Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月29日

キャッシングは信用情報に反映されるのか・信用情報への影響

キャッシングを利用する場合、信用情報に反映されるのか、どのような影響があるのか、疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、キャッシングと信用情報の関係、信用情報に対する影響、延滞や住宅ローンとの関係など、詳しくご紹介していきます。

キャッシングは信用情報に反映されるのか?

キャッシングは信用情報に反映されるのか・信用情報への影響

信用情報は、金融機関との信用取引に関する情報です。キャッシングを行う場合に信用情報に反映されるのか、詳しく見ていきましょう。

信用情報に反映されるものとは?

信用情報は信用取引に関する情報ですが、まず信用取引とは何かを考えてみましょう。信用取引は、個人の信用によってお金を借りる取引です。

例えばクレジットカードやカードローン、住宅ローンなどの利用は、信用取引となります。クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りる場合など、個人の信用をもとに借り入れをしているからです。そして、これらの取引に関する情報が信用情報に記載されます。

例えば、借り入れを行った本人の氏名や住所などの個人情報、金融機関との契約に関する情報、完済や延滞といった返済状況など、全て信用情報に記録されます。信用情報は、個人の借り入れに関する利用履歴とも言えます。

信用情報は業界内で共有されるため、クレジットカードの審査などに影響します。返済の遅滞などが記録されると不利になるので、注意が必要です。

「すぐに現金がなくて返済できない」という方は、他社のカードローンを利用することを考えてみましょう。

すぐに返す目途がついているのであれば、信用情報に傷をつけずに済むことになります。

信用情報はどのように共有されるか?

信用情報は、信用情報機関によって管理されます。信用情報機関には、JICC(日本信用情報機構)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)、CIC(株式会社シー・アイ・シー)の3つがあります。

金融機関は、これらの信用情報機関のいずれかに加盟しています。金融機関が申込者の信用情報を知りたい場合は、加盟している信用情報機関を通じて信用情報を確認します。これによって、申込者にお金を貸しても問題がないかを判断します。

キャッシングと信用情報の関係は?

キャッシングは信用情報に反映されるのか・信用情報への影響

キャッシングとは、クレジットカードを使用してお金を借りる機能のことをいいます。一方で、消費者金融からの借り入れや銀行のカードローンも含め、キャッシングと表現する場合もあります。つまりキャッシングは、クレジットカード、消費者金融系、銀行系に分けて考えることができます。

キャッシングによってお金を借りる場合、信用取引として信用情報に記載されます。クレジットカードによるキャッシング、消費者金融系のキャッシング、銀行系のキャッシングのいずれも、個人の信用をもとにお金を借りているからです。

クレジットカード

クレジットカードのキャッシング機能によってお金を借りる場合、信用情報に反映されます。これは、キャッシングにおける延滞や完済などの返済状況が記録されることを意味します。

クレジットカードのキャッシングは利便性が高いですが、返済計画をきちんと立てて計画的に利用する必要があります。返済に長期間の延滞があれば信用情報に記載されるので、十分に注意しなくてはなりません。

完済

完済は返済状況に含まれるので、信用情報に反映されます。一方で、完済したからといってすぐに信用情報に反映されるとは限りません。反映時期や信用情報の更新日は信用情報機関によって異なります。

ただ、完済した場合は必ず信用情報に反映されます。反映までに多少時間がかかっても、完済したという事実が必ず信用情報に記載されます。この点は信用情報としてプラスになり、他の金融機関の審査でも有利に働くことになります。

キャッシングの延滞は信用情報に影響するのか?

キャッシングは信用情報に反映されるのか・信用情報への影響

先ほど述べたように、信用情報にはキャッシングの返済状況が記載されます。返済に延滞があった場合は、信用情報に反映されてしまいます。以下、詳しく見ていきましょう。

事故情報とは?

信用情報には、事故情報と呼ばれるものがあります。事故情報は債務整理や代位弁済などのほか、長期延滞も含まれます。長期延滞は、一般的には2~3ヶ月以上延滞することを意味します。キャッシングの返済に長期間の延滞があった場合も、事故情報として扱われます。

また、事故情報は一定期間の経過によって解消されます。つまり、延滞の状態が解消されても、事故情報がすぐに消えるわけではありません。一定期間は記録されることになります。長期延滞の場合、5年間は記録されるので注意しなくてはなりません。

信用情報に事故情報があると、金融機関からお金を借りることは非常に困難です。事故情報としての記録が解消されるまで待たなくてはなりません。このことを防ぐためにも、長期延滞には十分に注意する必要があります。

長期延滞でない返済遅れの場合は?

長期延滞は2~3ヶ月以上の延滞を意味しますが、もっと短い期間で返済が遅れる場合もあるでしょう。しかし、長期延滞ではない返済遅れでも、返済ができなかったという事実に変わりはありません。

信用情報は信用取引に関する情報になるため、返済が遅れると返済状況として記録されます。長期延滞ではない場合でも、返済遅れがあれば履歴として残るため、注意が必要です。

こうなるまえに、きちんと返済するようにしましょう。

アコムなら最短でその日のうちに借りられて、初めてなら最大30日間無利息で借りられるので、すぐに返済できるのであればぜひ利用したいサービスです。

キャッシングの審査は信用情報を見られるのか?

キャッシングは信用情報に反映されるのか・信用情報への影響

キャッシングの申し込みの際には審査があります。キャッシングの審査では、個人の信用情報の確認も行われます。

キャッシングはお金の借り入れになるので、個人の信用が重要です。金融機関は申込者の年収や返済能力などを総合的に審査し、お金を貸しても大丈夫がどうかを判断する必要があります。その際には信用情報が確認されます。

ここで信用情報に延滞などの記録があると、審査の際に不利になってしまいます。信用情報の確認は個人の返済能力をチェックするために行われるので、過去に延滞などの事実があれば、個人に対する信用度が下がります。キャッシングの審査は甘いと言われることがありますが、信用情報が見られていることは知っておきましょう。

キャッシングの利用は信用情報に傷をつけるのか?

キャッシングは信用情報に反映されるのか・信用情報への影響

キャッシングを利用しただけで信用情報に傷がつくわけではありません。このことについて、詳しく見ていきましょう。

信用情報に傷がつく場合とは?

キャッシングを利用すると信用情報に傷がつくと言われることがあります。しかし、信用情報に傷がつくというのは、先ほど見たような事故情報の場合です。延滞や債務整理などの状況が事故情報として記録されますが、このような状態を「信用情報に傷がつく」と表現します。

キャッシングを利用しただけでは事故情報にならないため、信用情報に傷がつくことにはなりません。ただし、キャッシングの利用は信用情報に記載されるので、クレジットカードの審査などに影響する可能性はあります。しかし、これは信用情報に傷がつく状態とは別です。

住宅ローン

キャッシングの利用は、住宅ローンの審査に影響する場合があります。特にキャッシングを利用中の場合は、住宅ローンの審査に大きく影響します。現在お金を借りている状態のままでは、住宅ローンは難しくなります。

完済していれば、住宅ローンの審査に対する影響は少ないと言えます。ただし、キャッシングの利用履歴は、解約しても一定期間は残ります。一般的には、解約しても5年間は信用情報に記載されます。完済後でも信用情報にキャッシングの履歴が残っていれば、住宅ローンに対する審査にも影響する可能性があります。

自分の信用情報は信用情報機関に開示請求できるので、利用履歴が残っているかを確認することが重要です。

キャッシングと信用情報の関係性を把握しよう

キャッシングは信用情報に反映されるのか・信用情報への影響

今回は、キャッシングは信用情報に反映されるのか、キャッシングの信用情報への影響は何か、ご紹介しました。信用情報は信用取引に関する情報となるため、キャッシングを利用する場合には信用情報に記載されます。返済状況が記録されるので、延滞した場合も完済した場合も、信用情報として記録されます。

特に長期延滞の場合は事故情報として扱われるため、注意が必要です。一方で、キャッシングの利用によって、信用情報に傷がつくわけではありません。長期延滞などの特別な事情がなければ、ただ記録されるだけで傷がつくことにはなりません。

キャッシングと信用情報は、お互いの関係や影響をきちんと知っておくことが重要です。事故情報や住宅ローンとの関係も含め、ポイントを整理しておきましょう。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット

  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事

最新の記事