Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月09日

GooglePay(AndroidPay)とは|3つの使い方

GooglePayはAndroidPayが前身の決済サービスです。AndroidPayのときに使用可能な電子マネーは楽天Edyとnanacoのみでしたが現在では5種類の電子マネーが利用できます。ここではGooglePayの特徴やメリットや使い方をご紹介します。

モバイル決済アプリGooglePay

GooglePay(AndroidPay)とは|3つの使い方

GooglePayを知っていますか。GooglePayとは、2016年12月スタートしたAndroid搭載スマホの決済方法です。もともとAndroidPayとして始まった決済サービスですが2018年2月にサービス名をGooglePayに変更しました。GooglePayはアプリをダウンロードしすぐ利用できる決済方法です。

ここでは、モバイル決済アプリGooglePayの特徴についてみていきます。

電子マネーやポイントなどを一元管理

GooglePayでは、SUICAやnanaco、楽天EdyやWAONやQUICPayなど5種類の電子マネーを利用できます。これらの電子マネーはコンビニをはじめさまざまな店舗で利用することができますので、とても便利です。電子マネー決済をGooglePayにより一元管理できますし、また前払いの電子マネーの場合はポイントを二重取りできとてもお得です。

2018年AndroidPayから統合

GooglePayは2018年2月よりサービスを開始しましたが、もとはAndroidPayを統合し始まったサービスです。AndroidPayは2016年12月13日サービスが開始され2017年4月20日にnanacoへの対応を開始し翌年2月21日にGooglePayに統合されました。

AndroidPayは最初楽天Edyのみ対応していましたがnanacoへ対応を開始しその後名称や内容を変更しました。

GooglePayの基本情報

GooglePay(AndroidPay)とは|3つの使い方

GooglePayとはスマホで決済可能な機能を大幅強化した新たなキャッシュレス決済システムです。ではGooglePayとはどういった背景でできたシステムなのでしょうか。ここではGooglePayができるまでの基本情報についてご紹介します。

2015年アメリカ発のデジタルウォレット

GooglePayはAndroidPayが統合されてできましたがGooglelWallet(グーグルウォレット)の機能もあわせもつ決済システムです。GoogleWalletはアメリカ発デジタルウォレットで、提供しているモバイル端末またはパソコンより送受金可能な決済サービスです。

GooglePayとはGoogleWalletとAndroidPayを合わせた決済システムでキャッシュレス支払い可能です。

日本では当初AndroidPayとして普及

GooglePayはもともとはAndroidPayとして普及された決済サービスで、AndroidOSを搭載したスマホで利用可能な決済サービスでした。そのときには、楽天Edyとnanacoのみ電子マネーが利用可能でした。しかしその後AndroidPayはGooglePayと名称を変え、内容も一新されました。

統合後も日本版はAndroidPayの特徴を継承

GooglePayはAndroidPayを前身とした決済サービスですので、日本版に関してはAndroidPayの特徴を継承しています。それは、GooglePayを使うためにはおサイフケータイの対応端末であるAndroidOS4.4以上である必要があるという点です。これは2~3年前のAndroid端末でも問題ないです。いまのところはiphone端末では使用できませんので注意が必要です。

使い方

GooglePayの使い方ですが、電子マネーによる買い物ができます。お店で支払う場合に支払いする電子マネーの種類を店員に伝えて専用機にスマホをかざします。GooglePayで決済できる電子マネーの種類は以下5種類になります。

・楽天Edy
・nanaco
・Suica
・WAON
・QUICPay

Suicaは交通系のICカードとしても使用可能ですし、クレジットカードの登録を行うことでカード決済も可能です。

ダウンロードの方法

GooglePay(AndroidPay)とは|3つの使い方

GooglePayはアプリをダウンロードすることによって使用可能となります。ただし対応端末についてはおサイフケータイ対応のAndroid4.4以上の機種のみ対象となります。そして使用する電子マネーの種類を決めてその電子マネーの登録を行います。ポイントが貯まる設定をしたりチャージを行います。チャージではいろいろなクレジットカードが使用できます。

利用料

GooglePayの利用料は基本的にはありませんが、クレジットカード支払いを行う場合にはクレジットカードの有効性チェックのために同額または100円~200円程度の少額が決済され、その後すぐにキャンセル処理され返金されます。そのため、GooglePayを利用することによって利用料はとられません。

利用できる電子マネーと特徴

Android端末でのみ利用できるGooglePayで利用可能な電子マネーは以下の5種類です。

・楽天Edy
・nanaco
・Suica
・WAON
・QUICPay

それぞれの電子マネーが利用できる店舗でGooglePayによる決済が可能になります。例えばセブンイレブンやサンクス、ファミリーマート、ローソンなどコンビニはもちろん、ヨドバシカメラやマクドナルドやイトーヨーカドーなどにおいても利用可能です。

SUICA

SUICAは交通系に分類され、電車やバスなどの運賃を自動精算できる電子マネーです。また、SUICAは交通系電子マネー以外にも駅ナカのお店(例えば駅ビルや社内販売や駅ナカの自動販売機)でお買い物をする場合にも利用できます。SUICAはチャージ(入金)しないと利用できませんのでチャージする必要があります。

チャージの仕方としては現金とクレジットカードがありますがクレジットカードのみポイントが貯まります。

nanaco

nanacoはプリペイド式の電子マネーで、買い物利用することでポイントが貯まるお得な電子マネーです。セブンイレブンやイトーヨーカドーをはじめ全国約21万店以上で利用可能です。チャージが必要ですが現金チャージの場合はポイントが貯まりませんのでクレジットカードでチャージするとポイントを二重取りできて大変お得です。

クレジットカードによるチャージには上限があり1回のチャージ可能額は29,000円までです。

楽天Edy

楽天Edyは古くからあり信頼性が高く、使い勝手の良い電子マネーです。多くの電子マネーの中でもメジャー的電子マネーで使用できる店舗も非常に多く、コンビニやスーパーや家電量販店はもちろん、アマゾンやアメーバなどネットショップでも利用できるため大変使い勝手が良い便利な電子マネーです。

楽天Edyもクレジットカードによるチャージでポイントを二重取りできます。

WAON

WAONはイオングループで使える電子マネーで、ミニストップや税金支払いなどでも利用可能です。また、毎日のお買い物で使うことでポイントが貯まるので大変お得かつ小銭などを出す必要がなくスマートに決済できて大変便利です。

WAONへのチャージは現金でも可能ですがクレジットカードによるチャージによりポイントを二重取りできますし、またクレジットカード側のポイントも貯まるためとてもお得です。

QUICPay

GooglePayでQUICPayを利用する場合には最初に決済用クレジットカードを登録してから利用することになります。QUICPayはチャージ不要で後払いできる電子マネーです。通常はチャージしなければ使うことができない電子マネーですが、後払いのためチャージする面倒がなく使いやすい電子マネーです。

使用可能な店舗もコンビニやイオン、ガソリンスタンド、イトーヨーカドーなど多岐にわたります。

登録可能なクレジットカードブランド

Android端末でのみ利用可能なGooglePayで使えるクレジットカードは以下の3種類になります。

・JACCS
・JCB
・Kyash

Kyashとはネット上で発行されたVisaカードを利用して個人間送金を行うアプリです。

3つの便利な使い方

GooglePay(AndroidPay)とは|3つの使い方

ここまでGooglePayがAndroidPayがもとになっている決済システムであることやGooglePayで使用できる電子マネーやクレジットカードをご紹介し、またAndroid端末でなければダウンロードできないことなどをご紹介しましたがGooglePayには便利な使い方がいくつかあります。ここではその中からGooglePayの便利な使い方を3つご紹介します。

1:お財布からカードが消える

Android端末で利用できるGooglePayの最も便利な機能は電子マネーによりキャッシュレス決済ができることです。今までカード決済は可能でしたがGooglePayによりスマホを専用機にかざすだけで決済できます。

そのためサイフいっぱいのカードも少なくすることができます。QUICPay以外の電子マネーはチャージ範囲内だけしか使えないため使いすぎる心配もなくサイフからカードや小銭が少なくなります。

ポイントが貯められる

Android端末で利用可能なGooglePayによって、ポイントが効率よく貯まります。通常買い物をした場合に付与されるポイントに加え、チャージもクレジットカードで行うことによりポイント付与対象となります。さらに、その他のキャンペーンに合致すればポイントを有効に貯めることができます。

交通機関でも利用可能

GooglePayは電子マネーを利用できるとご説明しましたが、中でもSUICAのような電車やバスなどの交通に特化したポイントを貯めることができます。普段電車を利用する、または対象となる交通機関を利用するという方はSUICAを利用するようにしてGooglePayを利用すればスマホによって簡単に電車やバスに乗り降り可能になります。

2:オンラインショッピングもサクサク

GooglePayは、ネットショッピングで利用することができます。Googleの動画や音楽やゲームなどの有料コンテンツを簡単な支払い方法によって利用することができます。例えばGooglePlayやGoogleCastなどです。またインターネットでクレジットカード払いをしてサクサクと買い物を楽しむことができます。

3:子どものお買い物もモニタリングできる

GooglePayの便利な使い方として、子どもの買い物をモニタリングできるということが挙げられます。GooglePayをダウンロードして子どもに使って良い分をチャージしておくことでお金を持たせずに済みます。さらに現金の場合は実際に何に使ったのかわかりませんが、GooglePayを使った場合には履歴が残りますので何に使用したのかが一目瞭然です。

GooglePayを使ってみよう

いかがでしたか。GooglePayはAndroid端末でアプリをダウンロードし、使用する電子マネーを設定してチャージ(QUICPayを除く)するだけで、お金を持たずに買い物ができるためとても便利です。また、クレジットカードも設定可能ですので多くなりがちなカードを少なくすることができます。

さらに、使った履歴も一目瞭然ですしポイントも二重取りできるというメリットがあります。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

Android端末でのみ使用可能なGooglePayの特徴や使い方をご説明しましたが、この記事に関連する情報はほかにもあります。GooglePayをご検討の方は、以下の関連情報をチェックしてみましょう。

関連記事

最新の記事