Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月26日

キャッシングカードを利用するデメリット|借り換え/増額/海外

クレジットカードはキャッシング枠とショッピング枠があります。キャッシングにデメリットを感じて利用しない人もいるでしょう。この記事では、キャッシング枠の使い方やデメリットなどを紹介します。キャッシングの注意点を知りたい人は、ぜひ読んでみてください。

キャッシングとカードローンとは違う?

キャッシングカードを利用するデメリット|借り換え/増額/海外

キャッシングとはお金を借りることをいいます。お金を借りるには、クレジットカードのキャッシング枠を使う方法と、カードローンというキャッシング専用の商品を利用する方法があります。一般的にはクレジットカードのキャッシング枠を使うことを、キャッシングということが多いです。

クレジットカードには限度額があり、キャッシング枠とショッピング枠の合計が限度額となっています。キャッシング枠を使うことでショッピングに使えるお金が減るというデメリットがあります。

キャッシングカードを利用するデメリットは?

キャッシングカードを利用するデメリット|借り換え/増額/海外

キャッシング枠があるクレジットカードであれば、キャッシングは簡単に利用できます。コンビニATMなどの提携ATMで利用できるので、すぐに現金が得られます。一方、キャッシング枠を利用することによりデメリットもあります。

信用情報

キャッシングを利用することで、信用情報にデメリットがあると言われることがあります。正確には、キャッシングを利用し、延滞したりお金を返さなかったりした場合は、信用情報に傷がついてデメリットとなります。

キャッシングを利用するだけでは、将来カードローン・住宅ローンなど目的別ローンを組むときにデメリットにならない場合が多いです。ただし、キャッシングをしている状況だとローンを借りる時に限度額が少なくなったり、金融機関によっては借入が難しい場合もあります。

お金に対する認識が甘くなる

キャッシングをすることで、お金が簡単に手に入るような錯覚に陥るデメリットもあります。クレジットカードのキャッシング枠が元々ついていれば、カードローンを新たに申し込む場合と違って審査がありません。また、お金はコンビニATMですぐに引き出せてしまいます。返済に首が回らなくなるまで、お金を借りている認識を持てない人もいます。

利息が高い

キャッシングは、カードローンよりも金利が高いのもデメリットです。上限金利が約18%程度です。お金をかりる場合、消費者金融系・銀行系・信販系のカードローンというものもありますが、銀行系のカードローンであれば上限金利が12%台と低いものもあります。

なお、キャッシングの金利は、日割りで計算して手数料として取られます。金利18%で10万円を借りた場合だと、10万円×18%×30÷365=1479円の手数料がとられます。一日でも早く返済する必要があります。口座引き落とししか返済方法がない場合、キャッシングを申し込んだ日によっては、多くの手数料をとられることがデメリットです。

クレジットカードの中には、キャッシング後一か月以内に返済すれば手数料なしのものもあります。

キャッシングで借り換えをするデメリットは?

キャッシングカードを利用するデメリット|借り換え/増額/海外

キャッシングで借り換えをするデメリットについて紹介します。借り換えとは、金利の高いローンから低いローンに変更して、利息を減らすことです。一度計算してみましょう。金利が高いことがデメリットのキャッシングで借り換えをしても、利息は減らないことが多いです。

また、キャッシングでは限度額が小さいこともデメリットです。ショッピング枠でもすでに利用があれば、残ったキャッシング枠がほとんどないこともあります。

キャッシングカードを増額するデメリットは?

クレジットカードのキャッシング枠を増額すると、ついキャッシングする額が増えてしまうのがデメリットです。もとからキャッシングを使っていた人なら、お金を借りることに抵抗がないこともあります。

カードローンと比べると、クレジットカードのキャッシング枠で借りられる金額は少ないですが、その分気軽に借りてしまう場合もあります。

海外でキャッシングをするデメリットは?

海外でキャッシングする際のデメリットは盗難の危険があることと、限度額が低くなることです。

日本よりも治安が悪い国が多く、お金を引き出すときは十分注意する必要があります。限度額が低い理由は、海外で行方不明になり返済されない可能性があるためです。また、キャッシュカードが盗難にあうなどして、不正に高額なお金が引き出されるのを防ぐためでもあります。

海外でキャッシングをするメリットもある

海外でキャッシングをすることはデメリットばかりではありません。海外でキャッシングをすると、両替の手数料を払うよりも安く現地のお金を入手できる場合があります。ただし、返済するのを忘れてしまうと、高い金利のキャッシュカ―ドですので利息を余分にはらうことになります。

カード会社別キャッシングのデメリットは?

クレジットカードの会社別にキャッシングのデメリットについて紹介します。

楽天

クレジットカードを作るとたくさんポイントがもらえます。ポイント還元率が高いことでも人気の楽天カードですが、キャッシングの部分ではデメリットもあります。

楽天カードからのキャッシングを返済するときにATMは使えません。口座引き落としか、口座振り込みをする必要があります。すぐに返済することが金利の高いクレジットカードのキャッシング枠では重要です。口座引き落としは毎月決まった日にしか行われないので、借りた日によっては一か月近い金利を払うことになります。

エポス

ショッピングセンター系のクレジットカードとして持っている人が多いエポスカードにも、キャッシングの部分でデメリットがあります。エポスカードの金利は18%と固定されており消費者金融系なみの高さです。

エポスカードのキャッシングにはメリットもあります。一つは、借入が千円単位からできることです。また、初回キャッシングなら一か月間は利息がかからないことです。このほかにもエポスカードは年会費無料タイプと有料タイプのものがあり、年会費無料のタイプはショッピング系のカードとして人気が高いです。

クレジットカードのキャッシングは早めの返済を!

すぐにお金が引き出せるのでクレジットカードのキャッシングを利用する人もいます。簡単にコンビニのATMなどで引き出せるため、自分の口座のお金が増えたと錯覚して使っていると危険です。キャッシング枠の増額も、お金を多めに借りる習慣がつく場合があるので自分からは申請しないようにしましょう。

キャッシングを利用しただけでは信用情報に傷はつきませんが、ローンを申し込む際に、キャッシングをしていると限度額が低くなることがあります。また金融機関によっては借入自体難しい場合もあります。

キャッシングの金利は消費者金融と同じくらい高いので、早めに返済するように心がけましょう。繰り上げ返済するときに、コンビニATMなど手軽に返済できるクレジットカードを選びましょう。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット

  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事

最新の記事