Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月11日

お金ください...金欠に悩んでる人がすぐにお金を手に入れる方法

「お金をください」とよく周囲にお願いしてしまうという方は必見です。本記事では金欠に悩んでる人がすぐにお金を手に入れる方法について紹介していきます。あまり「お金をください」と言っているとあきれられてしまうこともあるのでカードローンも視野にいれてみましょう。

1分でわかるこの記事の要約
  1. 「お金がない」「お金ください」とよく口にする人は、お金に対する管理の意識が薄い!
  2. 「お金ください」とよく口にする人の特徴として「過去の失敗を気にしない」「計画性がない」「我慢することが苦手」「よく嘘をつく」の4つが挙げられます!
  3. お金が必要だからといって、SNSで書き込むのはとても危険な行為なのでやめましょう!
  4. 金欠から抜け出すための方法3つ:「使わなくなったものを売る」「副業をはじめる」「カードローンを利用する」
  5. お金がなくて困る状況を抜け出すための本質的な解決策を考えましょう!

「お金ください」が口癖になっている人は、誰かにお金を借りる前にご自身の支出状況を分析してみることが重要になります。月の収入がいくらで、何にいくら使っているのかを家計簿アプリなどを活用して管理し、慢性的に金欠になっている現状を改善する努力をすべきです。自分の日頃の行動を自覚した上で、どうしても今すぐお金が必要な場合のみ「アコム」などのカードローンを利用しましょう。アコムなら知名度が高いため、はじめてのご利用でも安心してお借入ができます。

「お金ください」が口癖の人、いませんか?

「お金ください」とよく言ってくる友人、知り合いはあなたの周りにはいませんか。

通常の感覚があれば「お金をください」と人に言うのは申し訳ない気持ちになり、そう何度も口にすることができないところでしょう。しかし、ちょくちょく金欠に陥り「お金をください」と訴えてくる人は存在します。

本記事ではお金がない人にありがちなシチュエーションや特徴、そして金欠に悩んでる人がすぐにお金を手に入れる方法について紹介していきます。

どうしてお金が無くなるの?シチュエーション5つ

「お金がない」「お金ください」とよく口にするひとは、往往にしてお金に対する管理の意識が薄いと言えます。想定できるシチュエーションととしては以下のようなことが挙げられます。

  • 収入以上の買い物をしてしまった
  • クレジットカードを使いすぎた
  • カードの支払いが滞っている
  • 予定していなかった飲み会が続いた
  • どこかで財布を無くしてしまった

お金がない人の特徴とは?

「お金ください」という事態に陥いるお金がない人の特徴として、「過去の失敗を気にしない」「計画性がない」「我慢することが苦手」「よく嘘をつく」の4点が挙げられます。

あなた自身が当てはまるかどうか、周りに思い当たる人がいないかどうか今一度チェックしてみましょう。

特徴1:過去の失敗を気にしない

特徴1:過去の失敗を気にしない

人に「お金をください」とお願いするほどお金がない人は、慢性的な金欠の事態に陥っています。この原因は、過去の失敗を気にしないという性格から起こってくることもしばしばでしょう。

過去にも何度か何か無駄遣いなどして、お金が無くなってしまったのに「今回もなんとかなるだろう」と後先考えず、周りに迷惑を考えることを気にせずお金を使ってしまいます。

どんな時も過去の失敗を振り返らず「なんとかなるさ」「誰かが助けてくれるはず」と楽観視しているところが慢性的な金欠の事態を引き起こしているでしょう。

また、過去に「お金をください」と親や友人、知人に頼んでことについて「恥ずかしい」「人生の汚点」「失敗」とマイナス要素として感じていないということも関係しています。

特徴2:計画性がない

常々金欠に陥り「お金をください」という事態を引き起こしてしまう人は、計画性のなさが大きいでしょう。仕事していれば毎月ある程度決まった金額を稼ぐことができます。

しかし、中には給料日前になると生活が苦しくなり「お昼代おごってほしい」など「お金ください」的なアピールしてくる人が出てきます。

毎月稼げる金額がわかっているのに、どのくらいの支出を出してしまうと生活が厳しくなる、という計画性が欠けている人は、どんなに働いていても常にお金がないような状況に陥ってしまうでしょう。

特徴3:我慢することが苦手

「お金ください」という人は誘惑に弱く、我慢することが苦手です。

欲しいものがあれば欲しくなってしまう、お金を使いたいと思ったらその気持ちには逆らえません。

自分のお金がなくても「お金が欲しい」と思えば、人に対して「お金ください」とお願いすることも我慢せずストレートに告げるでしょう。

特徴4:よく嘘をつく

お金がない人の特徴として話を大袈裟にしたり、場合によっては嘘をつく癖を持っている人も多いでしょう。

例えば、家庭で大変なことがあって急にお金がなくなってしまった、大きな病気をしてお金が必要だ、など人の同情を集めようとする話をします。

これは「金銭問題でいろいろと大変なんだろうな」と心配した人がお金を貸してくれるのを待っているのが狙いです。

前々から不幸な話を匂わせておけば「お金ください」とその後伝えてきたとき、断りにくいと感じてしまう人も多いでしょう。

実際に大きなお金は貸してもらえなくても「生活大変だろうから、ご飯くらいおごるよ」という気の良い人が現れてくれるという期待もあり、人からお金を借りたい人は不幸話や嘘をつくことがあります。

「お金ください」と書き込む前に試す方法3つ

方法1::正直に家族や親戚に相談する

お金の問題は非常にデリケートな問題であるため、安易な知り合いや友人への相談は相手との関係を悪化させる原因になる場合があります。

大切な存在を失わないようにするためにも、まずは親身になってくれそうな家族、親戚を頼りましょう。

叱られるリスクももちろんありますが、状況を理解して援助してくれる場合もあるでしょう。

方法2:国民生活センターに相談する

金欠状態にある人は、現状に至るまでの経緯を国民生活センター(消費生活センター)に相談してみるのも良いでしょう。

日常生活の様々な問題について、適切なアドバイスが得られます。

・国民生活センター(消費生活センター)
電話番号:042-758-3161

方法3:専門家の意見を聞く

借金の返済が滞っていると、慢性的にお金がない状態に陥ることも多くなります。弁護士や司法書士など頼れる法律のプロに無料で相談できるケースもあります。

どうしても返済の難しい借金がある場合は、一度法的な解決先も検討してみましょう。

・法テラス
電話番号:0570-078374

お金がもらえる方法とは?

お金がもらえる方法とは?

次は働くこと以外で、金欠に悩んでる人がすぐにお金がもらえる方法を紹介します。

身内に「お金をください」と頼む

一番は自分の身内に正直に相談し、「お金をください」とお願いすることでしょう。

友人などは血がつながっていないので他人であり、お金の貸し借りをするのは大きなトラブルになりうる危険性があります。

ただし、いくら肉親であり兄弟であったとしても「お金を借りる」という行為に対して感謝の気持ちと誠実な姿勢をみせることが大切です。

実際に借りる際には「○月○日までに返します。」と返済期日を明確にして伝えることで、相手からの信用を得ることができます。

友人に「お金をください」と頼む

身内に「お金をください」と懇願しても断られてしまった場合は、友人に頼む方法があります。しかし、返済状況によっては今後の関係を崩しかねません。

もし、どうしても頼れる人が友人しか居なくなってしまった場合は、きちんとした返済期日を伝え、身内に借りる以上に相手に対して誠実な姿勢を意識しましょう。

SNSへの書き込みは絶対にしない!

お金がない人の中にはtwitterや無料掲示板等のSNSで「お金ください」と書き込む人がいますが、これはとても危険な行為だと考えてください。

検索してみると親切にお金を貸してくれた例もいくつかあるように見えますが、中には返済不可能なほどの利息をつけて高額な返済額を要求してくる闇金のような業者もいるため、ネット上での安易な金銭の貸し借りは非常に危険です。

あなたが真剣に「お金がない今の生活を変えたい。」と考えているのなら得策とは言えません。

一時的な金欠には他の対処法も!

対処法1:ものを売る

お金がない時には外部からお金を手に入れることだけを考えがちですが、自分のもう使っていない本、、古くなった家具、ブランド物の服やバッグ、アクセサリー等を売ることでお金を手に入れることも可能です。

また、車や自転車等の維持費のかかるものを売れば、月々の支出をその分だけ抑えることもできるのでそれだけでも「毎月お金がなくなる」という状況を少しずつ改善できるでしょう。

対処法2:副業で収入を増やす

クラウドソーシングなどの副業を始めることによって、そもそもの収入を増やすことができます。

仕事の合間をぬって副業をするのは根気がいりますが、自分にあったペースで収入を増やせるという点で非常に有効です。

副業にはアフィリエイトやブログがおすすめですので、気になる方はアフィリエイトの始め方・やり方または、ブログの始め方をご覧ください。

対処法3:カードローンを利用する

対処法3:カードローンを利用する

周りの人に「お金ください」と伝え、結局呆れられてお金を貸してもらえなかった場合途方に暮れてしまう人もいるでしょう。

「この人は常にお金がない」「返してもらえるかも怪しい」という場合、信用がないのでお金を貸してもらえないことがあります。お金を借りたいけれど誰にも頼ることができない、という人はどうしたら良いのでしょうか。

ここで活躍するのがカードローンの利用です。お金をもらえる、ということはありませんが簡単に借りることができるので今すぐにお金が必要という人には救世主的存在になるでしょう。

たとえば、大手消費者金融の「アコム」であれば知名度があるため、初めての方でも安心してお借入をすることができます。

とはいえ、カードローンにもいろいろ種類があるしちゃんと比較してから決めたいという方も多いでしょう。そういった方は以下の記事を参考にしてみてください。

お金がもらえるまでの期間

今すぐにお金がほしい人にとってお金がもらえるまでの期間が気になる方も多いでしょう。

お金がもらえるまでの期間は希望する借金額などによって審査時間が少し変わってきますが、「
アコム
」などの消費者金融であれば申し込んだその日に融資を受けられる即日融資にも対応しています。

また、時間的にまだ余裕のある場合は、カードローン業界の中でもトップを争う金利の「 楽天銀行」のご利用がおすすめです。

メリット

カードローンを利用するメリットは無担保・無保証人でお金を借りることができるところでしょう。自分以外誰にも迷惑をかけることなくお金を借りることが可能です。

また、気軽にコンビニATMからでもお金を借りることができる点も大きなポイントでしょう。立ち寄ったコンビニを活用してサクッとお金を借りることができます。

そのほか、仕様用途が自由というところもカードローンの大きなメリットです。

例えば住宅ローンの場合は家、自動車ローンの場合は車を買うときにしか利用することができませんが、カードローンであれば使用方法が自由です。

デメリット

カードローンのデメリットは簡単にお金を借りることができるので「借金をしている」という感覚が少ないことです。

コンビニATMや銀行ATMから引き出してくるので、普通に銀行口座からお金をおろしてくる感覚と重なってしまいます。

長期的にお金を借りると利息が多くなることもデメリットでしょう。最初に無金利でお金を借りれるカードローン会社もありますが、ある一定の期間を超えると大体利息がつき、年5~18%くらい、銀行カードローンなら年利3~15%あたりが相場です。

簡単に借りることができるカードローンですが、すぐにお金を返す目途が立たないという方は、専門のローンなど少しでも金利の低いものを選ぶほうが良いでしょう。

逆に、30日以内に返せる見込みがある場合は30日間無利息サービスのある大手消費者金融カードローンを利用するのがよいでしょう。

お金がない事態はできるだけ防ごう!

お金がない事態はできるだけ防ごう!

慢性的にお金がなく「お金をください」という人の特徴や、すぐにお金を手に入れる方法についてなど紹介してきましたが役立つ情報になったでしょうか。

頻繁に周囲に「お金をください」と金欠を訴えていると、周りからの評判が悪くなってしまい本当に困ったときに手を差し伸べてもらえなくなってしまうことにもつながってしまいます。

何度かお金がなくて生活などに困る事態を経験している方は、お金があるときも楽天的に浪費してしまう癖を改め、お金がない事態はできるだけ防げるよう計画的に生きる方法を考えましょう。

1分でわかるこの記事の要約
  1. 「お金がない」「お金ください」とよく口にする人は、お金に対する管理の意識が薄い!
  2. 「お金ください」とよく口にする人の特徴として「過去の失敗を気にしない」「計画性がない」「我慢することが苦手」「よく嘘をつく」の4つが挙げられます!
  3. お金が必要だからといって、SNSで書き込むのはとても危険な行為なのでやめましょう!
  4. 金欠から抜け出すための方法3つ:「使わなくなったものを売る」「副業をはじめる」「カードローンを利用する」
  5. お金がなくて困る状況を抜け出すための本質的な解決策を考えましょう!

「お金ください」が口癖になっている人は、誰かにお金を借りる前にご自身の支出状況を分析してみることが重要になります。月の収入がいくらで、何にいくら使っているのかを家計簿アプリなどを活用して管理し、慢性的に金欠になっている現状を改善する努力をすべきです。自分の日頃の行動を自覚した上で、どうしても今すぐお金が必要な場合のみ「アコム」などのカードローンを利用しましょう。アコムなら知名度が高いため、はじめてのご利用でも安心してお借入ができます。

関連記事