Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月29日

キャッシングの審査比較・通りやすくなるコツ・落ちた時の対処法

キャッシングに必ずある審査、銀行と消費者金融では審査基準の厳しさが違うとも言われています。どのような審査基準があり、どうすれば審査に通りやすくなるのか、また審査に落ちたときの具体的な対処法について紹介しています。審査に落ちた方は特に必見です!

キャッシングの審査比較

キャッシングの審査比較・通りやすくなるコツ・落ちた時の対処法

カードローンなどのキャッンシングをしたいときは、必ず審査が行われます。キャッシングの審査にはどのようなものがあるのか、銀行と消費者金融との比較などについても紹介します。

審査の基準で比較

キャッシングの審査は基本的に必ず行われるものであり、その基準となっているのは年収や勤務実績などによります。アルバイトやパートを安定した収入とみなしてキャッシングしてくれるところもあれば、バイトやパートでは安定した収入とはみなせないとして断られる場合もあります。消費者金融よりも比較して銀行の方がより審査基準が厳しい、と言われています。

比較した場合に銀行が厳しいと言われるのは、消費者金融が安定した収入のある方は申し込める、となっているのに対し、銀行は年収〇〇〇万円以上、となっていることが多いからです。しかし中には主婦やパートでもokな銀行のキャッシングもあります。

審査にかかる時間で比較

消費者金融では即日融資を謳っているところもあり、とくにネットを通じて申し込むと電話や窓口での申し込みに比較して早い対応を心掛けている会社が多いでしょう。最短10分~30分程度で審査が完了する、というところも少なくありません。

最近では即日キャッシングできるように取り計らってくれる銀行も増えましたが、比較するとやはり消費者金融の方が、銀行のキャッシングよりも審査のスピードは早いです。

審査時間に違いがでるのは何故?

早い人だと10分から30分、遅い人だと3日から数日かかることもあるのが審査です。比較すると随分とかかる時間に違いがでていますが、申し込んだ人の信用情報や他社からの借り入れ状況、在籍確認がとりづらかったなどが理由になっていると考えられます。

年収がそれなりにあり、勤続年数が長く他社からの借り入れ、他のキャッシングがない人はそうでない人と比較するとかなりスムーズに早くキャッシングしてもらえる傾向があります。

在籍確認で比較

基本的に、消費者金融であろうと銀行であろうと勤務先に勤務している証拠として、在籍確認の電話が入ることになっています。在籍確認なしとしている「SMBCモビット」のWeb完結もあります。

また銀行と比較すると消費者金融の方が在籍確認を電話でなく書類でOKにしてくれたり、といった融通をきかせてくれることが多いので、在籍確認の電話が困るという人は消費者金融で相談してみるのがおすすめです。

土日の対応は?

多くの人が休日となる土日に急な出費が必要になった場合、銀行系のキャッシングだと営業時間外ということで受け付けてもらえないことが多いです。比較して、消費者金融の方が土日や祝日にも対応していることが多いです。三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行は土日でもカードを発行してもらえます。

消費者金融ではプロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットなど銀行と比較して多くの会社で土日の申し込み、審査、キャッシングなどに対応しています。24時間対応でない場合や、土日のうちに振り込みしてもらいたいなら指定の口座が必要となることもあるので注意しましょう。

キャッシングの審査に通りやすくなるコツ

キャッシングの審査比較・通りやすくなるコツ・落ちた時の対処法

消費者金融と銀行で比較すると、より審査を通過しやすいのは消費者金融と言われています。銀行からのキャッシングは金利が低いという大きなメリットがある反面、消費者金融と比較して審査が厳しいという傾向があります。

安定した収入

パートやアルバイト、派遣社員の方はパートアルバイト、派遣社員もOKといった宣伝がされているところで申し込んだ方が、そうでないキャッシングと比較すると審査を通過しやすくなっています。

年収が少ない人よりも多い人の方が、比較すると確実に審査に通過しやすいというポイントもあります。また、最低キャッシング額が10万円となっている会社が多いのですが、消費者金融では基本的に年収の1/3までしか借り入れできない(総量規制)ことを考えると、最低でも30万円以上の年収が必要となっています。

勤続年数は少なくとも半年以上

転職を繰り返す人よりも、同じ場所で長く続けた人の方が比較すると審査に通過しやすくなっています。必要となる勤続年数は、最低でも半年以上です。半年以下となっている人は、キャッシングの審査に落ちる可能性が高いので半年以上になるまで待ってから申し込んだ方がよいでしょう。できれば、勤続年数は1年以上あるのがよいです。

金融トラブルがないこと

金融トラブルと聞くと、自己破産や債務整理を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかし実際には、クレジットカードの支払いや携帯電話料金の支払い状況などもこれにあてはまります。クレジットカード、携帯電話料金の支払いを遅延せずにしっかりと支払いを行いましょう。

保証会社

銀行のカードローンでキャッシングしたい場合、保証会社の保証を得られるというのが必要な条件となっていることが多いです。保証会社とはもしキャッシングの返済が滞っても、保証会社が代わりに返済するため貸した側の損失となりにくい点で重宝されています。

すでにキャッシングをしていてそれなりに返済も終えている人が新たにキャッシングしたい場合は、同じ保証会社を利用している銀行や消費者金融に申し込むと返済しているという実績が評価されて、違う保証会社と比較すると審査を通過しやすくなってきます。逆に返済の遅延などを繰り返していると、同一の保証会社では審査に落ちやすくなってしまいます。

複数の保証会社

保証会社が2つ以上あるカードローンなどでのキャッシングを申し込むと、1社しか保証会社がない場合と比較して審査を通過しやすくなります。複数ある保証会社のどれかの審査にとおれば良いので、それだけ審査に受かる可能性が上がることになります。

キャッシングの審査に落ちた時の対処法

キャッシングの審査比較・通りやすくなるコツ・落ちた時の対処法

キャッシングには審査があるので、受かる人がいれば落ちる人もいます。審査に落ちた時の対処法を紹介します。

・銀行からのキャッシングに落ちた場合は、消費者金融に申し込んでみる
・キャッシング希望額を少なくしてみる
・勤続年数が半年未満の方は、少なくとも半年以上できれば1年を超えるまで待ってみる
・複数から借り入れしている場合は、返済して他社借り入れを4つ以下にしてから申し込む
・年収1/3以上借りたい場合は、総量規制の対象外となっているカードローンに申し込む

などです。とくにはじめてキャッシングする場合は、いきなり高額を借り入れるのは難しいことがあります。最初は10万円程度に抑えておいて、返済してからまた借りると今度はもっと多く借りられるようになることがほとんどです。

落ちる人はけして珍しくない

キャッシングの審査比較・通りやすくなるコツ・落ちた時の対処法

「新規成約率」を公表している会社もあり、そちらを確認すると新規成約率は45%前後になっています。ということは、申し込んだ人のうち半数以上が成約できなかった、審査に落ちたことになります。ですから、審査に落ちたことにそれほど落ち込む必要はありません。

上で紹介した対処法を試してみたり、審査に受かりやすくなるコツを実践してみましょう。

初めての利用におすすめなのはアコム!

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

アコムの最大の特徴は契約が、初めての方であれば最大30日間金利0円という点です。

これは1ヶ月分の金利がまるまるかからないということなので、50万円を借りたとすると、なんと7500円分に相当します。

借り入れができるか、できないのかという簡易診断は3秒で済ますことが可能です。



実際に申し込んだあとの流れをご説明すると、申し込み後最短30分で本審査の回答をもらうことができます。

返済日に関しては、お客様のご都合に合わせて返済が可能になっています。アコムでは「35日毎の返済」、「毎月指定期日」や「自動引き落とし」など選択肢が多くあります。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

メリット

  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

消費者金融比較

消費者金融名金利上限額審査スピード
アコム3.8%〜18%800万円最短30分&即日融資可
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分
レイク4.5%〜18%500万円20時までに必要書類まで完了すれば即日融資可

関連記事

最新の記事