Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ|メリット5つ

今回は「高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ|メリット5つ」と題して、「高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ|メリット5つ」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「高速道路でクレジットカード」の特典についてご紹介します。

高速道路でクレジットカードが使えるのか

高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ|メリット5つ

現在、高速道路で使えるクレジットカードの種類は非常に増えてきています。特にVISAカード、JCBカード、マスターカードなどでもETC機能が搭載されているクレジットカードの種類は従来に比べて破格に増えていると言ってよいでしょう。

「JCBカード/NICOSカード/AMERICAN EXPRESSカード/Dinersカード」などが特に高速道路で使えるクレジットカードの種類として有名です。

高速道路での支払い方法

高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ|メリット5つ

ETC機能が搭載されているクレジットカードであれば、高速道路の料金所に設置されているETC機器にセンサー反応を利用してかざすだけでOKです。時折り「走りながらETC機能付きクレジットカードをかざす場合」が見られますが、それではセンサーがしっかり反応しない場合があるため、しっかり停車してかざすように心掛けておきましょう。

高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ

高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ|メリット5つ

さて、ここから「高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ」についてのご紹介をしていきます。高速道路でクレジットカードを使う場合はまず「現金とクレジットカードの併用はできないこと」、「支払い回数は一回のみであること」、「領収書はもらえないこと」を把握しておきましょう。

そして「ETC割引はされない点」と「カード会員本人が乗車していること」が原則となります。

注意点1:現金との併用はできない

高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ|メリット5つ

先述でご紹介しましたが、高速道路ではETC搭載のクレジットカード利用と現金の併用はできません。これはどの種類のクレジットカード(クレジットカードステータスを含め)の場合もできないため、あらかじめしっかり下調べしておきましょう。

注意点2:支払回数は一回払いのみ

高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ|メリット5つ

高速道路でクレジットカードを利用する場合は「その支払回数は一回払いのみ」となるため、つまり「分割払いで料金を支払うことはできない」となります。分割払いにしたい場合は「リボルビング支払いの形式」にクレジットカードの設定を変更しておくことが必要です。

注意点3:領収書が発行されない

高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ|メリット5つ

高速道路でクレジットカードを利用する場合はどんな場合でも「その料金支払い分の領収書は発行されない」という設定されています。この領収書の代わりに通常は「利用証明書」が発行されるため、こちらを領収書代わりにすることを覚えておきましょう。

高速道路で領収書が発行される支払い方法は「現金支払い」の場合だけです。

注意点4:カード名義本人の乗車が必要

高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ|メリット5つ

これは特に「車を運転する際には、その乗車・運転する人が自動車免許を持っていることが原則とされる」という一般的な基準と同じく、高速道路でクレジットカードを利用する場合は必ず「そのクレジットカードの所有者が同乗していることが決まりとされています。

この条件をクリアするためには「家族カード」を契約しておくことが必要で、家族カードの場合であれば家族全員が「クレジットカード所有者」として認められます。

注意点5:ETC割引の適用除外

高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ|メリット5つ

ETC割引というのは一般的に「ETC利用者に対して課される割引サービス」となり、この場合の「クレジットカード利用」ではその割引対象者に含まれることはありません。特にこの辺りの情報が混合して間違いやすい項目となりますが、割引を当てにしてトラベルを楽しむ場合も多いにあるため、しっかり下調べして押さえておきましょう。

しかし今後は、ECT付きクレジットカードの場合でも割引対象にされる傾向が見られています。

注意点6:期限切れだと料金所の通過が困難

高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ|メリット5つ

一般的に高速道路で支払い可能なクレジットカードの有効期限についてですが、これは期限切れでも残金が残っていれば稀に支払いが可能な場合があります。しかし、原則的には不可能となるため、その有効期限だけはしっかり事前に確認しておくことが大切です。

とにかくクレジットカードを使用する際には「残金」と「有効期限」の確認は必ずしておくべき必須項目となるため、その辺りの情報を確実に押さえておきましょう。

高速道路でクレジットカードを使うメリット5つ

高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ|メリット5つ

「高速道路でクレジットカードを使うメリット5つ」についてですが、これは主に「支払い面の特典」と「ポイント還元の特典」の2つに分けられます。高速道路で利用できるクレジットカードの利点はかなり多彩に認められているため、いろいろな場面で役立つクレジットカードの利用方法をしっかりインプットしておくことが大切です。

高速道路ならではのクレジットカードの流用法をマスターしておき、その魅力に迫ってみましょう。

メリット1:ETCつきクレカなら割引対象

高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ|メリット5つ

一般的に「ETC機能付きのクレジットカードの場合は割引対象」となるため、クレジットカードを購入する際にはこの「ETC機能付き」を選ぶことがおすすめされます。

特にクレジットカードを使用する場合のETC機能の特典は、「トラベル時のポイント還元率が高くなる」という特典があるため、この特典を有効活用することによって、それまでできなかった旅行もスムーズにできる可能性が増えてきます。

メリット2:料金所での支払いがスムーズ

高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ|メリット5つ

ETC機能付きのクレジットカードを使用する場合は、先述のように「料金所でクレジットカードをかざすだけでOK」となるため、そのまま通過できるくらいのスピードで支払いが完了します。

従来の場合はこのように「カードをかざす」などの所作が必要でしたが、現在のETC付きクレジットカードの場合は「そのまま携帯して通過するだけでもOK」なので、非常に便利な一品となります。

メリット3:ポイントが貯まる

高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ|メリット5つ

先述のように「トラベル時のポイント還元率が非常に高い」という点でこの「高速道路で使えるクレジットカードの特典」が大きく認められるため、クレジットカードを所有する際にはぜひ「ETC機能付きのカード」を購入しておくとよいでしょう。

この場合のポイント還元では、特に「マイルポイント還元」の場合と同じく「走れば走るほどポイント還元が高まる」という大きな魅力が付いて回ります。

メリット4:出納管理が簡単

高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ|メリット5つ

高速道路で使えるETC機能付きクレジットカードの場合は、そのカード1つでお金の出納をすべて管理してくれるため、一々手動で金銭管理する必要がなくなります。自動的に支払いを完了してくれるという大きな利点があるため、この場合でも「そのままクレジットカードを携帯して料金所を通過するスピード」と同じくらいに楽なものになるでしょう。

高速道路などの多忙な場所では、特にこの出納管理のスムーズが大切です。

メリット5:各種特典が受けられる

高速道路でクレジットカードを使う注意点6つ|メリット5つ

ETC付きのクレジットカードの場合であれば、先述してきました高速道路で活用できる特典ポイントとは別に、トラベル時で見られるあらゆる魅力的な特典を同時に受けることができます。

現金を用意する必要がないことや、料金所でストップする必要がないこと、割引が適用されることによる出費の軽減など、他にもいくらでもETC付きクレジットカードの利点があげられます。

高速道路ではクレジットカードを使おう

先述のように、「高速道路でクレジットカードによる料金支払い」を継続利用していくことによって、従来まで苦労していた渋滞や料金所でのトラブルなどを一切回避することができるようになります。

このように、現在のクレジットカードはさまざまな特典が付けられていることによって「非常にトラベル時の魅力的な特典」が多彩になるため、ぜひクレジットカードの利用を検討してみましょう。

ETCつきクレジットカードとは

従来のクレジットカードには「ETC機能」は付いていません。クレジットカードというのは「ショッピング時に活用できる唯一のキャッシュカード」として作られていたため、このような「ETC付き機能」によるトラベル時の特典までは付与されませんでした。

しかし、このショッピング時用に作られたクレジットカードに「ETC機能」が搭載されることによって、ショッピング時・トラベル時の両方の特典を活用できるようになります。

どこのカードローンを利用しようか悩んでる方に!

ここまで記事を読んんでも結局どこを利用しようかまだ悩んでいるあなたに編集部からのおすすめをご紹介します。大まかにどこを利用するかの判断基準は金利か審査スピードになるかと思いますので、この2つでおすすめを紹介していきます。

金利で選ぶなら楽天銀行

金利で選ぶなら楽天銀行がおすすめです。まずは金利の比較表を見てみましょう。

銀行/消費者金融金利
楽天銀行1.9%~14.5%
三井住友銀行4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行1.8%~14.6%
アコム3.0%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%

ご覧のように、楽天銀行の上限金利が一番安くなっています。借入金額にもよりますが、100万以下であれば14.5%が適応されます。

30日以内に返済できるという方

仮に、「30日以内で返済できてしまうよ」という方にはアコムがおすすめです。アコムは初回のお客様に限って無利息期間を設けています。なので30日間以内であれば金利が0%になります。

無利息期間はプロミスなどにもありますが、アコムは即日振込も対応しているので評価が上がっています。

審査スピードで選ぶならアコム!

アコムの審査スピードは最短30分です。プロミスも最短30分ですが、アコムの方が評価が高い理由としては即日振込がある点です。審査が通っても融資までの時間が長ければあまり意味がないと考えるからです。そこできになるのがアコムの振込までのスピードですが、インターネットからの申し込みの場合、最短1分でお振込が完了します。それではいつ申し込みしたら良いのでしょうか?下記をご覧ください。

金融機関曜日受付時間振込目安
楽天銀行の口座月曜 〜 日曜・祝日0:10 〜 23:50申し込み後、約1分
ゆうちょ銀行以外の銀行口座月曜 〜 金曜9:00 〜 14:30申し込み後、約1分

楽天銀行の口座をお持ちの方は基本的にはいつ申し込んでも約1分後には振込をしてもらえます。ゆうちょ銀行以外の口座をお持ちの方であれば、9:00 〜 14:30の間に申し込みをすれば1分後には振り込んでもらえる可能性があります。

ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方に関しては1分後に振込みされない可能性が高いです。ゆうちょ銀行の口座に対する振込実施目安は下記を参照してください。

曜日受付時間振込目安
月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 正午頃
9:00 〜 14:00 当日 17:00まで
14:00 〜 23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 正午頃

関連記事

最新の記事