Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月05日

紀ノ国屋カードの返済利息の計算方法4つ|基礎知識5つ

今回は「紀ノ国屋カードの返済利息の計算方法4つ|基礎知識5つ」と題して、「紀ノ国屋カードの返済利息の計算方法4つ|基礎知識5つ」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「紀ノ国屋カードの返済利息の詳細な計算方法」についてご紹介します。

紀ノ国屋カードの利息の返済方法

今回は「紀ノ国屋カードの利息の返済方法」についてご紹介し、どのような返済システム・利息の把握が大切かということについてご紹介します。紀ノ国屋カードというのは株式会社紀ノ國屋から発行されたクレジットカードとして利用され、特に加盟店でのクレジットカード利用時にはさまざまな付帯特典が期待できます。

まずは基本的な返済方法・利息システムをしっかり把握しておきましょう。この返済・利息システムは簡単です。

紀ノ国屋カードの返済利息の計算方法4つ

先述では紀ノ国屋カードの基本的な情報についてご紹介しましたが、クレジットカードを利用する際は必ず「自分に見合った返済方法・利息システム」の把握が大切で、そのクレジットカードが本当に自分にとってのニーズを満たすかどうかを確認することが必須となります。

紀ノ国屋カードを利用する際は先述のように、特に国内加盟店でのカード利用によって返済・利息の特典が変わり、事前確認をすることがとても大切です。

1:ショッピング(分割払い)

紀ノ国屋カードの返済利息の計算方法4つ|基礎知識5つ

紀ノ国屋カードを利用する際の「ショッピング(分割払い)時」に課される返済方法・利息のご紹介です。

このショッピング(分割返済)というのは基本的に「毎月の借入残高に比例する形で返済期日を設定しますが、その利息率も変動的に利息返済する」という形になり、顧客にとってはやや留意するべき返済方法となります。

その場合の利息の組み立ても返済期間によって変わってくるため、事前の確認が必要になります。

1:実質年率

紀ノ国屋カードの場合の実質年率は常に「手数料」という形で振り分けられており、その編率(利息率)は「12.2%~14.9%」となります。月ごとの利息としては「1.26%」からとなり、これらの利息率に沿う形で返済が行われていくことになります。

この利息と返済の方法は主に「リボルビング返済」によって得られる返済方法となるため、他のクレジットカードを利用する際でも同じ返済方法・利息システムが取られます。

2:利息の計算方法

実質年率(利息率)を踏まえた上での「利息の計算方法」についてのご紹介です。「10万円を10回返済で完済するプラン」を立てた場合(利息が14.5%の場合)、まず手数料が「6,800円=利用金額100,000円÷100円×6.8円」となり、毎月の返済金額は「106,800円=100,000円+手数料6,800円」となります。

このように、利息によって大きく返済額が変わるため、必ず事前に確認しましょう。

2:ショッピング(リボ払い)

紀ノ国屋カードの返済利息の計算方法4つ|基礎知識5つ

次は「ショッピング(リボ払い)」を利用する際に見られる「利息返済の計算方法・実質年率」などのご紹介をします。

この紀ノ国屋カードというのは基本的に「紀ノ国屋から発行されるカード」利用となるため、他の銀行系カードローンの場合と同じく「ポイント制付帯特典の多い類カードの種類」に含まれ、全国の加盟店での利用が可能となります。

紀ノ国屋カードを利用する際には特に「手数料/利息率」に配慮しましょう。

1:実質年率

紀ノ国屋カードを利用する際の実質年率は「15.0%」となり、これは他のクレジットカードやVISAカードを利用する際に比べてやや低い利息率となるでしょう。この利息率に合わせる形で実際の元金・利息返済時の計算内容が決まってくるため、この実質年率(利息)を把握することはとても大切です。

利用限度額は「1円~10万円まで」となり、通常のクレジットカード利用時とはその内実が違ってきます。

2:利息の計算方法

紀ノ国屋カード利用時に課される実質年率(利息率)を加味した上での「利息の計算方法」のご紹介です。まず「1,750円=お支払額3,000円-手数料1,250円」という計算の土台はそのまま使用され、特に返済遅延などを起こさない限りは通常の利息の算出システムによって利息が算出されます。

弁済金が「3,000円」となるため、返済遅延をしないよう配慮しながら、「定率リボルビング方式による算出」となります。

3:キャッシング(分割払い)

紀ノ国屋カードの返済利息の計算方法4つ|基礎知識5つ

次は「キャッシング(分割返済)」での利息・返済方法についてのご紹介です。この場合も先述の返済方法と同じになります。まず紀ノ国屋カード側が取る手数料が換算され、その上でその手数料と合わせる形で毎月の返済金額が算出される形になります。

この場合は紀ノ国屋カード公式ページにアクセスし、そこで必要情報を入力するとシミュレーションできます。返済期間、利用金額、手数料、返済回数などを入力します。

1:実質年率

さて「キャッシング(分割返済)」での利息に関わる実質年率のご紹介です。この実質年率(利息率)を算出する際に必要な情報はまず「返済期限」と「利用限度額」の設定で、それによって手数料が算出されることになります。その手数料を基に実質年率を合わせた返済金額が決まります。

この場合の実質年率も「15.0%」となり、これは基本的に「10回払いで10万円を借りた場合の利息率」となります。

2:利息の計算方法

次は先述の内容をもって紀ノ国屋カード利用時の「キャッシング(分割返済)」時に課される利息の計算方法のご紹介です。

たとえば借入金10万円の商品を支払回数10回の返済で完済する場合(実質年率15.0%の場合)、まず手数料が100,000円×15.0%=15,000円となり、完済額は「10,518円(初回)+10,700円×8(第2~9回)+15,000円(最終回)=111,118円」となります。

4:キャッシング(リボ払い)

紀ノ国屋カードの返済利息の計算方法4つ|基礎知識5つ

紀ノ国屋カード利用時に「キャッシング(リボ払い)」を選択した場合の利息・返済方法(その計算方法)についてのご紹介です。この場合も先述の場合と同じく、利息を算出する際に取られる計算方法がその土台となっており、その計算の上で「実際に顧客が返済する全額」が求められます。

リボ払いの特徴を含めた上で、キャッシング独自の返済方法が算出されることになるため、この場合は特に利息の内訳を把握しましょう。

1:実質年率

まずキャッシング(リボ払い)時に掛かる実質年率ですが、これは先述と同じく「15.0%」となります。その上で返済期日、借入金額、手数料の算出を基に全額の返済金額が割り出される形となり、顧客にとっての返済ペース配分を考慮した上での返済となります。

リボ返済の場合は一括返済の場合と比べて「顧客が資金調達する余裕」が認められるため、それほど大変な返済プランとはならないでしょう。

2:利息の計算方法

前述の実質年率を踏まえた上で、その具体的な利息・返済の計算方法は「借入金額×融資利率(年利)×ご利用日数÷365日(うるう年は366日)」という形になり、この計算方法を基にして返済期日を厳守する形での完済となります。

特にこの場合は利息の確認と返済期限の確認が必要となり、顧客側としては「その期日で確実に完済できる」という着実な返済プランを立てておくことが必須となるでしょう。

紀ノ国屋カードの返済利息の基礎知識5つ

紀ノ国屋カードの返済利息の計算方法4つ|基礎知識5つ

さて、先述では紀ノ国屋カードを利用する際に課される「利息・返済方法に関する計算方式」などについてご紹介しましたが、ここからは「紀ノ国屋カードの返済利息の基礎知識4つ」と題して、紀ノ国屋カードを利用する際に必ず知っておくと便利な基礎知識についてご紹介していきます。

この基礎知識というのは他のクレジットカードを利用する際でも十分通用する知識となるため、ぜひ確認して覚えておきましょう。

1:返済利息の確認方法

紀ノ国屋カードの返済利息の計算方法4つ|基礎知識5つ

紀ノ国屋カードのクレジット利用をする上で「返済利息の確認」を行なう場合、紀ノ国屋カード公式サイトにアクセスし、そこで掲載されている「紀ノ国屋カード独自システムによる利息返済方式・手順」などを確認しておくことが大切です。

紀ノ国屋カードは他の消費者金融の中でも特に「顧客ペースに配慮した利息返済システム」が採られ、その情報確認をする際でも「自分にとってお得な方式」を選びましょう。

2:返済利息が増加する原因

紀ノ国屋カードの返済利息の計算方法4つ|基礎知識5つ

次に、紀ノ国屋カードを利用する際に「なぜ返済するべき利息の額が増えるのか」についてのご紹介ですが、この紀ノ国屋カードを利用する以外のクレジット利用時にも普通に見られる「返済期間の延長」が主な要因となります。

返済期間を延ばせば延ばす程に「利息を支払う金額が加算されていく」というシステムとなるため、その利息の加算を少しでも抑えるためには「早期の返済・完済」を心掛けることが大切です。

3:利息のみ返済する方法

紀ノ国屋カードの返済利息の計算方法4つ|基礎知識5つ

次に、紀ノ国屋カード利用時に「利息のみ返済できるのかどうか」についての確認ですが、これは普通に可能です。

これはどのクレジットカード・カードローン利用時にでも言えることですが、主に「利息を返済すること」というのはカード社側にとっては利益になるため、その返済システムへの配慮は当然なされることになります。いわゆる「スキップ」と言われる「元金をそのままにした利息返済」となります。

4:繰り上げ返済の可否

紀ノ国屋カードの返済利息の計算方法4つ|基礎知識5つ

いわゆるこの「繰り上げ返済」というのは、返済すべき金額を資金調達の都合にしたがって、その前月に翌月分の返済金額を支払うといった方式になります。

紀ノ国屋カードを利用する場合でもこの「繰り上げ返済」が認められますが、この場合には必ずその繰り上げ返済をする旨について事前連絡しておき、その返済額もその際に伝えておく必要があります。

5:返済が延滞したときの利息

紀ノ国屋カードの返済利息の計算方法4つ|基礎知識5つ

まず「返済損害金」と言われるペナルティが課されることになるこの「返済遅延」ですが、この場合は紀ノ国屋カードを利用する場合の遅延損害金は「20%」です。

この場合の返済遅延に掛かる実質年率(利息率)は破格にアップするため、たとえば「15%で済む利息が20.0%まではね上がる」といった事態になることがあります。

このように返済遅延をすると損害しかないため、必ず返済遅延には注意しましょう。

紀ノ国屋カードの返済利息を理解しよう

紀ノ国屋カードの返済利息の計算方法4つ|基礎知識5つ

今回は「紀ノ国屋カード利用時の利息返済方法・計算方法」についてご紹介しました。紀ノ国屋カードの利用に限らず、すべてのクレジットカードを利用する際でもまず「そのクレジットカードが自分のニーズに本当に適しているかどうか」を確認しておくことが大切で、その上で有効なカード利用をしましょう。

その際にはまず返済方法・利息システムなどを確認し、余裕をもってクレジット利用できる工夫をしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

紀ノ国屋カードの返済利息の計算方法4つ|基礎知識5つ

先述では「紀ノ国屋カードを利用するための基礎知識」として、その利息・返済方法のシステムをできるだけ詳細にご紹介してきました。この利息返済の計算方法をまず事前に確認しておき、どの場合でも自分にとってゆとりを持ったクレジット利用を想定しておくことが大切です。

もしそれで無理なようであれば他のクレジットカード情報を確認し、自分にとって最適のカードを探してみましょう。

関連記事

最新の記事