Search

検索したいワードを入力してください

2018年07月10日

10万円キャッシングするときの返済額・利子|おすすめのカード会社

10万円をキャッシングした時、返済額や利子は幾らかかるのでしょうか?返済額がある程度わかっていれば、返済計画も立てやすくなります。そこで10万円キャッシングした時の返済額・利子についてもまとめてみました。ぜひ参考にしてみて下さい。

10万円キャッシングするときの返済額と利子

10万円キャッシングするときの返済額・利子|おすすめのカード会社

10万円キャッシングするときの返済額と利子は、キャッシングする場所によって変わります。

10万円を消費者金融と銀行で、キャッシングしたとしましょう。月々の最少返済額は消費者金融4,000円~5,000円に対し、銀行は2,000円~3,000円です。金利は銀行14.0%~14.5%に対し、消費者金融は17.8%~18.0%です。

10万円を効率よくキャッシングするには、一見すると銀行の方に軍配が上がります。しかし利子の支払総額を見ると、消費者金融が平均2万5,000円に対し、銀行は5万5,000円でした。

銀行の方が利子の支払総額が高い理由は、銀行の返済額が少ないからです。返済額が少なくなればなるほど、返済回数は多くなります。返済回数が多くなると、支払う利子も増えます。

利子を1円でも抑えて効率よく返済するには、なるべく早く完済しましょう。

楽天カードで10万円をキャッシングすると?

楽天カードで10万円をキャッシングすると、利子は2万5,386円・支払総額は12万5,386円かかります。(平成28年以降に契約した楽天カードで、最少返済額である3,000円で支払った場合です。)

平成28年以前に楽天カードと契約しているのなら、最少支払額は5,000円に定められています。金利は変わらず18.0%となっており、利息総額は毎月5,000円ずつ返済すれば、1万9,772円・支払回数は24回です。

楽天カードの利用代金は、毎月末日の締切・翌27日に登録口座から引き落とされます。キャッシングの支払い方法は、一括払いかリボ払いになります。

エポスカードで10万円をキャッシングすると?

エポスカードで10万円をキャッシングすると、利子は2万5円・返済総額は12万5円です。(「元利定額方式5000円コース」で返済したとします。)

ただし返済方法を残高スライド元利定額方式標準コースに選択した場合、返済総額は12万4,497円になります。14回までの返済は月5,000円・15回目以降の返済を月5,000円での計算です。

残高スライド方式は、支払い残高に応じて返済額が変わるシステムです。支払い残高が多ければ多いほど返済額は大きくなりますが、支払い残高が少なくなると返済額も小さくなります。

セゾンカードで10万円をキャッシングすると?

セゾンカードで10万円をキャッシングすると利子は2万7,112円・返済総額は12万7,112円となります。(支払いコースを長期コースに設定し、最少返済額である4,000円で支払ったとします。)

支払いコースを標準コースに設定すると、返済総額は10万9,773円になります。月の支払額は1万円で、最終の返済額は9,773円です。

セゾンカードは、定額リボルビング方式を採用しています。定額リボルビング方式とは、毎月の返済額を決めて支払いをするシステムです。毎月支払う額は一定となりますが、元金分と利子分の内訳は変わるので要注意です。

10万円キャッシングでリボ払いで返済すると?

10万円キャッシングするときの返済額・利子|おすすめのカード会社

リボ払いとは、毎月の返済額が決められている返済システムのことです。リボ払いには残高スライド方式と、定額方式の2種類あります。

残高スライド方式とは、支払い残高に応じて返済額が変わるシステムです。定額方式とは支払い残高関係なく、毎月決められた額を支払います。

10万円をキャッシングしてリボ払いにした時にかかる利息は、定額方式か残高スライド方式かによって、大きく変わります。

残高スライド方式で10万円をキャッシングした場合

残高スライド方式(元金定率リボルビング)で10万円を年利18%でキャッシングした場合、利息は1万8,114円かかります。

1万8,114円の利息は、支払回数は20回・支払い期間は1年12ヶ月かかったらの話です。初回返済額は6,726円(利息1,726円含む)です。返済を重ねるたびに毎月の支払額が変わり、20回目最終支払額は5,086円(利息86円含む)です。

ただし実際の支払額と異なる場合があり、必ずしも総額11万8,114円支払わなければならないとは限りません。あくまでも目安として捉えて頂ければ幸いです。

定額スライド方式で10万円をキャッシングした場合

10万円を年利18%でキャッシングした場合、定額方式(元利定額リボルビング)で返済すると利息は2万3,709円かかります。

2万3,709円の利息は、月々の返済額を5,000円で計算した場合です。月々の返済額が変われば、利息も変わります。

定額方式は、支払い残高関係なく返済額は一定です。返済計画が立てやすく、自分のペースで返すことができます。ただし返済途中で新たにキャッシングをしても、返済額が変わらないので要注意です。

返済額を変えないまま次から次へとキャッシングをすると、いつまで経っても返済は終わりません。新たにキャッシングをしたのなら返済額を見直して、返済計画を立て直して下さい。

10万円以下のキャッシングでおすすめのカード会社

10万円キャッシングするときの返済額・利子|おすすめのカード会社

10万円以下の少額キャッシングをする際に、おすすめしたい会社について取り上げます。

お金が今すぐ必要な時に頼りになるのが、キャッシングです。しかし10万円が急に必要になる場面に遭遇する機会は、ほとんどありません。必要以上に借りてしまうと、大きな負担になります。そこで、10万円以下のキャッシングに便利な会社を3社紹介します。

即日対応のアコム

10万円以下のキャッシングでおすすめの会社は、アコムです。

アコムでは、基本的に1,000円からのキャッシングが可能です。金利は18.0%、毎月の最小返済額は1,000円から対応しています。1万円をキャッシングして毎月1,000円で返済すると、11回払い利息は902円かかります。

しかしアコムを始めて利用するのなら、契約から30日は金利無料です。つまり7月1日に1万円をキャッシングして、7月30日までに一括で返済すれば、実質利息は0円で済みます。しかも即日対応となっているので、急いでいる人にはおすすめの会社です。

金利がかからないプロミス

10万円以下のキャッシングでおすすめの会社は、プロミスです。

プロミスでは、1,000円からのキャッシングが可能です。金利は17.8%、毎月の最小返済額は1000円から対応しています。1万円をキャッシングして毎月1,000円で返済すると、11回支払利息は891円かかります。

でも始めてプロミスと契約する人であれば、30日の間だけは利息はかかりません。つまり7月1日に1万円をキャッシングして、30日までに返済すれば金利0円に抑えることができます。利息を少しでも抑えるのならば、プロミスはおすすめです。

無金利期間が長いレイクALSA

10万円以下のキャッシングでおすすめの会社は、レイクALSAです。

レイクALSAでは、1万円からのキャッシングが可能です。金利は18.0%、毎月の最小返済額は3,000円から対応しています。1万円を借りて毎月3,000円ずつ返済すると、4回支払い利息は336円かかります。

ただし借り入れ金額が5万円以下ならば、無利息期間は180日まで定められています。180日以内に完済すれば、利息はかかりません。初回利用者限定という条件はあるものの、じっくり利用するならレイクALSAはおすすめです。

10万円キャッシングするときの審査

10万円キャッシングするときの返済額・利子|おすすめのカード会社

10万円をキャッシングする時、審査基準や時間に変化はあるのでしょうか。「少額融資は審査が甘い」と噂されていますが、本当でしょうか。

10万円をキャッシングした時の、審査基準や審査にかかる時間について調査してみました。

10万円キャッシングする時の審査基準

10万円キャッシングする時の審査基準は、毎月安定した収入が得られているかどうかです。

月に1回定期的な収入がなければ、10万円のキャッシングは難しいです。収入額はハッキリしませんが、月8万円~9万円なら審査に通る確率は高くなります。ただ収入があっても年金や生活保護だけの収入なら、借りるのは厳しくなるでしょう。

審査にかかる時間

10万円をキャッシングする際にかかる審査時間は、1時間以内です。午前中に申し込めば、即日融資が可能です。

審査はスコアリングシステムを採用しており、カード会社が決めている基準を超えたら、キャッシングは可能です。審査は全てコンピューターで行われ、融資をするかどうかを判断します。

ただし申込時に不備が出ると、審査時間は伸びるので要注意です。また申込みした日時が土日祝日・深夜の時間帯になった場合、審査結果が出るのは翌営業日日になることがあります。

10万円をキャッシングする時は

今回は10万円をキャッシングした時にかかる返済額・利子について取り上げましたが、いかがでしたでしょうか。

10万円をキャッシングして毎月の返済額を最小限に留めると、利子が膨れ上がり返済額も大きくなります。1円でも返済額を抑えたいのなら、なるべく早く返済するのが1番です。ただ中には期間限定ながらも金利0円に設定されいてる会社もあるので、検討してみてはいかがでしょうか。

ただし10万円をキャッシングしたら、ご利用は計画的にお願いします。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット

  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事

最新の記事