Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月12日

アコムの返済方法とは?|口座振替・ATM・銀行振込・コンビニ

アコムは、いざという時でも安心して借りることのできるカードローンで、24時間借り入れが可能です。しかし、アコムの返済方法を知らずに借りてしまうと、本来必要なかったお金を支払う可能性が出てきます。今回は、アコムの返済方法についてご紹介します。

アコムの返済方法とは

アコムの返済方法とは

アコムは、いざという時の出費であっても安心して借りることのできるカードローンです。スピーディな審査で、24時間借り入れが可能です。しかし、返済方法を知らずにお金を借りるのは不安が大きいです。

アコムには、手数料がかかってしまう方法と、かからない方法があります。アコムの返済方法を知らずに借りてしまうと、本来必要なかったお金を支払わないといけなくなる可能性が出てきます。また、アコムには30日間金利ゼロで借りる方法などもあります。今回は、アコムの返済方法についてご紹介します。

なんで完済したら銀行系カードローンへの申込みをする人が多いの?

返済方法別のメリット・デメリット

返済方法別のメリット・デメリット

アコムの返済を行う方法は、口座振替、アコムのATM、アコムの店頭窓口、銀行振り込み、コンビニATM、インターネット返済とさまざまな返済方法があります。返済方法によっては、数百円の手数料が必要となる方法もあります。また、中には簡単で手数料もかからない便利な返済方法もあります。

返済方法の特徴やメリット・デメリットを知っておけば、楽に返済が行えます。アコムの返済方法別のメリット・デメリットについてご紹介します。

口座振替

口座振替での返済方法であれば、毎月6日に口座から自動引き落としになります。6日が土日の場合には、翌営業日に引き落とされることになります。引き落としの口座は、どこの金融機関であっても構いません。

手数料がかからないことや、自動で引き落としてくれるので、返済のためにどこかへ出向くことがないということがメリットとしてあげられます。

口座振替で返済するデメリットとしては、事前に口座振替の手続きをする必要があるということです。コールセンターに電話をして、口座振替の用紙を送ってもらい、返送するという手間がかかります。また、口座振替に切り替わるまでは2ヵ月~3ヶ月かかるので、その間は他の返済方法を利用しましょう。

アコムのATM

アコムのATMは、全国のアコムの店舗などに併設されているATMです。24時間営業のアコムATMが多いので、いつでも返済できることと手数料がかからないことがメリットとしてあげられます。

デメリットとしては、一部24時間営業ではないアコムATMも存在するということと、毎週月曜日の1時から5時の間は、アコムATMが使えないということがあげられます。また、ATMは硬貨を扱っていないので1,000円単位で支払う必要があることも注意しましょう。

アコムの店頭窓口

硬貨を使用して返済したい場合やATMなどの端末の使用が苦手な人は、アコムの店頭窓口で返済しましょう。店頭窓口で返済する際には、アコムのスタッフに返済したいと伝えて、指示に従うだけで返済が行えることがメリットとしてあげられます。

デメリットとしては、アコムの営業時間内でしか返済ができないので、返済できる時間が限られていることです。アコムの営業時間である、平日の9時半~18時の間でのみ返済ができます。時間が合わない場合には、他の返済方法で返済する必要があります。

銀行振込

銀行振込みは、金融機関の窓口やATMからアコムの口座に振り込む方法で、口座番号は会員ページから簡単に確認できます。アコムは提携している銀行が多いので、近くに銀行がある場合には便利な返済方法です。

しかし、振り込み手数料が利用者の負担になることがデメリットとしてあげられます。金融機関や返済額によって手数料が前後しますが、多くの手数料が取られてしまいますので、他の返済方法を利用することをおすすめします。

コンビニATM

アコムの提携コンビニは非常に多いです。ローソンやセブンイレブン、ファミリーマートなどの大手コンビニは全てアコムと提携しています。身近なコンビニですぐ返済することができることがメリットとしてあげられます。

デメリットとしては、アコムと同じ三菱UFJ銀行のATMであっても、取引額に応じて108円~216円の手数料が必要になることです。少額であっても、積み重なると結構な額を支払っていることにもなるので注意しましょう。

インターネット返済

インターネット返済は、インターネットバンキングを使用して返済をする方法です。インターネット返済は非常に便利な返済方法です。24時間365日、いつでもどこでも返済が行えることと、手数料が一切かからないという点が大きなメリットとなります。

アコムのインターネット返済が行えるインターネットバンキングを開設していることと、アコムの会員ページにログインできるかどうかが、インターネット返済を使用できる条件です。

デメリットとしては、インターネット返済が行えるインターネットバンキングを所持していないと利用できないことがあげられます。インターネットバンキングさえ開設しておけば、スマートフォンからでも返済できるため、おすすめの返済方法となります。

なんで完済したら銀行系カードローンへの申込みをする人が多いの?

月々の返済額は?

月々の返済額は?

アコムを利用したいけれど、月々の返済額がわからずに不安や悩みを抱えている人には、借り入れ返済シミュレーションを活用してみましょう。アコムは利息が高いのではないかと考えている人も多いですが、アコムは利息が少額です。

アコムの利用者は、少額を借り入れる場合が多いので、1回の取引で生じる利息は少ないです。延滞した場合、最悪であれば法的措置がとられる場合もあります。返済できるかどうかシミュレーションしてから借り入れを行った方が安心です。

手数料はいくらかかる?

提携金融機関のATMでの返済と銀行振り込みでの返済は、手数料がかかります。提携金融機関のATMでアコムの返済を行うと、取引額に応じて手数料が必要です。取引額が1万円以下であれば、108円、一万円を超える取引額であれば、216円の手数料がかかります。

銀行振り込みであれば、振込み方法や使用する金融機関によって、手数料が変わります。高い場合には、648円もの手数料が取られる場合がありますので注意しましょう。

なんで完済したら銀行系カードローンへの申込みをする人が多いの?

返済日はいつ?

返済日はいつ?

アコムの返済日は、返済方法によって異なります。口座引き落としであれば、毎月6日が返済期日になります。その他の返済方法であれば、都合の良い日や35日ごとに返済する必要があります。

毎月の返済は忘れないように口座引き落としを活用し、返済できる場合には、他の返済方法を活用すると返済を忘れにくくなります。アコムの返済日を調べるeメールサービスもあるので、忘れそうな場合には利用しましょう。

何か事情があって、どうしても返済が遅れそうであれば、アコム総合カードローンデスクに電話して相談しましょう。返済期日の変更を行ってもらえる可能性があります。

アコムの30日間金利ゼロサービスとは?

アコムの30日間金利ゼロサービスとは?

アコムを初めて利用する時には、30日間金利ゼロサービスを利用できます。アコムを初めて利用する人であることと返済期日を35日に設定すると適用されるサービスです。金利ゼロの期間は契約日の翌日から始まるので、契約日と借入日の間は空けないように注意しましょう。

30日間金利ゼロになった場合には、どれくらいお得になるのでしょうか。仮に10万円借り入れたとしたら1,724円も利息を減らすことができるようになります。金利ゼロ期間中に返済できた場合には、もちろん金利は0円になります。初めてアコムを利用したい人は、ぜひ活用してほしいサービスです。

自分に合う方法で返済しよう

自分に合う方法で返済しよう

アコムの返済方法はさまざまな方法があり、それぞれに特徴が異なります。手数料を必要とせず、どこにいても返済できる口座振替とインターネット返済を併用するのが一番おすすめの方法となります。

しかし、近所や仕事場の帰り道にアコムの店舗がある場合やインターネットを使用するのが苦手な場合などは店頭窓口での返済やアコムのATMでの返済など他の返済方法を使用するのも良いでしょう。自らのライフスタイルに合った方法で、返済するようにしましょう。

アコムを完済したら利用しやすいの銀行系カードローンがおすすめ

アコムの借入を完済または、完済に近づいたら、利用しやすい銀行系カードローンの申込みをしましょう。アコムなどの消費者金融系よりも、銀行系カードローンのほうが、審査が厳しく少し時間がかかる分、金利が利用しやすいという特徴があります。今のうち銀行系に申し込んでおけば、もし次また急にお金が必要になったときに、利息を無駄に払うことなく借りられます。

銀行系ならやっぱり楽天銀行がおすすめですね。

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
不可 1.9%~14.5% 最短翌日
Web完結 無利息期間 融資時間
あり なし 最短翌日

目次に戻る

関連記事