Search

検索したいワードを入力してください

2018年07月23日

三井住友VISAクラシックカードとクラシックカードAの違い

三井住友VISAクラシックカードとクラシックAカード、どちらのカードも似ているのですが特徴を比べてみると細かい違いが見られます。三井住友VISAクラシックカードとクラシックAカードの特徴やメリット、またデメリットなどの違いを比較してみました。

三井住友VISAクラシックカードとAカードの違い

三井住友VISAクラシックカードとクラシックカードAの違い

三井住友カードが発行しているクレジットカードに、三井住友VISAクラシックカードとクラシックAカードがあります。カードはVISAが決済ブランドとなっているカードで、クラシックカードと名前にAが付いているクラシックAカードがあり間違えやすいですが、別のカードです。

決済ブランドのVISAは、世界的に信用があるどこでも利用できるブランドですから安心して利用できます。似ているけど違うカードの、三井住友VISAクラシックカードとクラシックAカードでは、どのくらい違いがあるのか比較してみました。 

クラシックカードとクラシックAの違い

三井住友VISAクラシックカードとクラシックAでは、年会費でも違いがありそれぞれのカードにはメリットもデメリットもあります。

年会費は初年度は、どちらのカードも無料になっていますが二年目からは年会費を支払う事になります。ただし、年会費が永年無料となる方法もありますマイペイすリボに登録する事、そして年一回の利用が条件になります。

手数料が高いと言われるリボ払いですが、初めの一回目は手数料が無料となっていますから限度額いっぱい全額指定にしておけば一回払いと同じ無料で利用できます。

年会費三井住友VISAクラシックカード三井住友VISAクラシックA
本会員1,250円+税400円+税
家族会員1,50円+税550円+税

メリット

三井住友VISAクラシックカードと、クラシックAカードどちらのカードにもメリットがあります。海外ではカードでのショッピングは日常生活で利用されています、日本ではショッピングなどでカードを利用することに、少しだけ信用されていないところがあります。

三井住友VISAクラシックカードとクラシックAカードは、VISAのブランドは海外でも信用度が高く三井住友は国内では大手都市銀行で信用度が高いブランドです。

三井住友VISAクラシックカードもクラシックAカードでは、サポート体制が整っていていざと言う時のサポート電話がつながりやすく問い合わせには丁寧に対応してくれます。

また、メリットとして多少の違いはありますがショッピング保険や国内・海外旅行保険も付帯されています。

デメリット

三井住友VISAクラシックカードとクラシックAには、あまりデメリットと言えるところがありません。デメリットと言える程ではありませんが、年会費が二年目から有料となり条件付きでなければ無料にならない点などです。

三井住友VISAクラシックカードとクラシックAの、どちらも違いはあまりなく国内・海外保険の補償金額の違いなどで、クラシックカードよりもクラシックAのカードよりも補償額が大きいです。

三井住友VISAクラシックカードとクラシックAの、一番大きいデメリットとされているのはポイントの還元率があまり大きくないところです。

三井住友VISAクラシックカードどちらを選ぶ

三井住友VISAクラシックカードとクラシックカードAの違い

三井住友VISAクラシックカードとクラシックAカードこの二種類のカードどちらを持っていたら良いのでしょう。どちらのカードを選んだら良いのか、どちらのカードもよく似ていてAと付いているか付いていないかくらいの違いしかありません。

クラシックカードとクラシックAどちらを選ぶ

三井住友VISAクラシックカードとクラシックAのカードは、どちらを持っていても使い勝手が良いカードです。しかし、三井住友VISAクラシックカードとクラシックAカードの二枚を同時に所有しても意味はありません。

どちらのカードを持つか少しでも悩んだら、三井住友VISAクラシックカードとクラシックAカードを、いくつかのカテゴリーで比較して自分に合っているカードはどちらでどのカードを選べば良いのか比べてください。

三井住友VISAクラシックカードとクラシックAの、2枚のカードの違いがわかれば自分に合っているカードを選ぶ目安になります。

セキュリティー

三井住友カードでは、いくつかのセキュリティー対策を行っています。三井住友VISAクラシックカードと、クラシックAカードでは顔写真を無料で裏に入れる事ができます。

セキュリティーの強化目的の意味から、家族カードへも無料で顔写真を裏に入れる事ができます。また、三井住友カードではICチップを全てのカードに使用しています。

ICチップ入りのカードでは、たくさんのデータを高度な技術で安全に管理することができます。暗号化も安易にできることや、偽造がしにくい点から世界的にもICチップを使用したカードが主流になっています。

海外旅行保険の違い

海外旅行保険が三井住友VISAクラシックカードと、クラシックAのどちらのカードにも付帯されています。三井住友VISAクラシックカードと、クラシックAでは細かいところで違いがあります。
三井住友VISAクラシックカードとクラシックAでは、付帯されている海外旅行保険では同じ補償でも補償額で違いがあります。また、国内旅行保険は三井住友VISAクラシックカードには付帯されていません。

担保項目クラシッククラシックA
傷害死亡・後遺傷害最高2,000万円最高2,000万円(利用条件分1,700万円)
傷害治療費50万円100万円
疾病治療費50万円100万円
賠償責任(一事故あたり最高額)2,000万円2,500万円
救援者費用100万円150万円
携帯品損害(自己負担3,000円)1旅行中かつ1年間限定15万円20万円

ラウンジ

三井住友VISAクラシックカードとクラシックAでは、海外旅行での海外保険が付帯されていて旅行中に怪我や病気の治療費などの心配なく旅行を楽しめます。

海外旅行でも空港のラウンジが利用できると楽しみも倍増しますが、三井住友VISAクラシックカードとクラシックA共にどちらのカードも間違いなく一般カードなので空港ラウンジが利用できません。

ポイント還元率

三井住友カードでは、ポイント還元にもランクが設定されていて前年度の利用総額に応じて決められています。 それぞれのランクによってもらえるポイント還元率に違いが出ます。 

三井住友VISAクラシックカードとクラシックAの、ポイントの還元率はどのようになっていて二枚のカードに違いはあるのでしょうか。実は、プライムゴールド以外のカードの還元率は同じで違いはありません。

ランク条件(前年度の利用総額)還元ポイント
V150万円~100万未満50万円で50ポイント10万円毎に10ポイント
V2100万~300万円未満75万円でポイント万円毎に15ポイント
V3300万円以上150万円でポイント万円毎に30ポイント

三井住友カードポイント取得方法

三井住友VISAクラシックカードと、クラシックAのカードでポイントを貯めるのは意外と簡単です。数あるネットのお店で、お買い物ができるネットショッピングでもカードでお買い物をしたらポイントは貯まります。

ポイントが2倍~10倍になるお得な取得方法もあります、「ポイントアップモール」を経由してネットショップに行くだけでポイントがアップします。ポイントの取得にはクラシックカードもクラシックAカードもどちらも違いはなく同じポイントが得られます。

ショップ(ネット他)ポイント取得
Amazonポイント2倍
楽天市場ポイント2倍
ヤフーショップポイント2倍
LOHACOポイント3倍
JTBポイント3倍
iD使用でポイント3倍

ポイント交換

三井住友VISAクラシックカードと、クラシックAで貯めたポイントを有効にお得に交換できます。貯めたポイントは、色々なギフト券やキャッシュバックも選ぶ事ができます。

三井住友VISAクラシックカードとクラシックAで貯めたポイントは、商品とも交換できるので楽しく貯めて賢く使いましょう。 ポイントの交換は、他のポイントへと移行することもできるのでよく利用するショップのポイントへと移行できます。 

ポイント交換先交換レート交換単位
キャッシュバック(現金)1ポイントで3円200ポイント以上1ポイント単位
dポイント1ポイントで5ポイント200ポイント以上100ポイント単位
au WELLET1ポイントで5ポイント200ポイント以上100ポイント単位
Tポイント1ポイントで4.5ポイント200ポイント以上100ポイント単位
ponta ポイント1ポイントで4.5ポイント200ポイント以上100ポイント単位
Gポイント1ポイントで4.95ポイント200ポイント以上100ポイント単位
iD バリュー1ポイントで5円200ポイント以上100ポイント単位

マイルとも交換

三井住友VISAクラシックカードと、クラシックAのポイントはマイルとも交換することができます。飛行機をよく利用する人には、マイルへのポイント移行は嬉しいシステムと言えます。

航空会社交換レート
ANA100ポイントで300マイルへ
アリタリア航空200ポイントで600マイルへ

三井住友VISAカードの切り替え方法

三井住友VISAクラシックカードとクラシックカードAの違い

もう少し上のカードへ替えたい時や、自分にとって今のカードよりも自分の生活スタイルに合っているカードに切り替えたい時には、簡単に変えられると助かります。

三井住友VISAカードも他のグレードのカードへ切り替えたい時は簡単にできるのでしょうか。三井住友VISAクラシックカードとクラシックAのカードを、他のカードへ切り替えたい時はどんな方法で切り替えることができるのでしょうか。

クラシックカードからクラシックAの切り替え

 三井住友VISAクラシックカードとクラシックAのカードを、他のカードへ切り替える時には「インターネット」や「カード種類切替申込書」を郵送する方法があります。 

カード種類切替申込書は、ホームページから申し込み書の資料請求ができますし自動音声応答ですが電話からの申し込みができます。郵送には少し手間が掛かりますが、インターネットでのカード切替ならば、郵送とは違い手間も掛からないので簡単です。

インターネットや郵送からのカード切替の申し込みでは、手続きが完了次第2~3週間くらいで新しいカードが届くことになっています。

カードの特性を活かして豊かな人生を

三井住友VISAクラシックカードとクラシックカードAの違い

三井住友VISAクラシックカードとクラシックAカードは、高いステータスを持ったカードの一つです。どちらのカードもあまり違いがあるわけではありません。

しかし、多少それぞれのカードの特徴には違いがあり自分の生活スタイルに合わせて、どちらを選べばいいのか決めることができます。どちらのカードを選んでも、カードの特性をいかして人生を豊かにしていくことができます。

三井住友VISAクラシックカードとクラシックAの、どちらのカードを選んでもカードライフを楽しんでください。 

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット

  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事

最新の記事