Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月08日

アコムの審査に夜職の人は落ちるのか?水商売でも審査に通るのか

初めてアコムを利用する場合、キャバクラやホストなどの夜職(水商売)の仕事をしている人は審査に通過するのか不安ですよね。この記事では、夜職がアコムの審査に置いて不利と言われてしまう理由や審査の流れ、夜職でもアコムの審査に通るコツをまとめました。

大手消費者金融のアコム(ACOM)ではキャッシング・カードローンを利用でき、また、利用顧客数も業界でもトップレベルで多く、信頼も厚い会社です。アコムの信頼度は手厚いカスタマーサポートから来てるといっても過言ではありません。例えば、在籍確認の電話をやめてほしい場合は、書類で対応してもらうことができたり、急いでる方には優先して審査をする、即日融資の対応をするといったことができます。

利用顧客数が多い分、他社より多くの多様な要望に応えてきたアコムですが、夜職をしてる方でも融資を行うことができるのか疑問に思う方も多くいると思います。今回は、夜職をしてる方でもアコムの審査に受かること、また、落ちてしまう理由を紹介していきます。

結論:アコムの審査は水商売(夜職)の方でも通る可能性は十分にあります。

理由:アコムの審査基準に職業の種類はありません。アコムは水商売をされている方でも返済能力を見ているので、どんな職業の方でも、定期的に同水準の収入(もしくは固定給)を得ているのであれば問題ありません。

ここで、アコムの特徴を見ていきましょう。

アコムの特徴
  • 30日間無利息 → それ以降の利息は利用日数分。利息を払いたくない人には最適
  • 審査は最短30分、振込は最短1分 → 即日融資も可能。今必要という人のためには最適
  • 無人契約機(自動契約機)の申込は8AM~10PM → 他社より1時間早く申し込める。急いでる方には最適
  • 仕事で忙しくても24時間365日ネットとATMから借入可 → 場所を問わず借り入れできる。移動が多い人にも使いやすい
  • 在籍確認を電話以外で対応してもらえる → 周りの人にバレたくないという人でも安心
  • 返済3日前、返済日当日、返済日経過後にメールで通知 → 金融事故の予防。今後の金融商品の審査もスムーズに
  • 金利は3.0%~18.0%→消費者金融カードローン会社の平均的な金利設定

利用顧客数No.1

夜職の人でもアコムの利用は可能です。なぜならアコムに申し込むための最低条件が「20歳以上69歳未満」と「定期的に同水準の収入(もしくは固定給)を得ている」かどうかだからです。

一方で、アコムの審査はそんな単純ではないと思う方もいるでしょう。その通りです。他にも審査項目があります。アコムに申し込む前に確認をすれば審査通過率もあがります。

アコムに申し込むのが初めてという方もいると思います。そんな方には下記の記事をお勧めしています。下記の記事では、いつからアコムを利用できるようになるのか、アコムの前審査と本審査の違い、審査基準、審査に落ちる人の特徴、審査の流れ、必要書類など、アコムの審査で知るべき全てを紹介しています。

夜職がアコムの審査に落ちやすいのは安定していないから

夜職がアコムの審査に落ちやすいのは安定していないから

カードローンの審査において、「安定した収入があるかどうか」という点は非常に重要な観点になります。収入の不安定な職業としては、以下のようなものが挙げられます。

・夜職(ホストやキャバクラ)
・自営業
・作家
・経営者
・農業 など


アコムの審査に落ちたという方の中にはいずれかの職業の方もいるでしょう。もちろん上記の仕事をしているからといって、絶対に借り入れができないということはありません。

アコムの審査條件として求められているのは、「満20歳以上69歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」を申込みの対象としています。

つまり「安定した収入があるかどうか」というのは1番にみている点になります。たとえ上記の仕事をしているとしても、継続している安定した収入と見なされれば、審査に通る可能性は高くなります。

月々の収入があれば可能性大!

高収入である夜職はなぜ審査に不利といわれるか

先ほど挙げた職業の中でも特に審査が厳しいといわれているのが、夜職(水商売)です。水商売の例としては、キャバクラやスナック、ホストなどです。また、余談にはなりますが、高収入アルバイト、日払いのバイトも同様になります。

このようなナイトワーク系の仕事は収入が高いイメージがあります。しかし、人気に左右される商売でもありますので、その月によって収入が大きく左右されてしまい、収入が安定しているとは言い切れません。

安定していない職業であるとアコムのカードローン審査も厳しくなります。なぜなら、収入が安定していないと返済が滞ってしまう可能性があるからです。

月に何百万という収入がない人でも、きちんと働き収入が安定していることを証明できれば、アコムの審査に通過する可能性があります。

消費者金融では職業が水商売だから落とすと決めているわけではありません。きちんと審査を行なった上で審査に通すべきか決めます。

夜職でアコムを利用する場合の審査の流れ

アコムは、以下の流れで審査が行われます。

【1】申込み内容の情報から信用度を点数化

アコムの店舗に行かなくても、インターネットから申し込むことができます。

下記の「アコムに申し込む!」を押し、アコムの申し込みを行います。申し込みを行うと利用希望者の属性確認をする前審査がはじまります。前審査では本人確認書類、場合によっては収入証明書類の提出をします。(新卒でも在籍中の方でも履歴書、経歴書などは必要ありません。)アコムの最低基準に満たない人は、この時点で審査落ちすることになります。

コンピューターが申込みフォームに入力されたデータの内容から対象者の信用度合いを総合的に判断し、採点します。今までの膨大な量の顧客データを元に設定された合格ラインと照らし合わされ、スピーディーに結果がでます。

特に他社からの借入額の項目はしっかり嘘なく記入することが大事です。ここに関しては総量規制(個人は消費者金融から自分の年収の1/3までしか借り入れることができない)法律に関わってきます。

一般的にカードローンのお申し込みにおいて入力項目が多くなりがちですが、審査結果に関わってくるので虚偽やミスの内容に記載しましょう。

最低基準を満たしているなら!

【2】勤務先へ在籍確認

借り入れに関して、利用希望者がどのくらいの収入があるのかというのは、融資額を決定する上でもっとも必要な情報といえます。

この情報に嘘がないか確認するために、アコムの担当者から対象者の勤務先に電話連絡をする過程があり、これを在籍確認といいます。

在籍確認で確認されるのは、利用希望者が申し込み時に記入した勤務先に本当に在籍しているかということです。アコムの担当者は個人名で電話をかけてきますので、電話をとった職場の人にアコムの在籍確認だとばれることはまずないでしょう。

確認の方法としては基本的に、申込み本人がアコムからかかってきた電話をとることが挙げられますが、本人が電話に出られなくても電話口の同じ勤務先の人が「◯◯は本日休みです。」などと返答してくれたら、在籍していることは確認できますのでその時点で在籍確認は完了します。

心配な方はクレジットカードの在籍確認があると勤務先の人へ伝えておきましょう。また時間次第で自分で電話に出ることができる方は、申込みが完了した時点でアコムの担当者に電話で相談し、在籍確認の電話の時間を相談しておきましょう。

【3】アコムが信用情報を参照し、過去の取引状況を確認

アコムなどの貸金業者は審査をする際、法律により利用希望者の信用情報の確認が義務付けられています。

信用情報とは、個人が行なっている金融取引の履歴です。クレジットカード・各種ローンの支払い状況や返済状況が記載されています。

よく「ブラック」といわれる状態は、この信用情報に問題がある人のことをいいます。

アコムが加盟している信用情報機関はCIC(株式会社シー・アイ・シー)とJICC(株式会社日本信用情報機構)になります。

【4】担当者が可否を判断

最終的には、アコムの審査担当者によって融資の可否が決定されます。

利用希望者へ借り入れ意思の確認や利用目的・借り入れ希望などの最終確認が行われます。それを踏まえて、これまでに行なった審査の結果と合わせて総合的に判断します。

夜職がアコムの審査に不利な理由とは

では、なぜキャバクラやホストなどの夜職の人は、カードローンの審査において不利だと言われているのでしょうか。勤続年数が長く、高収入も得ているのであれば問題ないように見えますよね。

ここではカードローンの審査において夜職が不利と言われる理由について紹介します。

安定性がないから

夜職という職業柄、安定性がないことや景気・人気に左右されやすい仕事であるからです。また競合店との競争や不景気の影響により、店舗経営がうまくいかない場合も多くあります。

上記の理由により、「安定した収入があり、返済能力がある」という点において、アコムは信頼性がないと判断してしまいます。

夜職以外に副業していても〇!

夜職をしている人はお金のトラブルを起こしやすい

「夜職をしている人=お金のトラブルを起こしやすい」というのは完全にレッテルでしかありません。しかし、人によっては人気を勝ち取った末に高額な収入を得る人もおり、それが人間関係や借金などのトラブルの源となるイメージが世間的に強いといえます。

実際にもそういった例がいくつもあるようで、どの消費者金融も夜職の人に対しては審査を慎重に行う傾向が強いようです。それゆえに、夜職の人は審査に通りづらいと思われてしまうことが多いです。

アコムからお金を借り入れるということは信用取引をするということです。トラブルを起こしていると審査が厳しくなってしまう可能性がありますので気を付けましょう。

お金周りのトラブルがなければ〇

勤続年数が短いケースがある

アコムの審査において水商売や夜職の人はカードローンの審査に申込みをして、その審査に落ちてしまう理由として一番多いのが、勤続年数の短さにあります。

勤続年数が短いと、在籍確認が取りづらかったり、安定した収入源を証明する材料して説得力が弱いと考えられているためです。基本的にこの利用から、勤続年数が短い人に対しては審査がとても慎重になってきます。

水商売といった業界柄、勤続年数が数ヶ月という人も多いでしょう。しかし勤務期間が短いということは、「持続的に安定した収入を確保できるか」という点において不安が残ります。

このように、水商売のように勤続年数が短くかつ収入が上下する職業の人がカードローンを利用しようとすると、やはり申込み内容の書き方から希望する限度額まで意識して審査・申込みをすることが必要です。

半年以上働いていれば〇

アコムの審査に夜職の人が通過するには在籍確認が大切

アコムでは勤務先への在籍確認が必ず行われます。利用希望者の勤務先に電話をかけ、本当に在籍しているかを確認します。利用希望者本人がアコムからかかってきた電話に出たら、在籍確認は完了します。

普段勤務先に電話がかかってくることが職場である場合、周囲の同僚に怪しまれないか心配ですよね。アコムの担当者は個人名で電話をかけてきますので、アコムの在籍確認だとバレることはないです。担当者は、絶対に社名を明かすことはありません。

心配な方は、クレジットカードの在籍各員があると勤務先の人へ伝えておきましょう。また自分で電話に出ることができる方は、事前にアコムの担当者に電話をかけて相談し。在籍確認の電話を調整しておきましょう。

基本的にバレないので安心

夜職でもアコムの審査に通るコツ

夜職の人に対してアコムの審査の難易度は高いと言われていますが、例えば下記のような人であれば審査に通る可能性はあります。

・勤続年数が1年以上ある
・希望融資額は50万円以下


以上のポイントを押さえていれば、夜職でもアコムの審査に通る可能性はあります。ぜひ参考にしてアコムの審査に申込みましょう。

上記の条件を満たせば今すぐ!

夜職でアコムに審査落ちしたが、どうしてもお金が必要な場合

夜職をやっていてもアルバイト(ポスティングやチラシ配り、コンビニも含む)やデータ入力といったパートをしていればアコムの審査に通る可能性はあります。

ホストとバイトの両立をしてました。
  • 口コミ・評判:もともと学生のころからやっていたコンビニバイトのほうが勤務時間は多かったのでそこが大きかったかなと思います。アコムを選んだのは、アコムの店舗一覧で調べてみたらアコムのATM?むじんくん?の場所が近くにあったからです。SMBCモビットの自動契約機もありましたが、アコムのほうが営業時間早かったので僕としては好都合でした。アイフルは店舗検索しても職場近くしかなかったので諦めました。バレたくないので。
  • 職業:フリーター
  • 年収:200万~300万円
  • 初回借入:5万円

\ バイトをしてれば申込可! /

しかし、審査に通過するためのポイントを全て満たしたとしても、アコムの審査に落ちてしまう場合もあります。その際は、審査落ちの連絡を受けてからある程度の時間を空け、他の消費者金融のカードローンを見てみましょう。

プロミスはアコムと同様に、初回利用のユーザーには30日間の無利息期間のサービスがついてくるので、お得に借り入れができます。

またアイフルやSMBCモビットなども検討してみても良いでしょう。

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 ※最短10秒で振り込み

関連記事