Search

検索したいワードを入力してください

2018年09月15日

クレジットカード国際7ブランドの特徴|デビットカードとの違い

クレジットカードには国際ブランドがあります。日本でお馴染みなのはJCBやVISA、Mastercardですがどんな違いがあるのかご存じでしょうか?この記事では国際7ブランドの特徴やデビットカードとの違いについて解説しますので、ぜひご覧ください

クレジットカードの国際ブランドと発行会社

クレジットカード国際7ブランドの特徴|デビットカードとの違い

クレジットカード選びのときによく聞く「国際ブランド」、「VISA」とか「Mastercard」とか「JCB」とか言われても何が違うのか分からないとなったことはありませんか。そもそも「国際ブランド」とクレジットカードを発行している会社は違います。この記事では、クレジットカードの7つの「国際ブランド」について解説します。

プロパーカードとは

クレジットカードの種類は「プロパーカード」と「提携カード」の2種類になっています。

・ブランドライセンスを発行していること
・クレジットカードを発行していること

プロパーカードと呼ばれる条件は以上の2点を満たしていること、なので「JCB」や「American Express」、「ダイナースクラブ」がプロパーカードにあたります。日本では見慣れた国際ブランドの名前がないことに気づかれたでしょうか。

提携カードとは

プロパーカードでなければ、そのクレジットカードは「提携カード」ということになります。プロパーカードは国際ブランド自らが審査、発行を行っているためその審査基準は厳しくステータスも高く見られます。

提携カードは、クレジットカードの発行会社が審査を行いカードを発行しています。国際ブランド(VISAやMastercard)は決済サービスとして提供されており、発行会社のサービスや特典などでクレジットカードの人気を高めているのが特徴でしょう。

クレジットカード国際7ブランドの特徴

クレジットカード国際7ブランドの特徴|デビットカードとの違い

ここでは有名な国際ブランド、7つの特徴について紹介していきます。日本人に馴染みがあるブランドからあまり馴染みのないブランドもありますが、これまでなんとなく、や適当に国際ブランドを選んでいたという方の参考になれば幸いです。

ブランド1:Visa

1つ目のブランド、「Visa」の特徴はなんといってもクレジットカードの世界シェア1位ということでしょう。世界中のたいていの国で加盟店がたくさんあるためどこの国に行っても使いやすい、という理由からかシェアは1位となっています。海外旅行などによく出かけるという方にはVisaブランドのついた提携カードがおすすめです。

Visaの人気の理由として世界中多くの国で使える、審査に通るのが比較的楽であること、クレヒスを積めばゴールドカードにグレードアップできるなどがポイントが高いです。

ブランド2:MasterCard

2つめのブランドは「MasterCard」、実はVisaとMasterCardを合わせると世界シェアの7割になるという驚異のシェア率を誇ります。Visaにはカード会員数で負けていますが、加盟店の多さはVisaと大差ないほど多いです。またVisaが使えなくてもMasterCardなら使える、といった場合もあるため、2枚持ちをしている人がほとんどです。

海外によく行く人には、VisaとMasterCardの「デュエル発行」がおすすめです。

ブランド3:American Express

クレジットカード国際7ブランドの特徴|デビットカードとの違い

国際ブランド自らが発行している「American Express」は、とにかくブランドのステータス重視のカードと言えます。クレジットカードの世界的なシェアでは4位ですが、ステータスの高さでは群を抜いており海外においては身分証明代わりに使われることすらあると言われています。

日本ではあまりステータスを意識しなくても、海外ではステータスは重要視されており、ホテルなどでクレジットカードの提示を要求されることがあります。ステータスの高いカードが欲しい方におすすめです。

ブランド4:JCB

世界のシェアこそ5位ですが、日本国内ではかなり高いシェアを誇る「JCB」は国際ブランド自らが発行しているプロパーカードです。加盟店舗の数などではVisaやMastercardに劣りますが、日本人に人気の海外旅行先などでの使い勝手が良くなっています。

海外旅行先でも日本語でサポートをしてくれたり日本人サポートの評価が高いため、英語に不安がある方は1枚持っていくと安心できるでしょう。

ブランド5:Diners Club

世界シェアこそ6位と低めではありますが、世界の富裕層を顧客にしているクレジットカードが「Diners Club」です。そのターゲット層はずばり、富裕層のみ、です。提携カードもあるのですが、発行は全てDiners Clubが行っていること、提携先が一流企業のみであるためステータス性は保たれています。

申し込み条件として年齢27歳以上、クレヒスの実績、年収500万円以上は必要だと言われているDiners Clubですが、ステータスの高さから憧れのカードとなっています。

ブランド6:DISCOVER

実は以前は5大ブランドと呼ばれており、ブランド6の「DISCOVER」と7の「中国銀聯」は入っていませんでした。シェア7位のDISCOVERのブランドの歴史はまだ浅く、日本でのクレジットカードの発行はされていないため日本人の知名度は高くありません。

JCBと加盟店の相互開放があるため、日本でもカードを使うことができます。またアメリカ国内では強いカードなので、外国人旅行客が利用するクレジットカードとしてDISCOVERを目にする機会は増えそうです。

ブランド7:中国銀聯

最後の国際ブランドは「中国銀聯(ぎんれん)」です。中国で発行されているカードで、発行枚数は驚きの65億枚、世界1位を誇ります。中国全土で利用でき、中国人ならば1枚は持っていると言われているカードです。

中国人だけのカードというイメージもありますが、日本人向けでクレジットカードかデビットカードか選べる銀聯カードもあります。とくに中国に旅行に行かれる方、留学される方などは利便性がよいためおすすめです。

クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカード国際7ブランドの特徴|デビットカードとの違い

クレジットカードと共に知名度を増してきているカードが、「デビットカード」です。クレジットカードと何がどう違うのか、それぞれのカードにどのような特徴があるのか解説します。

クレジットカード

クレジットカードとデビットカードの大きな違いは、支払い方法でしょう。クレジットカードを使って商品を購入した場合、1回払いにしても分割払いやリボ払いを選択するにしても、いずれにしても信用を担保にした後払いということになります。その場でお金を持っていなくても、口座残高がなくても後払いなので購入できます。

デビットカード

デビットカードの場合は、商品を購入してデビットカードを使った瞬間に引き落としがあります。残高がある分しか買い物ができず、現金での買い物と大差ありません。そのため信用も特に必要がないと考えられているのか、審査のないデビットカードもあります。

。残高がなければ不正利用されても落とすことができませんので、クレジットカードの不正利用を心配している人、またクレジットカードを持つことに抵抗がある人にデビットカードが人気があります

J-Debitとは

J-Debitは、銀行から発行された「キャッシュカード」を使って支払をするサービスです。即時残高から支払いをすることになるという点はデビットカードと似通っていますが、キャッシュカードで行えるという点が違います。

お得なクレジットカードを探してみよう

クレジットカード国際7ブランドの特徴|デビットカードとの違い

国際7ブランドと呼ばれるクレジットカードの国際ブランドについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。使い道によっておすすめのブランドに違いがありますし、単純にステータス保持のためにカードを保持したい人にはステータス性の高いカードをおすすめします。

日本でクレジットカードを作ると国際ブランドはJCB、VISA、Mastercardから選ぶことが多いのですが、より自分に向いていてお得なカードを選んでみましょう。

クレジットカードの比較してみよう

クレジットカードの国際7ブランドについて、「JCBとVISAの違い」や「JCB・VISA・Master・AMEXの違い・比較」など他のブランドとの違いや比較を解説した記事を紹介します。さらに詳しく知りたいという方はぜひご覧になってみてください。

どこのカードローンを利用しようか悩んでる方に!

ここまで記事を読んんでも結局どこを利用しようかまだ悩んでいるあなたに編集部からのおすすめをご紹介します。大まかにどこを利用するかの判断基準は金利か審査スピードになるかと思いますので、この2つでおすすめを紹介していきます。

金利で選ぶなら楽天銀行

金利で選ぶなら楽天銀行がおすすめです。まずは金利の比較表を見てみましょう。

銀行/消費者金融金利
楽天銀行1.9%~14.5%
三井住友銀行4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行1.8%~14.6%
アコム3.0%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%

ご覧のように、楽天銀行の上限金利が一番安くなっています。借入金額にもよりますが、100万以下であれば14.5%が適応されます。

30日以内に返済できるという方

仮に、「30日以内で返済できてしまうよ」という方にはアコムがおすすめです。アコムは初回のお客様に限って無利息期間を設けています。なので30日間以内であれば金利が0%になります。

無利息期間はプロミスなどにもありますが、アコムは即日振込も対応しているので評価が上がっています。

審査スピードで選ぶならアコム!

アコムの審査スピードは最短30分です。プロミスも最短30分ですが、アコムの方が評価が高い理由としては即日振込がある点です。審査が通っても融資までの時間が長ければあまり意味がないと考えるからです。そこできになるのがアコムの振込までのスピードですが、インターネットからの申し込みの場合、最短1分でお振込が完了します。それではいつ申し込みしたら良いのでしょうか?下記をご覧ください。

金融機関曜日受付時間振込目安
楽天銀行の口座月曜 〜 日曜・祝日0:10 〜 23:50申し込み後、約1分
ゆうちょ銀行以外の銀行口座月曜 〜 金曜9:00 〜 14:30申し込み後、約1分

楽天銀行の口座をお持ちの方は基本的にはいつ申し込んでも約1分後には振込をしてもらえます。ゆうちょ銀行以外の口座をお持ちの方であれば、9:00 〜 14:30の間に申し込みをすれば1分後には振り込んでもらえる可能性があります。

ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方に関しては1分後に振込みされない可能性が高いです。ゆうちょ銀行の口座に対する振込実施目安は下記を参照してください。

曜日受付時間振込目安
月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 正午頃
9:00 〜 14:00 当日 17:00まで
14:00 〜 23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 正午頃

関連記事

最新の記事