Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月17日

お金がない大学生の原因と節約方法

大学生は日々の生活やアルバイト、サークルや恋愛や勉強、就活など忙しいですよね。中でも授業が忙しくてアルバイトが行えない、サークルや友達関係の付き合いですぐにお金を使ってしまう方は参考にしてみてください。本記事はお金のない原因と解決方法について解説しています。

大学生や専門学生は日々の大学の授業や、サークルや、友達関係の付き合い、趣味などについつい使ってしまうので日々金欠という学生さんは多いかと思います。

急な旅行で「お金が足りない」「携帯電話費が払えない」「家賃が払えない」などといった状態に忙しい時期だと陥ることがよくあると思います。

今回の記事では、大学生のお金がない原因や、どのように金欠状態から脱すればいいかなどの解決方法について解説を行うので参考にしてみてください。

お金がない大学生の原因とは

お金がない大学生の原因について解説を行っていきます。

残高に貯金がない、お金が無いといった状態に陥るのは収入よりも出費が多いからです。出費に関することを解説しながら、どのように節約を行っていいかも書いていきます。

絶賛金欠中という学生さんは、ぜひ参考にしてみてください。

収入よりも出費が多いから

お金の無い大学生の原因として挙げることができる原因は、収入よりも出費が多貯金が貯まらないことがあります。

喉が渇いたからといってコンビニやアイスなどをついつい買ってしまう癖がある方は要注意です。授業に行くときなどは出来るだけ、水筒を持参して臨むことで日々積み重なる出費を抑えることができます。

飲み代やサークルの飲食代

関わる人の数が増えて、大学生になると人付き合いの回数が必然的に多くなります。

そこで、出費の元となるのが飲み会やサークルの飲食代です。飲み会などでは一回の料金が平均して1500円から~3000円くらいかかってしまうのが特徴です。

しかし、飲み会やサークルの飲食代などを抑えると「付き合いが悪いやつ」とみなされる可能性があるので、飲み会に行っても極力お金を使わないなどの工夫をしましょう。

漫画や携帯代の出費

大学生になると、友達の中で流行っている漫画携帯電話料金の出費などがかさばるかと思います。

月に漫画代で2000円~5000円、携帯電話料金で6000円~10000円払うことになると、月に15000円ほどの出費が発生してしまいます。

そのため、漫画を見る際は満喫に行った際に一気に読むか、友人から借りて読むようにしましょう。また、携帯代の出費を抑えたい方はSIM携帯を使うようにしましょう。

洋服やタバコなどの購入費

洋服タバコなどの嗜好品についても購入が重なると結構な額になってしまいます。

大学や専門学校では、私服での通勤が多い学校が多い中、季節ごとに洋服を考えることは難しいですよね。ユニクロやGUなら、安くてお洒落に見える洋服がたくさんあるのでおすすめです。

また、タバコなどの嗜好品は紙タバコの場合、一箱500円くらいかかってしまうのでよくタバコを吸う方は電子タバコに変更するなど工夫をしましょう。

恋人などとのデート代

大学生の中には恋人がいる方も多いかと思います。

彼女や彼氏ができると、デート代や食費代の出費がなかなか抑えることができませんよね。そのような場合は、上手く二人で相談してデートプランなどを決めることが大切です。

お金がない大学生の節約方法

学生の場合、授業などの兼ね合いからアルバイトに使える時間やお金を稼ぐ時間が限られます。

お金のない大学生の解決方法には、どのような方法があるかについて解説を行っていきます!まずは日々で節約できることから始めていきましょう。

定期券を上手く使う

学生の場合、定期券を上手く使うことで大きなお金の節約となります。

定期券は多くの場合、1ヶ月、3ヶ月、半年間と設定されている場合が多く、期間が長くなればなるほどかかるお金が安くなります。

また、学割が使えなくなると一気に交通費が高くなります。また時間もなくなるので、定期券内で気になるところには赴くようにしましょう。

一人暮らしが高い場合なら友達とシェアハウスする

一人暮らしが高い場合は、友達とシェアハウスを行うことも検討してみてください。

東京の新宿や渋谷、中央線沿いの吉祥寺や京王線沿いの下北沢などで一人暮らしを行う場合は平均して8万円近く費用がかかることになります。

大学生や専門学生の場合、そのような費用を捻出するのがなかなか難しいため、少し広めの部屋を借りて友達とシェアハウスなどをする利用方法もお金が浮くので試してみてください。

フリマアプリなどに物を売ってお金を稼ぐ

使わなくなった洋服やアクセサリーはフリマアプリなどでお金に換えることも節約方法の一つとなります。

中でも、メルカリやラクマなどは出品をして詳細を説明するだけで商品を売ることができるので手軽でおすすめです。

まかない有りのアルバイトで働く

まかない有りのアルバイトで働くことで夜ご飯やお昼ご飯の出費を抑えることができるのでおすすめです。

飲食店の中には、大学生や専門学生がいてくれるからこそ経営が回る会社も多いのでまかない有りのアルバイトが多いので探してみましょう。

収支を確認するために家計簿アプリを使う

いつの間にかお金がないと困っている学生の中には、なかなか金銭管理ができない人がいます。

そのような方は、収支を簡単に確認するために家計簿アプリを使うことがおすすめです。クレジットカードと連携していたり、銀行口座と連携しているアプリもあるので、クレジットカードの使いすぎや口座が随時確認できるので安心してご利用することができます。

日払いバイトで稼ぐ

通常のアルバイトの場合は、1ヶ月単位で給料をもらうことがほとんどです。

また、働きすぎると扶養に引っかかることんども考えないといけなくなるので、日払いバイトで稼ぐことをおすすめします。

「生活費が足りない」「今すぐお金が必要だ」といった状況の際には、日払いバイトなどを行ってお金を稼ぐことも一つの手段です。

金融期間からお金を借りる

どうしてもお金が必要な場合は、金融機関から借りることも手段の一つだと言えます。

大手消費者金融であるアコムアイフルなどは、借入から30日間無利息期間などの特典がついているので、損をせずに借入することができます。

まとめ

お金のない大学生の原因や解決方法について解説を行っていきました。日々、大学の授業やアルバイト、サークル、恋愛などで忙しい中でも節約できることは節約することが大切です。

また、学割がきくうちは様々な美術館や映画などが安く見ることができるのでぜひご活用しましょう。どうしてもお金がなく、友人などにも借入を行うことが難しい場合は、金融機関から借入することも手段の一つとも言えます。

関連記事