Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月10日

クレディセゾン発行会社の概要8つ|ビジネスの内容6つ

セゾンカードを発行しているのはクレディセゾン株式会社です。従業員を全員正社員化して多彩なキャリアパス制度を設けるなど、働き方の先進的取り組みで注目を集める企業ですが、この記事ではクレディセゾンの金融サービスを中心に解説しています。

クレディセゾン発行会社とは

クレディセゾン発行会社とは

「永久不滅ポイントカード」として有名なセゾンカードの発行会社は、株式会社クレディセゾンです。

クレディセゾンは、単なるカード発行会社ではなく、さまざまな銀行と提携し、積極的に海外展開している総合金融サービス会社です。

この記事では、セゾンカードの発行会社、クレディセゾンの企業概要と先進的な金融サービスについてご紹介ます。

クレディセゾン発行会社の沿革

クレディセゾン発行会社の沿革

株式会社クレディセゾンは、1951年に「株式会社緑屋」として設立、西武百貨店と資本提携し、西武流通グループの会社になりました。

1983年に「セゾンカード」が誕生、1988年にVisaやMastercardと提携し、年会費無料のカード発行会社となりました。

クレディセゾンは、2002年にポイントの失効期限がない「永久不滅ポイント」サービスを開始し、現在ではアジア諸国に積極的に進出しています。

クレディセゾン発行会社の概要8つ

クレディセゾン発行会社の概要8つ

年会費無料で「永久不滅ポイント」が貯まることで知られる「セゾンカード インターナショナル」の発行会社は株式会社クレディセゾンです。

この項目では、株式会社クレディセゾンの企業概要を「経営理念」「設立年月日」「本社所在地」「資本金」「事業内容」「カード会員数」「従業員数」「主な営業所」の8項目に分けてみていきましょう。

1:経営理念

セゾンカードの発行会社、株式会社クレディセゾンは「サービス先端企業」を経営理念とし、3つの価値観を大切にしています。

1.顧客満足主義の実践
2.取引先との相互利益の尊重
3.創造的革新の社風創り

社内ではダイバーシティを推進し、環境保全などの社会貢献にも積極的に取り組んでいます。

2:設立年月日

セゾンカードの発行会社、クレディセゾンの会社創立は1951年5月1日で、設立当時は「緑屋」という「月賦百貨店」でした。

「月賦百貨店」とは割賦販売で多種類の商品を販売する小売店のことで、現在の「デパート」にあたる百貨店とはまったく別の業態です。

創業者の岡本虎二郎は「風雪にめげず木々が緑を増すように、人々に生気と希望を与えよう」という願いを込め、商号を「緑屋」としたと伝えられています。

3:本社所在地

クレディセゾンの歴史は、1946年に岡本虎二郎が三軒茶屋で創業した和洋家具専門店「岡本商店」から始まりました。

「岡本商店」は1951年に組織変更して月賦百貨店の株式会社「緑屋」になり、1980年に「株式会社西武クレジット」に業態を転換すると同時に、本社を三軒茶屋から池袋に移転しました。

現在の本社所在地は東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60・52Fです。

4:資本金

セゾンカードの発行会社、株式会社クレディセゾンの資本金は759億29百万円です。

東京証券取引所市場第一部に上場している会社で、発行済株式数は185,444,772株、2018年3月時点で自己株式を11.88%保有しています。

5:事業内容

5:事業内容

クレディセゾンの前身は月賦百貨店の「緑屋」です。月賦百貨店は、多彩な品揃えの商品を分割払いで販売、資金回収する業態でした。

現在のクレディセゾンは、セゾンカード発行会社を中心にしたクレジットサービス・リース事業・信用保証や住宅ローン貸付などのファイナンス事業・不動産業関連事業を行っています。

6:カード会員数

「永久不滅ポイント」「年会費無料」の「セゾンカードインターナショナル」は、18歳以上で連絡可能、カード発行会社のクレディセゾンの提携金融機関に口座を持つ人なら誰でも申し込め、最短で即日発行されます。

「西友・LIVINが5%割引」「不正使用の損害を補償するオンラインプロテクションサービス」が人気で会員数は2,714万人になりました。

無料アプリ「セゾンPortal」は400万ダウンロードされています。

7:従業員数

セゾンカードの発行会社、クレディセゾンは1980年代から女性の継続就労をサポートし、2017年には全社員の処遇を統一するなど、人事面でも先進的な取り組みをしています。

クレディセゾンの2017年度の従業員数は3,297名、男性が814名で女性が2,483名です。

育児休職利用者数が136名、育児短時間勤務制度利用者が285名、女性管理職比率は21.2%で、女性が子育てしながら活躍できる会社といえます。

8:主な営業所

株式会社クレディセゾンは、東京本社と信用保証部とファイナンスビジネス部、支社が全国主要地に10か所あります。

カードに関する総合案内を行うセゾンカウンターが95か所、キャッシングと、返済のための入金ができるCREDIT SAISON ATMが全国各地にあるので便利です。

最近ではベトナム・シンガポール・インドネシア・タイ・中国など、アジアの企業と提携して現地に合弁会社を作り、積極的に営業しています。

クレディセゾン発行会社のビジネスの内容6つ

クレディセゾン発行会社のビジネスの内容6つ

「セゾンカード」発行会社のクレディセゾンは、「サービス先端企業として、顧客ニーズに最適なソリューションを提供すること」を社是としています。

ここではクレジットカード発行会社のクレディセゾンが展開する「カードビジネス」「ファイナンスビジネス」「Asiaビジネス」「ソリューションビジネス」「コンテンツビジネス」「資産運用ビジネス」の6つのビジネスについて解説します。

1:カードビジネス

クレジットカード発行会社として発展したクレディセゾンのビジネスの中で、最も知られているのがカードビジネスです。

現在、3つのタイプのカードが主力です。

1.多数の企業と提携して、細かな顧客ニーズに応えるクレジットカード
2.累計4,700万枚を発行しているプリペイドカード
3.カードレス決済の先駆的存在で、スマホだけで使えるプラットホームを構築

いずれも5円で1ポイントになる「永久不滅ポイント」が使えます。

2:ファイナンスビジネス

クレディセゾンはクレジットカード発行会社としての事業だけではなく、「レンタル&リース事業」、「信用保証事業」、「フラット35の貸付事業」など、ノンバンク事業も展開しています。

2017年に始まった「セゾンの家賃保証 Rent Quick」は、セゾンが家賃を全額建て替えるというユニークなサービスで、住人はカードで家賃を払うと永久不滅ポイントが貯まり、家主は着金確認などの管理業務の負担を軽減できます。

3:Asiaビジネス

クレディセゾンは海外での事業展開を積極的に進めています。

中国をはじめ、シンガポールやベトナム、インドネシアに拠点を置き、アジア各国の金融関連会社と合弁会社を作り、それぞれの国の事情に合ったリテール金融ビジネスを展開をしています。

4:ソリューションビジネス

クレジットカード発行会社のクレディセゾンは、法人決済のキャッシュレス化を推進するソリューションビジネスを展開しています。

法人向けソリューションツールを提供する企業と提携して、企業や個人事業主の経費精算業務の省力化、BtoC領域の決済サポートなど、多様なサービスを行っています。

5:コンテンツビジネス

クレディセゾンは、クレジットカード発行会社として集めたビックデータを利用した情報配信と広告事業拡大にも積極的です。

国内カード業界初のコーポレート・ベンチャーキャピタルとして、創業間もないベンチャー企業に投資し、技術・サービスの革新をはかり、2016年から「ブロックチェーン」「AI(人工知能)」分野の事業化のために、オープンイノベーション型の研究開発組織「DG Lab」に出資しています。

6:資産運用ビジネス

クレディセゾンは永久不滅ポイントカード「セゾンカード」の発行会社として、セゾン投信やマネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社、Stock Point株式会社などと提携して、個人向けの資産運用ビジネスを行っています。

会員向けの運用プラットフォーム「運用口座」は、永久不滅ポイントを投資で増やせることで人気を集め、利用者が30万人を突破しました。

クレディセゾン発行会社のことをもっと知ろう

クレディセゾン発行会社のことをもっと知ろう

年会費無料カードの先駆けでポイントは永久不滅、西友をはじめ優待割引になる店が多く、ポイントを運用で増やせるなど、セゾンカードはお得なカードといえます。

2017年に社員区分を撤廃し、すべての従業員を正社員に転換したことで話題になった、セゾンカードの発行会社、クレディセゾンはあらゆる分野で先進的な取り組みを行っています。

クレディセゾンの動きを、時々ニュースでチェックしておくとよいでしょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

この記事では「永久不滅ポイント」がつく「セゾンカード」発行会社のクレディセゾンについてご紹介しました。

日本ではさまざまな機能を持つクレジットカードが流通しています。この記事に関連するカード情報をチェックして、ご自分に合ったカードを見つけてください。

関連記事