Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月05日

アコムの審査は契約社員だと落ちるのか?落ちる理由と対処法 

アコムの申し込み条件は「20歳以上69歳以下」、かつ、「安定した収入」があること。しかし、この条件では雇用形態に関しては不透明なままです。契約社員でもアコムのカードローンを利用することはできますが、審査に落ちる理由に関して理解を深めておきましょう。

大手消費者金融のアコムではキャッシング・カードローンを利用でき、また、利用顧客数も業界でもトップレベルで多く、信頼も厚い会社です。アコムの信頼度は手厚いカスタマーサポートから来てるといっても過言ではありません。例えば、在籍確認の電話をやめてほしい場合は、書類で対応してもらうことができたり、急いでる方には優先して審査をする、即日融資の対応をするといったことができます。

利用顧客数が多い分、他社より多くの多様な要望に応えてきたアコムですが、契約社員でも融資を行うことができるのか疑問に思う方も多くいると思います。今回は、契約社員でもアコムの審査に受かること、また、落ちてしまう理由を紹介していきます。

結論:アコムの審査は契約社員でも通過する可能性は十分にあります。

理由:アコムでは雇用形態にかかわらず、「返済能力」が審査の中で重要な指標になっています。つまり、月々にある程度決まった給料を貰っているかどうかです。契約社員であれば給料は発生するので、今申し込んでも特に問題はありません。

ここでアコムの特徴を見ていきましょう。

アコムの特徴
  • 30日間無利息 → それ以降の利息は利用日数分。利息を払いたくない人には最適
  • 審査は最短30分、振込は最短1分 → 即日融資も可能。今必要という人のためには最適
  • 無人契約機(自動契約機)の申込は8AM~10PM → 他社より1時間早く申し込める。急いでる方には最適
  • 仕事で忙しくても24時間365日ネットとATMから借入可 → 場所を問わず借り入れできる。移動が多い人にも使いやすい
  • 在籍確認を電話以外で対応してもらえる → 周りの人にバレたくないという人でも安心
  • 返済3日前、返済日当日、返済日経過後にメールで通知 → 金融事故の予防。今後の金融商品の審査もスムーズに
  • 金利は3.0%~18.0%→消費者金融カードローン会社の平均的な金利設定

審査通過率は驚異の50%越え!

契約社員でも「返済能力」があればアコムの利用は可能です。返済能力を審査するために「安定した収入」が1つ重要な指標となっていますが、実はこれだけではありません。他にも様々な審査項目があります。そんな審査項目をまとめたのが下記の記事です。今すぐアコムの申し込みたい、申し込む予定があるという方は参考にしてください。

また、アコムに初めて申し込むか検討している方はこちらの記事がおすすめ!下記の記事では、いつからアコムの利用が可能になるのか?アコムの審査基準は?アコムで増額するときの審査は?アコムの審査の流れなど、初心者の方の疑問にお答えしています。

契約社員はアコムの審査に通るのか

アコムはインターネット(Web完結申し込み)で申し込むと審査時間が最短30分になったり、無人契約機(自動契約機)のむじんくんを利用することで即日でお金を借りることが可能だったり、顧客目線でのサポートを展開しています。

Web完結申し込みであればアコムの店舗やATMに行かなくても審査に申し込むことができるので楽にできるので人気の高い申し込み方法です。

アコムの利用を考えている人の中には、自分が契約社員だからアコムの審査に落ちるかもしれないと考えてる人も多いと思います。

実際、「安定した収入」という部分で考えると、正社員という雇用形態のほうが契約社員と比べ、多少不利になってしまう場合があります。しかし、契約社員でも月々に給料をもらっているため、審査にさほど影響は出ません。しっかりと毎月給料を貰っていればアコムの審査に通る可能性は十分にあります。

「安定した収入」ア以外でアコムの審査の評価ポイントをしっかりと理解していれば契約社員でもアコムの審査に通る可能性は高まりますので見ていきましょう。

給料があれば通過率大!

契約社員がアコムの審査に落ちる理由5つ

契約社員がアコムの審査に落ちる理由5つ

アコムのカードローンを利用するための最低条件として、「20歳から69歳未満の人」と「安定した収入がある人」の2つがあります。アコムの審査の大前提としては、この条件を満たせてないとアコムの審査に落ちてしまう可能性がとても高いです。

アコムのカードローン、キャッシングを利用するためには、申し込んだ人の返済能力(ちゃんと借金を返すことができる力)を審査する必要があります。仮に、「20歳から69歳未満の人」と「安定した収入がある人」の条件を満たしていても、返済能力がなければ審査に落ち、借り入れることができません。

それでは、どういう状態であれば返済能力があると判断されるのでしょうか。

次に、契約社員がアコムの審査に落ちてしまう原因・理由をまとめました。

審査落ちする原因1:虚偽(嘘)の申告

アコムの審査は申込した人が提出した情報をベースに審査を行います。

なので、申し込んだ本人が虚偽の情報(誤って入力した情報も含む)を入力した場合は正確な情報に基づいて審査ができていないので審査に落ちる場合があります。

しかし、名前に誤字があるなどの軽度なミスであれば、アコムの担当者から確認が来たりしますので安心してください。通常より高めの年収を申告したり、明らかに嘘だとわかる場合は審査に落ちる可能性がかなり高まります。また、詐欺のような悪質性があるものに関してはアコム側から起訴されるケースもあります。絶対に嘘をついてはいけません。

審査落ちする原因2:安定した収入がない

アコムの審査に申し込む際の最低条件の1つにある「安定した収入」があります。安定した収入とはどういうことでしょうか?

安定した収入とは、簡単に言えば、正社員がもらっている給料です。正社員なので数年間同じ勤務先で働くことが予想されますし、給料日があるのでいつ給料がもらえるのかがはっきりしています。また、正社員なので給料の額面も一定しています。「決まった日に、長期間決まった金額を貰えているか」が安定した収入の重要なポイントです。

アルバイト(チラシ配りのポスティングやコンビニなど)やフリーターのようにシフト変更が容易にできてしまう場合は、給料にバラつきが出てきます。また、短期のバイトや即日日払いのバイトも同様です。その場合、アコム側の判断が難しくなり審査の難易度が上がってしまい、落とすことも考えられます。

契約社員の場合は、この「決まった日に、長期間決まった金額を貰えているか」に関しては満たしていると考えても問題ないでしょう。

給料があれば通過率大!

審査落ちする原因3:他社の借入額が多い/総量規制

現時点で、アコム以外のカードローン会社、キャッシング会社3社以上から借り入れを行っている場合はアコムの審査の難易度が上がり落ちてしまう可能性があります。理由は総量規制という法律が関わってきます。

総量規制とは「個人が消費者金融会社から借り入れできる金額の合計を年収の3分の1に制限する」という法律です。これは、勤務形態を問わず、日本人全員に適応されます。

「年収の3分の1に制限する」に関してもう下記の例を使いながら詳しく解説します。


契約社員Aさん
年収300万円


この場合、Aさんは消費者金融会社から100万円まで融資を受けることが可能です。


契約社員Aさん
年収300万円
プロミスから50万円融資を受けている


この場合、Aさんはすでにプロミスから50万円融資を受けています。よって、Aさんが借り入れできる金額は残りの50万円(総量規制で制限された100万円−50万円)になります。この場合、Aさんがアコムから70万円の融資を受けたいと思って審査に申し込みをしても、アコムは最高50万円までしか貸付できないので審査に落としてしまいます。

他社から借金してないなら◎

審査落ちする原因4:短期間に複数社に同時申し込みしている

契約社員でも短期間に複数社、同時にカードローンの申し込みをしているとアコムの審査が厳しくなり、結果に影響が出てしまいます。

アコムなどの消費者金融に申し込みを行うと、アコムなどの消費者金融会社は信用情報機関(アコムはCICとJICC)に申込者のクレジットカードの契約日や、契約内容、返済情報の参照を行います。

この時、カードローンの申し込みを複数社に提出していると、信用情報機関に参照の依頼が多数届くことになり、申し込みブラックというレッテルを張られてしまう可能性があります。そうなれば、短期間に多額を集めていると判断され、審査に落とされるという可能性が出てきます。

申し込みした情報は半年できえるので、他社で申し込みを行ってる場合は半年たってからアコムに申し込んだほうが良いでしょう。

審査落ちする原因5:信用情報に傷がついている

アコムは審査の流れの中で入手できる信用情報と、申込者が提出してくれる情報を照らし合わせながら審査を行います。そのため、信用情報機関に金融事故をおこしたというような情報があれば、アコムの審査に通過しにくくなってしまい、最悪の場合は落ちてしまいます。

審査に落ちてしまうような金融事故の例はこちらです。

・自己破産
・債務整理
・代位弁済
・2ヶ月以上の長期滞納・延滞をしたことがある
・カードローンやクレジットカードの強制解約
・申し込みブラック

上記のような金融事故を起こしてしまった場合は、その情報が信用情報機関に5年間保管されます。その場合は、その金融事故を起こした情報が時効で切れるまでは、アコムの審査に落ちてしまうでしょう。

契約社員がアコムの本審査に落ちた場合の対処法

ここまで、契約社員の方がアコムの審査に落ちてしまう原因・理由を紹介してきました。アコムでは、「20歳から69歳未満の人」と「安定した収入がある人」2つの条件を満たすことさえできれば審査に申し込み、審査に通れば融資を受けることができます。

しかし、上記で紹介した審査落ちしてしまう原因のどれかに当てはまってしまえば、審査に落ちてしまいます。

契約社員の人がアコムの審査に落ちてしまった場合、どのように対応すればよいのでしょうか。

審査基準の異なるカードローンに申し込む

もし、どうしてもお金を借りる必要がある契約社員の人がアコムの審査に落ちた場合は、審査基準がアコムとは異なるカードローン会社に申し込むことをおすすめします。

アイフル、SMBCモビットやプロミスはそれぞれ独自の審査基準を持っています。アコムの審査に落ちてしまったからと言って、アイフルやプロミスの審査に落ちてしまうとは限りません。

申し込みブラックに関しては、3件以上申し込んだ場合になるので、2社以内に収めれば問題ありません。

アコムに落ちた契約社員におすすめなのはアイフル

契約社員だからという理由でアコムの審査に落ちることはありません。必ず他に審査におちた原因があります。

もし、アコムの審査に落ちてしまった場合は、契約社員でも申し込めるアイフルを利用するのがおすすめです。

アイフルの審査条件は、アコムと同様「20歳以上69歳以下の方」と「定期的に収入のある方」です。契約社員でもアイフルに申し込みできるので、アコムの審査に落ちてしまった場合はアイフルを検討してみてください。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1時間で振り込み

3社で迷っていましたがアコムにしました。
  • 口コミ・評判:即日融資をしたかったのでATMの営業時間が早いアコムにしました。また、いろいろなサイトのランキングを見てもアコムは紹介されてましたし、店舗の一覧をみてもどこにでもあったのが決め手でした。
  • 性別:男性
  • 年齢:20代
  • 年収:300万円未満

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

関連記事