Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月18日

電気代が払えなくなった場合の対処法

本記事では、電気代を払えない場合の対処法について解説を行っていきます。公共料金なので忘れがちですが、電気は生活のライフラインとなるのできちんと電気代を払うことは大切です。本記事では、電気代について様々なことについて解説していきます。

公共料金の請求書が届いたものの、つい支払いを忘れてしまうことがありますよね。

家庭の事情や一人暮らしの生活で精一杯でお財布が苦しいと言った方は多いかと思います。電気代は払えない理由は人によっては様々な理由があるでしょう。

本記事では、電気代を払えなくなった場合は、どのようにして止められるのか?水道料金の支払いの延期をすることは可能なのか?水道代を払えない場合の対処法などについて解説を行っていきます。

電気料金を滞納することで電気が止められるのはいつか?

請求書記載の支払い期限から1ヶ月ほどすぎると延滞扱いになります。

ここでは、電話料金の支払い期限や電話代を支払えば送金を再開してくるのかどうかについて解説を行っていきます。

電話料金の支払い期限?

電話料金の支払い期限は、2回あります。1回目の支払い期日は「検針日の翌日から30日まで」ですが、この期限を過ぎて滞納しても問題ありません。

最終期限日までに支払えば、電気を止められずに済みます。

なお、最終日を過ぎてしまった場合は躊躇なく電気を止められてしまうので延滞には注意しましょう。

電話代を支払えば送電を再開してくれる

電話代を支払えば、電力会社に連絡をして、基本的には1〜2時間以内には電気が使えるようになります。

電力会社にもよってきますが夜間に対応してくれる電力会社も中にはあります。
なお、東北電力や沖縄電力は他の電力会社よりも通電に時間がかかることを把握しておきましょう。

電話が復旧するまでにかかる時間

電力会社に連絡をしてからどれくらいの時間で電力が復活するかどうかというと、最短で2時間ほどで電気が使えるようになります。

夜間に電話をかけた際につながらない場合もあるので、電話おをかける際はあらかじめ調べておきましょう。

電話料金の支払いを延期することは可能か?

電気料金の支払いを待ってもらう交渉方法

自治体によっては分割払いできる可能性がある

電気代を払えなくなった時の対処法

持ち物を売却してお金を用意する

電気代の請求ついつい忘れがちになってしまうのですが、ブラントものの洋服や手持ちの道具などを売却すれば、1~3万円程度は得ることができます。

メルカリやラクマなどといってフリマアプリはたくさんあるのでご利用してみましょう。

日雇いのバイトで稼ぐ

平日や休日に時間の余裕がある方は、日雇いのバイドで稼ぐようにしましょう。

一日、日雇いのアルバイトをすることで5000円以上の給料は望めるのでどうしてもお金が必要な場合は日雇いで稼ぐことも検討してみてください。

電力会社に延期のお願いをする

大きなお買い物をした場合や旅行に行った際などに、お金をついつい使ってしまうかもしれません。

そんな時に、電力会社に支払いを待ってもらえるのかどうか気になりますよね。電力会社によって対応は違うのですが、以下の表にまとめたので参考にしてください。

電力会社送電停止延期の可否備考
東京電力応相談基本的に応じないが、生活保護受給者などは対応が異なるので要相談
関西電力応相談「数日延期してほしい」などの相談であれば対応可能だが、「払えない」ということであれば専門の部署が対応する(延期の可否はケースバイケース)
東北電力応相談ご利用者の状況によって異なる。基本は不可
中国電力応相談ご利用者の状況によって異なる。基本は不可
北海道電力応相談ご利用者の状況によって異なる。基本は不可

友人や家族から借りる

電気代くらいであれば、友人や家族から借りることも一つの選択肢です。

ただし、借りすぎによって信頼関係が崩れることはよくあるので、「どうしてもお金が必要だ」という場合のみ借りるようにしましょう。給料が入ったらすぐにお金を返すようにしてみましょう。

キャッシングローンなどを利用する

キャッシングローンなどをご利用することも一つの方法だと言えます。

アコムやプロミスなどの大手消費者金融の貸付対象条件は、「満20歳以上で安定した返済能力があること」が条件であることが多いです。

正社員として長く働いている人や、勤続年数が長いフリーターやアルバイトの方は、審査に落ちることはないので申し込みを行ってみましょう。

電気料金が払えなくなったらどこに相談すればいいのか?

電気料金が払えなくなっ場合は下記の相談窓口に伺ってみましょう。

電話料金などの延滞はなかなか人前で話すことはできませんが、電気がないとお湯も沸かせなくなりお風呂も入れなくなリります。電気は生活のライフラインなので、限界を感じたら前に相談をしましょう。

電力会社

電気代が払えなくなったら、すぐに管轄の電力会社に連絡を入れて相談してみましょう。

自治体によっては柔軟に、支払いの対応や分割払いの対応の相談に乗ってくる場合もあるので積極的に電話をかけてみましょう。

社会福祉協議会

地域の人々が安心して生活できるように、さまざまな活動を行っているので、生活に関するいろんな相談にも真摯に乗ってくれます。

社会福祉協議会は、低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるために貸付制度を行っているので、ご興味がある方は参照してみましょう。

どうしても払えない場合なら減免制度をご利用しましょう

どうしても電気代を払えない場合は、減免制度をご利用しましょう。

減免対象は以下に該当する方です。

減免対象一覧
  • 生活保護による「生活扶助」「教育扶助」を受給されている方
  • 「児童扶養手当て」又は「特別児童扶養手当」を受給されている方

上記の対象は、東京のみとなっているので他の地域にお住まいの方はご自身の自治体のホームページをご覧になってみてください。

関連記事