Search

検索したいワードを入力してください

2019年11月27日

オリコのローン審査3つの基準と審査が通らない4つの理由

オリコのローン審査について詳しくご存知でしょうか。オリコのローン審査は、3つの基準と、審査がとおらない4つの理由があります。それを知っておけば、オリコのローンを申し込むのに怖いものはありません。ぜひ最後までご覧ください。

オリコのローンとは

オリコのローンとは

オリコのローンとは、株式会社オリエントコーポレーションの運営するローンのことです。

無担保で、保証人も不要です。また、預金サービス機能はもたず、融資サービス機能に特化している点も、ローンのおおきな特徴と言えるでしょう。

オリコのローンは、どのような内容があるのでしょうか。審査にとおる基準とはいったいどのような物なのでしょうか。審査落ちする例もご紹介していきます。

オリコのショッピングローン

オリコのショッピングローンは、商品の代金をオリコが一度立て替え払いをしてくれて、その代金を、顧客であるご本人が分割払いでオリコに支払っていくという方法です。

加盟店でのみ利用できるローンサービスです。オリコの独自のルートが発揮されます。対象は、法人ではなくて個人のお客さまです。

オリコのカーローン

オリコのカーローンは、「オートローン」という名称です。

車やオートバイを購入したいときに、お金が足りないとき、そのお金を立て替えて払ってくれるサービスです。お客さまである契約者ご本人は、その立て替え払いをしてもらった金額と、実質年率を分割で支払っていくという便利なローンです。

オリコの3つのローン審査基準

オリコの3つのローン審査基準

オリコの3つのローン審査基準をご紹介していきましょう。

オリコのローンの審査にお申し込みする前に、オリコのローンの審査基準を知っておけば、オリコのローンの審査に有利な状況に準備をしてから、オリコのローンの審査にお申し込みをすることが可能になります。

いったいオリコのローン審査は、どのような基準で行なわれているのでしょうか。ぜひお申し込み前に落ち着いてご覧ください。お役に立つでしょう。

基準1:安定収入

オリコのローン審査基準1つめは、「安定収入」です。

オリコだけに限ったことではありませんが、ローンの審査基準でたいへん重要とされるのが、「安定収入」です。

審査基準では、たいがい、年齢とともに「ご契約者ご本人さまに、安定的な収入があること」と記載があります。そして、安定収入があれば、アルバイターやパートタイマーでも契約が可能なことがおおくあります。

審査2:信用情報

オリコのローン審査基準2つめは、「信用情報」です。

審査に必要不可欠な「信用情報」とは、個人、個人の金融にかかわる情報が細かく乗っている機密情報のことを言います。どこのローンでお金を借りたかや、携帯電話の契約金を遅延せずに支払っているか、などの細かい情報が載っています。

「信用情報」には、金融事故なども掲載されますので、信用情報にマイナスの情報がのっていると、審査落ちしやすいです。

審査3:勤務先と勤続年数、雇用形態

オリコのローン審査基準3つめは、「勤務先と勤続年数、雇用形態」です。

オリコローンの審査だけに限ったことではありませんが、ローンの審査では、お勤め先情報が重要になってきます。

お勤め先情報は自己申告をする情報ですが、在籍確認などをされたり本当にその企業が存在するか、などの審査をされます。審査にとおりたければ最低でも勤続年数は半年以上あると良いでしょう。また、雇用形態は、パート、アルバイトでも良いです。

オリコのローン審査が通らなかった4つの例

オリコのローン審査が通らなかった4つの例

オリコのローン審査が通らなかった4つの例をご紹介していきましょう。審査にとおらなかった例を知っておけば、事前にその例を回避することができるでしょう。たいへん心強いです。

例1:不安定な収入

オリコのローン審査がとおらなかった例1つめは、「不安定な収入」です。

先ほども、述べたとおり、ローンのお借り入れやご利用には、「安定的な収入」が欠かせない条件となってきます。中には派遣社員はお借り入れやご利用ができないというローン審査もあります。

お給料が数ヶ月に1回しか入って来なかったりするのも、マイナスの評価になりやすく、審査落ちする原因です。

例2:携帯料金の遅延

オリコのローン審査がとおらなかった例2つめは、「携帯料金の遅延」です。

「信用情報」には、もちろんローンのひとつである、携帯電話の機種の分割払い代金も記載されています。そのため。携帯電話の料金を遅延していても、信用情報にはキズがつきます。

ましてや、何ヶ月も未払いがつづいていたり、放置されている状態だと、審査落ちする状態になります。

例3:申込書に嘘があった

オリコのローン審査がとおらなかった例3つめは、「申込書に嘘があった」です。

とくにお勤め先情報に注意が必要です。勤続年数や、所属部署などを、すこしでも巨額の融資をしてもらうために、変えて記載してはいませんか。そういったことをすると、審査落ちをしてしまいますし、信用情報にもその事実は書かれますので、オリコ以外のローンもとおらなくなってしまいます。

例4:他社からの借り入れ状況

オリコのローン審査がとおらなかった例4つめは、「他社からの借り入れ状況」です。

現在の日本では、多重債務者を救済するための法律が定められています。そのため、他社からのお借り入れ状況によっては、「他社に返済できない金額を、オリコから借りるのではないか」などと判断されて、審査がとおりません。

過去に他社のローンを利用していて、返済が終わっており、なおかつもう利用予定が無いのであれば、契約解除をしましょう。

オリコのローン借り審査とは

オリコのローン借り審査とは

オリコのローン借り審査とは、いったいどのようなことが行なわれるのか、と疑問におもっていらっしゃる方もおおくいらっしゃることでしょう。

オリコのローン審査とは、大まかに言うとご本人さま確認に始まり、信用情報の照会、会社への在籍確認となります。

その他の審査については、オリコのトップシークレットとして取り扱われていますので、常人では知ることはできません。

審査結果までどのくらいかかるのか

つづいては、「審査結果までどのくらいかかるのか」「すぐにお借り入れがしたいのだけれど」という方に向けた情報です。

オリコのローン審査は、最速で25分で終わるとうたわれています。ながくても、数時間で審査は終わるので、即日融資も可能ということになります。なので、少しでもはやめの時間に審査にお申し込みをして、審査をはやく済ませるとよいでしょう。

ローンを組むには安定収入と信用情報が重要

ローンを組むには安定収入と信用情報が重要

今回お分かりいただけたことでしょうが、ローンを組むには安定収入と信用情報が重要ということです。

安定した収入がないと、審査に申し込むことすらできませんし、信用情報に傷があると、すぐに審査落ちしてしまいます。

ローンを申し込む前に基礎知識を身につけよう

ローンをお申し込みになる前に、基礎知識を身につけておくことをおすすめします。そうすることによって、ご自身にぴったりなローンサービスを選択することができるようになります。

インターネットで比較してくれるサイトもありますので、さまざまなローンを見比べて、最適なローンを選んでください。

関連記事