Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月08日

ラグジュアリーカードとは|ラグジュアリーカードの審査基準5選

「ラグジュアリーカード」とは、どのようなものなのでしょうか。また、審査基準はどうなっているのでしょうか。このぺージでは、「ラグジュアリーカード」をテーマにして、特徴や審査基準、特典などについて、考察・ご紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。

ラグジュアリーカードとは

ラグジュアリーカードとは|ラグジュアリーカードの審査基準5選

クレジットカードには、さまざまな種類やタイプ、ランクが存在しています。数あるクレジットカードの中でも、最高ランクと言われているカードの1つが、「ラグジュアリーカード」です。

ラグジュアリーカードは、カードの素材が金属になっている点が最大の特徴となっており、見た目も高級感があります。また、クレジットカードとしてのステータスやランクも、大変高いと言えそうです。

ラグジュアリーカードは全部で3種類

ラグジュアリーカードとは|ラグジュアリーカードの審査基準5選

一言で「ラグジュアリーカード」と言っても、さまざまな種類が存在しています。ラグジュアリーカードは、大きくわけて3種類に分類できると言われており、以下のようになっています。

ラグジュアリーカードの各特徴について、以下で確認していきましょう。

TITANIUM CARD(チタンカード)

ラグジュアリーカードの種類の1つとして、「TITANIUM CARD(チタンカード)」という種類が存在しています。

3種類あると言われているラグジュアリーカードの中では、チタンカードが最もランクの低いカードだと言われています。

しかし、一般的なランクに当てはめれば、チタンカードでもブラックカードに相当するカードのため、チタンカードも大変ランクが高いカードだと言えそうです。

BLACK CARD(ブラックカード)

チタンカードよりもランクが高いラグジュアリーカードの1つとして、「BLACK CARD(ブラックカード)」が挙げられます。

ブラックカードは、ラグジュアリーカードの中では、2番目にランクが高いカードだと言われています。

ブラックカードは、一般的なクレジットカードのランクに当てはめて考えた場合も、チタンカードなどと同じブラックカード級のランクになると考えられそうです。

GOLD CARD(ゴールドカード)

3種類あるラグジュアリーカードの中で、最もランクが高いと言われているのが、「GOLD CARD(ゴールドカード)」です。

ラグジュアリーカードのゴールドカードもまた、一般的なランクにおいては、ブラックカード級だと言われています。

ゴールドカードは、自分で申込みをすることができず、招待制となっています。カード会社などから、招待された人のみが、ラグジュアリーカードのゴールドカードを持つことができるのです。

ラグジュアリーカードの審査基準5選

ラグジュアリーカードとは|ラグジュアリーカードの審査基準5選

上記で考察・ご紹介した情報から、ラグジュアリーカードは、見た目においてもランクにおいても、最高級にゴージャスなカードだと感じた方は多いでしょう。

見た目・ランクともに最高級のカードとされているラグジュアリーカードですが、発行したい場合、どのように審査されるのか、気になるところです。

そこで続いては、ラグジュアリーカードの審査基準について、考察してきます。

審査1:500万円以上の年収

ラグジュアリーカードは、ブラックカードのランクに相当するとされています。そのため審査でも、年収や返済能力が重視されます。

ラグジュアリーカードを発行したい場合は、審査で年収がどれくらいあるか、チェックされると言われています。

目安としては、年収500万円以上かどうか審査されるという見解もあるため、ある程度の年収や返済能力があると認められた人しか、ラグジュアリーカードは発行できないと言えそうです。

審査2:勤続年数が長い

クレジットカードを発行する際、無職だと返済能力がないと見なされ、審査に落ちる危険性があります。しかし、単純に就職していれば良いわけでもありません。ラグジュアリーカードの場合は特に、勤続年数に関しても審査するケースが多いと言われています。

ラグジュアリーカードの審査は、勤続年数が長い方が有利になります。勤続年数が長いと、今後も退職やリストラの危険性が低く、安定収入や返済能力の証拠になるためです。

審査3:知名度の高い会社に務めている

ラグジュアリーカードとは|ラグジュアリーカードの審査基準5選

上記で、ラグジュアリーカードの審査では、年収500万円以上かどうかが審査されると述べました。しかし実際には、年収700万円以上であることが望まれると言われています。

そのため、高給の可能性が高い、大手企業や知名度の高い企業に勤めている人の方が、ラグジュアリーカードの審査では、有利になると考えられそうです。

審査4:持ち家である

クレジットカードを発行する際、資産や財産を審査されることもあります。特にラグジュアリーカードの場合は、資産などをチェックされることも多く、持ち家であった方が有利になると考えられます。

また、持ち家も高級な方が、審査での評価が良くなると言われています。ですからラグジュアリーカードの審査を受ける場合は、資産や財産についても意識してみる必要がありそうです。

審査5:他社カードを問題なく利用し続けている

ラグジュアリーカードの審査において、特に重要視されるのが、問題なくクレジットカードを利用している人物かどうかという点です。

特に、過去の金融事故やクレジットカードの利用歴などは、審査の際に細かくチェックされる可能性もあります。他社のクレジットカードを、長年問題なく使い続けている方などは、審査においても高評価になる可能性がありそうです。

ラグジュアリーカードの特典

ラグジュアリーカードとは|ラグジュアリーカードの審査基準5選

上記では、ラグジュアリーカードの審査基準について考察しました。ラグジュアリーカードは、クレジットカードの中でも最高級と言えるポジションにあることから、審査内容も比較的厳しいと言えるでしょう。

そんな厳しい審査をクリアしてまでラグジュアリーカードを持つメリットがあるのかどうか、気になるところです。

そこで続いては、ラグジュアリーカードの特典やメリットについて、考察していきます。

ラグジュアリーカードコンシェルジュ

ラグジュアリーカードの特典の1つに、「ラグジュアリーカードコンシェルジュ」が挙げられます。「ラグジュアリーカードコンシェルジュ」は、24時間対応365日対応の相談窓口で、さまざまな相談や質問に対応してもらうことが可能です。

ラグジュアリーコンシェルジュで対応してもらえる問題などの事例としては、チケットの手配や贈り物の選定、レストランの選定や名門と呼ばれるゴルフ場の予約などが挙げられます。

プライオリティバスの年会費が無料!

世界中にある1000ヵ所以上のラウンジが利用できる「プライオリティパス」というサービスが存在していますが、ラグジュアリーカードの本会員と家族会員は、プライオリティパスを無料で取得することが可能です。

プライオリティパスは本来、高額な年会費を支払って得るものですが、ラグジュアリーカードを持っている人は、申込みをするだけで取得することができます。

航空機遅延保険も付いている

ラグジュアリーカードには、搭乗予定の航空機の出発が遅延した場合などに、補償を受けることができる、航空機遅延保険なども付帯しています。

搭乗する予定だった航空機が何らかの事情で遅延し、4時間以内に代替えの便を確保できなかった場合などが、補償の対象となっています。

頻繁に海外へ行く方や、航空機を利用する機会が多い方にとっては、大変心強い特典だと言えそうです。

グローバルラグジュアリーホテル優待

ラグジュアリーカードの特典の1つとして、グローバルラグジュアリーホテルでの優待が挙げられます。

一流ホテルの部屋がグレードアップする特典や、ラグジュアリーホテルにおける会員限定のテイスティングイベントとった特典がついているため、ラグジュアリーカードを持っていると、ホテルがより豪華かつ快適に利用できるようになると言えそうです。

ラグジュアリーカードを有効活用しよう

ラグジュアリーカードとは|ラグジュアリーカードの審査基準5選

いかがでしたでしょか?今回は、「ラグジュアリーカード」をテーマにして、特徴や種類、審査基準や特典などについて、考察・ご紹介しました。

ラグジュアリーカードは、見た目もランクも最高級と言える、ゴージャスなクレジットカードです。特典も大変充実しているため、上手く活用することで、旅行や出張などがより快適になると考えられます。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

今回は、ラグジュアリーカードについて、特徴などを考察・ご紹介しました。ラグジュアリーカードは、クレジットカードのランクとしては、ブラックカードに相当すると言われています。

ブラックカードとは、どのようなカードなのか理解しておくと、ラグジュアリーカードもより有効に活用できると予想できます。ですからぜひ、この機会にブラックカードについても学んでおくと良いでしょう。

関連記事

最新の記事