カードローン検索
Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月11日

UCSゴールドカードの還元率|ポイントのお得な還元法7選

UCSカードは株式会社UCが発行しています。UCSゴールドカードはそのUCSカードの上位カードとなります。そのUCSゴールドカードは利用するとUポイントを貯めることができます。また、そのポイント還元率には上げる方法があります。

UCSゴールドカードとは

UCSゴールドカードとは

クレジットカードにはいろいろな種類があり、それぞれに特徴があります。そのため、クレジットカードは自分に合った物を選ぶ必要があります。

UCSカードもそのクレジットカードの1つです。UCSカードはドンキホーテホールディングス傘下の金融事業会社である株式会社UCが発行しています。UCSゴールドカードはそのUCSカードの上位カードとなります。

どんな人におすすめなカード?

UCSゴールドカードはアピタやピアゴでの買い物に利用をすると、割引特典が得られるという特徴があります。

アピタでは毎月19、20日に、ピアゴでは毎週金曜日にUCSゴールドカードを利用すると5%OFFの割引を受けることができます。他にも、特別感謝デー、誕生祭、ダイナミックサンデーなども行われます。

そのため、UCSゴールドカードはアピタかピアゴをよく利用する人におすすめのカードとなります。

国際ブランドの種類

クレジットカードには国際ブランドが選べる物があります。国際ブランドによって、カードの使えるお店が決まるため、慎重に選ぶ必要があります。UCSゴールドカードの場合はVISA、MasterCard、JCBから国際ブランドを選ぶことができます。

なので、もし他にクレジットカードをすでに持っているのであれば、持っていない国際ブランドを選ぶようにすると良いでしょう。

UCSゴールドカードのポイントプログラム

UCSゴールドカードのポイントプログラム

クレジットカードは利用金額に合わせてポイントが貯まるという物が多いです。UCSゴールドカードでもUポイントというポイントを貯めることができます。

Uポイントは毎月の利用額の合計から、200円ごとに1ポイント貯めることができます。なので、そのポイント還元率は0.5%になります。

Uポイントの有効期限は最長2年で、キャッシング、カードローンなど、一部の支払いでUポイントの加算対象とならないものもあります。

Uポイントの特徴

UCSゴールドカードは200円ごとの利用につきUポイントを1ポイントを貯めることができます。なので、ポイント還元率は0.5%となります。そのため、あまりポイント還元率は高くはありません。

しかし、UCSゴールドカードをアピタやピアゴなどで、使う場所と使うタイミングを選ぶことでポイント還元率を上げることができます。また、ボーナスポイントプレゼント対象商品の購入でボーナスポイントをもらうこともできます。

UCSゴールドカードのポイント還元率

UCSゴールドカードのポイント還元率

UCSゴールドカードは利用をしていると、利用額の0.5%の還元率でUポイントを貯めることができます。貯めたUポイントにはいろいろな使い方が用意されています。そのため、自分が利用したいと思うポイントの利用方法を把握しておく必要があります。

もし、ポイントの使い方を把握しきれていないと、無駄にポイントを使ってしまったり、有効期限がすぎて失効してしまうことがあります。

還元率1:商品券と交換

UCSゴールドカードを利用して貯めたUポイントでアピタ・ピアゴ、MEGAドン・キホーテUNY店舗、ファミリーマート、モリエなどで利用できるユニー・ファミリーマートグループ商品券に交換することができます。

ユニー・ファミリーマートグループ商品券には有効期限がないため、ポイントの使い道に困った際には商品券に交換して、いつでも使えるようにしておくことがおすすめです。

還元率2:ユニコ電子マネーに移行

アピタ・ピアゴの電子マネーカードとしてユニコカードがあります。このユニコカードを持っているのであれば、貯めたUポイントを移行して、チャージすることが可能です。

アピタ・ピアゴでよく買い物をするという人は、ユニコカードにチャージをしておくことで支払いに利用することができます。商品券と違って1円単位まで支払いに使えるため、支払いの際にお釣りを無駄にしません。

還元率3:図書カードと交換

還元率3:図書カードと交換

UCSゴールドカードの利用で貯めたUポイントは全国の図書カード取扱い加盟店で利用できる図書カードと交換することもできます。

誰かに贈り物とする場合には商品券や図書カードが適しています。ただし、図書カードの場合は1000円カードにしか交換できないため、1000円以上の図書カードが必要な場合には複数枚に交換する必要があります。

還元率4:三井住友ギフトカードと交換

上記で述べた通り、誰かに贈るのであれば商品券や図書カードが適しています。Uポイントでは商品券や図書カード以外にも、デパートや大手スーパー、専門店などの全国で利用できる全国共通商品券の三井住友ギフトカードに交換することもできます。

三井住友ギフトカードが利用できる店舗は、UCSのホームページにある「Uポイントを貯める・交換する」というページから確認することができます。

還元率5:JMBマイルに移行

UCSゴールドカードで貯めたUポイントはJMBマイルに移行することもできます。その交換レートはUポイントが1000ポイントにつき、JMBマイルが500マイルです。

なので、もしUポイントの使い道に困ってしまった人で、JMBマイルを貯めているのであれば、ポイントをJMBマイルにまとめることもできます。

還元率6:ユニセフへの寄付

貯めたUポイントの使い方には、通常のポイント利用の仕方とは少し違った方法があります。それはユニセフに寄付するという使い方です。ポイントの使い道がないと感じてしまった人にはおすすめのポイント利用方法です。

ただし、Uポイントでユニセフに寄付をした場合には、領収証を発行してもらうことはできないので注意が必要です。

還元率7:日本赤十字社へ寄付

Uポイントが寄付できる先はユニセフだけではありません。日本赤十字社へ寄付することも可能です。日本赤十字社に寄付をすれば、紛争の犠牲者や災害の被害者に対する救護活動や、人の生命と尊厳を守るための事業などの役立てられます。

Uポイントのお得な貯め方

Uポイントのお得な貯め方

上記で述べたようなポイントの使い方をするためには、まずUCSゴールドカードを利用してUポイントを貯める必要があります。

しかし、UCSゴールドカードのポイント還元率は0.5%とそれほど高くありません。ですが、UCSゴールドカードを使う場面を選ぶことで、ポイント還元率を上げることができ、効率良くポイントを貯めることができます。

1:毎日のショッピング

UCSゴールドカードでは、毎月の支払い額で200円ごとに1ポイントを貯めることができます。なので、ポイント還元率は0.5%とそれほど高くはありません。

しかし、UCSゴールドカードを利用するだけなので、還元率が高くなくても、場面を選ぶ必要なくポイントを貯めることができます。また、UCSゴールドカードでは支払いごとの還元でなく、端数の切り捨てが1回だけというメリットもあります。

2:公共料金の支払い

UCSゴールドカードは公共料金の支払いにも利用でき、0.5%の還元率でポイントを貯めることができます。公共料金は毎月支払いがあり、ある程度のまとまった金額となるため、0.5%の還元率でもポイントを効率良く貯めることができます。

また、対象加盟店の支払いにUCSゴールドカード払いを新規登録するとボーナスポイントがもらえます。ただし、これはキャンペーンのため、期間によって終了することがあります。

3:ネットショッピング

UCSゴールドカードがあれば、ポイントアップサイトのぽいん貯モールを経由してネットショッピングをすることで、ポイント還元率を上げることができます。

通常のポイント還元率は0.5%ですが、最大でその30倍までポイント還元率が上がることがあります。ぽいん貯モールを経由しても、楽天市場やYahoo!ショッピングなどで買い物ができるため、欲しい物がないなどと困ることも少ないです。

高還元率のお得なカード活用法をチェックしよう

高還元率のお得なカード活用法をチェックしよう

クレジットカードにはいろいろな種類があり、それぞれ持っている特徴が違います。その特徴には年会費や特典、還元率などがあります。

これらはカードに申し込みをする前に把握しておく必要があります。特に、還元率はUCSゴールドカードのように、利用する場面を選ぶことで還元率を上げることができる物もあります。

なので、クレジットカードを選ぶ際には自分にとって使いやすいカードであるか、慎重に判断するようにしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

クレジットカードには多くの種類があり、それぞれ特徴が違います。その特徴には年会費や特典、還元率などがあります。

これらは把握していないと、せっかくの得を取り逃がしてしまう可能性があります。なので、カードの特徴は申し込みをする前に把握しておくようにしましょう。

関連記事

最新の記事