Search

検索したいワードを入力してください

2019年11月21日

プロミスの審査は甘い?厳しい? | 通りやすい人の特徴と落ちやすい人の特徴

プロミスの審査は「甘い?」「厳しい?」これからプロミスから借入を考えている方は気になるかと思います。結論から言うと、プロミスの貸付対象者の条件を満たしていれば審査に通ることは十分に可能です。落ちてしまう原因を参考にしながら審査に受けてみてください。

プロミスの審査は甘いのか?厳しいのか?審査に通りやすい人の特徴や落ちる人の原因について書きました。

大まかに
・プロミスの審査は甘いのか?
・プロミスの審査に通りやすい人の特徴
・プロミスの審査基準
・プロミスの審査に落ちる原因
・借入可能か気になる方はお借入診断を試してみる
・プロミスの審査は甘くはないが条件を満たしていれば審査に通る

の順に書いていきます。

プロミスの審査は甘いのか?

プロミスから借入を考えている方には、インターネットの口コミやテレビのCMなどを見て「プロミスの審査は甘い?厳しい?」のかについて気になったことがある方はいませんか?

プロミスの審査は、申込者の職業や他社借入状況、信用情報などを厳正に調査します。厳正に調査した結果、問題があれば申込者を審査に落とし、利用限度額を低めに設定して契約します。なので、プロミスの審査が甘い訳ではありません。

申込者は半分以上落ちている

他社の大手消費者金融とプロミスのカードローン契約の成約率を見るとプロミスの審査は甘くないと言えます。

成約率とは、カードローンの申込者に対して、どれだけ人が契約手続きまで至ったかを表す割合です。

大手消費者金融の成約率 ( 2017年12月〜2019年5月 )

金融機関名2017年12月 2018年3月2018年6月2019年5月
プロミス44.8%45.6%45.7%47.3%※1
アコム45.4%※244.8%※244.6%※250.0%※2
アイフル47.3%46.5%48.2%44.0%※3
レイクALSA36.7%32.0%28.9%30.1%

※1 : プロミス SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標より。
※2:アコム:マンスリーレポートより。
※3: 2019年5月の成約率 「アイフル月次推移」より。

上記の表を見るとプロミスの成約率は50%を超えていません。

つまり、プロミスに申し込みを行った人は2人に1人は落ちてることがわかります。

他社の消費者金融の成約率を見てもわかるように、審査は決して甘いとは言えません。しかし、プロミスや他社の申し込み条件を満たしていれば審査に通ることは十分にあります。

また、「会員数がナンバーワン」「新規成約率が高い」という点から、カードローンの利用が初めての方はアコムの申し込みも検討してみましょう。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

プロミスの審査に通りやすい人の特徴

上記に、プロミスの審査を受ける方は「半分以上落ちている」などと書いたので、プロミスの審査に通るのかが不安に思ってる方もいると思います。

そこで、具体的にどのような職業が審査に通りやすいのか?通りにくいのか?について表にまとめました。

職業通りやすさ職業通りやすさ
公務員ベンチャー企業の社長
正社員水商売
パート・アルバイト学生
派遣社員無職×
個人事業主専業主婦(主夫) ×

公務員や正社員の方は「安定して収入」を確保することができているとプロミスから判断されるので審査に通過しやすい職業と言えるでしょう。

個人事業主やベンチャー企業の取締役などの方は、返済計画書などの提出を消費者金融に提出し、その計画書が承諾されることができれば借入を行うことができます。

また、パートや学生の方は毎月の「一定の収入」が確保できているのであれば申し込むことが可能です。ただし、カードローンの利用履歴は将来的に住宅ローンや自動車ローン、教育ローンを組むときに不利に働くことがあるので、学生はできる限りプロミスに頼らないことをおすすめします。

アルバイトやパートでも借入可能

プロミスの貸付対象者である「満20歳以上で、60歳以下」「安定した収入を得ている」を満たしている方であれば、正社員ではなく、非正規雇用者( 学生、パート、アルバイト、フリーター)でも借入が可能です。

ただし、メルカリなどのフリマアプリや両親からの仕送りは「安定して収入を得ている」に当てはまらないので借入をする前に審査に落ちてしまいます。

また、毎月の収入のばらつきがある「日給制」「日雇いのアルバイト」などは、プロミスに「安定した収入」がないと判断されるので注意してください。

プロミスの審査基準

プロミスの審査基準では、まず申込資格である「満20歳以上70歳以下の人で安定した収入」であるかどうか「他社からの借入状況」などが見られます。


そのほかにも審査基準となる項目は「勤続年数」「固定電話の有無」「携帯電話の支払い料金を延滞してはないか」「住居携帯と居住年数」などがあります。

無職・無収入

プロミスの貸付対象者にも記載されてあるように「無職の人や無収入」だと借入をすることができません。

無職の人であったり専業主婦であり、安定した収入が借金をするときの大きな審査基準となります。「安定した収入」と聞くと、ある程度の決まった金額がないといけないと思ってしまう人は多いです。

しかし、安定した収入とは勤務の仕方や収入額だけで判断されません。アルバイトやパートであっても、毎月数万円程度の決まった金額の収入があればこれも安定した収入と認められます。

プロミスから安定した収入と認められるのは、労働による収入がある場合のみです。労働による収入とは、下記のような収入が該当します。この該当項目はプロミス以外の消費者金融の「安定した収入」に当てはまるので確認しておきましょう。

労働による収入と認められる収入
  • 給与収入
  • 事業収入
  • 不動産収入
  • 株などの投資による収入
労働以外の収入
  • 親からの仕送り
  • 日本学生支援機構の奨学金
  • メルカリなどの不安定な売上金
  • 博打や競馬やギャンブルで得たお金

他社の借入状況

他社借入件数が多い人は「返済能力に問題がある」と判断されることがあります。

他社借入件数の明確な基準はありませんが、他社借入件数は少なければ少ないほどプロミスの審査に通過する確率が高くなります。具体的に言いますと、他社からの借入件数は2件以内にしておくことをおすすめします。

複数の会社から借入をしている方はプロミスの「お借入診断」を試してみましょう。「お借入診断」を使ったという利用履歴は信用情報に記録されることはないので気軽に借入が可能か確認することができます。

プロミスの審査に落ちる原因

プロミスの審査に落ちる原因がある方は、下記の項目に当てはまる方が多いので注意しましょう。

プロミスの審査に落ちてしまう原因
  • 個人情報を虚偽申告した
  • 信用情報に傷がついていた
  • 在籍確認の電話が取れない
  • 総量規制の上限を超えて審査に落ちる
  • 短時間に複数社に申し込みをしていた

プロミスの審査に落ちてしまう原因の多くは、あらかじめ対策して修正することができるので申し込む前に審査を受ける前に解決しておくことをおすすめします。

これから、審査に落ちる原因がある人の特徴を具体的に書いていきます。

個人申告を虚偽申告した

プロミスに申し込みする際には、年収や勤務先、雇用形態といった個人情報の申告と、個人情報の確認を行う書類の提出を行います。申告内容に虚偽や記入ミスがあった場合に審査時間が長くなる原因となります。

なおプロミスの審査に必要な本人確認書類については下記のリストにまとめました。運転免許証やマイナンバーがない場合でも、各種健康保険証と併せた公共料金の領収書などがあれば大丈夫です。

プロミスの審査時に必要な本人確認書類
  • 各種健康保険証(併せて公共料金の領収書などが必要)
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 運転免許証
  • パスポート

信用情報に傷がついていた

プロミスの審査では、信用情報に傷がついているのかどうかを確認する作業が行われます。信用情報機関に申込者本人の信用照会を行い、その結果を審査の判定に利用しています。

他社からのカードローンのキャッシングを行い、返済を延滞していたり携帯電話の料金の未払いやクレジットカード利用の強制解約などを受けると信用情報に傷がついてしまいます。「信用情報」に傷がある状態だとプロミスの審査に落ちてしまう原因になります。

信用情報は、業界内で共有されるため、クレジットカードの審査やカードローンの審査に影響を及ぼします。

在籍確認の電話が取れない

プロミスの審査において、在籍確認は信用情報照会と共に欠かせない手続きです。

在籍確認とは、簡単にいうと、申込書に記入された勤務先に本当に勤めているのかどうかを確認する作業になります。また申込者が申請した内容に嘘がないかを確認するために行われます。

なぜ、在籍確認が取れない人が審査に落ちてしまうのかと言うと、仮に本人が勤務先を申込書に申告していても、じつはすでに退職済みのような場合があり、実際働いていないと、もしカードローンを貸した場合、返済不能となる可能性があるからです。

賃金業者としても、そのリスクは避けたいので在籍確認は審査の必須手続きとなっています。

なので、在席確認が取れないと、ローンカードも発行できず、当然キャッシング契約もできないのでプロミスの審査に落ちる原因となります。

また、プロミスの在籍確認の電話をなしにする方法については下記の記事に書いてあるので参考にしてください。

総量規制の上限を超えて審査に落ちる

総量規制の上限を超えている方もプロミスの審査に落ちる原因となります。

総量規制とは、消費者金融うなどの貸金業者が個人にお金を貸す場合に、貸金業者からの総借入残高が借り手の年収の3分の1を超えてはいけないという、貸金業法という法律で定められた規制のことです。

規制がかかる前は、たくさんの消費者金融から借入をする人が多く、そのまま返済ができず自己破産してしまう人が多かったので定められました。

例えば、年収300万円に貸付を行う場合は、年収の3分の1である100万円を超える貸付はできません。また、現在他社からの借入が年収の3分の1に達している方も貸付を受けることはできないので注意してください。

短時間に複数社に申し込みをしていた

短期間に複数のクレジットカードやカードローン、キャッシングに申し込みを行なっている人は、審査の担当者から「数撃てば当たる」と考えていると判断されてしまいます。また、「返済能力がなく、信頼に値しない」と判断される可能性が高いです。

ここで言っている「短期間に複数」とは、1ヶ月の間に3枚以上の申し込みをすることです。3枚以上の申し込みをすることで「申し込みブラック」という扱いになります。

なお、一度「申し込みブラック」と呼ばれる状態に陥ると半年以上の間は、個人信用情報に記録が補完されるので、時間を空けてから再度プロミスに申し込みましょう。

借入可能か気になる方はお借入診断を試してみる

プロミスから借入する前に審査が通るかどうか不安な方はお借入診断でお借入可能か簡単に確認することができます。

4つの入力項目
  • 年齢
  • 年収
  • 雇用形態
  • 他社からの借入総額

お借入診断では、4つの項目に答えることでお借入可能かどうかを知ることができます。

お借入診断で融資可能と診断された方は、そのままオンライン上で申し込みを済ませることができます。また、本来であれば消費者金融からの審査を受けることで信用情報にカードローンの利用履歴が付いてしまうので、信用情報に傷が付いてしまいます。

しかし、お借入診断では傷がつかないので気軽に試すことができます。下記のボタンを押すことで簡単に確認できます。

プロミスの審査は甘くはないが条件を満たしていれば審査に通る

今回の記事では、大手消費者金融であるプロミスから借入をする際に気になることについて書きました。

プロミスの審査は甘いのか?厳しいのか?から言えることは、プロミスの審査は甘くはないが条件を満たしていれば審査に通ることができます。

なので、プロミスからの借入を不安に感じている方は、上記に書いたプロミスの審査に落ちる原因などの内容を参考にして、申し込みをしてもらえると審査に通ることができます。

最短30分で審査が完了し、即日融資も可能なので少しでもお金を借りたい人におすすめです。

初めての利用におすすめなのはプロミス!

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短10秒で振り込み

メリット
  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

関連記事