Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月30日

銀行と消費者金融のキャッシングの違い・比較・特徴|住宅ローン

キャッシングは大きく分けると消費者金融系と銀行系があります。同じキャッシングではありますが、消費者金融系と銀行系では少し違いがあります。では、消費者金融系のキャッシングと銀行系のキャッシングにはどのような違いがあるのでしょうか?

銀行と消費者金融のキャッシングの違い・比較

銀行と消費者金融のキャッシングの違い・比較・特徴|住宅ローン

急にまとまったお金が必要になたり、給料日前に手持ちのお金がなくなってしまうということがあります。このようなときにキャッシングを利用するという人は多いです。

このキャッシングは大きく分けると消費者金融系と銀行系があります。同じキャッシングではありますが、消費者金融系と銀行系では少し違いがあります。

では、消費者金融系のキャッシングと銀行系のキャッシングにはどのような違いがあるのでしょうか?また、これらにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

消費者金融系

上記で述べた通り、キャッシングには消費者金融系と銀行系があります。消費者金融系はアコムやプロミスなどで、テレビやポスターなど見かける機会は多いです。

よくアコムは三菱東京UFJファイナンシャルグループ、プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスと提携があるため、銀行系と勘違いしてしまう人がいます。しかし、あくまでも提携であり、アコムやプロミス自体が銀行ではありません。

銀行系

先に述べた通り、銀行自体が取り扱うキャッシングが銀行系となります。銀行系では三菱UFJ銀行や三井住友銀行などが取り扱っています。

・銀行が直接取り扱うと銀行系
・銀行との提携は銀行系ではない

銀行と消費者金融の違い

銀行と消費者金融のキャッシングの違い・比較・特徴|住宅ローン

銀行系と消費者金融系では、同じキャッシングでも少し違う部分があります。そのため、自分に合った方を選ぶ必要があり、自分に合った方を選ぶためには、2つの違いを理解しておく必要があります。

法律

銀行系と消費者金融系で大きく違うのは従っている法律です。消費者金融系は賃金業法に従っていますが、銀行系は銀行法に従っています。従う法律が違うため、同じキャッシングでも少し利用のルールに違いが出ます。

総量規制

従う法律が違うことで、大きく変わるルールとして総量規制があります。賃金業法には利用し者の年収の3分の1を超えて貸し付けを行ってはいけないというようなことが定められています。これが総量規制です。

しかし、これは賃金業法によるルールのため、銀行法に従う銀行系のキャッシングは総量規制を超えて貸し付けを行うことが可能です。

・消費者金融系と銀行系では従う法律が違う
・法律で総量規制の対象が決まる

銀行系も総量規制が目安

銀行系は総量規制を超えて貸し付けを行うことはできます。しかし、もともと総量規制は過剰な貸し付けを防止するためのルールです。そのため、銀行でも過剰な貸し付けを行わないため、明確に公言されているわけではありませんが、判断基準を総量規制を参考にしていると言われています。なので、銀行でも年収の3分の1を境目に審査が非常に厳しくなります。

消費者金融のキャッシングの特徴

銀行と消費者金融のキャッシングの違い・比較・特徴|住宅ローン

上記で述べた通り、消費者金融系と銀行系では従う法律が違います。そのため、同じキャッシングでもルールが少し違うため、特徴もそれに合わせて違ってきます。

金利

一般的に銀行系と消費者金融系では、消費者金融系の方が金利が高くなることが多いです。会社や銀行によって多少の差はありますが、消費者金融系の金利は3%から18%、銀行系では3%から14%ほどになります。

限度額

限度額も会社や銀行によって変わります。ただし、消費者金融系なので限度額が低い、銀行系のため限度額が高いということはありません。どちらも500万円から800万円ほどが限度額の相場となります。そのため、限度額は利用をする前に確認をしておく必要があります。

審査基準

キャッシングを利用するためには審査を通る必要があります。この審査の難易度は一般的に消費者金融系よりも、銀行系の方が厳しいと言われています。

そのため、銀行系の審査を先に受けて、もし審査に通らなければ消費者金融系の審査を受けるという人もいます。

・銀行系の方が審査は厳しい
・銀行系の方が金利が低い

在籍確認

消費者金融系でも、銀行系でも審査の際には在籍確認が行われます。在籍確認とは、申告のあった勤務先に実際に在籍しているかどうかを電話で確認することです。職場に電話がかかってくるため、キャッシングの利用が職場の人にバレてしまうと不安を感じてしまう人もいます。

しかし、在籍確認の際にはキャッシングの利用がバレないように下記のような配慮をしてもらうことがあります。

・会社名を名乗らない
・担当者は個人名を名乗る
・電話の時間帯を決めておける
・キャッシングに関係する電話であることを言わない
・銀行系の場合は銀行名だけを名乗る
・本人との電話でのやりとりは短く済ませる

消費者金融でキャッシングは住宅ローンに影響する?

銀行と消費者金融のキャッシングの違い・比較・特徴|住宅ローン

消費者金融でキャッシングを行うと、住宅ローンの審査などに影響が出ると思っている人がいます。しかし、キャッシングを行っただけで他の審査に影響が出ることはありません。ただし、これはそのキャッシングの利用実績よります。

キャッシングを利用して、その返済を長期延滞してしまったり、強制解約されてしまうようなことをしていた場合などには、信用情報機関に記録として残ってしまいます。このような記録が残っていると、審査の先に著しく信用を落としてしまうことになります。

また、キャッシングの額が大きい場合は、その返済をしなければならないことから、新しいローンを組むことで返済能力が不足してしまう可能性があると判断されてしまうこともあります。

なので、キャッシング自体は他に影響を与えませんが、その利用方法や状況によって不利となってしまう場合はあります。

消費者金融でのキャッシングのメリット・デメリット

銀行と消費者金融のキャッシングの違い・比較・特徴|住宅ローン

消費者金融系と銀行系では、銀行系の方が金利が低いことが多いです。そのため、できれば銀行系を利用したいと考える人は多いです。しかし、消費者金融系にも銀行系にはないメリットがあります。

即日融資

銀行系は2018年より、即日融資を行わないようになりました。これは過剰な貸し付けを防止するためと、慎重な審査を行うためです。ですが、消費者金融系では条件が整っていれば、審査は最短で30分で結果が出るところもあり、即日融資も可能です。そのため、急ぎでお金が必要になった人には消費者金融系の利用が向いています。

審査が通りやすい

先に述べた通り、消費者金融系の審査は銀行系の審査よりも通りやすいと言われています。そのため、銀行系の審査に通れなくても消費者金融系の審査であれば通ることができる可能性があります。

消費者金融のデメリット

消費者金融を利用にはデメリットもあります。まずは銀行系と比べると金利が高いことです。金利が高いと返済で支払う額が大きくなってしまいます。また、総量規制の対象のため、限度額に制限があります。

注意しないといけないのは、消費者金融でのキャッシングが便利すぎるということです。慣れた人であれば必要なときに手軽に借り入れができます。そのため、過剰にキャッシングを利用してしまわないように注意が必要です。

・消費者金融系は即日融資に対応できる
・審査が銀行系よりも通りやすい
・消費者金融系は総量規制の対象

消費者金融でのキャッシングの返済方法

銀行と消費者金融のキャッシングの違い・比較・特徴|住宅ローン

キャッシングの返済方法は一般的に翌月の一括払いか、リボルビング払いのどちらかになります。支払い方法はATMや銀行講座への振込や、引き落とし、窓口での支払いなど自分に合ったものを選ぶことができます。

・返済方法はいくつか種類がある
・自分にあった返済方法を選ぶことができる

審査を受けてみよう

銀行と消費者金融のキャッシングの違い・比較・特徴|住宅ローン

キャッシングを利用するのであれば、まずは審査を受けないといけません。初めてキャッシングの審査を受ける人は不安を感じることも多いです。そのような人は、問い合わせから始めてみると良いでしょう。

わからないことを減らすことで不安を和らげることができます。うまくキャッシングを利用して、良いお金の回し方をしましょう。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット

  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事

最新の記事