Search

検索したいワードを入力してください

2019年11月27日

整形ローンの審査基準7つ・審査落ちした際の対処法4つ

美容整形の場合は費用が高額になることが多く、なかなか費用を貯めることが難しいという場合があります。このようなときに、医療ローンを利用するという人がいます。医療ローンの中で、美容整形でローンを組むことを整形ローンと呼ぶことがあります。

整形ローンとは

整形ローンとは

治療や美容整形などで、高額な支払いが発生することがあります。治療の場合は急にまとまったお金が必要となるため、手元のお金では足りないということもあります。また、美容整形の場合は費用が高額になることが多く、なかなか費用を貯めることが難しいという場合があります。

このようなときに、医療ローンを利用するという人がいます。医療ローンの中で、美容整形でローンを組むことを整形ローンと呼ぶことがあります。

整形ローンのメリット

美容整形の費用は高額になることが多いです。なので、美容整形の費用を貯めるには時間がかかります。

しかし、美容整形を望む人のなかには、自身の体の中でコンプレックスを持っている人もおり、できるだけ早く美容整形を受けたいと思っている人もいます。このような場合、整形ローンを利用することでお金を貯める前に美容整形を受けることができます。

整形ローンのデメリット

整形ローンは高額な費用を貯める前に美容整形を受けることができます。ただし、ローンなので、当然ながら利用するためには審査に通る必要があります。なので、審査に通ることができなかった人は整形ローンを利用することができません。

また、美容整形を受ける人が18歳以上、20歳未満である場合には保証人が必要となり、18歳未満であれば両親の名義で申し込む必要があります。

整形ローンの審査基準7つ

整形ローンの審査基準7つ

上記で述べた通り、整形ローンを利用するためには審査に通る必要があります。審査に通るためには審査基準を満たす必要があります。なので、整形ローンの審査に通るためには、どのような審査基準があるのかを知り、審査を受ける前に対策を立てておくことがコツとなります。

基準1:安定した年収がある

整形ローンに限らず、ローンの審査では返済能力が重視されます。返済能力は安定した収入の有無で判断されます。安定した収入とは、定期的にある程度の決まった収入があることを指します。そのため、収入の額はあまり重要視されません。

ですが、あまりにも収入が少なすぎる場合には定期的な収入であっても、返済能力が不足していると判断されてしまうことがあります。

基準2:勤続年数が短くない

上記で述べた通り、返済能力は安定した収入で判断されます。なので、会社などに勤めて給料をもらっている場合には、安定した収入と認められます。

しかし、転職などによって入社したばかりで勤続年数が長くない場合は、これから先もその仕事が続けられるかはわかりません。なので、安定した収入とは認められないこともあります。そのため、人によって条件は違いますが、数年の勤続年数はあった方が審査に通りやすくなります。

基準3:他社に多額の借入がない

整形ローンを組もうとしたときに、すでに他社のカードローンなどを利用しているという人もいます。そのような場合は、すでにある借り入れに対しても返済をしないといけません。そのため、新しく整形ローンを利用することで返済能力が不足してしまうと判断されてしまうことがあります。

なので、他社に多額の借り入れをしてしまっている場合は、それだけ返済額も大きくなるため、整形ローンの審査に通りにくくなってしまいます。

基準4:クレジットの滞納がない

審査では返済能力だけでなく、信用性も重視されます。信用性は主に信用情報機関の記録を確認されます。信用情報機関には個人のお金に関する情報が記録されています。そのため、クレジットを2、3ヶ月の長期延滞すると長期延滞として記録が残ってしまいます。

この記録は整形ローンの審査のときに確認をされます。なので、このような記録があると、著しく信用を落としてしまい、審査に通りにくくなってしまうことがあります。

基準5:スマホ端末の分割払いの滞納がない

携帯料金を滞納すると審査に影響が出るとよく言われています。しかし、正確には、携帯の料金の中でも、スマホなどの端末を分割で支払っている場合です。端末の料金は毎月の携帯料金に少額ながら含まれています。つまり、端末の料金を分割で支払っているという状態になります。

そのため、携帯料金を滞納すると、端末料金の返済も滞納したことになります。そのため、場合によっては信用情報機関に記録として残ってしまいます。

基準6:信用情報に問題がない

先に述べた通り、審査では信用情報の記録を確認されます。そのため、他社や携帯端末の返済を滞納すると、信用情報機関に記録が残ってしまい、審査に通れなくなってしまう可能性があります。

また、滞納以外で審査に不利となってしまうものには、強制解約や金融事故などがあります。これらは信用情報の傷としては非常に大きいものとなるため、審査に通ることが厳しくなってしまいます。

基準7:申込内容に不備がない

整形ローンの審査を受けるためには、いろいろな書類を用意することになります。その書類に不備があると、確認作業が発生してしまいます。1度の確認で済めば、単なる記入ミスなどと処理してもらうことができます。

しかし、何度も確認しないといけないような状況が発生した場合には、信用性を落としてしまう可能性があります。信用性を落としてしまうと、審査に通りにくくなってしまいます。

整形ローン審査落ちの対処法4つ

整形ローンを利用するためには、審査に通る必要があります。当然ながら審査なので、落ちてしまうこともあります。審査に1度落ちてしまうと、すぐに再審査を受けても再び審査に落ちてしまう可能性が高いです。

それは、お金に関する環境がすぐに改善することが難しいためです。なので、整形ローンに申し込むときは審査落ちしないために、事前に対策を立てておくことが重要となります。

対処法1:申込金額の見直し

申し込み金額を高く申告してしまうと、それだけ審査で求められる返済能力や信用性も高くなってしまいます。なので、申し込み金額は必要な費用に対してゆとりを持って高めに申告せずに、必要最低限の金額で申告するようにしましょう。申し込み金額を減らすことで、審査で求められる返済能力や信用性なども低くなります。

対処法1:他社クレジットを返済する

すでに他社から借り入れがある場合は、返済能力の審査に影響を与えてしまいます。なので、整形ローンの審査に申し込む前に、できるだけ他社の借り入れは減らすようにしておきましょう。

また、複数社から借り入れがある場合には、完済できるものは完済してしまい、借り入れ件数を減らしておきましょう。複数社から借り入れがあることで信用性を落としてしまう場合があります。

対処法3:申込内容を訂正する

先に述べた通り、何度も確認をしないといけないような書類を提出してしまうと、信用性を落としてしまう可能性があります。なので、書類は提出する前に必ず不備がないか確認してみましょう。また、申し込み金額も適切な金額になっているかどうかを確認しましょう。

対処法4:カードローンを利用する

整形ローンはマイカーローンなどと同様に、目的別ローンとなるため、美容整形に使用すると申し込みをすれば、整形ローンで借り入れたお金は美容整形にしか使えません。

しかし、カードローンであれば使用目的がフリーで借り入れができます。なので、整形ローンの審査に落ちてしまった場合には、カードローンで借り入れをして、そのお金で整形費用を支払うという方法もあります。

整形ローンの審査基準を把握して審査落ちを防ごう

整形ローンを利用するのであれば、審査に通る必要があります。審査落ちをして、すぐに再審査を受けても再び落ちてしまう可能性は高いです。なので、審査をスムーズに通るためには審査基準を把握して、審査を受ける前から審査落ちをしないように対策を立てておくことが重要です。

他のローンの審査基準もチェックしよう

どれだけ対策をしても、整形ローンに落ちてしまうこともあります。そのようなときは、他のローンの審査を受けることを考える場合もあります。このときも、整形ローンと同様に、これから受ける審査の内容を理解して、事前に準備を整えておくようにしましょう。

関連記事