Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月10日

カードローン借換のメリット・デメリットとは?おすすめ業者を紹介!

消費者金融でカードローンを申し込み、返済をしている方にとっては金利の高さは頭痛の種ではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、借り換えを行えば返済総額を効果的に抑えられる「カードローンの借り換え」です。そこで借り換えのメリット・デメリットをまとめました。

カードローンの借り換えとは

カードローン借換のメリット・デメリットとは?おすすめ業者を紹介!

カードローンの借り換えとはどういう意味でしょうか。カードローンを借り換えする、という言葉を説明すると、「より低金利なカードローンに乗り換えて、返済の負担を軽くすること」です。返済の負担が軽くなるのは大変うれしい事ですが、果たしてそのような事が可能なのでしょうか。

カードローンの借り換えは次のような順序で行われます。まず、債務者は借り換え先からお金を融資(貸出)されます。その融資されたお金を、債務者が本来の(元々の)借り入れ先に支払い、元々の借入先に対して返済を完了させます。その後は借り換え先に対して、日々返済額を返していくといった順序です。

カードローンの借り換えにはどのようなメリットがあるのでしょうか。この記事では簡単にメリットとデメリットの解説をしていきますので、是非参考にしてみてください。

「借り換え」と「おまとめ」の違い

本題に入る前に、よく混同されやすい「借り換え」と「おまとめ」の違いについて簡単に説明します。結論から言って、借り換えとおまとめの違いは、対象となる貸金契約の数が異なることです。

対象となる貸金契約が1社だけの場合は「借り換え」、複数の貸金契約を1社にまとめる場合は「おまとめ」、というように分類されます。例えば、金利の高い消費者金融カードローン1社から、低金利な銀行系カードローン1社に乗換えた場合は、「借り換え」です。また、3社の消費者金融カードローンを、低金利な銀行カードローン1社にまとめた場合は、「おまとめ」です。

混同しやすい言葉ですが、実はかなり意味の異なる言葉ですので、間違えないようにしましょう。

現在の金利が苦しい方は検討してみよう

カードローン借換のメリット・デメリットとは?おすすめ業者を紹介!

現在のカードローンの借入先の金利が高く、返済が厳しいという方に借り換えは大変有効な方法です。金利を抑える事ができれば、その分返済額や期間を軽減させる事ができます。もし、借入時に何等かの理由で金利の高いカードローン業者を選ばざるを得なかった場合は、この記事を参考にしてみてください。

カードローン借り換えのメリット・デメリット

カードローン借換のメリット・デメリットとは?おすすめ業者を紹介!

返済の負担を減らす事のできるカードローンの借り換えには、勿論良い事ばかりではなく、デメリットがあります。ここでは簡単にメリットとデメリットを説明しますので、検討の一助にしてください。

メリット

カードローン借換のメリット・デメリットとは?おすすめ業者を紹介!

カードローンの借り換えには、様々なメリットがあります。メリットは主に、元借り入れた先に返済せねばいけない額より抑える事ができるというものです。これらのメリットを参考に、返済の負担を軽減する有用な手段として活用しましょう。

利点1:利息を少なくできる

メリットの1点目は、「利息を少なくできる」です。これは単純に、現在利用している業者よりも金利が低い業者を選んで借り換えれば、支払うべき利息の総額が下がるというものです。利息は日々かかってくるので、借り換えを検討する上でとても大事な要素です。また、カードローンでは入会費や年会費は不要なので、金利が低くなればその分お得になります。

この大きなメリットを活かす為、借り換え先を選ぶ際には、今よりも金利が低い業者を選ぶのが必須です。

利点2:利便性の良いカードローンを選択できる

借入先を選ぶ際に注目していただきたい点でもあるのですが、利便性の良い業者を改めて選択できるというのがメリットであり、重要なポイントでもあります。利便性とは、「返済手段が多くある」「それぞれの返済手数料が低い」の2点に大きくわかれます。

返済手段が多いというのは、コンビニATMで返済できたり、口座引き落としができたりといった意味です。返済日は毎月必ずやってくるので、返済手段は数多く持っておいた方が都合が良いです。また、返済手数料が安いというのは、特にATMで返済を行う場合、かかる手数料は低い方が良いという意味です。手数料が毎回かかる業者を選んでしまうと、それらが積もれば大きな額にもなり、結果として返済を圧迫する事にもなりえます。

改めて借り換え先を選ぶ際は、こうした利便性を鑑みて選ぶようにしてみてください。

利点3:月々の返済額を減らすことが可能

借り換えを行うと、月々の返済額も軽減する事ができます。これは借り換え先の業者の設定によるものです。しかしここで注意が必要なのが、毎月の返済額は低くなり毎回の支払いが楽になっても、返済回数自体は多くなってしまう事です。返済回数が多くなると結果的に発生する利息や手数料も高くなってしまうので注意しましょう。

利点4:合計返済金額を減らすことが可能

上述したように、借り換えには利息を減らせるという大きなメリットがあります。これはつまり、合計返済金額を減らす事が可能という事です。特に消費者金融で元々借入を行っており、金利が高いという場合は、より金利の低い銀行系カードローンに借り換えを行うと効果的に返済額を減らすことができます。

デメリット

カードローン借換のメリット・デメリットとは?おすすめ業者を紹介!

大手銀行のカードローンのHPにも書かれているように、カードローンの借り換えをうまく活用することができれば、利息の削減、毎月の返済額の減少、利便性の向上など、利用者は大きなメリットを得ることができます。

しかし、そんなカードローンの借り換えにも、勿論デメリットがあります。カードローンを借り換えする上でのデメリットを下記にまとめましたのでご覧ください。

欠点1:再度審査を受けなければならない

先述したように、借り換えローンはお金を借り直しするものです。したがって、新規申し込み時よりも融資金額が大きくなる傾向があり、その分信用情報に与える影響も大きくなります。その為、頻繁に借り換えを行うのは難しくなります。理由は借り換えを行う審査が厳しくなってしまう為です。

そこで、借り換えする際に業者をしっかりと比較検討し、何度も借り換えする必要性を無くすことで、このデメリットを回避することができます。

欠点2:新規申し込み時よりも審査が厳しい

借り換え時の審査は残高も加味して行われる上、上述したように限度額も大きくなってしまう為に非常に厳しいものになります。このデメリットは、審査に比較的通りやすいものを選ぶ事で回避できますが、その場合は金利が高くなってしまったり、利便性が低くなってしまう可能性もあるので、慎重に検討が必要です。

欠点3:元のローンよりも利便性が悪くなるかも

借り換え先のカードローン会社を決める際に重視すべきポイントとして、「返済手段の多様さ」があります。借り換え先とは完済まで長く付き合うことになりますので、色々な返済手段に対応している方が何かと融通が効きます。

ATMなどを利用して返済を考えている場合は、自宅の近くや職場の近くにあるかどうかといった利便性も考慮して選ぶとよいでしょう。また、その返済にかかる手数料も重視するようにしてください。塵も積もれば山となる、の言葉通り、返済手数料は総額で結構な額になったりするものです。

借り換えてせっかく金利を低く下げても、手数料が嵩んでしまっては意味がありません。口座引き落としやATM手数料無料といったポイントも重視して、カードローンの借り換え先を選びましょう。

欠点4:カードローンを選ぶ手間がかかる

借り換えが可能なカードローンは非常に多岐にわたります。金利の低い銀行系に絞り、かつ利便性の良い業者に…と選択していっても、依然として多数の選択肢が残ってしまい、選ぶのが難しいと考えられます。そんな時は、サポートの手厚さ等も加味してカードローン業者を選ぶのが良いでしょう。

また、各業者の口コミを比較するのも効果的です。実際に借りた人の声を参考にしながら、業者を選定してください。

欠点5:おまとめローンの場合は返済期間に注意

借り換えやおまとめローンに利用できるカードローンの中には、毎月の返済額が非常に少ないものがあります。利用者からすれば一見メリットのように感じますが、これは返済期間が長期化するのとほぼ同義です。理由は、借入額が減少したわけではない為です。

返済期間が長期化すると、その分利息が結果的にかかってきてしまったり、返済手数料がかかって結果的に借り換えした意味がなくなってしまいます。こういった業者を選ぶ場合は、毎月の返済額が少ない場合は追加で返済を行うなどの対策が必要です。

欠点6:その他の注意事項

借り換えを担ってくれるカードローン業者は、大きく分けて消費者金融と銀行系と分かれます。これらのうち、消費者金融の借り換えローンは総量規制の例外となる為、返済専用になっているものがほとんどです。つまり、一度借り換えを行ってしまうと、追加融資を受けることができなくなってしまいます。

もし今後も借入の予定があるという方は、消費者金融の取り扱っている借り換えローンは避けておくほうが無難だと言えるでしょう。

借り換えにおすすめなカードローン7つ

カードローン借換のメリット・デメリットとは?おすすめ業者を紹介!

ここでは、特に金利が低く利便性が良い各銀行系カードローンで借り換えが可能な業者を紹介しています。借り換えを検討してえいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

業者1:みずほ銀行カードローン

みずほ銀行のカードローンは業界的に見て非常に低い金利です。審査が問題ないという方には、間違いなくおすすめの借り換え先です。さらに特徴として、みずほ銀行のカードローンの最大限度額が800万円と高いところがあります。

勿論、800万円もいきなり借入できるわけではありません。しかし高額の借り換えを検討する人にとって、非常に頼もしい業者です。

業者2:オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンのメリットは「提携ATM利用手数料が全て無料」「インターネット上で手続きを完了できる」という点にあります。特にオリックス銀行カードローンの提携先は非常に多く、その中にはコンビニ内の提携ATMも含まれています。コンビニ提携ATMは、利便性が高く営業時間も長いため、無料で活用できるメリットが非常に大きいでしょう。

業者3:じぶん銀行カードローン

カードローン借換のメリット・デメリットとは?おすすめ業者を紹介!

じぶん銀行カードローンへの借り換えの最大のメリットは、金利を抑えることができるという点です。特に、プロミスやSMBCモビット、アコムといった消費者金融からの借り入れをしている場合は効果が大きいです。銀行系は審査が厳しいと言われていますが、金利の安さを鑑みて挑戦してみるのも良いでしょう。

業者4:横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンへの借り換えのメリットは、借入限度額が1000万円までと高く、借り換え以外にも使えるところです。さらに、横浜銀行のATMネットワークを活用できます。

今後借入の予定がある方で、ATMで借入と返済を済ませたいという方は、ぜひ横浜銀行カードローンへの借り換えを検討してみましょう。

業者5:ソニー銀行カードローン

カードローン借換のメリット・デメリットとは?おすすめ業者を紹介!

ソニー銀行のカードローンの強みは、「低い金利」です。さらに、毎月の約定返済額が2,000円~となっているため、経済状況によって返済時の負担を調整できるのも魅力です。しかし、約定返済額が低額だと、返済期間が長期化するので注意が必要です。さらに、「利用できる提携ATM台数が非常に多く、利便性が良い」のもポイントです。

ソニーの保有する金融機関で安心です。もし利便性を重視するという方は、その他の銀行系カードローンと合わせて検討してみると良いでしょう。

業者6:住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローンは、プレミアムコースの場合非常に低い金利で借りられます(金利が8.99% ~ 14.79%)。借り換え先として非常に魅力的な銀行ですが、このプレミアムコースは誰でも申し込めるわけではありません。プレミアムコースは審査をパスする必要がある為です。また、住信SBIネット銀行では返済用の口座開設も条件となっています。

この2者の違いとして、金利以外に大きいのは借入限度額です。スタンダードコースに振り分けられない為には、スタンダードコースの限度額300万円を超える融資を受ける必要があり、つまり年収が非常に重要なファクターとなります。

仮に年収に自信があるという方は、住信SBIネット銀行を検討してみてください。

業者7:東京スター銀行おまとめローン

東京スター銀行は、おまとめローン(借り換えローン含む)を専門に扱う銀行として名高く、広告宣伝やPRを盛んに行っているおまとめローンの草分け的存在でもあります。利用者に対する利息も低く、利便性含めサービスも他銀行より優遇されているのが特徴です。

もし何でも良いからとにかく借り換えをしたい、という方は東京スター銀行から検討を始めれば間違いがないでしょう。

カードローンの借り換えはメリットが多い

カードローン借換のメリット・デメリットとは?おすすめ業者を紹介!

いかがでしたでしょうか。特に金利の高い消費者金融系カードローンから銀行系カードローンへの借り換えが、返済額軽減に有効な方法です。審査こそ改めてパスする必要があり、追加融資を受けられなくはなってしまいますが、返済に現在苦しんでいる方はぜひ検討してみてください。

借り換えた方がいい人と審査のコツ

カードローン借換のメリット・デメリットとは?おすすめ業者を紹介!

借り換えた方が良い人の特徴に、「借り換え元のカードローン金利が15%以上」「元契約が消費者金融カードローン」「提携ATMが少なく、手数料も有料」「毎月の返済額が高い」が挙げられます。借り換え先を銀行系カードローンにすれば、効果的に返済額を減額できます。

もしこれらの条件に当てはまっているという方は、各銀行系カードローンにあたってみてください。

選ぶポイントは金利&審査スピード!

カードローンを選ぶ中で金利と審査スピードはとても重要な指標になっています。なぜなら、金利はお金を借りることに対してのサービス料金を決める割合、審査スピードはどれくらい早く必要な額が受け取れるかということだからです。サービス料金は安い方が良いですし、必要な時に必要な額を受け取れなければ意味がありません。

銀行 vs 消費者金融

金利と審査スピードを説明するに当たって、知っておくべきことがあります。それは、銀行系カードローンと消費者金融系のカードローンの違いです。それぞれの特徴を下記にまとめました。

銀行系カードローンの特徴

  1. 金利幅の平均が約1%〜14.5%に設定されている。
  2. 融資まで数週間かかることが大半!

消費者金融系カードローンの特徴

  1. 金利幅の平均が3%〜18%に設定されている。
  2. 融資までのスピードが早く最短1分で振込が可能な消費者金融が存在!

以上のように銀行系は金利が安い分、審査が長いです。銀行は人、会社の信用を買って投資している、もしくは銀行の信用を売って資金を得て運用しています。ですので、銀行に預金しているお客様に対してお金を戻せないとなると銀行そのものの信用がなくなり、利用者がいなくなってしまいます。結果的に、融資をする場合は融資先の人がどれだけ信用あるのかを慎重に確認する必要が出てくるのです。これが審査が長い理由です。金利が安い理由としては、審査に通った人たちは信用があるので安心して融資できる点にあると言えます。

楽天銀行などの大手金融機関などが代表ですね。

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
不可 金利(1.9%~14.5%) 数営業日
Web完結 無利息期間 融資時間
あり なし 楽天銀行なら即時

一方で、消費者金融は審査スピードが早く、金利は高く設定されています。審査スピードが速いのは審査システムに理由があります。消費者金融では本審査の前にスコアリングシステムで仮審査を行うことがあります。仮審査をすれば審査を受ける資格があるのかどうかを最短1秒で判断できますので、消費者金融側では審査で重要な部分をピンポイントで人が行なっていきます。

アコムでは、最短で1時間後には借りることも可能なほど審査が早いのが特徴です。

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利息期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分

それでは金利の比較を見てみましょう。

銀行/消費者金融金利審査スピード
楽天銀行1.9%~14.5%申し込み時から数日間
三井住友銀行4.0%~14.5%最短翌営業日
三菱UFJ銀行1.8%~14.6%最短翌営業日
アコム3.0%~18.0%最短1分: 楽天銀行・ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方


楽天銀行: 0:10 〜 23:50の間に申し込み
ゆうちょ銀行: 9:00 〜 14:30に申し込み

最短30分: その他の口座
プロミス4.5%~17.8%最短1分: 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方

最短30分: その他の口座

ここで重要なのが、いつまでに融資を受ける必要があるのか?ということです。急いで融資を受ける必要がない場合は、金利が安い銀行系の方がお得です。

一方で、今すぐ必要!という方には消費者金融向けと言えます。金利は少し高くなってしまいますが融資までのスピードが優先となるので割り切りましょう。

関連記事

最新の記事