カードローン検索
Search

検索したいワードを入力してください

2018年09月26日

ルミネカードポイントの取得方法5つ|メリット5つ

Suicaや定期券、特急券を使っている方はルミネカードを一体化していますか。まだルミネカードを併用していない方には、ルミネカードのポイント取得についてご紹介します。ぜひ、ルミネカードを賢く利用してたくさんのポイントを貯めましょう。

ルミネカードとは

ルミネカードのポイントについて知りたい、ルミネカードのポイントを賢く利用したいなら、ルミネカードの仕組みを理解することがおすすめです。そこで今回は、お得に便利な機能ばかりのルミネカードについて、仕組みをご紹介していきます。

ルミネカードの年会費

ルミネカードは、全国各地のルミネやNEWoMan、ネット通販でお得な買い物ができるようになっています。いつでも5%オフが可能となり、定期券やSuicaと一緒に使うことでよりお得な特典を受けられます。ただし、ルミネカードの年会費が必要です。初年度は無料ですが、2年度からは953円かかる仕組みです。(2018年9月現在)

ルミネカードポイントの取得方法5つ

ルミネカードポイントの取得方法5つ

では、実際にルミネカードを使うことで割引を受けられて、ポイントが貯まっていくのかご紹介します。ルミネカードポイントの取得方法を知って、お得な特典を受けましよう。

方法1:切符・定期券・回数券

ルミネカードは、通勤や通学などで切符や定期券、回数券を購入することで「JRE POINT」が取得できます。お金を入れて切符を買わなくてもルミネカードに置き換えるだけで、どんどんポイントが貯まるのが特徴です。

普段どおりに改札口にピッと通すだけなので、どなたでも簡単にお使いいただけます。そのため、急いでいる朝の通勤や通学に便利な機能でしょう。

方法2:びゅう国内旅行商品

方法2:びゅう国内旅行商品

びゅう国内旅行商品とは、JR東日本やJR北海道で使える商品券のことを言います。例えば、乗車券や特急券・おトクなきっぷ・定期乗車券・国内旅行商品・海外旅行商品・ホテルの宿泊・鉄道やバスなどの船車券・団体ツアーなどの旅行券といった商品に使えるのが特徴です。もちろん、ルミネカードのポイントが取得でき、ポイントも貯まっていきます。

方法3:Suica定期券

ルミネカードには、Suicaの定期券を裏面に書き込みができる機能が付いています。例えば、行き先や運賃が印字されSuicaの定期券を購入するだけでポイントが3倍貯まります。

そのため、通勤や通学で定期券を使っている方々は、Suica定期券に変更するだけでより多くのポイントを得られるのでおすすめでしょう。ただし、Suica定期券はJR東日本のみどりの窓口、券売機で購入した物に限りますのでご注意ください。

方法4:ビューカードでのSuica入金

ビューカードのクレジット機能を使い、Suicaの入金やSuicaチャージ、切符・定期券を購入することで通常のポイントよりも、3倍のポイントが貯まります。そのため、ルミネカードを所有している方は、電車やバスに乗車する前にビューカードのクレジット機能を利用して、Suicaに運賃を入金しておくことがおすすめです。

方法5:オートチャージ

もし、ルミネカードの残金が不足している時は、JR東日本やJR北海道の券売機やみどりの窓口でオートチャージができます。オートチャージすることでより多くのポイントが取得可能です。

例えば、1000円入金すれば通常のところ5ポイントですが、オートチャージ機能を使うだけで、3倍のポイントとなり合計15ポイント貯まる仕組みです。このように、オートチャージ機能の方がおトクですので、ぜひ使ってみましょう。

ルミネカードのメリット5つ

ルミネカードのメリット5つ

これまでルミネカードのポイント取得方法をご紹介しましたが、次にルミネカードを使うことでどのようなメリットがあるのかご紹介します。

5つありますので、ぜひ参考にしてみてください。

メリット1:ルミネでの割引

全国各地のルミネやアイルミネでお買い物をすることで、割引特典を受けられるのが一番のメリットです。ただ単にお金を払うのではなく、お安い金額でユニクロや雑貨、スターバックスコーヒー、日用品が買えるのは、買い物をする人にとってお得になっています。

もちろん、5%オフはセールの期間中でも適用されますので、損することはありません。上手に組み合わせることで、より多くの割引を得られるでしょう。

メリット2:ルミネ商品券がもらえる

さらに、ルミネカードにはルミネ商品券をもらえるのもメリットです。ルミネ商品券を使えば、通常のお買い物よりもたくさん買うことができます。ただし、ルミネカードの年間の使用金額によって、もらえるルミネ商品券が違いますので、次の表を参考にしてみてください。

年間利用額(税込)ルミネ商品券
20~50万円未満1,000円
50~70万円未満2,000円
70~100万円未満3,000円
100万円以上5,000円

メリット3:Suicaと一体型

3つ目のメリットは、ルミネカードがSuicaと一体型にできることです。ただし、Suica以外のカードやクレジットカードでは利用できませんので、ご注意ください。

Suicaをお持ちの方はオートチャージ機能を使ってポイントアップさせたり、定期券や特急券を無くすことができます。このように、ルミネカードがあれば財布に余計な券を入れとくことはありません。

メリット4:Apple Payに対応

4つ目のメリットは、Apple Payに対応していることです。先程お伝えしたとおり、ルミネカードはSuicaの入金ができ、モバイルSuicaとSuicaアプリケーションで色々な事に役立ちます。電車やバス、船に乗ったり、iDとQUICPayの加盟店でお買い物できる仕組みです。

そのため、Apple Payをお持ちの方はルミネカードを取得するのがおすすめでしょう。もちろん、Apple Payはどなたにでも簡単に操作できるのも特徴です。

メリット5:ルミネスタイルが使える

メリット5:ルミネスタイルが使える

最後に、ルミネスタイルというルミネカード会員向けのサービスも受けられるのがメリットです。このルミネスタイルは、クラブオフというサービスに属し、特別優待価格で色々な施設をお得に利用できる仕組みです。

ただし、ルミネカードが指定する施設に限ります。例えば、国内宿泊や海外宿泊を希望の方は、ルミネスタイルのサービスを受けることで、宿泊料金が安くなりグルメやレジャーなどの他の用途にお金をかけることができます。

ルミネカードのポイントを賢く貯めよう

これまでルミネカードの仕組みをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。おトクにルミネポイントを受け取ることで、多くのポイントが貯められる事が分かります。ぜひ、賢く貯めて生活に役立ててください。

カードはポイントを貯めてお得に利用しよう

もちろんルミネカードは、サービスや特典内容を確認することが大切です。せっかく通常ポイントよりも3倍になる施設なのに、通常ポイントままではお得感が出ません。また、ルミネカードを持っていれば色々な施設で優待を受けられる福利厚生サービスがありますので、賢くポイントを貯めてお得に利用しましょう。

関連記事

最新の記事