Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月31日

アイフルの増額方法は?審査の流れと落ちる理由・デメリット

アイフルなどを利用していると、借り入れをしようとしても、すでに限度額に達してしまっているという場合があります。このようなときには、増額審査を受けないといけません。では、この増額審査を通るためにはどのような基準やコツがあるのでしょうか?

目次
  1. アイフルの増額とは
    1. 新規でカードローンを申し込むこともできる
  2. アイフルで増額審査を受けるデメリット
    1. アイフルで増額審査を受けるデメリット1:減額リスクがある
    2. アイフルで増額審査を受けるデメリット2:金利が上がるリスクがある
  3. アイフルで増額審査を受けるメリット
    1. アイフルで増額審査を受けるメリット1:借入限度額が上がる
    2. アイフルで増額審査を受けるメリット2:借り入れ金利が下がる
  4. アイフル以外のカードローンを申し込むメリットとデメリット
    1. アイフル以外のカードローンを申し込むデメリット1:在籍確認がある
    2. アイフル以外のカードローンを申し込むデメリット2:申し込みすぎるとブラックになる可能性がある
    3. アイフル以外のカードローンを申し込むメリット1:審査が早い
    4. アイフル以外のカードローンを申し込むメリット2:無利息期間が使える
    5. アイフル以外のカードローンを申し込むメリット3:銀行カードローンは総量規制対象外
    6. アイフル以外のカードローンを申し込むメリット4:アイフルで減額・金利アップリスクがない
  5. アイフルでの増額申請の方法・流れ
    1. アイフルでの増額申請の方法・流れ1:インターネットの場合
    2. アイフルでの増額申請の方法・流れ2:電話の場合
    3. アイフルでの増額申請の方法・流れ3:無人契約機の場合
    4. アイフルでの増額申請の方法・流れ4:店舗窓口で申し込む場合
    5. アイフルでの増額申請の方法・流れ5:ATMで申し込む場合
  6. アイフルで増枠審査を受ける前に確認しておきたいポイント
    1. アイフルで増枠審査を受ける前に確認しておきたいポイント1:総量規制による借り入れ上限
    2. アイフルで増枠審査を受ける前に確認しておきたいポイント2:増額可能期間
    3. アイフルで増枠審査を受ける前に確認しておきたいポイント3:増額後の金利
  7. アイフルの増額するための返済能力を審査するポイントは?
    1. アイフルの増額するための返済能力を審査するポイント1:総量規制の範囲内
    2. アイフルの増額するための返済能力を審査するポイント2:契約日数
    3. アイフルの増額するための返済能力を審査するポイント3:金融事故
    4. アイフルの増額するための返済能力を審査するポイント4:収入の見込みがある
  8. アイフルの増額審査の内容は?
    1. アイフルでは増額申請時にも在籍確認はある?
      1. アイフルの増額審査は時間がかかるの?
        1. アイフルの増額審査の必要書類
          1. アイフルの増額審査の必要書類1:収入証明書類
          2. アイフルの増額審査の必要書類2:学生・無職の場合
          3. アイフルの増額審査の必要書類3:主婦の場合
        2. アイフルの増額審査に落ちる人の特徴
          1. アイフルの増額審査に落ちる人の特徴1:金融事故がある
          2. アイフルの増額審査に落ちる人の特徴2:最初の借り入れから経っていない
          3. アイフルの増額審査に落ちる人の特徴3:利用実績がない
          4. アイフルの増額審査に落ちる人の特徴4:延滞している
          5. アイフルの増額審査に落ちる人の特徴5:年収が減った・仕事をやめた
          6. アイフルの増額審査に落ちる人の特徴6:他社からの借り入れが多い
        3. アイフルの増額申請のおすすめのタイミングは?
          1. アイフルの増額審査に通るコツ
            1. 他のおすすめのカードローン
              1. お金は賢く使おう
                この記事の要約
                • 増額審査に通るには返済実績や借入の少なさが重要
                • 減額や利用停止のリスクもあることを留意しよう
                • 収入証明書が必要な場合が多いので用意しておきましょう

              2. 消費者金融の増額審査まとめ

              3. アコムの増額審査
                プロミスの増額審査

                アイフルの増額とは

                増額とは、アイフルなどの消費者金融で借りられる限度額を増やすことです。そしてそのために受ける審査が増額審査です。実際に上限ギリギリまで借りないとしても、増額にはいろいろなメリットがあります。

                しかし借りられるお金が増えるということで、誰でも簡単に増額できるというわけではありません。さらに増額審査を受けることはリスクもあるので、事前にしっかりと準備しておくことが重要です。

                新規でカードローンを申し込むこともできる

                アイフルに増額申し込みをしても、その結果が即日中に受け取れるとは限りません。場合によっては1~2日待たなくてはならないこともあります。「どうしても今日中にお金が必要」などといった場合には他社のローンに新規申し込みしたほうがいいということもあります。

                「今日中にどうしてもお金が必要」あるいは「増額審査に通る自信がない」といったことももちろんあるでしょう。そういったときは増額におけるリスクをわざわざ冒すよりも、他のカードローンに新規申込するという選択肢も考えましょう。

                もちろん入会審査はありますが、アイフルの増額審査の基準とはまた異なったものになります。加えて、アイフルの増額審査に必要な収入証明書も不要となる場合が多いですし、最短1時間融資に対応しているカードローンも多々あります。

                自分の置かれている状況に応じて適切な方法を選びましょう。

                アイフルに即日融資希望で申し込む

                アイフルで増額審査を受けるデメリット

                限度額が上がると言われると良いことに聞こえますが、実際は良いことばかりではありません。まず一番最初に、アイフルの増額審査を受けるデメリットを確認しておきましょう。

                アイフルで増額審査を受けるデメリット1:減額リスクがある

                増額の申し込みをすると、アイフル側はもう一度申請者の属性や信用情報を見返します。すなわちもう一度審査を受けるということになります。もし最初のアイフルへの申し込み時よりも仕事や収入などの属性が悪化していたりすることがあれば、増額どころか減額されることもあり得ます。

                属性のみならず信用情報についても同様です。特にアイフルの返済期日に何度も延滞してしまっていたりする場合は「返済能力が低い」と判断されます。

                以上の再審査でよほど悪い方に転がると利用停止になる可能性すらあります。
                こういったリスクを踏まえたうえで増額申し込みについて考える必要があります。

                アイフルで増額審査を受けるデメリット2:金利が上がるリスクがある

                減額に並ぶ増額審査もう1つのデメリットは、借入金利の増加リスクです。限度額は金利と関係があり、限度額によって法律で金利の上限が決まっています。

                よって、限度額が減額されることで借入金利が上がるリスクがあります。借入金利が上がると利息が増え、返済期間か月ごとの返済額のどちらか、または両方が増えます。

                アイフルに即日融資希望で申し込む

                アイフルで増額審査を受けるメリット

                もちろんデメリットがあればメリットもあります。実は、増額審査の2つのデメリットはそのままメリットになりえます。

                つまり2つのメリットとは、借入限度額が上がるかもしれないことと金利が下がることがあることです。

                アイフルで増額審査を受けるメリット1:借入限度額が上がる

                増額審査1つ目のメリットは、借入限度額が上がることです。この記事を読んでいるならアイフルを既に使っているはずですから、限度額が上がれば借りられる金額が増えるということは知っているでしょう。

                アイフルで増額審査を受けるメリット2:借り入れ金利が下がる

                借入限度額が上がる以外にも、金利が下がることがあるというメリットもあります。増額審査で金利が下がるのは2つのパターンがあります。

                1つは貸金業法で定められた上限金利によるもので、もう1パターンは信用が上がったことで法律に関係なく金利が下がる場合です。

                アイフルに即日融資希望で申し込む

                アイフル以外のカードローンを申し込むメリットとデメリット

                アイフル以外のカードローンに申し込むという手もありますが、こちらについてはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

                アイフル以外のカードローンを申し込むデメリット1:在籍確認がある

                増額絵はなく他社借入をする1つ目のデメリットは、在籍確認があることです。ローンを新規に申し込む際は、審査の中で在籍確認が入ります。

                在籍確認はアイフル契約時にもあったのではないかと思いますが、職場にバレるかもしれないという心配をまた抱えないければいけないのがデメリットです。

                アイフル以外のカードローンを申し込むデメリット2:申し込みすぎるとブラックになる可能性がある

                また、ローンに申し込みすぎると「申込みブラック」と呼ばれる状態になることがあります。申し込みブラックは、1ヶ月などの短期間にいくつもの消費者金融ローンやキャッシング付きクレジットカードの審査を受けるとなるもので、返済能力を疑われてしまってどこの審査も通らなくなるという状態です。

                ローン申し込みなども個人信用情報機関で記録されるので、審査時にチェックされ、「いろんなところからまとめて借りて、返す気がないのではないか」「収入がほとんどないのではないか」と思われてしまいます。

                申し込む時には十分に気をつけるようにしましょう。

                アイフル以外のカードローンを申し込むメリット1:審査が早い

                一方アイフル以外のカードローンを使うメリットは、審査スピードや増額審査時のリスクがなくなるというものがあります。

                急な出費があって出来るだけ早くお金がを借りたいという場合は、アイフルで増額審査を受けるよりもアコムやプロミスなどの会社からお金を借りた方が良いこともあります。

                アイフル以外のカードローンを申し込むメリット2:無利息期間が使える

                また、アイフル以外の消費者金融から融資を受けた場合、1ヶ月利息無料で借りられることがあります。

                さらにアコムやプロミスは初回契約者に30日間の金利0期間をを用意しているので、1ヶ月だけ追加でお金が必要だというようなときは、増額するよりも追加で借りて無料期間のうちに返すほうが、安上がりになります。

                アイフル以外のカードローンを申し込むメリット3:銀行カードローンは総量規制対象外

                また、もし銀行カードローンの審査を通過できた場合は、総量規制の対象になる消費者金融のローンとは別の枠でお金をかりることができます。

                総量規制は貸金業法の規制ですが、銀行法が適用されるため、総量規制がありません。とはいえ、総量規制と同じ基準を自主的に守っている銀行ばかりなので、総量規制ギリギリの人が銀行から借りるというのは現実的には不可能に近いでしょう。

                アイフル以外のカードローンを申し込むメリット4:アイフルで減額・金利アップリスクがない

                また、アイフルでの減額や金利アップのリスクがないこともメリットでしょう。アイフルでの増額審査の結果によっては、今借りている金額にかかる金利が高くなったり、最悪利用停止になる場合もあります。

                他社のローンに申し込んだ場合は、審査に落ちたとしても追加借り入れができないだけで、延滞などをしなければ今のアイフルのローンに影響はありません。

                落ちたときのことを気にしなくてもいいのが、借入先を増やす場合の良いところです。

                アイフルでの増額申請の方法・流れ

                次にアイフルでの増額申請の方法についてご紹介します。増額審査の申し込み方法は、会員ページからのインターネット申請・電話申込・店舗窓口など、合計5つの方法があります。

                アイフルでの増額申請の方法・流れ1:インターネットの場合

                インターネットで申し込む場合は、アイフルの会員ページから増額申請をします。会員ページ内にある増額申し込みのページから、必要事項を入力します。

                電話と違い、申し込みが24時間いつでもできます。ただし、審査が行われるのは9:00~21:00です。

                アイフルでの増額申請の方法・流れ2:電話の場合

                アイフルの増額申請は会員専用ダイヤルから行うことができます。電話番号は0120-109-437、または077-503-5102です。

                担当者に増額申請を希望していることを伝えると、手続きをしてくれたり、手続きに必要な書類や、仕方などを教えてもらえます。わからないことがあっても、電話でやりとりしながら行えるのでスムーズに審査までの流れができます。ただし、営業時間は平日の9:00~18:00なので注意が必要です。

                アイフルでの増額申請の方法・流れ3:無人契約機の場合

                1日で審査を終わらせたいような場合は、無人店舗の契約機で申し込むのもおすすめです。オペレーターが案内をしてくれますし、急ぐことを伝えれば早めに対応してくれるようです。

                アイフルでの増額申請の方法・流れ4:店舗窓口で申し込む場合

                速さよりもサポートを重視する場合は、店舗窓口でも申し込めるので、こちらもおすすめです。ただ営業時間は電話窓口と同じく平日の9:00~18:00なので、週5日働いている人は行きにくいのも確かです。

                店舗に行って窓口の担当者に「増額の審査を受けたい」と伝えれば手順などを教えてくれるので簡単です。

                アイフルでの増額申請の方法・流れ5:ATMで申し込む場合

                また、アイフルはアイフルのATM・そして提携しているATMでも増額審査を申し込むことができます。提携ATMは利用はできるものの、手数料がかかってしまうので、特に理由がなければアイフルATMを使うことをおすすめします。

                アイフルで増枠審査を受ける前に確認しておきたいポイント

                急にまとまったお金が必要になることがあります。そのときに、手持ちのお金がなくてアイフルなどで借り入れをして、その場を切り抜けるという人もいます。しかし、借り入れをしようとしても、すでに限度額に達してしまっているという場合もよくあります。

                このようなときには、増額審査を受けないといけません。ですが、中には増額審査が通らないという人がいます。このような場合になると、お金が必要なときに用意できないので困ってしまいます。

                前述のとおり増額審査にはデメリットがあるので、申請の前に確認しておきたいポイントをまとめました。申し込む前にしっかり確認してみてくださいね。

                アイフルで増枠審査を受ける前に確認しておきたいポイント1:総量規制による借り入れ上限

                アイフルの返済がスムーズでも、複数からの借り入れがあれば増額審査が通らないことがあります。このとき、他社の返済のスムーズであっても増額審査が通らない場合があります。これは総量規制によるものです。

                貸金業法によって、年収の3分の1以上の借り入れはできないことになっています。これはアイフルなどの1社からの借り入れでなく、借り入れの総額で判断されます。

                なので、アイフルからの借り入れが少額であったとしても、他社からの借り入れと合計して年収の3分の1を超えてしまう場合には増額審査を通ることができません。

                総量規制の実施により、貸金業者に対して、借入れをしようとする人の年収等の資力や信用状況、借入状況の調査が義務付けられています。また、借入総額が年収の3分の1を超過している場合には、利用限度額が減額され、新たな借入れが制限されます。

                出典: https://www.fsa.go.jp/receipt/soudansitu/advice04.html |

                アイフルで増枠審査を受ける前に確認しておきたいポイント2:増額可能期間

                またいつでも増額できるわけではありません。増額は信用情報に変化があったり返済がしっかりできることがわかったから承認されることなので、その分の時間が必要です。

                具体的には、新規契約や前回の増額審査から半年以上経過すると、審査可能になることが多いです。増額可能期間になって返済状況が良ければ、アイフルの方から電話やメールで案内が届くこともあります。

                アイフルで増枠審査を受ける前に確認しておきたいポイント3:増額後の金利

                また、増額後の金利も確認しておきたいポイントです。増額後の希望の限度額次第では金利が下がる場合があるので、金利が下がる見込みがあるならしっかり準備して、いいタイミングで審査を受けたいところです。

                また、追加で収入証明書類を提出しなければいけない場合もあります。収入証明が必要なのは、以下の3つのケースです。これらは貸金業法で定められているので、絶対に守らなければなりません。

                • アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
                • アイフルの利用限度額と他の貸金業者からの借り入れ合計が100万円を超える場合
                • 前回収入証明書を提出してから3年以上経っている場合

                アイフルの増額するための返済能力を審査するポイントは?

                アイフルの増額審査に通るために1番重要なのは返済能力です。お金を借りる以上返さなければいけませんし、アイフルとしてもしっかり予定どおりに帰ってくれば文句はありません。

                ここでは審査の中で重要になる返済能力の診断ポイントを解説します。

                アイフルの増額するための返済能力を審査するポイント1:総量規制の範囲内

                まず最初にチェックするのは、希望する限度額と総量規制対象の他社借入の合計が年収の3分の1以下であることです。この条件を満たさない場合は法律上増額はできないので、審査に申し込んでも無駄になるだけです。

                一応金利に関する審査もありますが、総量規制上限ギリギリの状態で金利が下がる望みはかなり薄いです。

                アイフルの増額するための返済能力を審査するポイント2:契約日数

                契約日数も重要な要素です。増額可能期間には限りがあるというのは既にご説明したとおりですが、契約日からの経過時間も重要な要素になります。

                もしあなたが今期日までにしっかり返済できているとしても、それが3ヶ月なのか1年では評価が違いますよね。

                アイフルの増額するための返済能力を審査するポイント3:金融事故

                また、金融事故の履歴の有無も重要です。金融事故は3ヶ月以上の長期の滞納や代位弁済・債務整理などのことで、しっかり返済ができていなかった証拠になります。

                金融事故の情報は個人信用情報機関で保存されているので、一度金融事故を起こすとアイフル以外の消費者金融はもちろん、銀行やクレジットカードにも見られることになるので、今後お金を借りるのはかなり難しくなります。

                実は開示請求をすれば自分の信用情報は見ることができます。アイフルはJICCCICの2社の情報を使っています。

                アイフルの増額するための返済能力を審査するポイント4:収入の見込みがある

                また、当然ですがお金を返すには十分な収入が必要です。そのため収入の見込みはかなり重視されます。さらに、そもそも収入がない人はアイフルは使えないので、再審査が入れば利用停止になってしまうでしょう。

                職場に定着できるかわからないので、転職直後などは評価が低くなります。

                アイフルの増額審査の内容は?

                そんなアイフルの増額審査ですが、実際のところ新規契約時の審査と内容はほとんど変わりません。収入証明書がいらない場合もあるのは、これが理由です。

                アイフルに登録している情報の中では年齢や仕事情報、その他には個人信用情報機関が持っている信用情報をチェックします。ここまでは新規契約審査と同じです。

                増額審査の場合は、これに加えてアイフルからの借入と返済に関する履歴を見ることになります。

                アイフルでは増額申請時にも在籍確認はある?

                審査と聞くと気になる人が多いのが在籍確認です。最初の契約時にも気になって調べたかもしれません。

                そんな在籍確認ですが、増額審査のときには基本的にはありません。基本的にはというのは、転職や転勤で登録している仕事が変わった場合は再度在籍確認が行われる場合があるからです。

                アイフルの増額審査は時間がかかるの?

                また、できるだけ早く借りたい場合には審査時間も気になるポイントになります。

                アイフルの増額審査は早くて即日、長くて2,3営業日になります。契約時の審査とあまり変わりませんね。

                借入はほとんど即日か1営業日で終わるので、急いでいるときはインターネットで増額申請をし、同時に1社他のローンの申込みをしておくと良いでしょう。

                アイフルの増額審査の必要書類

                アイフルの増額審査は追加の書類無しで終わる場合もありますが、逆に書類が必要になるケースもあります。

                その2つの違いはなんなのか、また、必要な追加の書類は何なのか、簡単に説明します。

                アイフルの増額審査の必要書類1:収入証明書類

                アイフルで増額申請を行うときに必要になるのは、収入証明書です。たいていは増額するための判断基準として収入証明書を用意するように指示されます。収入証明書には給料明細などがあります。

                また、場合によって本人確認できる書類や、住所が確認できる書類を用意するように指示されることもあります。しかし、必要書類は状況によって変わるため、わからないことがあれば担当者に聞いてみると良いでしょう。

                • 「公的年金等の源泉徴収票」「退職所得の源泉徴収票」以外の源泉徴収票
                • 直近2ヶ月分の給与明細書
                • 住民税決定通知書、納税通知書
                • 確定申告書
                • 青色申告決算書
                • 収支内訳書
                • 支払調書
                • 所得証明書
                • 年金証書、年金通知書

                アイフルで使える収入証明書の詳細を見る

                アイフルの増額審査の必要書類2:学生・無職の場合

                収入がないとアイフルは利用できませんが、学生や無職でも安定的な収入があれば、借入や増額が認められることがあります。

                学生であれば長期のアルバイトをしている場合、無職ならネットを使った個人ビジネスや株。FXなどで安定的に稼げているなら、審査を受けてみるのもありでしょう。

                源泉徴収票は出ないので、確定申告書や納税通知書などを提出しましょう。

                アイフルの増額審査の必要書類3:主婦の場合

                主婦の場合も条件は同じです。夫の収入や世帯収入ではなく、あくまで個人の収入を審査されます。

                なので夫の年収が1000万円でもあなたの収入がなければ借りることができません。

                アイフルの増額審査に落ちる人の特徴

                また、審査を受けるなら落ちやすい人の特徴を知らないのは損です。一度審査を受けると約半年は受けられないので、落ちやすい状態に当てはまるなら、改善してから受けるようにしましょう。

                アイフルの増額審査に落ちる人の特徴1:金融事故がある

                アコムの増額審査に1番落ちやすいのは、金融事故の履歴がある人です。これはアイフル以外でも同様です。

                アイフルで事故を起こした場合利用停止になっているでしょうが、他の会社から借りて金融事故になった場合でも、アイフルでの増額はできないでしょう。これは、金融事故の方法が信用情報機関に保管され、アイフルでも見れる状態になっているからです。

                アイフルの増額審査に落ちる人の特徴2:最初の借り入れから経っていない

                店舗窓口でお願いすれば審査自体はしてくれる可能性がありますが、最初の借入からあまり時間が経っていない人も、増額審査に落ちやすいです。取引履歴が少なく判断できないので、仕方ないですね。

                アイフルの増額審査に落ちる人の特徴3:利用実績がない

                また、契約から日数が経っていても利用実績がない場合は同じように判断するための情報がないため、基本的に審査は落ちると思っていいでしょう。

                アイフルの増額審査に落ちる人の特徴4:延滞している

                今アイフルから借りているお金の支払いを延滞している場合も、増額審査には通りません。流石にすでに払えていない人に追加で貸してくれるような会社はなかなかいません。

                まずはとにかく今滞納している支払いを終わらせましょう。会社によってはおまとめローンなどもあるので、複数の会社から借りている場合は利用を考えてみてもいいかもしれません。

                アイフルの増額審査に落ちる人の特徴5:年収が減った・仕事をやめた

                年収は返済能力に直結するので、年収が減った場合も増額審査には通りにくくなります。さらに総量規制もあるので、既に限度額がある程度高い場合は減額リスクも大きくなります。

                また、一時的だとしても仕事を辞めた場合は利用停止になってしまう可能性があり、減額になる確率はかなり高いので、増額審査を受けること自体をおすすめしません、

                アイフルの増額審査に落ちる人の特徴6:他社からの借り入れが多い

                アイフルの借入が少なくても、他社からの借入が多い場合は増額が難しくなります。信用情報には金融機関への申込みなども含まれているので、他社の審査を受けていればそれだけで気づかれます。

                アイフルからの借り入れを滞ることなく返済していたとしても、他社からの借り入れも複数あり、その返済が滞っていれば意味がありません。また、場合によっては、他社への返済がスムーズであっても、複数の借り入れがあるというで、増額審査が通らなくなってしまう場合もあります。

                また、限度額は高いほうが金利も下がるので、出来るだけ早く他の借金を返してアイフルの増額審査を受けるようにしましょう。

                アイフルの増額申請のおすすめのタイミングは?

                アイフルの増額申請のおすすめのタイミングは?

                最後にここまで調べたことからわかる、アイフルの増額審査を受けるのにおすすめのタイミングとやめたほうが良いタイミングをまとめます。増額しやすいときに審査を受けて、アイフルを上手に活用してください。

                審査を受けるのにいいタイミング審査を受けない方がいいタイミング
                アイフルの利用期間が半年を超えた転職してすぐ
                勤続年数が長い他社借入を増やした
                年収が上がった年収が下がった

                アイフルの増額審査に通るコツ

                アイフルの増額審査に通るコツ

                アイフルの増額審査に通るコツは特にありません。なぜならば、増額審査を通るためには条件さえ満たしていれば通ることができるためです。

                なので、返済を滞ることのないようにしたり、他社からの借り入れ額に注意したりなど、増額審査に落ちないように事前に注意しておく必要があります。

                また、総量規制にかかってしまう、返済能力が不足しているなどの理由で増額審査が通らない場合には、これらの問題を解決しておく必要があります。

                そのため、アイフルの増額審査に通るためのコツがあるとすれば、増額審査に落ちる要素を事前に潰しておくことです。

                他のおすすめのカードローン

                他のおすすめのカードローン

                アイフルを利用している人は多いです。しかし、アイフル以外からも借り入れを考える人も多いです。そのような場合にはアコムがおすすめです。

                アコムは条件によっては運転免許証だけで利用することができます。また、最短1時間融資も可能で、初めての利用であれば最大30日間は金利が付かないなどのメリットがあります。

                最短1時間融資 金利 審査時間
                可能 3.0%~18.0% 最短30分
                Web完結 無利子期間 融資時間
                可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

                お金は賢く使おう

                お金は賢く使おう

                急にお金が必要になることはあります。そのときに手元にお金がないこともよくあります。このようなときにアイフルなどから借り入れをして、その場を乗り切るという人がいます。

                しかし、中には、借り入れをすることに抵抗を感じてしまう人もいます。ですが、お金が用意できない状況の方がもっと困ってしまいます。

                大事なことは借り入れをすることではなく、無理のない返済計画を立てることです。しっかりと返済をするのであれば借り入れをすることに抵抗を感じる必要はありません。なので、賢くお金を回す方法の1つと考えるようにしましょう。

              4. 消費者金融の増額審査まとめ

              5. アコムの増額審査
                プロミスの増額審査

                この記事の要約
                • 増額審査に通るには返済実績や借入の少なさが重要
                • 減額や利用停止のリスクもあることを留意しよう
                • 収入証明書が必要な場合が多いので用意しておきましょう

                アイフルならバレずに即日融資も可能

                アイフルなら最短審査時間30分、審査通過後の融資は最短1時間です。このように便利のため、今すぐにお金を借りたい方が多く利用しています。また、家族や職場にバレたくない方にも柔軟に対応してくれるので安心。キャッシングがはじめてなら、まずはアイフルからお申し込みを。

                即日融資 金利 審査時間
                可能 3.0%~18.0% 最短30分
                Web完結 無利子期間 融資時間
                あり 初めてなら最大30日 審査後最短1時間

                目次に戻る

                関連記事