Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月11日

アコムの審査に必要な本人確認書類とは。本人確認書類の種類

アコムの審査に申し込む際に提出する必要のある書類があります。それはアコムが貸付をおこなって良いのか、悪いのかの判断軸となる書類です。今回は本人確認証明書について解説していきます。アコムが本人の確認をすることができなければ融資を行えませんので参考にしてください。

アコムから融資を受ける前にはアコムの審査を受ける必要があります。その審査では、アコムの申込資格を満たしているか、自身に返済能力があるのか、記載された個人情報は本人のことなのかなど様々な観点から申込者の「信用度」を見ています。

今回の記事ではそんなアコムの審査時に、「あなたが本当に申込者本人か」を確認するために必要な書類である本人確認書類および必要書類について紹介します。

結論:基本的にアコムの審査に必要な書類は、
●免許証
●保険証
●パスポート
●マイナンバーカード(個人番号カード)
のいずれか1つです。顔写真がない書類を本人確認書類として提出する場合には、別の書類と合わせて提出します。


※借入金額によって収入証明書の提出が別途求められる場合があります。
※本人確認なし、在籍確認なしはできません。

理由:お申し込みをするだけであれば、本人確認書類1つだけで済んでしまう手軽さがアコムの強みです。

ここで、まずはアコムの特徴をおさらいしていきましょう。

アコムの特徴
  • 30日間無利息 → それ以降の利息は利用日数分。利息を払いたくない人には最適
  • 審査は最短30分、振込は最短1分 → 即日融資も可能。今必要という人のためには最適
  • 無人契約機(自動契約機)の申込は8AM~10PM → 他社より1時間早く申し込める。急いでる方には最適
  • 仕事で忙しくても24時間365日ネットとATMから借入可 → 場所を問わず借り入れできる。移動が多い人にも使いやすい
  • 在籍確認を電話以外で対応してもらえる → 周りの人にバレたくないという人でも安心
  • 返済3日前、返済日当日、返済日経過後にメールで通知 → 金融事故の予防。今後の金融商品の審査もスムーズに
  • 金利は3.0%~18.0%→消費者金融カードローン会社の平均的な金利設定

審査通過率は驚異の50%越え!

アコムのキャッシング・カードローンの審査条件

アコムのカードローン・キャッシングに申し込むための条件は下記です。

▶年齢が20歳から69歳までの人
▶安定した収入がある人


上記の条件を満たせていれば、問題なくアコムの審査に申し込めます。

重要なのは年齢と収入

大学生や主婦でもアコムから融資を受けることができるのかという疑問が残ります。

アコムでは大学生や主婦でも「年齢が20歳から69歳までの人」と「安定した収入がある人の条件を満たしている」のであればアコムから借り入れることができます。

年齢に関する条件は言葉通りですが、ここでいう「安定した収入」とはどういう意味なのでしょうか。

アコムが考えている「安定した収入」とは、簡単に言えば正社員がもらっている給料のことです。つまり、一定額を定期的に収入として貰っているかどうかです。学生でもアルバイト(ポスティング、コンビニ含む)をしている場合や、主婦でもパートをしているのであれば、毎月、決められた給料日に給料や月収が入るので問題ないといえます。

そのため、学生や主婦でもアコムのカードローンを利用することが可能なのです。学生や主婦の方でカードローンの利用を考えている場合、下の記事を読んでみてくださいね。

アコムが指定している本人確認書類・必要書類

それでは本題のアコムの審査時に必要となる本人確認書類とはどのようなものなのかを解説していきます。

アコムの審査で別途必要になる可能性のある書類については、下の記事でくわしく書いているので、そちらの方でチェックしてみてくださいね。

免許証

アコムでは基本的に免許証を本人確認書類として提出をお願いしています。

しかし、免許証なしでも、個人番号カード、パスポート、健康保険証も代用可能です。

保険証

免許証の交付を受けてない場合、アコムでは健康保険証を代わりに利用することができます。

しかし、顔写真のついてない書類を提出する場合には、住民票や公共料金の領収書、納税証明書を併せて提出する必要があるので注意が必要です。

パスポート

パスポートも健康保険証と同様、免許証の交付を受けてない場合は免許証の代わりに本人確認書類として提出することができます。

マイナンバーカード(個人番号カード)

マイナンバーカードも本人確認書類として認められている必要書類の1つです。

マイナンバーカードに関しては、本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合でも提出を求められます。

Webから24時間365日お申し込みが可能!

アコムに提出する本人確認書類の住所が現住所と違う場合

もし、本人確認書類の住所が現住所と違う場合は下記の書類のいずれかを本人確認書類と併せて提出をしてください。

住民票

住民票も本人確認書類として使用することが可能です。しかし、基本的に住民票を提出する場合は、自分の持っている本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合です。その際に利用してください。

住民基本台帳カード

住民基本台帳カードも基本的には住民票と同じ用途で提出します。

住民基本台帳カードを利用する場合は、基本的に本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合に本人確認書類として利用しましょう。

公共料金の領収書

実は公共料金の領収書も本人確認書類の一部として利用することができます。どういったものが公共料金に該当するのかを下記にまとめました。

・電気
・都市ガス
・水道
・固定電話
・NHK


アコムは上記を公共料金として認めています。上記の領収書を持っているのであればそれらを利用しても問題ないでしょう。

納税証明書

意外かと思われる方も多くいるかと思いますが、納税証明書も本人確認書類の一部として利用することができます。ただし、納税証明書を利用する場合は、発行年月日から半年以内のものである必要があります。

国内ユーザーは140万人以上!

アコムに提出する本人確認書類に顔写真がない場合

続いて、自分が持っている本人確認書類に顔写真が載っていない場合はどうすればよいのでしょうか?

その場合は下記の書類と本人確認書類を合わせて提出してください。基本的には、上記で紹介したものが必要書類となります。

住民票

今もっている本人確認書類に顔写真がついていない場合も、住民票を提出することでアコムの審査を進めることができます。

このときに提出する住民票は、発行日または領収日から6ヶ月以内のものである必要があることに注意しましょう。

住民基本台帳カード

住民基本台帳カードも基本的には住民票と同様の使い方をします。

住民基本台帳カードを提出することで本人確認書類に顔写真がついていなくてもアコムの審査を進めることができます。

公共料金の領収書

今持っている本人確認書類と現住所が違う場合だけでなく、本人確認書類に顔写真がついてない時でも公共料金の領収書を提出することでアコムの審査を進めることができます。

具体的には下記の領収書(発行年月日から6月以内のものに限る)いずれかの提出を求められます。

・電気
・都市ガス
・水道
・固定電話
・NHK

納税証明書

納税証明書も本人確認書類として利用することができるだけでなく、本人確認書類に顔写真がない場合でも、併せて提出をすることでアコムの審査を進めることができます。

しかし、こちらも領収書同様で、発行年月日から半年以内のもである必要があります。

即日融資も可能!

アコム申込時に本人確認書類・必要書類を送る方法は4種類

アコム申込時に本人確認書類・必要書類を送る方法は4種類

アコムの審査に申し込む方法は
●インターネット
●店頭・無人契約機
●電話・FAX
●郵送
の4種類あります。

アコムの申し込みで必要なものを、各申し込み方法毎に紹介していきます。

方法1:インターネットの場合

インターネット(Web完結)で申し込む場合は、基本的に24時間365日でアコムに申し込む事が可能です。

まずは下記のリンクから申し込み画面に行きましょう。

アコムに申し込むためには、上記のリンクから申し込み手続きを行ってください。申し込み手続き後、アコムから「書類等の提出方法」に関するメールが申込者あてに届きます。メールに記載されていることではありますが、インターネット(Web完結)を利用した場合、必要書類の提出は下記の2つの方法でできます。

・アコムの会員ページからのアップロード
・専用アプリからアップロード


上記に書かれている2つの方法のいずれかでアコムに必要書類を審査時に提出します。

その後、アコムの本審査が始まります。本審査は最短30分で完了します。本審査が終わった後、アコムの担当者から連絡が来るので契約内容の確認を行い、契約締結となります。

方法2:店頭・無人契約機の場合

アコムの申し込みを店頭・無人契約機で行う場合は、実際にお近くのアコムに行くか、無人契約機にまずは行きましょう。

アコムの店で契約する場合はアコムの担当者がいますので、その指示通りに、無人契約機で申し込む場合はアコムのオペレーターの指示に従ってください。

方法3:電話・FAXの場合

アコムに電話で申し込む場合は下記の電話番号に電話します。

アコムの申し込み窓口:0120-07-1000

電話対応には時間制限がありますので気を付けてください。18時以降に電話をした場合は翌日にアコムから回答がきます。

アコムに電話申し込みをした場合は、持っている携帯電話にアコムから今後の動きに関してメールが届きます。届いたメールには、アコム専用のURLが記載されていますので、そこからサイトアクセスしてください。メールアドレスを登録し、必要書類をアップロードします。

FAXの場合は、平日の14時までに書類を提出することができれば、即日融資ができます。FAX専用の契約書類がありますので下記のサイトからダウンロードして、提出してください。

方法4:郵送の場合

アコムに郵送で申し込む場合も下記の電話番号に電話し、申込書類の請求をしてください。

アコムの申し込み窓口:0120-07-1000

電話をかけたら申込書を請求します。請求した申し込み書類が自宅に届いたら、アコムの審査に提出するための必要書類の写し・コピーを申込書類に同封し郵送します。

その後、アコムの本審査が開始します。本審査に通過すれば、アコムの担当者と契約を締結します。

その後、アコムが契約書類やアコムのローンカードを翌日以降に郵送してくれます。

審査通過率は驚異の50%越え!

インターネットからアコムに申し込む場合の流れ

アコムに申し込む方法で一番楽なのがWeb申し込み(Web完結)です。ここでは、アコムのWeb完結の流れを解説します。

【1】申し込み手続き

アコムの公式ページは下記のリンクを押せば飛ぶことができます。その先のページに申込のボタンがあるので、そこから手続きをします。

最初はスコアリング審査(前審査)から始まりますので次の情報を記入してください。

▶氏名や住所などの「個人情報」
▶住所や家賃などの「自宅情報」
▶勤め先の電話番号などの「勤め先の情報」

【2】本人確認書類・必要書類を提出

続いて、本人確認をするためにアコムが指定した必要書類を提出します。

・本人確認書類(パスポート、運転免許証、住基カード、個人ナンバーカード)
・収入証明書類(源泉徴収票、給与明細書)


ここに関しては上記で解説したので上部を参考にしてください。

【3】本審査

続いては、アコムが本審査を行います。

ここでは主に、今まで提出された情報や書類に嘘の情報だったり、虚偽の情報がないかを確認します。併せて、信用情報機関に信用情報を照会し、返済能力の確認も行います。

【4】在籍確認

アコムでは本審査の最後に、提出された情報がアコムに申し込んだ本人の情報なのかを確認するために在籍確認を行います。

また、在籍確認をすることで、申込者が本当に申告した会社に勤めているのかも確認します。

【5】借り入れ

ここまでくれば、契約は完了です。
あとはローンカードが手に入り次第借り入れを行いましょう。

このような流れで見てみると一見とてもスムーズに見えますが、実際には各ステップでの必要なことを把握しておらず、融資に時間がかかってしまうケースもあります。

可能な限りスピーディーな融資をご希望であれば、
・「アコムの審査ではどんなところを見られているのか」
・「アコムの審査に落ちてしまう人にはどういった特徴があるのか」

といった点を事前に確認しておけば、余裕をもって審査にのぞめるでしょう。

ぜひ下の記事を参考にしてみてくださいね。

パート・アルバイトでもお申し込みOK

アコムに提出する本人確認・必要書類を準備しよう!

アコムの審査をスムーズに行うためには、あらかじめ審査の際に提出する必要書類を把握しておくことが大事です。

審査中に必要な書類がなかった場合は取得するのに時間がかかってしまい、いざお金が必要な時に融資を受け取れなくなるかもしれません。

上記のことを参考にし、必要書類を事前に準備した上でアコムに申し込みをしましょう。

アコム、SMBCモビット、プロミスで悩んでたけど
  • 口コミ・評判:結果的にはアコムにしました。SMBCモビットやプロミスの店舗の営業時間など比べた結果、アコムのむじんくんは他社よりも1時間早かったので。また、審査基準に関しては、調べた結果どこもそこまで変わらないとの意見が多かったと思います。
  • 職業:社員
  • 年収:300万円代
  • 初回借入:5万円

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

審査通過率は驚異の50%越え!

関連記事