Search

検索したいワードを入力してください

2019年11月27日

JAマイカーローンの審査が甘い理由6つ・審査落ちの理由6つ

車を購入するときには一括ではなく、マイカーローンを利用するという人は多いです。マイカーローンにはいくつも種類があります。JAマイカーローンもそのうちの1つです。そのマイカーローンの審査は一般的に他のローンと比べると厳しいと言われることがあります。

JAマイカーローンの審査は甘いのか

車を購入するときには一括ではなく、マイカーローンを利用するという人は多いです。マイカーローンにはいくつも種類があります。JAマイカーローンもそのうちの1つです。

しかし、JAマイカーローンを利用するためには、審査を受ける必要があります。マイカーローンの審査は一般的に他のローンと比べると厳しいと言われることがあります。ですが、JAマイカーローンはマイカーローンの中でも、まだ通りやすいと言われています。

JAマイカーローンのメリット

利用するローンを選ぶときに、金利で決めるという人は多いです。特に、マイカーローンのように、長期で返済するような場合は金利が少し違うだけで、最終的に支払う金額が大きく変わってしまいます。なので、できるだけ金利が低いマイカーローンを望む人が多くなります。

JAマイカーローンでは、その金利が低いです。JAマイカーローンは地域によって金利は変わりますが、相場は2%から3%ほどと、非常に低くなっています。

JAマイカーローンのデメリット

JAマイカーローンには金利が低いという非常に大きなメリットがあります。しかし、JAマイカーローンの審査を受けるためには組合員になる必要があります。組合員になるためには入会金3万円が必要になります。また、組合員になってもJAマイカーローンの審査に通るとは限りません。

組合員になるためには、細かな書類を用意する必要もあるため、わずらしく感じてしまう人も多いです。

JAマイカーローンの審査が甘い理由6つ

基本的にマイカーローンの審査は、他のローンの審査に比べると厳しめであることが多いです。なので、JAマイカーローンの審査も厳しいことに変わりはありません。しかし、他のマイカーローンに比べると、JAマイカーローンは審査に通りやすいと言われています。JAマイカーローンの審査は通りやすいと言われるには、いくつかの理由がありあす。

理由1:18歳から申込み可能

車の免許は18歳から取得することができます。なので、18歳で車を購入したいと考える人もいます。しかし、満20歳以上を申し込み条件にしているマイカーローンは非常に多いです。ですが、JAマイカーローンでは18歳から申し込みをすることができます。

ただし、18歳であれば返済能力や信用性を厳しく確認されるため、審査に通る難易度は少し高くなります。

理由2:70歳までに完済できればOK

高齢者の中には、生活に車が必要という人もいます。しかし、高齢者の場合は完済時の年齢制限に注意をしないといけません。多くのマイカーローンは満66歳までに完済しないといけないという設定であることが多いです。

ですが、JAマイカーローンの場合は完済時の年齢制限が70歳になっています。そのため、60歳を超えてマイカーローンがなかなか組めない人でも、JAマイカーローンであれば審査に通れる可能性があります。

理由3:年収は150~200万円

審査では返済能力が重要視されます。返済能力は安定した収入の有無で判断されます。安定した収入とは、定期的にある程度の決まった額の収入をあることを指します。そのため、あまり収入の額は重要視されません。なので、年収が200万円以下でもJAマイカーローンの審査に通ったという人もいます。

ただし、年収の半分以上の額を借り入れしようとしたり、あまりにも収入が少なすぎる場合には審査が通れない場合もあります。

もしそれよりも年収が低い場合は、カードローンの利用を検討してみましょう。

安定した収入さえあれば、学生や主婦でも借りることができるため、ローンの手助けになること間違いないです。

理由4:勤続年数は1年以上

給料をもらって仕事をしている人であれば、安定した収入を得ていると判断されることが多いです。しかし、転職などによって、今の仕事を始めたばかりであれば、今後も仕事を続けていけるかどうかという判断をすることができません。

そのため、勤続年数が2、3年はないと安定した収入と認めてもらえないこともあります。ですが、JAマイカーローンの場合は勤続年数が1年以上あれば、良いとされています。

理由5:営業地域内に居住

JAマイカーローンはJAの営業地域内に居住しているか、その地域内で仕事をしていないと利用することができません。しかし、利用できる人を絞っていることで、JAマイカーローンの利用を希望する1人1人に対して、丁寧に対応をすることができます。

理由6:准組合員になればOK

先に述べた通り、JAマイカーローンを利用するためには、組合員になる必要がありまし。この組合員には正会員と准組合員の2種類があります。

正会員は農業に関わる仕事をしていないとなることができません。なので、農業をしていない人がJAマイカーローンを利用するためにはJAに一定額出資金を支払って、准組合員となる必要があります。JAへの出資金は数千円から1万円程度の場合が多いです。

JAマイカーローンの審査落ちする理由

マイカーローンの審査は他のローンの審査と比べると、厳しいと言われています。そのマイカーローンの中では、JAマイカーローンの審査が通りやすいと言われています。

しかし、JAマイカーローンが通りやすいと言われるのは申し込み基準が低いだけであって、審査基準が甘いわけではありません。実際はマイカーローンであることに違いはないので、審査は厳しくて落ちてしまう人もいます。

理由1:年収が低い

JAマイカーローンに限らず、ローンの審査では返済能力が重要視されます。返済能力は安定した収入の有無で判断されます。なので、収入の額はあまり重要視されません。しかし、あまりにも年収が低すぎる場合には、返済能力が不足していると判断されてしまうこともあります。

また、借り入れ希望額が年収の半分を超えるような、大きな借り入れを希望してしまう場合も、借り入れ額と返済能力が見合っていないと判断されてしまいます。

理由2:アルバイトである

大手消費者金融などでは安定した収入があれば、アルバイトやパート収入でも借り入れができる場合があります。しかし、JAではアルバイトやパートの収入では安定した収入とは認められません。また、派遣社員や契約社員であっても審査に影響を与えてしまう場合があります。

理由3:失業者・生活保護受給者である

上記で述べた通り、JAマイカーローンはアルバイトやパート収入が安定した収入と認められないという返済能力に関して厳しい審査基準があります。

なので、本人に収入がない失業者や、本人の収入だけでは生活ができないという生活保護受給者なども返済能力がないと判断されてしまい、審査に通ることができません。

理由4:金融事故を起こしたことがある

審査では返済能力だけでなく、信用性も重要視されます。信用性は主に信用情報機関の記録で確認されます。そのため、信用情報に金融事故などの記録があると信用性を著しく落としてしまい、審査に通ることができなくなってしまいます。

理由5:申込み内容に誤りがある

審査を申し込むときには、いろいろな書類などを用意する必要があります。そのとき、申し込み内容に不備があると確認のやりとりをしなければいけなくなります。

1度のやりとりで確認が済めば、単なる記入ミスで対処をしてもらうことができます。しかし、何度も確認のやりとりが発生させてしまうと、信用性を落としてしまう可能性があります。

理由6:信用情報がブラックである

先に述べた通り、信用情報に金融事故などの記録があると、審査に通れなくなってしまいます。また、信用情報に傷を作ってしまうのは金融事故だけではありません。他社からの借り入れがJAマイカーローンの審査に影響を与えてしまう場合もあります。

もし、他社からの借り入れを2、3ヶ月と延滞してしまうと、長期延滞として信用情報機関に記録が残ってしまいます。また、強制解約なども記録として残ります。

JAマイカーローンの審査に落ちたら

JAマイカーローンの審査は通りやすいと言われています。しかし、実際は申し込み基準やさしいだけであり、審査基準が甘いわけではありません。なので、審査に落ちてしまう人もいます。

もし、JAマイカーローンの審査に落ちてしまった場合には、他社のマイカーローンの審査を受けることを検討してみましょう。

各社の審査基準

マイカーローンを取り扱う会社や銀行はいくつもあります。これらは、それぞれで審査基準や条件が違います。なので、JAマイカーローンと別のマイカーローンの審査を受けるのであれば、自分に合った審査を受けるようにしましょう。

関連記事