00~2:00  3:00~24:00
ローソンATM24時間24時間24時間24時間
イーネットATM(コンビニATM )24時間24時間24時間24時間
ファミリーマート・Famiポート(返済)原則7:00~23:30まで原則7:00~23:30まで原則7:00~23:30まで原則7:00~23:30まで
ローソン・Loppi(返済)原則7:00~23:30まで原則7:00~23:30まで原則7:00~23:30まで原則7:00~23:30まで

アイフルのコンビニATM手数料

アイフルATMを利用した際は手数料は無料になりますが、コンビニATM(マルチメディア:Famiポート、Loppi端末含む)・銀行ATMを利用した際は、入金、出金どちらにも毎回手数料が発生します。手数料は提携先ATMどこも一律で、下記のとおりです。(出金時の手数料は、次回入金時に精算になります)

取引金額入金出金
1万円以下108円108円
1万円超216円216円

アイフルに即日融資希望で申し込む

コンビニATMでの借り方・返済方法

アイフルをコンビニATMで借りる操作方法は、基本的には銀行のキャッシュカードの引き出しや預け入れと同様の方法になるので、アイフルのキャッシングだからといって手間な操作はなくとても簡単な操作で利用できます。どのコンビニATMでも操作方法が大きく変わる事もありませんので、ここでは1番設置台数も多いセブン銀行の操作方法を紹介していきます。

借入操作

セブン銀行の借り入れ操作は下記のとおりです。(他コンビニATMもほぼ同様です)

1:カードを挿入
2:取引開始ボタンを押す
3:借入ボタンを押す
4:暗証番号を入力
5:返済方法、借り入れ金額を入力
6:現金、カード、明細書を受け取る

返済操作

セブン銀行の返済操作は下記のとおりです。(他コンビニATMもほぼ同様です)

1:カードを挿入
2:「取引開始」ボタンを押す
3:返済」ボタンを押す
4:暗証番号の入力
5:返済額を入金
6:カードと明細書を受け取る

このようにアイフルはとても簡単な操作で利用することができます。またカードを挿入した時点で次の操作方法は提示されるので難しい事はありません。

アイフルに即日融資希望で申し込む

コンビニATMと銀行ATMの違い

アイフルは先に紹介したようにセブンイレブン、ローソン、イーネット(ファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、スリーエフ、デイリーヤマザキなど)と、多くのコンビニで利用できます。

またアイフルはいくつかの銀行とも提携しているので銀行ATMでも使えますが、利便性で考えると銀行ATMは提携している銀行も限られていて、営業時間にも制限があります。下記がアイフルが提携している銀行ATMです。コンビニATMの場合はほぼ24時間利用できますし、店舗も数多くあるので直ぐに必要な時は利便性は高くなります。

手数料に関してはアイフルATMを利用した際は手数料は無料ですが、銀行ATM、コンビニATMの手数料は先にコンビニATM手数料で紹介した金額と同額になります。

【アイフル提携銀行】
•三菱東京UFJ銀行•イオン銀行•西日本シティ銀行•親和銀行•福岡銀行(借入のみ)•熊本銀行(借入のみ)

硬貨

硬貨に関しては、銀行ATM、コンビニATMどちらも扱っていないので利用は1000円単位になります。どちらも硬貨のおつりは出ません。

そのためアイフルの残額を一括返済などする際に銀行ATMやコンビニATMを利用した際は、端数分多く支払ってしまう事があります。しかしこの多く返済してしまっている端数分に関しては・店頭窓口での返却・銀行振込での返却・郵送での返却の方法で返却してもらう事はできます。

アイフルに即日融資希望で申し込む

口座振替の特徴

口座振替は、指定した銀行から毎月自動引き落としをしてくれるので、うっかりして返済日が過ぎてしまう事もなくとても便利です。また銀行ATMやコンビニATMの場合、入金する度に手数料がかかってしまいますが、アイフルは口座振替に手数料がかかりません。口座振替の申し込みは店頭、WEB、郵送で対応しています。

振替開始日:店頭・WEBで申し込み

店頭、WEBで申し込んだ際は、「毎月3日・26日・27日・28日」のいずれかの振替日になります。(希望金融機関により異なります)振替日3日の場合は口座振替登録日(WEBでの登録はその翌日)から8営業日を経過した振替日から開始されます。

振替日が26日・27日・28日の場合は、口座振替登録日(WEBでの登録はその翌日)から8営業日を経過した日が当月27日以前であった場合は振替日より開始、 28日以後であった場合は次月振替日より開始されます。

振替開始日:郵送で申し込み

郵送で申し込んだ場合は、アイフルが口座振替依頼書を受領した日より40日以上経過した振替日から口座振替が開始されます。振替日は「毎月6日・23日・27日」のいずれかを選択できます。

使いすぎには注意しよう

使いすぎには注意しよう

紹介してきたように、アイフルは多くのコンビニATMで利用できるのでとても便利な消費者金融です。またWEBから24時間365日も申し込みも可能ですし、審査期間も短いことから初めての消費者金融にアイフルを選ぶ方も多くいます。

しかしセブンイレブン、ローソンなど大手コンビニでも利用できるため、その便利さからつい許容範囲を超えた額をキャッシングしてしまったという方もたくさんいます。

またアイフルはコンビニATMで利用できることは大きなメリットですが、利用するたびに手数料もかかってしまいます。また利用額によって手数料の額も変わってきます。

利便性が高い分、自己管理も大切になります。しっかりと計画を立てて利用することをおすすめします。

アイフルならバレずに最短即日融資も可能

アイフルなら最短審査時間30分、審査通過後の融資は最短1時間です。このように便利のため、今すぐにお金を借りたい方が多く利用しています。また、家族や職場にバレたくない方にも柔軟に対応してくれるので安心。キャッシングがはじめてなら、まずはアイフルからお申し込みを。

即日融資 金利 審査時間
最短1時間で可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 審査後最短1時間

目次に戻る

関連記事