Search

検索したいワードを入力してください

2019年11月27日

市営住宅の家賃滞納の後の流れ7つ・取るべき行動5つ

役所が運営しているだけに市営住宅の家賃は滞納しても融通を聞かせてもらえるように見えます。しかし、実際はその逆で市営住宅の家賃を滞納した場合は厳しい対応を取られることが一般的です。今回は市営住宅の家賃を滞納した場合の流れや対策法を見ていきましょう。

市営住宅の家賃滞納は厳しい

市営住宅の家賃滞納は厳しい

あなたが市営住宅に住んでいるとしたら、家賃は比較的安いということで財布の中も助かるでしょう。また、たとえ家賃滞納しても優しい役所の方なら大目に見てくれると考える方もいるのではないでしょうか。

しかし、残念ながら市営住宅の家賃滞納に対しては役所も厳しい対応を取りがちです。最悪の場合は裁判沙汰になることもありますので、気を付けるべきといえます。

そこで今回は市営住宅で家賃滞納した場合について見ていきます。

市営住宅の家賃滞納の後の流れ7つ

もし、市営住宅の家賃を滞納してしまった場合、どのようなことになるのでしょうか。

まずは、市営住宅の家賃を滞納した場合の、一般的に役所が取る対応について見ていきましょう。

ちなみに、市営住宅の滞納した家賃については延滞金込みで支払うということになるのは、この時点で頭に叩き込んでおくと良いです。

その1「督促状や催告状の送付」

市営住宅の場合、家賃の滞納が発生すると、まずは役所の担当部署から家賃を速やかに支払うようにという旨の連絡が来ます。その時点で支払うことができれば良いのですが、そのまま放置すると恐ろしい事態にもなりかねません。

最初の段階として、滞納期間が1ヶ月から2ヶ月に及ぶと担当部署から督促状や催告状が送られてきます。これらは、簡単にいえば滞納している家賃を速やかに払うようにという催促を意味する書類です。

その2「保証人へ納付依頼」

督促状や催告状が送られても家賃の滞納が続く場合は、滞納から3ヶ月から5か月の段階になると、入居者の保証人に納付依頼がされるようになります。保証人とは、万一家賃滞納が発生した際に代わりに家賃の支払いを保証してもらうために、契約時に立てておく人物のことです。市営住宅の場合は基本的に親族がなります。

その3「入居許可取消の予告」

多くの場合はこの段階で家賃の滞納が解消されるでしょうが、場合によっては入居者の滞納が続き、かつ保証人からも家賃が納付されないことも考えられるでしょう。仮に滞納がさらに1ヶ月から2ヶ月ほど続くと、今度は役所から入居許可取消の予告が行われます。

市営住宅は契約の際に役所の担当部署から入居許可が出ることで、初めて入ることができます。このため、入居許可取消の予告がされるということは、退去予告と同じといって良いでしょう。

その4「入居許可取消通知」

入居許可取消の予告がされてもなお、家賃の滞納が解消されない場合は、家賃滞納が始まってから6ヶ月で入居許可取消通知がされます。

ただし、極端にいえば、入居許可取消通知を受け取ったとしても物理的にはすぐに追い出されることはなく、その後も市営住宅に住み続けることは可能です。しかし、このような場合はこの後で見るような、より深刻な事態になっていきます。

その5「訴えの提起」

市営住宅の入居許可取消の通知が来ても、家賃の滞納が解消されない場合は、役所側も法的手段、つまり裁判という手段に打って出ます。言い換えれば、裁判を起こされるということですが、この場合は当然ながら最寄りの裁判所に出かけて、裁判を受ける段階です。

保証人にも裁判を行う旨が伝えられるため、家族関係も悪化したり、近所で悪い噂が立ったりするなどの悪影響も十分に考えられるでしょう。

その6「明渡し判決」

基本的に役所が起こした裁判で勝つということはほとんど無理です。ましてや、市営住宅の家賃を滞納したことが原因で発生した裁判であれば、入居者側に弁解の余地はないため、ほぼ確実に市営住宅の明渡し命令の判決が出るでしょう。

このような判決が出た場合は、先ほどの入居許可取消の場合以上に正式な強制退去ということになるため、これ以上は市営住宅に住み続けることも無理といえます。

その7「強制執行の申し立て」

明渡し判決が裁判所から出ると、速やかに強制執行の申し立てが行われます。この申し立てによって、期日に市役所の職員が入居者のところに出向いて市営住宅の部屋から家具などを強制的に引っ張り出して、差し押さえます。

もし、親族の家に住むという選択肢があればまだよいのですが、そうではない場合はほぼ確実に路上生活を強いられるでしょう。ここまで悪化しないようにするためにも、滞納した家賃は早めに払うべきといえます。

早めに対策をとることが大切

このように裁判沙汰になってしまったらはっきり言っておしまいなので、もし滞納をしてしまったら一刻も早く返済することが大切になります。

一番のおすすめはカードローンで現金を用意することです。

大手消費者金融で、実際にどれくらい借りられて、金利がどれくらいになるのかをまとめて比較してみました。

一番のおすすめは、最短でその日のうちに借りられて、初めてなら最大30日間無利息で借りられるアコムです。

市営住宅の家賃滞納の後に取るべき行動5つ

もし、市営住宅に住む中で家賃を滞納してしまったら、どうすれば良いのでしょうか。実は家賃を滞納した場合の解決法はいくつも存在します。

特に代表的といえるのが、以下に紹介する5つの方法です。

行動1「まずは公的機関に連絡をする」

市営住宅の家賃を滞納してしまった場合は、速やかに公的な機関に連絡・相談することが大切です。なるべく早めに連絡することで、担当職員の裁量で支払期限の延長などといった方策を取ってもらうこともできるでしょう。

たしかにこの方法であれば、家賃の支払い義務はあるものの、少なくとも延滞金まで支払わなくても良いうえ、督促の電話が鳴りまくることは避けられます。延長してもらった期間のうちにお金を用意しましょう。

行動2「物を売る」

ここからは、家賃滞納を解消するための具体的なお金の作り方について見ていきます。最初に挙げられるのが、家に眠っている中古品を売るという方法です。最近では、古本屋やリサイクルショップだけではなく、アマゾンやメルカリなどのネット経由で売ることのできる手段もあります。

眠っているブランド物があっても今後使わないということであれば、この際お金に換えてしまいましょう。生活の拠点を失うよりははるかにましです。

行動3「日雇いのアルバイトで稼ぐ」

世の中にたくさんある日雇いのアルバイトを活用するという手もあります。イベントスタッフ(会場設営など)や倉庫内作業のような肉体労働が主ですが、種類も豊富であるうえ1日で6000円から1万円ほど稼ぐことが可能です。

急ぎでお金を稼ぎたいという場合のポイントとしては即日払いのものを選ぶという点が挙げられます。順調に行けば、数日ほどで滞納している家賃は払うことができるでしょう。

行動4「知り合いからお金を借りる」

親や友人などからお金を借りるという方法も1つの手です。この場合は、借りる相手にきちんと事情を説明し、借りる額や返す期日もきちんと決めたうえで、ハンコつきの誓約書を書いて渡しておくと良いでしょう。

ただし、滞納している金額によってはこの方法が使えないこともあります。また、滞納を解消したとしても、きちんと借りた相手に返さないと信頼関係が壊れてしまいますので気を付けましょう。

行動5「金融機関からお金を借りる」

もしあなたが親などからお金を借りることに気が引けるのであれば、消費者金融などの金融機関からローンという形でお金を借りるという方法もあります。たしかに親や友人に借りる場合に比べたら、返せない場合に友情関係が壊れるといったリスクは避けられます。

金融機関から借りる場合は、所定の書類(本人確認書類や収入証明書類)をきちんと用意したうえで出向きましょう。また、金利が安い物を選ぶ方が後で苦労せずに済みます。

アコムなら、最短でその日のうちに借りられて、初めてなら最大30日間無利息で借りられるため非常におすすめです。

市営住宅の家賃滞納には注意しましょう

今回は、市営住宅の家賃を滞納したらそうなるかについて見てきました。市営住宅の家賃滞納が発生した場合は、役所側の対応は極めて厳しいものになり、最悪の場合裁判や強制退去ということにもなりかねません。

このため、市営住宅を利用している場合でも、普段から毎月きちんと家賃を払っておくことが重要といえるでしょう。仮に家賃を滞納しそうな場合は事前に役所に相談するというのも1つの手です。

その他のお金に関する内容も見てみよう

先行きの見えない今の時代にあっては、いざという時に備えてお金を確保するための方法を知っておくことは非常に大切です。

カードローンやクレジットカードを利用する方法や副業を行うという方法などさまざまなものありますが、最も手っ取り早い方法としてはカードローンを活用する方法です。下の方のリンクも合わせてご活用ください。

関連記事