Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月31日

アコムの審査に落ちる理由とは?落ちた時の対処法を解説

何をしていたらアコムの審査に落ちてしまうのか気になるところですよね。アコムが何を考えて審査をしているのかを知っていると、知らないとでは、アコムの審査通過率が大幅に異なります。今回ではアコムの審査基準、落ちてしまった場合にすべきこと、審査に通るコツを紹介します。

アコムのカードローン・キャッシングを利用する際に避けて通れないのが審査です。しかし、アコムの審査におちてしまう理由をご存知ですか?アコムの審査基準を知らないままアコムに申し込むのと、審査基準を知ってからアコムに申し込むのとでは通過率が変わります。

今回の記事ではアコムの審査基準や審査に落ちる理由などを解説していきます。

まずはアコムの特徴を見ていきましょう。

ざっくり言うと...
  • 今すぐ借りたい方は銀行系より消費者金融系カードローンがおすすめ。銀行系は審査に約1週間かかるが、消費者金融系である『アコム』『プロミス』『アイフル』は最短30分。
  • 当日中に借りたいという方であればアコムやプロミス、アイフルの即日融資を利用するのが鉄則。
  • 消費者金融系カードローンを選ぶポイントで重要なのが、融資までの早さと審査の受付時間。
  • 融資までの速さで言えばアコム(借入申し込み後から融資まで最短1分)とプロミス(借入申し込み後から融資まで最短10秒)がおすすめ。
  • 『アコム』では収入のある20歳以上でアルバイトやパートをしている学生や主婦の方でも利用可能。
  • だからこそ『アコム』は利用顧客数No.1。蓄積されるノウハウも早く、ユーザーに寄り添った手厚いサポートができるので安心。
  • 例えば、『アコム』在籍確認は場合によって書類対応が可能。勤め先などにバレる心配もなく、郵送物にも気を使っている。
  • また、『アコム』にも30日間の無利息期間、24時間365日ネットとATMから借り入れができるのでプロミスやアイフルに後れを取っていない。
  • むしろ、『アコム』無人契約機(自動契約機)は8AM~10PMと他社より受付時間が1時間早く、利便性が高い。

  • 初めてのカードローン利用なら

アコムの審査に落ちる基準とは?

まずは、アコムの審査に落ちる人の特徴を紹介する前に、アコムが審査する際に基準として評価している点をおさらいしていきます。アコムの審査基準をまずは知りましょう。

貸付条件を満たしているか

アコムはいつから利用可能なのでしょうか?また、アコムを利用するための条件は何なのでしょうか?まずは、アコムに申し込むための最低条件です。

アコムのカードローンとキャッシングを利用するためには最低限下記の条件を満たしている必要があります。

1. 年齢が20歳以上、69歳未満
2. 安定した収入がある

年齢に関しては20歳以上です。どうして20歳以上なのかというと、未成年は判断能力に乏しく、法的に手続きを行うことで契約破棄ができてしまうためです。未成年に貸付を行って、契約破棄されればアコムの負担となります。

安定した収入に関しては、簡単に言えば給料です。どういうことかというと、定期的に固定給が貰えるかどうかです。給料であれば、給料日にある程度決まった額がもらえます。このように「決まった日に給料をもらい続けることができるか」が1つ鍵になってきます。

申込内容に虚偽(嘘)の情報がないか

ここに関してはアコムに限りませんが、あらゆる消費者金融や銀行はカードローンの申し込みを申告された内容をもとにして審査を行います。

申し込み者が申告した内容に信憑性がない、虚偽の情報がある、嘘が見つかった場合はアコムの審査に落ちる可能性がとても高くなります。

記入を少し間違ってしまったくらいでは問題でなく、情報の修正を求められるくらいでしょう。しかし明らかな虚偽の申告があった場合、詐欺や不正利用を疑われてしまい、審査落ちとなってしまいます。

信用情報に問題がないか

以前に、クレジットカードや奨学金の返済を延滞・滞納してしまったり、自己破産してしまったなどの金融事故を起こしたことがある人は要注意です。

その場合、信用情報機関ではブラック扱いとなり、アコムの審査難易度が上がります。なぜなら返済能力がないと判断されてしまうからです。その為、アコムの審査を通過することが厳しくなります。

これまでにブラックになるような長期延滞や債務整理など大きなトラブルがない方であれば、取引実績が良好となり審査に有利となります。

他社での借り入れが年収の1/3に達していないか

すでに他の消費者金融から借金をしている方は要注意です。他社での借り入れが年収の1/3に達していないかはとても重要な基準の1つです。

なぜなら総量規制という法律で定められているからです。総量規制を遵守できなければアコム側が訴えられてしまう可能性があります。

現時点で、他社での借入額が年収の3分の1に近い額の方は、アイフルから新規融資を受けることができません。

過去にアコムでトラブルを起こしていないか

過去にアコムを利用したことがある人に気を付けてほしい部分ですが、前回利用時の利用記録が審査の判断に影響する場合があります。

利用していた際に期日通り問題なく返済していればさほど問題ではありませんが、アコムで延滞・滞納をしてしまっていれば審査に落ちる可能性があります。

\  公式サイトはこちら! /

アコムに即日融資を申し込む

アコムの成約率

大手消費者金融アコム、プロミス、アイフルでは審査通過率、つまり成約率を公開しています。

成約率が高いからといって、審査基準が甘いということではないですが審査に不安のある人は参考にしてみてもいいでしょう。

アコムプロミスアイフル
2018年9月43.4%45.9%46.3%
2018年10月45.0%47.0%45.9%
2018年11月44.7%45.9%45.5%
2018年12月43.7%45.5%45.3%

アコムに即日融資を申し込む

アコムの審査に落ちた時の対処法

アコムのカードローン・キャッシングの審査に落ちた場合は必ず何か理由があります。アコムの審査に落ちる項目を下記にまとめましたので、下記の項目を見直す必要があります。

見直し項目
  • 利用限度額を見直す
  • 年収を税込みで再計算する
  • 他社の借入を返済する
  • 申込内容を再確認する
  • 信用情報機関で信用情報を確認する
  • 他の消費者金融を検討する

また、詳しい内容は下記の記事でも紹介しているのでよくわからないという方はこちらの記事を確認してみてください。

アコムに即日融資を申し込む

アコムのキャッシングの審査に落ちる人の特徴と原因

「アコムのキャッシングの審査に落ちる人の特徴と原因」についてですが、これはアコムのキャッシングサービスを利用する場合だけでなく、他社金融のキャッシングサービスを利用する際でも同じく言えますが、「過去に金融トラブルを起こしている顧客」はまずその「審査に落ちる人の対象」に含まれるでしょう。

他にも「固定収入が少額」や「利用申し込み時に多くのキャッシング利用をしていること」などがあげられますが、金融トラブルを起こしている場合は最も敬遠される場合が多いです。

安定した収入がない

先述に引き続きますが、金融トラブルを起こしている場合に加え、キャッシングサービスを利用する際に「きちんとした固定収入が得られていない場合」というのも、審査に落ちる人の大きな特徴の1つとしてあげられます。

年間所得(月給が毎月入ってこない場合を含め)が少額である場合には、返済を完了することができない可能性・リスクが出てくるため、アコムだけでなく、たいていどの金融機関でもキャッシングサービス時の審査で落とす傾向が見られます。

勤続年数が短かすぎる

アコムの利用希望者の年収と安定性を把握するためには、どのくらいの期間その企業で働いているかを表す勤続年数が重要な指標になってきます。

パートやアルバイトに限らず、正社員として働いていうる方場合であったとしても勤続年数は半年以上あることが望ましいと言われています。

特に転職を考えている人や転職直後の人は、前の職場を在籍している間にカードローンに申し込み、転職からしばらくして収入の安定性を証明できるような状態になってから申し込むことを考えましょう。

「まさに転職したばかりだけど、カードローンを利用できるか心配。。。」と言う方は下の記事を読んで念入りに対策をしておきましょう。

収入に見合っていない借入金

アコムに申し込む際、希望借入額が自分の年収の1/3以上だと審査に落ちる可能性が高いです。

なぜ、年収の1/3なのかというと総量規制という法律で定められています。これはアコムに限った話ではありません。プロミスでもアイフルでも自分の年収の1/3以上で借り入れ希望を出してしまうと「総量規制」という法律に違反することになるので審査に落とされます。

年収の1/3以内の金額で申し込むようにしましょう。

他社の借入額が多い

他社の借入額が多い

先述の特徴に加えて「キャッシングサービス申し込み時に、他社金融でのキャッシングサービスを多く受けている人・またそのキャッシングサービスによって多額を借入している人」は審査で落ちることが多くなります。

この場合も先述と同じく総量規制が大きな理由の1つとしてあげられています。他社から借り入れていても自分の年収の1/3以上の金額を消費者金融から借り入れることはできません。

すでに複数の消費者金融で融資を受けている人は、現在の借入額が年収の3分の1を超えていないかどうか、現在の状態でアコムで借り入れをすることは可能なのかどうか
下の記事を参考に確認してみましょう。

必要提出書類に虚偽(嘘)の情報がある

これはキャッシングサービスを利用する際の初歩的な項目となりますが、審査に必要な提出書類に誤字・脱字などの不備や、明らかに虚偽の情報が申告された場合もアコムの審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

また、必要な提出書類の提出ができていなかったなども、審査に落ちる可能性としては高くはないですが、考慮したほうがよさそうです。必要提出書類の内訳としては以下になるため、早期の準備をお願いいたします。

健康保険証(身分証明書)、勤続先の会社の基本情報、印鑑(実印)、(所有している場合は)パスポート、収入証明書(直近から三か月以内の給与明細書)

上記の必要提出書類を早めに準備しておき、きちんと利用申し込み時・キャッシング利用時に提示できるようにしておきましょう。

過去の信用情報の問題・金融トラブル

「過去の金融トラブル」についてですが、これは主に「返済の大幅な遅延」、「借入金の踏み倒し」などが含まれ、それらの金融トラブルを過去に侵している顧客は「キャッシングサービスを利用する際での大きな障壁」を負わされることが多くあります。

そのため、キャッシングサービスを利用する際にはできるだけ「過去に起こした金融トラブルを清算しておき、キャッシングサービスを利用する時点での状態をクリアにしておくこと」が求められます。

主なトラブルは下記です。

主な金融トラブル
  • 他社のカードローンを滞納・延滞
  • クレジットカードやスマホの強制解約
  • 賃貸の未支払い
  • 自己破産
  • 任務整理・債務整理

これらのトラブルは金融事故として信用情報機関に約5年間記録されてしまいます。信用情報機関に記録された情報は、信用情報機関に加盟している消費者金融会社、銀行などに共有されます。1度でも問題を起こした場合は、アコムに限らずすべての消費者金融の審査の難易度が上がってしまいますので気を付けましょう。

短期間で複数社に申し込みを行っている

アコム以外にも短期間でプロミスやアイフルなど複数社に渡って申し込みしていると審査落ちする可能性が高くなります。

いっぺんに複数の申し込みをしているとアコム側から、多重債務者になる恐れがあると判断され、返済能力の評価が厳しくなってしまうからです。

具体的なボーダーラインは公表されているわけではありませんが、1ヶ月以内に4件以上の申し込みはやめましょう。

また、複数申し込みをしていて、ほかの会社の審査に」通っていなくても、アコムは総量規制に関しても考慮して審査を進めなければなりません。他社での希望融資額とアコムでの希望融資額が年収の1/3になった場合も審査に落ちる可能性があります。

\  複数申し込みしてないなら◎ /

ブラックリスト登録期間

ブラックリストに入っている方はアコムの審査を通過することは難しいと考えておいたほうが良いです。

そして、アコムだけではなく他のプロミスやアイフルでの審査を通過することも厳しいでしょう。というのも、ほぼ全ての金融機関やキャッシング会社では利用者の信用情報が共有されているからです。

というわけで、ブラックリストに入ってしまっている方が取れる行動は、ただブラックリストへの登録期間が終わるまで待つ。ということです。

下記にブラックリストへの登録期間、終了時期についてまとめましたので、参考にしてください。

信用機関KSCCICJICC
債務整理5年5年5年
延滞5年5年1年
自己破産10年7年5年

金融事故の情報は原則5年で個人信用情報機関から消えますが、自己破産においては最長で10年間情報が保管されます。

また、61日以上延滞の場合JICCへの登録期間は1年ですが、3ヶ月連続延滞延滞の場合は5年間情報が保管されるので注意しましょう。

ちなみに、アコムが加盟している信用情報機関はCIC(株式会社シー・アイ・シー)JICC(株式会社日本信用情報機構)です。またKSC(全国銀行業界)について知りたい方は、ホームページを参考にしてみてください。

利用目的の良し悪し

審査を通過するポイントの一つとして、利用目的を印象の良いものにするというものがあります。あからさまに「ギャンブルに使うため」などといって申し込む人は少ないと思いますが、意外と審査時に重視される項目ですから、具体的にどのような例が印象を良くするのか確認しておきましょう。

審査に通りやすい利用目的

下記に審査の際に印象のいい利用目的をまとめましたので、参考にしてください。

印象の良い利用目的
  1. 冠婚葬祭などの予想外の出費に当てるため
  2. 資格取得などスキルアップのため

⒈ 冠婚葬祭

借入理由として最もメジャーなのが「冠婚葬祭などでの急な入り用」です。また、旅行代、車の修繕費もこれに当たります。これらの理由であれば利用目的が明確で、お金が必要なのは一時的であると判断されます。

⒉ スキルアップ

資格取得のための費用やスキルアップのための講習代は、将来的に給料が上がるだろうという予想がされ「返済能力がある」と判断されやすくなります。

将来のための前向きな自己投資は、「優良顧客」の見込みがあるとも判断されますので審査が通りやすいです。

意外に審査に通りにくい利用目的

下記に意外と審査を通過しにくい利用目的をまとめました。

印象の悪い利用目的
  1. 投資(株・FXなど)
  2. 生活費
  3. 引っ越し費用

審査に通りにくい職業

審査の基準の一つに返済能力があるかどうかという項目があります。ここでは収入が安定しない職業や、離職率が高い職業についている人は審査を通過しにくいということです。

下記に審査に通りにくいことが予想される職業についてまとめてみました。

審査に通りにくい職業
  • 自営業・個人事業主
  • 水商売
  • 小説家
  • 農家
  • パチンコ店のスタッフ
  • 新聞配達員

上記の職種の方が必ずしも審査に通らないというわけではありませんが、これらの職業についていらっしゃる場合は、審査に通りにくくなることもあると考えておきましょう。

また、自営業・個人事業主の方は自分で給料明細を発行できるため、収入証明書類は公的機関が発行した物を提出しなければなりません。

家族構成や居住形態

審査の際に注視される意外な項目が、家族構成と居住形態です。この2項目はスコアリングで点数化されるので、参考にしてください。

①家族構成

まず、家族構成についてですが一人暮らしよりも家族と同居している方が点数は高くなります。その理由は家族と同居していると生活費などの出費が少なく済むので、返済にお金が当てられやすいと判断されるからです。

しかし、既婚者で子供がまだ小さいなどの場合は、生活費や養育費にお金がかかると判断され、かえってスコアリングの点数が低くなります。

②居住形態

次に居住形態についてですが、審査の際に住んでいる家が持ち家か持ち家でないか、また居住年数が長いか短いかでも消費者金融側からつけられる点数が異なります。

持ち家に住んでおり、居住年数が長いと点数は高くなりますが、反対に賃貸物件に住んでおり、居住年数が短いと点数が低くなってしまいます。

アコムの審査に落ちてしまう直接的な原因になることはありませんが、スコアリングの点数には影響しますのでこの二点の考慮しておきましょう。

アコムの審査に落ちないためにすべきこと

先述でご紹介してきました「アコムのキャッシングサービスを利用する際に落ちる人の特徴」を踏まえた上で、その特徴を避けるように心がけることによって、アコムのキャッシングサービスを利用する際には審査にもパスしやすくなるでしょう。

・必要提出書類を早期に準備しておく
・金融トラブルを侵した場合はキャッシングサービスを利用する際にはクリアな状態にしておく
・他社金融でのキャッシングサービス利用をなくしておく
・キャッシングサービスを利用する際の希望借入金額を少額にしておく(自分の所得に見合った金額にしておく)


上記を守ってキャッシングサービスを利用するだけで、アコムの審査にはパスしやすくなるでしょう。

\  審査通過率は約50% /

審査に落ちたか気になる?アコムの審査にかかる時間

続いてはアコムの審査にかかる時間を紹介します。

審査は最短で30分

アコムで行なわれる審査時間は、他社金融の中でもかなり「短い」と言われており、多く宣伝しているテロップでは「最短30分」という審査時間が見られています。プロミスやSMBCモビット、アイフルでのキャッシングを利用する場合でもこの「最短30分」や「即決」という言葉が散見されるため、現代ではどこの金融機関でも比較的速い審査が認められます。

即日

審査にかかる時間として「即日」と表現されている場合は「早ければその日中に審査結果の連絡が入る」ということとして受け取ってよいでしょう。

しかし、即日融資をうたう消費者金融であっても申し込み時間や融資の受け取り方法によっては実際に融資を受け取るのは翌日以降にあることもあるので注意が必要です。

どうしても申し込んだその日中にに融資を受け取りたい場合は、14時までに審査を完了させておくと安心でしょう。

審査の流れと審査基準を知っていたおかげで自信をもって申し込めた。
  • 口コミ・評判:カードローンといえども借金なので審査は相当厳しいのかなと思っていました。実際借り方とかもよくわかってませんでした。しかし、こちらのサイトでアコムの審査の流れと審査の基準を読んでいたおかげで、準備や対策をすることができ、無事融資を受けることができました。ちなみに、私は友人、家族などにバレたくなかったのでカード発行はアコムの店舗で行いました。
  • 職業:ポスティングのアルバイト
  • 性別:男性
  • 年収:300万円前後
  • 借入額:4万円

\  審査通過率は約50% /

これでもうアコムの審査に落ちない!

アコムでは非常に利用者に配慮したキャッシングサービスが提供されているため、たいていの顧客は審査に落ちるということはありません。

しかし、審査に必要な情報提示や、キャッシングサービスを利用する際に認められる顧客の環境・状態は必須の条件となるため、できるだけキャッシングサービス利用に最適に状態にしておきましょう。

アコムの審査基準から必要書類まで徹底解説!

下記の記事ではアコム審査基準8つから、審査落ちする人の特徴8つ、アコムの審査に落ちてしまったときの対処法5つ、アコムの審査に必要な書類など、アコムにの審査に関わる全てを紹介しています。

アコムで申し込みを検討している方は必読の記事です。

アコムならバレずに即日融資を受けられる

アコムなら最短審査時間30分、審査通過語の融資は最短1分です。審査通過率も他の消費者金融と比較して高いので、今すぐにお金を借りたい方が多く利用しています。また、家族や職場にバレたくない方にも柔軟に対応してくれるので安心。キャッシングがはじめてなら、まずはアコムからお申し込みを。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み
\  即日融資希望で /

目次に戻る

関連記事