カードローン検索
Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月29日

VIEW Suicaのメリット8選|賢くポイントを貯めよう

「VIEWSuica」とはどのようなカードなのでしょうか。また、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。このぺージでは、「VIEWSuica」の特徴や、利用する際のメリット・デメリットについて、考察・ご紹介しています。

ビューカードの主要3券種

ビューカードの主要3券種

「ビューカード」は、JR東日本のサービスなどをお得かつ便利に利用できるカードとして、多くの人が利用しているカードです。

しかし、一言で「ビューカード」と言っても、さまざまな種類やタイプが存在しています。その中でも、特に人気が高くメジャーな種類が3種類展開されているので、以下で詳細について確認していきましょう。

1:VIEW Suicaカード

交通系電子マネーの1つとして、「Suica」は多くの人に利用されていますが、そんな「Suica」と「VIEW」が一体化しているカードが、「VIEW Suicaカード」です。

「VIEW Suicaカード」は、最も基本的でオーソドックスなタイプのビューカードだとされています。「Suica」との提携があるため、Suicaで電車などに乗ることが多い方にとっては、大変使いやすいカードだと言えそうです。

2:ルミネカード

「ルミネカード」もまた、「ビューカード」の1種とされており、ルミネで買い物をよくする方を中心に、高い人気を誇っています。

「ルミネカード」は、「ビューカード」の基本的な機能を全部搭載している上に、ルミネでの買い物が5%引きになるというカードです。

利用金額によっては、ルミネの商品券などももらえる可能性があるため、ルミネをよく利用する方にとっては、大変使いやすくお得なカードだと言えるでしょう。

3:ビックカメラSuicaカード

「ビックカメラSuicaカード」は、大手家電量販店であるビックカメラのポイントカードと、Suicaが一体化しているカードです。

「ビックカメラSuicaカード」を利用して、ビックカメラやコジマなどで買い物をすると、ビックカメラのポイントとビューカードのポイントがダブルで貯まります。貯まったビックカメラのポイントは、Suicaのチャージに利用することも可能です。

VIEW Suicaのメリット

VIEW Suicaのメリット

上記では、3種類のビューカードをご紹介しましたが、その中でも特にオーソドックスでメジャーなカードだと言われているのが、「VIEW Suica」です。

そこで続いては、「VIEW Suica」に注目して、「VIEW Suica」のメリットや特徴について、考察していきます。

1:定期券として使える

「VIEW Suica」のメリットの1つとして、定期券としても使えるという点が挙げられます。

「VIEW Suica」には、クレジットカードやSuicaとしての機能だけでなく、定期券としての機能も付帯してます。そのため、「VIEW Suica」は1枚で3役をこなすことも可能となっており、電車をよく活用する人にとっては、かなり使いやすいカードだと言えるでしょう。

2:オートチャージが便利

「Suica」というと、チャージをして利用する電子マネーという印象をお持ちの方が多いでしょう。また、一々チャージをしなければならない点を、面倒だと感じている方もいらっしゃると予想できます。

しかし「VIEW Suica」の場合は、オートチャージにも対応しています。そのため、面倒なチャージを一々しなくても、スムーズにSuicaを活用することが可能です。

3:定期購入やチャージでポイントが1.5%

「VIEW Suica」の大きなメリットは、定期券の購入やチャージをすることで、ポイントが貯められる点です。そのため「VIEW Suica」を利用すれば、普通のSuicaで電車に乗るよりも、かなりお得になると言えそうです。

「VIEW Suica」の通常の還元率は、0.5%となっていますが、「VIEW Suica」で定期購入をしたりオートチャージをしたりすると、ポイントが3倍になり1.5%となります。

4:ウェブ明細で年会費の元がとれる

4:ウェブ明細で年会費の元がとれる

「VIEW Suica」のデメリットとして、年会費が挙げられます。しかし、明細をウェブ明細に切り替えることで、年会費の元が取れると言われています。

通常は、自宅住所宛てに明細書が郵送されてきます。しかし、設定を変更して、ウェブ明細に切り替えると、毎月20ポイントを受け取ることが可能です。そのため、ポイントで年会費の元を取ることができる可能性があります。

5:「えきねっと」でポイント二重取り

「えきねっと」は、新幹線の予約などができるサービスです。そんな「えきねっと」の支払いに、「VIEW Suica」を利用すると、えきねっと自体のポイントと、VIEW Suica自体のポイントが、ダブルで貯まるようになります。

ですから、「えきねっと」をよく利用して新幹線に乗ることが多い方は、「VIEW Suica」で支払いをすることで、より早くポイントを貯めることができると言えそうです。

6:ルミネ商品券へのお得なポイント交換

「VIEW Suica」で貯めたポイントは、商品券などへ交換することが可能です。特に、ルミネの商品券への交換がお得だと言われており、ポイント数に対応している金額のルミネ商品券をもらうことができます。

VIEW Suicaのポイントによるルミネ商品券への交換の一例として、2000ポイントで2000円分が最低となっており、最大では24400ポイントで30000円分のルミネ商品券へと交換することが可能です。

7:定期券・Suica残高の補償

「VIEW Suica」は、補償が手厚くなっており、その点も大きなメリットだと言えるでしょう。「VIEW Suica」を紛失してしまった場合、クレジットカードとしての補償だけでなく、定期券やSuicaの部分まで、補償されるようになっています。

そのため、残高がたくさん残っている状態でVIEW Suicaを紛失してしまった場合も、しっかり補償してもらえる可能性があるため、安心して持ち歩けそうです。

8:多様な割引特典

上記でご紹介したポイント制度やチャージ機能の他にも、「VIEW Suica」にはさまざまなメリットがあります。その1つとして、割引特典が多様な点が挙げられます。

「VIEW Suica」には、会員限定の割引特典があり、系列のお店や提携している店舗などを会員限定の価格で利用したり、会員限定のプランを選択したりすることが可能です。

割引特典は、ホテルや各種公演、レジャー施設など、幅広い範囲に対応しています。

VIEW Suicaのデメリット

VIEW Suicaのデメリット

上記では、「VIEW Suica」のメリットをご紹介しました。便利かつお得と、メリットが豊富なVIEW Suicaですが、デメリットと言える部分も存在します。

そこで続いては、VIEW Suicaのデメリットについて考察していきます。VIEW Suicaの利用を検討している方は、どのようなデメリットがあるのかについても、学んでおくことをおすすめします。

1:家族カードとETCカードが無料ではない

「VIEW Suica」のデメリットの1つとして、家族カードを発行したい場合や、ETCに設定したい場合に、無料ではできない点が挙げられます。

ですから、家族にもVIEW Suicaの家族カードを発行したい場合や、ETCにVIEW Suicaを設定したい場合は、別途費用が発生すると覚えておきましょう。

2:ウェブ明細でないと年会費がかかる

「VIEW Suica」は年会費がかかるカードです。ウェブ明細に切り替えることで、ポイントがもらえるため、実質年会費が無料ということになりますが、ウェブ明細に切り替えなかった場合は、ポイントの付与もないため、年会費がかかってしまいます。

年会費以上に特典を活用すれば問題ありませんが、VIEW Suicaをあまり利用しない場合は、年会費だけがかかってしまい、損をする可能性もあるでしょう。

3:オートチャージはJR東日本沿線のみ

3:オートチャージはJR東日本沿線のみ

「VIEW Suica」の大きなメリットとして、オートチャージに対応しており、チャージをしなくてもスムーズに電車に乗れる点を挙げました。しかし、VIEW Suicaのオートチャージは対象となる範囲が限られており、JR東日本沿線のみとされています。

ですから、オートチャージの対象地域以外では、自分でチャージをしなければなりません。その点は、VIEW Suicaのデメリットと言えそうです。

4:ポイントが貯まるのは1,000円毎

「VIEW Suica」は、ポイントを貯められる点が通常のSuicaよりもお得だと言われていますが、ポイントは1000円ごとに貯まるようになっています。そのため、1000円未満の利用の場合は、ポイントが還元されず、貯まらないと考えられます。

上記のような背景から、1000円に満たない利用が多い人は、「VIEW Suica」のポイント制度の恩恵が受けづらくなると考えられそうです。

VIEW Suicaを賢く利用しよう

VIEW Suicaを賢く利用しよう

いかがでしたでしょうか?今回は、「VIEW Suica」をピックアップして、特徴やメリット・デメリットなどについて、考察・ご紹介しました。

「VIEW Suica」は、JR東日本を中心に利用できる、大変便利なカードです。「VIEW Suica」はクレジットカード・Suica・定期が一体化しているため、賢く利用することで、ポイントを貯めながら便利に日常生活を楽しむことができます。

この記事に関する情報もチェックしよう!

今回は、「ビューカード」の中でも、「VIEW Suica」をピックアップして、メリットやデメリットをご紹介しました。しかし、「ビューカード」には、さまざまな種類やタイプが存在しています。

この機会にぜひ、「VIEW Suica」以外のビューカードについても、調べてみることをおすすめします。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

関連記事

最新の記事