Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月16日

NICOSカードの特徴を解説!おすすめポイントも紹介

NICOSカードは、現在日本で非常に多く発行しているクレジットカードになります。NICOSカードが多く流通している理由は、カードの種類が多いことだけでなく、それぞれ魅力的な特徴があるからです。そこで、NICOSカードの特徴とおすすめポイントを解説します。

NICOSカードとは

NICOSカードは、三菱UFJニコスが発行するカードブランドの中の一つで、かつてはテレビCMを多く流していたこともあり、知名度が高くクレジットカードといえばNICOSカードといわれるほどでした。しかし、最近はその露出度が少ないのでNICOSカードの存在を知らない人も増えてきました。

そこで、三菱UFJニコスか発行するNICOSカードの種類とその特徴について詳しく見ていきます。

NICOSカードの種類

三菱UFJニコスが発行するNICOSカードは101種類もあり、提携金融機関や提携DCカードブランド、提携MUFGカードブランドが発行するNICOSカードを合わせると、物凄い数のクレジットカードの種類となります。

その中で、三菱UFJニコスが発行する人気のクレジットカードを3種類ピックアップし、その特徴について詳しくご紹介します。

三菱UFJニコス VIASOカード

三菱UFJニコスVIASOカードは、国際ブランドがMasterのクレジットカードで、年会費は本人会員、家族会員共に無料となっています。

三菱UFJニコスVIASOカードの特徴は、VIASOeショップを利用してネットショッピングすると、ポイント還元率がトータル最大2.5%となります。

また、1,000ポイント以上貯まると1ポイント1円でオートキャッシュバックされるので、ポイント交換の手間が省けます。

VIASOカード(くまモンデザイン)

VIASOカードには、人気キャラクターをデザインしたクレジットカードが多く発行されていますが、その中で熊本のゆるキャラの「くまモン」をデザインしたクレジットカードがあります。

VIASOカード(くまモンデザイン)の大きな特徴は、お買い物代金の中から0.2%熊本県に寄付されていますが、現在平成28年に起きた熊本地震の復興支援として、クレジットカードの利用代金の中から0.4%が熊本県に寄付されます。

NICOS一般カード

NICOS一般カードは、年会費が初年度無料で2年目から年会費が1,250円(税抜)となりますが、楽payに登録し、条件を満たすと年会費が半額となる特徴があります。

この他、海外旅行で強い味方となる海外アシスタンスサービスの窓口「ハローデスク」を世界各地に用意しており、現地のスタッフが日本語にてサービスの案内などの問い合わせに応じてくれます。

NICOSカードの特徴

NICOSカードは、三菱UFJニコスが発行する国内最大級のクレジットカードです。その発行カードの種類が多いことから、その特徴も幅広くなっています。

また、NICOSカードは、銀行と深いつながりを持つことが特徴で有名ですが、このほかにもいくつかの特徴やメリットがあるので、詳しく見ていきます。

特徴1:提携やタイアップが多数ある

提携カードは、NICOS VIASOカードとの提携が中心で、大きく分類すると東京メトロ、三菱地所グループカード、ガソリン系カード、キャラクター系に分かれます。

これ以外にもマイメロディと提携しているカードもあり、サンリオショップでお得に買い物ができる特徴があります。このように、提携しているカードの特徴が色濃く特典に反映されるので、自分のよく利用するショップなどと提携するカードを作ると良いでしょう。

特徴2:ポイントプログラムはわいわいプレゼント

NICOSカードのポイントプログラムに、わいわいプレゼントがあります。これは、NICOSカードの利用金額に応じて貯まるポイントを、好きな商品や提携先のサービスと交換できるプログラムです。

わいわいプレゼントは、500ポイント以上100ポイント単位で1ポイント4円で交換できるプログラムや(2019年4月1日より200ポイント以上100ポイント単位に変更)他のポイントに交換できるプログラムとなります。

NICOS VIASOカードが人気の理由

NICOS VIASOカードが人気の理由

NICOSカードは種類が多く発行されていますが、その中でVIASOカードが特に人気のあるカードとなっています。

その理由として、キャラクターデザインのカードが多く発行され、年会費が無料でポイントが高還元率であったり、オートキャッシュバック機能が付いていることが特徴だからでしょう。

そこで、VIASOカードが人気の理由であるネットショップの高還元率や、キャッシュバックについて詳しく見ていきます。

ネットショップで高還元率

NIASOカードは、ネットショップの利用で最大10%のポイントが貯められる特徴があります。

その方法は、VIASOeショップにアクセスしてショッピングをするだけといたって簡単です。ポイントの付与は、通常1,000円につき5ポイントとなりますが、店舗ごとに設定されたボーナスポイントがあり、最大1,000円ごとに100ポイント貯まります。

年一回自動的にキャッシュバック

VIASOカードで1,000円ごとに5ポイントずつ貯めたポイントは1年間備蓄され、オートキャッシュバックされます。

その方法は、入会月を基準にした対象の月にキャッシュバックが行われます。例えば1月に入会すると、翌月の2月から翌年1月分までを備蓄し、還元対象月は1月となります。

1,000ポイント以上が還元対象ポイントとなり、備蓄期間に1,000ポイントに満たないポイントは自動消滅します。

NICOSカードのメリット

NICOSカードのメリットは、三菱UFJニコスの親会社である大手メガバンクの一つ、三菱UFJ銀行なので、安心感が高いクレジットカードです。

ポイントも、1か月のトータル利用料金が1,000円以上につき1ポイントの基本ポイントを付与するわいわいポイントなら、他のカードのように、その都度のお買い物金額に応じたポイント付与と違い、ポイントを貯めやすいメリットがあります。

NICOSカードのデメリット

NICOSカードのデメリット

NICOSカードには、年会費無料や高還元率のポイントが付与されるなど、クレジットカードの中でもかなりお得なカードといえます。

そんなメリットが多いNICOSカードですが、少なからずデメリットもあります。
そこでNICOSカードのデメリットについて、ご紹介していきます。

NICOS VIASOカードはポイント消滅に注意

NICOS VIASOカードを使うと、1,000円につき5ポイント貯まりますが、せっかく貯めたポイントも条件を満たすことができないとすべて消滅します。

ポイントは、1年に一度オートキャッシュバックされますが、このポイントが1年間で1,000ポイント以上たまらないとその年に貯めたポイントは消滅します。

ポイントは、1年ごとカウントなので、消滅すると新たに次年度のポイントがカウントされるようになります。

ETC発行に手数料がかかる

NICOSカードでもETCカードに申し込むことができますが、その新規発行手数料が1,000円(税別)かかるカードがあります。

NICOSカードには、ETCカードを発行する際、ゴールドカード・プレミオ・JAカード、ロードネットカード会員、そしてガソリン系カードでは、新規発行手数料が無料となります。

年会費については、無料ですが親カードとなるNICOSカードに年会費は別途支払う必要があります。

NICOSカードの特徴を理解しよう

NICOSカードの特徴を理解しよう

NICOSカードは、三菱UFJニコスが発行するカードの一つで、その種類も豊富にあります。

NICOSカードを選ぶ時には、自分が使う場所や店舗などを確認し、一番お得にNICOSカードの特徴を使えるカードを選ぶのが良いでしょう。

NICOSカードは銀行系の特徴が強いカードですが、流通系やガソリン系の特徴を持ったカードも数多くあり、誰でもNICOSカードの特徴を使うことができるカードを選べるでしょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

NICOSカードの特徴について解説してきましたが、ここで紹介した以外にも多くの特徴を持ったカードとなっています。

例えば、NICOSカードは、ショッピングの決済の他にもキャッシングの利用もできるカードです。また、提携カードにはそれぞれ独特の特徴を持った特典を用意しています。

そこで、NICOSカードをもっと知りたい方は、関連記事をチェックすることでより便利な使い方がわかるでしょう。

関連記事