Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月18日

金欠時の飲み会の断り方

金欠時の飲み会の断り方について本記事では解説を行って行きます。あまり行きたくない上司や二次会や三次会の誘いに断れないなどと悩みを抱えている人は多いかと思います。そんなお悩みを解決でき、尚且つ相手にも傷がつかない方法で断る方法の解説を行っていきます。

会社によって飲み会の頻度は違いますが、金欠時や忙しい時期で手が空いてない時の飲み会に誘われたらどうしますか?

生活費や夜自分の趣味や楽しみなことに時間を当てたい方や、一人の時間が好きな方もいるかと思いますが、中にはなかなか断れない方もいらっしゃるかと思います。

本記事では、飲み会に誘われた時にどのように答えれば、自然と相手に傷つかれることなく、断れるのかについて解説を行っていきます。

金欠時に飲み会に誘われた時の断り方

飲み会は、社員の誕生日や入社日などに行われる場合が多いです。

なんでもない日ならともかく、なかなか断りづらい飲み会の誘い方もあると思います。ここでは、どのように断れば相手を傷つけることなくやんわりと断れるのかについて解説を行っていきます。

正直に「お金が無い」と伝える

飲み会に誘われた際には、本当にお金がない場合は正直に「お金が無い」と伝えるのが良いでしょう。

また、「今度払ってくれれば今回は大丈夫だよ」などと言われることも多いかと思いますが、お金を借りることは少なからずその人の負担になる場合があるので、やんわりと断るのがいいと思います。

給料日のあとなら空いていることを伝える

給料日のあとなら空いていることを伝えることも有効です。飲み会に誘ってきた方が同じ職場で働いている場合は、相手も同じ給料日なので納得いくと思います。

また、学生同士や恋人同士の場合は、給料日がずれる場合もありますが、その際は日程を変更してもらうことなどを頼んでみてみましょう。

奥さんや彼女と食べることを伝える

奥さんや彼女と食べることを理由に飲み会を欠席するのも理由の一つとして使えます。

奥さんや彼女の誕生日に家を空けることはできないです。大切な子供や奥さんの誕生日に家を空けることはできません。

返事を保留にして、頃合いを見計って断る

飲み会に誘われたときなどは、返事を保留にすることも頭に入れておきましょう。

家庭の事情や出張のスケジュールなどを理由に、参加・不参加を決定してみてもいいかもしれません。

飼っているペットに餌をあげると言って断る

飼っているペットなどに餌をあげると言って断ることも効果的です。

大切なペットは家族とも言える存在なので、理解してくれるかと思います。また、飲み会がくることを想定してあらかじめペットのことを話しておくと自然と受け入れてもらえるかと思います。

用事があることを伝える

用事があることを伝えることもおすすめです。

忘年会の時期などは、他の飲み会があると伝えれば納得してもらえる場合があります。また、

忘年会の時期ではなくてもライブやイベントに参加するという理由もいいでしょう。あらかじめ伝えられる場合などは、2~3日置いてから「調整できない」などと言って伝えることもおすすめです。

お酒を控えていることを話す

お酒を控えていることを話すことを伝えることも大切です。

また、お酒がきっかけで「調子が悪い」や「健康に気をつけたい」などと伝えることも良いと思います。ただし、大袈裟に伝えると今後一切誘われなくなることもあるので注意してください。

飲みに行きたくない人とは距離を取っておく

一緒に飲みに行きたくない人とは、距離を取っておくことも考えてみましょう。

飲みに誘われるような関係性を築かないことによって、お互いの為にもなると思うので良いと思います。

一緒に飲みに行きたくない人と距離を取っておくことで、誘いに来る人は全て飲みに行ってもいい人という状況を作ることで心理的に楽になることができます。

飲み会にかかる費用

飲み会にかかる費用は平均して、3000円から〜5000円ほどかかる場合が多いと思います。平凡な日の出費に比べるとどうしてもお金がかかってしまいます。

お店や飲んだり食べたりする量で変わるとはいえ、3000円を超えてしまうことも少なくいでしょう。また、お店のランクや入社や記念日などの場合は、一人当たりの予算が5000円を超えることもあると思います。

二次会や三次会に参加すると出費が増える

飲み会そのものを安く済ませたとしても、華金などの場合で、会社の翌日が休業日である場合は、二次会、三次会と続けば出費はさらに増えてしまいます。

カラオケなどをいく際にも飲食店カラオケにいれば、深夜料金で割増になることもあるので、二次会や三次会に行く際は、どれくらい残るかを頭に入れて考えてみましょう。

また、生活費や貯金をしている梅などは、参加しないという選択も良いと言えます。

飲み会の行き過ぎは注意!必要に応じて断ることも大切

金欠時でも、お酒を飲むことが好きな方や、うまく断れない方などついつい飲み会に行ってしまいがちです。

ですが、一回の飲み会の費用は平均して3000円前後なのですが、それが重なってくると結構な金額になってしまいます。

飲み会の行き過ぎによって、生活環境が悪くなり私生活に悪影響を及ぼす場合は必要に応じて断ることも大切です。本記事では様々な飲み会の断り方について解説を行ってきたので参考にしてみてください。

関連記事