Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6

皆さんこんにちは、今回は「VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6」と題して、「VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「VisaとMasterの徹底比較」とそれぞれの特典をご紹介します。

VisaとMasterのメリットとは

VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6

VisaとMasterのメリットですが、まずVisaカード・Masterカードともに三井住友カードとして発行されている有名なクレジットカードとなります。このVisaカードとMasterカードの利点はそれぞれに違っており、それらは用途において使い方・特典が違います。

このカードの他にもデビュープラスカード、クラシックカード、アミティエカードなどがあり、それぞれの用途をしっかり調べておくことが大切です。

国際ブランドとは

VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6

この場合の「国際ブランド」というのはいわゆる「Visaカード・Masterカードのクレジットカードステータス」のことを指しており、世界共通の認識によってそのカードの利用価値を判断する、1つの指標・基準として扱われます。

たとえばVisaカードでもMasterカードでも、それぞれの国際ブランドによって「空港ラウンジの無料使用」や海外旅行時の傷害補償などが付いてきます。

VisaとMasterの徹底比較6選

VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6

基本的にVisaカードとMasterカードのどちらを所有するかというのは、もちろん利用者が個別で決める範囲のものとなるため、それぞれの利用者の環境・状態によって変わります。

先述しましたように、国際ブランドがVisaカードとMasterカードそれぞれで違うため、その上でのクレジットカード利用によってはその後の特典幅が大きく変わってくることになります。この辺りの情報をしっかり下調べしておきましょう。

比較1:国内で使える店舗数

VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6

まず「国内で使える店舗数(加盟店)」の比較についてですが、これはVisaカードが1位となり、Masterカードは2位となります。Visaカードの場合は「世界各地での高確率で使用可能・Apple Payの利用に制限あり」となり、Masterカードの場合は「海外利用時の為替手数料が最安値になりやすい」という特典が付いてきます。

三井住友VISAクラシックカードやUCカードなどが一般的に使用されています。

比較2:海外での使用できるエリア

VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6

海外旅行時などに使用できるクレジットカードとしては、一般的には「Masterカードの方が利便性が良い」となります。

特にVisaカードの場合でもデュアル発行などによってこの海外旅行時のサポートをしっかりしてくれますが、そもそもMasterカードの方が率先して海外旅行時での資金サポートをしてきた実績があるため、海外では広範囲において使用されています。

比較3:Apple Payへの対応

VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6

一般的に「Apple Pay」というのは「iPhoneやApple Watchなどをかざすだけで全国の電車やバスに乗ったり、買物したりできる」というレジャー時の特典のことを意味します。このApple Payへの対応はVisaカードもMasterカードもどちらも対応しているため、利用者にとってはどちらのカードでも特典となるでしょう。

比較4:海外利用時の為替手数料

VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6

次に「海外利用時の為替手数料」についてですが、これはVISAカード・マスターカードともに「2~3%」となります。他にも「JCBカードの場合は3~4%」、「DinersClubの場合は4~5%」、「AMERICAN EXPRESSの場合は5%以上」などとあるため、Visaカード・Masterカードの手数料がいかに安いかということがよくわかります。

比較5:キャッシングへの対応

VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6

一般的にVisaカード・Masterカードのどちらを使用する場合でも、それぞれのカード利用ができるサインが付いている場合はどこでも利用することができ、その各地で自由にお金を引き下ろすことが可能となります。

海外旅行時に資金を調達・お金を引き下ろす場合、そのATMの検索は「Mastercard NearbyTMというアプリ」から検索することが可能です。

比較6:デュアル発行

VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6

この「デュアル発行」というのは三井住友カード独自のカード発行を指し、Visaカード・Masterカードを同時に発行することができる上で、その2枚目のクレジットカード年会費を割引することができるという、画期的なサービスが付加されます。

三井住友Visaカード(クラシックカード)の年会は一般的には「1,250円」になりますが、このデュアル発行を使うとその2枚目の年会費が「250円」まで割引されます。

Visa・MasterのおすすめTOP6

VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6

さて、先述ではVisaカード・Masterカードの両方についていろいろご紹介してきて、それぞれのカードの特典や魅力をご紹介しました。ここからは、さまざまなクレジットカード社によるVisaカード・Masterカードの特典と魅力をご紹介し、それぞれの特典・魅力によって得られる具体的なメリットを検討してみましょう。

いろいろな情報をしっかり下調べしておき、自分に見合ったカードを作りましょう。

第6位:REX CARD

VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6

まずこの「REX CARD」ですが、このREX CARDを利用する場合は「ポイント還元率が破格に良く、また海外旅行時の保険も付く」という、非常に便利なVisaカード・Masterカードの類に含まれます。

しかし、その審査基準が比較的高いハードルになっており、所得の安定性や金融トラブルをきちんと回避していることがまず求められることになります。

第5位:セディナカードJiyu!da!

VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6

次に「セディナカードJiyu!da」ですが、この場合はまず「海外旅行時の保険が付いていない」という欠点が見られます。しかし「審査難易度」は非常に緩いため、誰でもすぐに利用開始することが可能となるでしょう。

ポイント還元率は通常と変わらず、ショッピング時の特典としては他のクレジットカードの方が良い場合が見られるでしょう。JCBカードも国際ブランドとして得ることができます。

第4位:Yahoo! JAPANカード

VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6

次に「Yahoo! JAPANカード」ですが、この場合でも先述と同じく「海外旅行時の保険・補償が付いていない」という欠点がまる見られ、「ポイント還元率」もそこそこというデータが得られています。

その代わり審査基準はそのハードルが低いため、たいていの人は利用開始までにそれ程の苦労をすることがないでしょう。どのカードを選ぶかについては、このようにいろいろな項目から検証するとベターです。

第3位:楽天カード

VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6

次はクレジットカードとしても非常に有名な「楽天カード」です。この楽天カードの場合は「ポイント還元率」、「海外旅行時の保険」、「審査難易度」すべてが通常(一般的)のレベルで付いてくるため、とりあえず「オールマイティなクレジットカード」として利用することができるでしょう。

この楽天カードの場合はJCBカードも国際ブランドとして得ることができます。

第2位:P-one Wiz

VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6

次は「P-one Wiz」ですが、この場合は「海外旅行時の保険」がまず付いていないで、その他の基準は通常レベルとして認められます。比較的、カードを入手する期間が速いため、「すぐにVisaカード・Masterカード系のクレジットカードを得たい」と言う場合には、非常にお得なクレジットカードとして認められるでしょう。

第1位:リクルートカード

VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6

次に「リクルートカード」のご紹介ですが、このリクルートカードの魅力は何と言っても「すべてのレベルにおいて魅力的なオールマイティなクレジットカード」として認められるだけでなく、その「ポイント還元率」が非常に高いという点が特典となります。

また国際ブランドカードとしてJCBカードも作ることができ、他のどのクレジットカードよりもお得なカードとして使えるでしょう。

VisaとMasterを賢く使いこなそう

VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6

先述ではVisaカード・Masterカードについての特典やそれぞれの用途別の魅力などをご紹介してきましたが、VisaカードもMasterカードも、それぞれの利用者の環境や状態によってその魅力(特典)は変わってきます。

海外旅行時の特典としてはMasterカードの方が一枚上手であり、またクレジットカードそのものの魅力としてはVisaカードの方が上手になるでしょう。

VisaとMasterの審査基準

VisaとMasterの徹底比較6選|おすすめTOP6

VisaカードとMasterカードを入手する際に課される信用審査基準についてですが、基本的にクレジットカードを入手する際には「本人情報」をはじめとする審査(テスト)が必須となります。

この審査では「安定した所得」、「金融トラブルの有無」、「キャリア年数」、「返済能力の確約」などが必須の条件となるため、これらの条件をしっかり満たしておくことが大切になります。

どこのカードローンを利用しようか悩んでる方に!

ここまで記事を読んんでも結局どこを利用しようかまだ悩んでいるあなたに編集部からのおすすめをご紹介します。大まかにどこを利用するかの判断基準は金利か審査スピードになるかと思いますので、この2つでおすすめを紹介していきます。

金利で選ぶなら楽天銀行

金利で選ぶなら楽天銀行がおすすめです。まずは金利の比較表を見てみましょう。

銀行/消費者金融金利
楽天銀行1.9%~14.5%
三井住友銀行4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行1.8%~14.6%
アコム3.0%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%

ご覧のように、楽天銀行の上限金利が一番安くなっています。借入金額にもよりますが、100万以下であれば14.5%が適応されます。

30日以内に返済できるという方

仮に、「30日以内で返済できてしまうよ」という方にはアコムがおすすめです。アコムは初回のお客様に限って無利息期間を設けています。なので30日間以内であれば金利が0%になります。

無利息期間はプロミスなどにもありますが、アコムは即日振込も対応しているので評価が上がっています。

審査スピードで選ぶならアコム!

アコムの審査スピードは最短30分です。プロミスも最短30分ですが、アコムの方が評価が高い理由としては即日振込がある点です。審査が通っても融資までの時間が長ければあまり意味がないと考えるからです。そこできになるのがアコムの振込までのスピードですが、インターネットからの申し込みの場合、最短1分でお振込が完了します。それではいつ申し込みしたら良いのでしょうか?下記をご覧ください。

金融機関曜日受付時間振込目安
楽天銀行の口座月曜 〜 日曜・祝日0:10 〜 23:50申し込み後、約1分
ゆうちょ銀行以外の銀行口座月曜 〜 金曜9:00 〜 14:30申し込み後、約1分

楽天銀行の口座をお持ちの方は基本的にはいつ申し込んでも約1分後には振込をしてもらえます。ゆうちょ銀行以外の口座をお持ちの方であれば、9:00 〜 14:30の間に申し込みをすれば1分後には振り込んでもらえる可能性があります。

ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方に関しては1分後に振込みされない可能性が高いです。ゆうちょ銀行の口座に対する振込実施目安は下記を参照してください。

曜日受付時間振込目安
月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 正午頃
9:00 〜 14:00 当日 17:00まで
14:00 〜 23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 正午頃

関連記事

最新の記事