Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月08日

クレジットカードの審査とは?|クレジットカード審査難易度5選

多くの人が1枚はクレジットカードを持っています。そのクレジットカードを利用するためには審査を受けて、その審査に通る必要があります。また、審査基準や難易度はクレジットカードの種類によって変わるため、自分に適したカードを選ぶ必要があります。

クレジットカードの審査とは?

クレジットカードの審査とは?|クレジットカード審査難易度5選

クレジットカードにはいろいろな種類があり、それぞれ特徴が異なります。なので、クレジットカードは自分に合った物を選ぶ必要があります。

ですが、クレジットカードを利用するためには審査を受けて、その審査に通る必要があります。また、審査基準や難易度はクレジットカードの種類によって変わります。なので、クレジットカードの審査を受ける前に、そのカードのことを知る必要もあります。

クレジットカード審査難易度5選

クレジットカードの審査とは?|クレジットカード審査難易度5選

上記で述べた通り、クレジットカードは種類によって審査の難易度が変わります。それは、これから発行しようとするクレジットカードが消費者金融系や銀行系、信販系などの種類や、審査を行うカード会社などによって変わります。

また、同じ種類のクレジットカードでもスタンダードカードよりもゴールドカードやブラックカードなどのようなステータスが上位のカードになるほど審査の難易度が上がります。

ステータス

クレジットカードの審査とは?|クレジットカード審査難易度5選

クレジットカードはその人の信用性を表すことがあります。それはクレジットカードの種類によって、審査の難易度が違うため、厳しい審査に通っている人ほどそれだけ信用ができるためです。

先に述べた通り、クレジットカードには同じ種類のカードであっても、審査に比較的に通りやすいスタンダートカードや、審査の厳しいゴールドブラックカードなどがあります。上位カードになるほど審査が厳しくなり、ステータスは上がります。

年会費無料

クレジットカードを利用するためには年会費が必要になります。年会費はクレジットカードによって異なります。ですが、中には年会費が完全に無料のクレジットカードもあります。

このようなタイプのクレジットカードは、関連するサービスを利用してもらうために発行されることが多いです。

そのため、できるだけその関連サービスを利用してもらうために審査も優しくして、多くの人に持ってもらうことが目的であることも多いです。

普通

クレジットカードには多くの種類がありますが、多くの人が持つのはスタンダートカードです。審査には審査基準が設定されてはいますが、それほど厳しい条件が求められることは少ないです。

スタンダードカードではクレジットカード機能だけでなく、そのクレジットカードの持つ特典が目的で審査を受ける人もいます。スタンダードカードにも年会費が無料の物はありますが、利用条件などを満たさないといけない場合もあります。

ゴールド

上位カードとして代表的なクレジットカードがゴールドカードです。ゴールドカードの審査はスタンダートカードの審査よりも厳しくなります。また、年会費もスタンダードカードよりも高くなることが多いです。

しかし、審査が厳しく、年会費が高くなる分、それだけ得られる特典もスタンダードカードよりも多くなります。ですが、クレジットカードの利用実績と一定の収入があれば審査に通ることができます。

プラチナ

ゴールドカードのさらに上位カードとしてプラチナカードがあります。プラチナカードになると審査の難易度が一気に高くなります。

プラチナカードでも種類によって審査の難易度は変わりますが、基本的に高い返済能力と信用性を求められます。そのため、これまでのクレジットカードの利用実績や、収入などが重要視されます。

また、プラチナカードのクラスになるとインビテーションがないと審査の申し込みすらできないこともあります。

ブラック

クレジットカードの最上位カードとしてブラックカードがあり、プラチナカードよりも高い返済能力と信用性が重視されます。特に信用性が非常に重要視されるので、これまでの利用実績や信用情報などは厳しく確認されます。

また、ブラックカードになるとインビテーションがないと基本的には審査を受けることもできません。しかし、信用性が重視されるので、意外と思っているよりも低い年収でもインビテーションが届くこともあります。

おすすめは普通カード

クレジットカードにはスタンダードカードよりも上位になるゴールドカードやブラックカードなどがあります。上位カードを持つとステータスは高くなりますが、それだけ厳しい審査を受けたり、高い年会費を払ったりなどする必要があります。

なので、多くの人はスタンダードカードを持っています。スタンダードカードでも十分な信用性を確保することはできます。また、年会費も条件を満たすことで無料となる物が多いです。

無職の場合は審査に通るのか

クレジットカードの審査では基本的に返済能力と信用性が確認されます。なので、無職の場合は返済能力も信用性も低く判断されてしまうことが多いため、基本的に審査に通ることが難しいです。

ただ、クレジットカードの種類によっては、配偶者の収入が審査の対象となる場合もがあります。なので、無職ではなく、専業主婦のような無収入の人であれば審査に通れる場合もあります。

大学生の場合は審査通るのか

クレジットカードの審査とは?|クレジットカード審査難易度5選

大学生の場合は社会人のように仕事をして給料をもらっていません。そのため、返済能力が低く判断され、審査に通れないと思っている人もいます。

しかし、スタンダードカードの審査であれば返済能力は安定した収入の有無で判断され、収入の額はあまり重視されないことが多いです。

安定した収入とは定期的にある程度の決まった額の収入があることを指します。そのため、アルバイトの収入でも安定した収入と判断されることがあります。

フリーター・契約社員の場合は審査通るのか

スタンダードカードであれば安定した収入と一定の信用性があれば審査に通ることができます。そのため、フリーターや契約社員であっても十分にクレジットカードの審査に通れます。条件によってはゴールドカードの審査を通ることも可能性です。

ただし、あまりにも収入が少ない場合は返済能力が不足していると判断されてしまうこともあります。また、返済能力があっても、信用性などの別の要素で審査落ちする可能性もあります。

クレジットカード審査方法

クレジットカードの審査とは?|クレジットカード審査難易度5選

クレジットカードを利用するためには審査を受けて、その審査に通る必要があります。審査はクレジットカードによって内容や流れは変わります。また、上位カードになるほど審査は厳しくなります。

しかし、どのクレジットカードであっても、基本的な審査の内容や流れに大きな違いはなく、求められる条件が厳しくなるだけということも多いです。

審査の流れは?

審査の大まかな流れとしては、審査の申し込みをすると書類などで自分の情報を提出することになります。その情報には勤務先や年収などがあり、それらの情報から審査が行われます。

また、その審査では申告のあった勤務先に、実際に勤めているかを確認するための在籍確認が行われることもあります。また、人によっては収入証明書などの提出を求められることもあります。審査に無事に通れば契約の手続きが進み、カードが発行されます。

審査内容とは?

クレジットカードの審査とは?|クレジットカード審査難易度5選

先に述べた通り、クレジットカードの審査では返済能力と信用性が重視されます。返済能力は安定した収入の有無で判断されるので、在籍確認や年収などによって確認されます。

信用性は主に信用情報機関の記録を確認されることになります。信用情報機関では個人のお金に関することが記録されています。そのため、信用情報に返済の長期延滞や、金融事故などの記録があると信用性を落としてしまい、審査に通れなくなってしまいます。

審査時の連絡方法

審査がスムーズに進めば、審査結果は電話やメールなどで通知されます。クレジットカードによっては審査結果の通知がなく、審査に通っていればいきなりカードや契約書類が送られてくることもあります。

また、審査途中で内容確認のやりとりが発生した場合も、電話やメールでやりとりをすることになります。今ではアプリから審査の申し込みができる物もあるので、そのような場合はアプリから通知されることもあります。

土日の審査

多くの会社は土日が休みです。なので、審査を行うカード会社も土日が休日となるため、その間は作業が止まってしまうことがあります。

しかし、中には土日も審査が進むクレジットカードもあります。なので、土日も審査が進むかどうかは事前に調べておきましょう。

ただし、審査が24時間進むところは少なく、夕方や夜には作業は止まることが多いので申し込む時間帯によっては作業は翌日からとなってしまうこともあります。

必要な物

クレジットカードの審査とは?|クレジットカード審査難易度5選

先に述べた通り、審査に申し込みをするときには書類などで自分の情報を提出することになります。ネットから申し込みをする場合にも自分の情報をネットを通して提出することになります。

審査では自分の情報以外にも、条件や状況などによって提出を求められる物があります。提出を求められる可能性のある物は事前に用意しておくと、スムーズに審査を進めることができます。

申し込み時

申し込み時に自分の情報と一緒に提出を求められる物の定番としては本人確認書類があります。本人確認書類には運転免許証や保険証などがあります。

本人確認書類は申し込み者の身分が確認できれば良いのでマイナンバーカードやパスポートで代用できることもあります。もし、日本国籍でない人の場合は外国人登録証の提出を求められることもあります。

審査中

審査の途中でカード会社から審査の合否の判断が難しいと思われた場合には、さらに情報を確認するために収入証明書などを確認されることもあります。稀なケースですが、申告のあった住所を確認するために公共料金の領収書などの提出を求められることもあります。

また、クレジットカードには18歳から申し込める物あります。なので、もし申し込み者が未成年の場合には、保護者の同意が必要になります。

審査後

審査に無事に通ることができれば契約の手続きに進むことができます。たいていはカード会社から契約書類が送られてくるので、必要事項を記入して返送することになります。

その際に、引き落とし口座の銀行印などのお金をやりとりするために必要な物の提出を求められる場合があります。

審査の手順はクレジットカードや申し込み者の条件などによって変わるため、本人確認書類などが審査後に求められることもあります。

審査で重要なポイント

クレジットカードの審査とは?|クレジットカード審査難易度5選

クレジットカードは種類によって審査基準が変わります。しかし、スタンダードカードでも、上位カードであっても、審査で重要となるポイントは変わりません。

なので、審査に申し込む前に審査基準のポイントを抑えて、審査落ちしてしまうような要素を少しでも減らしておくことが審査に通るコツとなります。

返済能力

先に述べた通り、クレジットカードの審査では返済能力が重視されます。ただし、返済能力は単純に収入の額で判断されるのではなく、安定した収入が求められます。

なので、転職などで急に高収入を得るようになったばかり人よりも、長年同じ会社に勤めている人の方が審査に通りやすい場合もあります。

しかし、プラチナカードやブラックカードのような上位カードの場合は収入もある程度ないと審査に通ることができません。

個人情報

返済能力と同様に、信用性も審査では重要視されます。信用性は個人情報機関の記録を確認されます。なので、信用情報に傷があると信用性を落としてしまうことになるので審査に不利となってしまいます。

信用情報の傷となる記録は返済の長期延滞や金融事故だけでなく、強制解約や複数社の審査落ちなども審査で信用を落としてしまう原因となってしまいます。

本人確認

申し込みの際には本人確認書類の提出が求められることがあります。また、申し込みをした後に、審査をする会社から申し込みの受付確認のために電話がかかってくることもあります。

これらはクレジットカードの不正利用を防止するために行われます。ただ、求められた行動に合わせるだけなので問題になることは少ないですが、本人確認の電話に出なかったり、速やかに本人確認書類を提出しないと信用を落としてしまう可能性はあります。

在籍確認

クレジットカードの審査の申し込みをすると本人確認のためにカード会社から電話がかかってくることがあります。また、電話でやりとりをするのはそのときだけでなく、審査中にも電話でやりとりをすることがあります。それが在籍確認です。

在籍確認とは、申し込みの際に申告された勤務先に、実際に勤めているのか電話で確認されます。在籍確認の電話は審査とわからないように社名を名乗らないなどの配慮がされることが多いです。

固定電話番号

クレジットカードの審査とは?|クレジットカード審査難易度5選

先に述べた通り、申し込みをすれば本人確認のためにカード会社から電話がかかってくることがあります。これはクレジットカードの不正利用を防止するため意味もありますが、申告された連絡先が実際に繋がるかの確認の意味もあります。

そのため、申し込みの際に携帯電話と固定電話の両方の番号があった場合には固定電話の方を優先して電話をかけてこられることが多いです。

固定電話番号があれば自宅があることの証明に繋がる

申し込みの情報に固定電話の番号があった場合にはその電話番号を優先して使われます。固定電話で申し込み者と繋がれば自宅があることの証明になります。

ですが、自宅に電話すると別の家族が出る可能性があるので、自宅への電話は避けてほしいという人もいます。そのような人は、申し込みの際にそのことを伝えると携帯電話の方に連絡してくれるように配慮してくれる場合もあります。

複数申し込み

クレジットカードの審査を受けたことのない人がやってしまいがちな失敗に、同時に複数社の審査を受けることがあります。これは、審査に落ちてしまうことを想定して、先に複数社に申し込んでおこうという考えです。

しかし、同時に複数社の審査を受けることで、よほどお金に困っていると勘違いされてしまう可能性があります。また、同時に複数社に申し込むことを申し込みブラックといって、信用性を落としてしまう要素にもなります。

審査に落ちる理由

クレジットカードの審査とは?|クレジットカード審査難易度5選

審査には審査基準があり、その審査基準を満たすことができなければ審査に落ちてしまうこともあります。審査に落ちてしまう理由は人によって違います。

しかし、どのようなクレジットカードの審査であっても、共通して注意しておくべきことがいくつかあります。審査に落ちてしまうような要素はできるだけ審査の申し込み前に減らしておく必要があります。

信用情報

先に述べた通り、審査では信用性を確認するために、信用情報機関の記録を確認されます。信用情報に傷があると著しく信用性を落としてしまうため、審査に通りにくくなってしまいます。

しかし、信用情報機関の記録はずっと残り続けるわけではありません。内容にもよりますが、信用情報機関の記録は5年から10年で消えるものが多いです。なので、信用情報に傷がある場合は、記録が消えるまで待つという方法もあります。

判断軸(CIC・JICC・KSC・スコアリング)

審査では信用情報機関の記録を確認されることになります。国内の信用情報機関は3つあり、CICの指定信用情報機関、JICCの日本信用情報機構、KSCの全国銀行個人信用情報センターです。

これらの信用情報機関の記録や、提出された情報を合わせて点数化します。その点数が審査基準を超えると審査に通ることができます。この情報を点数化することをスコアリングと呼びます。

借入額

クレジットカードの審査とは?|クレジットカード審査難易度5選

新しくクレジットカードの審査を受けるとき、すでに他社のクレジットカードの利用があるという人もいます。そのような人はその借り入れに対しても返済を行わないといけません。

そのため、新しいクレジットカードを利用することで返済能力が不足してしまうと判断されてしまうことがあります。

また、クレジットカードの種類によっては総量規制の対象となるため、年収の3分の1に近い借り入れがあると審査に通れません。

ローン残高

上記で述べた通り、借り入れがある場合にはその借り入れに対しても返済をしないといけません。これはローンであっても同様です。

毎月のローンの返済があるため、新しいクレジットカードを利用すると返済能力が不足してしまう可能性があると判断されてしまう場合があります。ローンや借り入れなどの返済をしても、返済能力にゆとりがあれば問題なく審査に通ることはできます。

延滞金

延滞金が発生しているということは返済が遅れているということです。特に、長期延滞であれば信用情報の傷となってしまうので、審査に不利となってしまいます。

また、単なる支払い忘れで延滞金もその都度で支払っていたとしても、返済期日を守らない人ということで信用性を落としてしまう可能性があります。

高いステータスのクレジットカードが欲しい場合

クレジットカードの審査とは?|クレジットカード審査難易度5選

クレジットカードはスタンダードカードがあれば十分という人は多いです。しかし、ゴールドカードやプラチナカードなどの上位カードが欲しいという人もいます。上位カードが欲しい場合には、単純に返済能力を高めるだけでなく、カード会社からの信用を得る必要があります。

クレヒスを(クレジットヒストリー)溜める

上位カードの審査を通るためには信用性を高める必要があります。信用性を高めるためには、信用情報に傷がないようにしないといけません。

また、すでに使っているカードの利用実績を積み重ねて、カード会社から優良顧客と判断してもらう必要があります。

カード会社から優良顧客と認められることで、インビテーションを受けることがあります。このインビテーションがないと上位カードの審査を受けることができないこともあります。

安定した収入

クレジットカードの審査とは?|クレジットカード審査難易度5選

審査では信用性だけでなく返済能力も重視されています。返済能力は安定した収入があることが重要となります。また、上位カードの場合はある程度の収入額も求められます。

なので、スタンダードカードであればアルバイトやパートなどの収入も安定した給料としては認められますが、収入額が求められる基準に達しないことが多いです。

住居年数

家やマンションなどを持っている人はローンで支払いをしていることが多いです。そのローンの支払いを滞ることなく数年以上続けていられるのであれば、信用性や返済能力があると判断されることがあります。

また、賃貸であっても同じ場所に数年以上住み続けていれば、生活が安定していると判断されて信用性が上がります。

更新時の審査ポイント

クレジットカードの審査とは?|クレジットカード審査難易度5選

クレジットカードの審査は申し込みをしたときだけ行われるわけではありません。定期的に審査が行われたり、限度額の増額審査などのタイミングなどで再び審査が行われることがあります。また、更新のタイミングでも再び審査が行われます。

滞納・遅延残高

更新のタイミングでは、これまでのクレジットカードの利用実績を主に確認されます。もし滞納や遅延などが多すぎる場合は信用性が下がってしまい、更新ができずに新しいカードがもらえないということもあります。また、上位カードから下のランクのカードに落ちてしまうということもあります。

会員条件

クレジットカードには20代限定のような利用条件に年齢が含まれている物があります。このようなクレジットカードの場合には更新時に利用条件から外れてしまうと、同じカードでの更新はできなくなってしまいます。ただし、同じクラスの別のカードに更新されることになります。

利用頻度

クレジットカードを契約したが、全く使わないという人もいます。そのような場合、カード会社は個人情報などを管理しないといけないため、費用やリスクだけが発生してしまうような状態となります。なので、更新などのタイミングで新しいカードを発行しないということもあります。

クレジットカードの審査をクリアしよう!

クレジットカードの審査とは?|クレジットカード審査難易度5選

クレジットカードにはいろいろな種類があり、それぞれ特徴が違います。また、審査基準もそれぞれです。なので、クレジットカードは無理に上位カードを求めるのではなく、自分に見合った物を選ようにしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

クレジットカードによって審査基準や難易度は違います。しかし、事前に今から申し込むクレジットカードの審査基準や難易度を調べることで対処できることもあります。事前対策によって審査落ちの可能性を減らすようにしましょう。

関連記事

最新の記事