カードローン検索
Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月14日

クレジットカードが作れない理由・原因とは?|審査を通す方法

クレジットカードはひとり数枚持つことが多くなり、使い分けをしている人もいるでしょう。しかし、クレジットカードが作れないと悩んでいる人も大勢います。いったいクレジットカードが作れない原因はなんでしょうか。詳しく見ていきましょう。

本日中にお金を借りる場合のタイムリミット

09時間
29
07
60

クレジットカードが作れない理由・原因とは?

クレジットカードが作れない理由・原因とは?

クレジットカードは、ショッピングやローンが組めてとても便利に生活ができます。一枚くらいは持ちたいと考えて入会を希望してみたものの、審査落ちをしてしまう事があります。クレジットカードを作れない原因は、どのような事が考えられるのか見ていきましょう。

内容ミスで作れない

クレジットカードを作る時には、とても多くの内容を書きこみます。年収や勤務先などを見て審査をしますが、内容に間違いがあると確認の電話が来る時があります。書き間違いだけで審査が通らないことはあまりないでしょう。

しかし、意図的に間違った内容で申込をしてしまうと、カード会社の社内情報に記録される可能性があります。一度記録されると、改めて発行する時に審査落ちする事が多くなり不利になるでしょう。

信用情報

信用情報

クレジットカードが作れない原因に信用情報があります。これまで一度もクレジットカードを作ったことが無い人は、ローンの利用も申込みもしたことがありません。このような人は、スーパーホワイトと呼ばれクレジット会社の審査で不利になることがあります。

最近は一人で数枚クレジットカードを所有している時代ですから、何かしらの買い物をしたりローンを組んだりします。スーパーホワイトの人はとても珍しく、特別な問題が無くてもクレジットカードが作りにくくなります。

ただ、情報が無いだけでナゼ作れなくるのか疑問を感じますが、それは自己破産をした人が5~10年ほど経って過去の情報が消えた時と同じ状況だからです。クレジットカードを作ったことが無いだけでも、何かあったのかと怪しまれ審査落ちすることがあります。

ブラックリスト

ブラックリスト

一度ブラックリストに載ってしまうとクレジットカードが作りにくくなります。これは、信用情報機関と呼ばれる「CIC」「JBA」「JICC」が全ての借り入れの利用情報を管理しているからです。クレジットカードを作る時には、これらのどこかにカード会社が信用調査をします。

過去に金融事故を起こしてしまうとここに記載され、クレジットカードが作れなくなります。しかし、信用データは保管される期間が決まっていますから、ある一定の期間を過ぎれば新しくカードを発行する事ができます。

おおよそ、61日間以上の延滞記録はCICが5年、JICが1年、3か月以上の延滞や債務整理、破産申し立てはCICとJIC共に5年くらいだと考えられています。

30日間利息なしで今すぐお金を借りる方法

クレジットカードの審査に落ちないための対策方法

クレジットカードの審査に落ちないための対策方法

一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと、もう作れないと考え込んでしまいます。クレジットカードに落ちる原因はさまざまですから、まずは申し込む前から対策を考える必要があります。何度も審査に落ちてしまうと印象が悪くなりますから、できれば一発で通過したいもの、どのような対策方法があるか確認しましょう。

作れない時はまず自分の信用情報を確認する

クレジットカードの情報はCIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターの3社で情報共有システムを導入して交換し合っています。クレジットカードを作れないと悩んでいる人は、申し込む前に情報開示をしてみましょう。

クレジットカードを作る時は、CICとJICCのみの開示で良いでしょう。アメリカンエキスプレスや都銀、地銀の銀行本体が発行するカードは全銀協に加盟しているので注意しましょう。パソコンでも開示を行っていますから、クレジットカードが作れないと悩んでいる人は自分の信用情報を確認してみましょう。

正しい情報で再度申請

クレジットカードを申し込むときに、間違えた情報を記入してしまい審査に落ちてしまったら、6か月たったら落ちたクレジット会社以外のカードを申し込んでみましょう。正しい情報を書いて、もし確認の連絡が来てもきちんと対応できるようにしましょう。

別のカードを申し込む

カード会社によっては、加盟している個人信用機関が異なります。カード会社によってはどちらにも加盟している場合もあるでしょう。もし、クレジットカードが作れない時は、他社のクレジットカードを作ると問題なく審査に通る場合があります。

クレジットカードを利用すると個人信用情報機関に履歴が残りますから、ここに履歴が残っていてきちんと支払いができているほど審査がとおりやすくなります。作れないと考えたら別会社で6か月したらトライしてみましょう。

期間を空ける

期間を空ける

一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと、少し期間を開けた方が良いと考えられています。個人信用機関では審査の時に書き込まれる情報が決まっており、「申し込み情報」と「成約情報」になります。

これはどのカード会社でも必ず確認する項目で、過去の審査を通っていない場合は
申込情報しか残されていません。つまり、成約まで至っていない事がわかってしまいカード会社が警戒をします。

個人信用機関に残されている申込情報は「通らなかった日から6か月」なので、作れないと悩んでいる人は6か月を過ぎた頃に再チャレンジをしてみましょう。

キャッシング枠を0円で指定する

クレジットカードが作れない人は、申し込みをする時にキャッシング枠を0円に設定してみましょう。クレジットカードを作る時には、ショッピング枠とキャッシング枠があります。キャッシング枠は借金する事ですから審査が厳しくなります。

キャッシング枠を申し込んでしまうと、クレジット会社は通常のショッピング枠の審査に加えて借金の返済能力も審査されます。もし、一度審査に落ちてしまって作れないと考えるなら、収入や雇用形態、勤続年数に不安がある人ほどキャッシング枠0円で申し込みましょう。

30日間利息なしで今すぐお金を借りる方法

審査に通りやすいクレジットカードTOP3

審査に通りやすいクレジットカードTOP3

審査にとおりやすいクレジットカードは実の所存在しません。多くのサイトで、トップ○○と紹介していますが疑問が残ります。クレジットカードの審査通過は本人の属性次第です。例えば、無職であってもクレジット履歴が良好ですと審査がとおる場合があります。逆に、年収が数千万あっても、過去に金融事故を起こしていると作れないケースも十分あります。

ここでは比較的審査にとおりやすいと考えられている、おすすめカードをご紹介します。審査基準は個人によって違いますから、必ず審査に通る訳ではありません。

3位「アコムACマスターカード」

このカードは、審査の難易度が低いと考えられている消費者金融のカードです。キャッシングやリボ払いがメインですから、クレジットカードが作れないと悩んでいる人に最適でしょう。過去に個人信用情報機関に延滞などをしていなければ、比較的審査にとおりやすく発行されやすいでしょう。

そして、過去に個人信用情報機関に事故情報があり、消えた後の初めてのカードにもおすすめです。派遣社員、学生、パート、アルバイトなど、安定した収入が見込めるなら審査にとおりやすいでしょう。カードが作れにない人はチャレンジしてみましょう。

2位「三井住友VISAカード」

三井住友VISAカードは銀行系のカードなので極端に審査が甘い訳ではありませんが、年金受給者や無職でも発行されることがあります。ただし、金融事故を起こしていると作れない事が多いです。

始めてカードを作る人に向いている「デビュープラスカード」があり、信用実績の無い新社会人にもおすすめです。

1位「SBIカード」

SBIグループの取引をしている人は、メリットが多いクレジットカードです。他社カードが作れない人は、一度申し込みをしてほしい1枚です。このカードで審査が難しくなるのは、CICに長期にわたる支払いの遅れがある場合でしょう。比較的発行される率が高いので、作れない人はチャレンジしてみる価値はあります。

30日間利息なしで今すぐお金を借りる方法

クレジットカードが作れない原因は個人によって違う

クレジットカードが作れない原因は個人によって違う

クレジットカードが作れない時は、多くの原因が考えられます。作れないからと言って、審査が落ちたばかりで何社にも入会申し込みをすると印象が悪くなります。作れない原因を探して、しっかりクリアにしてからもう一度申し込んでみましょう。

本日中にお金を借りる場合のタイムリミット

09時間
29
07
60

アコムなら周りにバレずに即日融資を受けられる

クレジットカードのキャッシングは一般的にカードローンよりも金利が高くなるので、カードローンでお金を借りるほうがおすすめ。中でもアコムなら最短審査時間30分。審査通過率も他の消費者金融と比較して高いので、今すぐにお金を借りたい方が多く利用しています。また、家族や職場にバレたくない方にも柔軟に対応してくれるので安心。はじめてなら、まずはアコムからお申し込みを。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み
\  即日融資希望で /

目次に戻る

関連記事

最新の記事