Search

検索したいワードを入力してください

2019年11月06日

プロミスの仮審査と本審査の違い・落ちる原因について

大手消費者金融のプロミスの仮審査と本審査の違いについて、審査に落ちてしまう人の特徴について書きました。仮審査に通っても本審査に落ちてしまう人の原因などを参考にしつつ申し込みをしてもらえると審査に通ることができるので参考にしてください。

プロミスの仮審査仮審査と本審査の違いについて、また落ちる原因についてこの記事では書いていきます。

大まかに
・プロミスの仮審査と本審査の違いとは?
・プロミスの仮審査に通るコツとは?
・プロミスの仮審査に落ちてしまう原因
・プロミスの仮審査に通って本審査で落ちる原因
・プロミスの本審査に落ちてしまった場合に借入する方法
・仮審査で提示した限度額が本審査で落ちることがある
・プロミスの仮審査・本審査の違い・落ちる原因のまとめ

の順に書いていきます。

プロミスの仮審査と本審査の違いとは?

それでは、プロミスの仮審査と本審査にはどのような違いがあるのかについて書いていきます。

ざっくりとした違いについて下記に書きましたので参考にしてください。

1分でわかる仮審査と本審査の違い
  • 仮審査は機械を使って自動的に行われる審査のこと
  • 本審査は申込者が提出した書類をもとに人力で確認を行う

プロミスの仮審査と本審査にかかる時間

プロミスの審査は「仮審査」「本審査」の二段階で実施されます。
最短で30分で審査結果が完了する場合もあり、その際は即日融資を受けることも可能になります。

ただし、審査が混み合っていたり審査を受ける時間帯や書類の検索時間がかかることもあるので、申し込みの際には1〜2時間ほどかかることを想定して申し込むと良いでしょう。

また、本審査の審査過程で申込者が実際に申告した会社で働いているかを確認する「在籍確認」が実施されます。在籍確認の所有時間は1,2分程で済みます。

審査の種類かかる時間
仮審査即時
本審査30分 ~ 1時間
在籍確認1,2分 ( 本審査に含まれる )

プロミスの審査時間に関して、下記の記事に詳しく載ってあるので参考にしてください。

プロミス仮審査に通るコツとは?

プロミスへの審査の申し込みが完了すると、プロミスでは機械を使って診断が行われる仮審査というものが行われます。

仮審査ではスコアリングシステムという機械的な判断が行われています。そのため、申込者にの信用情報に傷があったり、年収や借金に問題がある場合は、仮審査に落ちてしま信用情報に傷がついてしまいます。

しかし、プロミスの貸付対象者は「満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方」と定められています。この基準に当てはまる方は仮審査で落ちることはあまりないので安心してください。

⇨30日間無利息で融資しているプロミスはこちら!

他社借入件数や他社借入件数を減らす

プロミスから借入する方の中にはすでに他社からの借り入れをしている方もいらっしゃると思います。他社からの借り入れがある場合は、プロミスから借り入れができない場合があります。

プロミスや他社の消費者金融の審査では、信用情報機関に個人情報を仲介して他社借り入れ状況を確認します。なので、他社から借入をしている場合は、個人の信用情報が信用情報機関に登録されているのでプロミスはすぐに確認することができます。

具体的には、他社からの借入が3社以上ある方は、プロミスの審査に通過することができないと考えた方が良いです。他社から借入をしている場合は、借入件数を1社にして申し込みをした方が良いです。

プロミスの仮審査に落ちてしまう原因

プロミスの仮審査で審査に落ちてしまう場合は、申込者の信用情報に問題がある確率が高いです。

なぜなら、プロミスの貸付対象者は「満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方」と定められているので、申し込み条件を満たしていれば仮審査に落ちることはあまりないからです。

年齢が申し込み基準に達していない場合

プロミスや他社の大手消費者金融のカードローンでは、年齢が20~69歳までの人であれば申し込みが可能です。

プロミスの公式サイトのQ&A「年齢制限はありますか?」にもそう明記されています。

プロミスの申込資格は、下限年齢が20歳、上限年齢が69歳です。20歳以下の方や70歳以上の高齢者が申し込むことはできないので注意してください。

プロミスの仮審査に通って本審査で落ちる原因

プロミスでは基本的に仮審査に通過すればかなりの確率で本審査を通過することが可能です。それに関わらず仮審査に通ったのに本審査で落ちてしまう場合があります。

そのような場合のために、これから仮審査にとったけど本審査で落ちてしまう原因について書いていきます。

プロミスの本審査に落ちてしまう原因
  • 在籍確認ができなかった
  • 信用情報に傷がついていた
  • 過去に金融事故を起こしていた
  • 必要書類が提出できなかった
  • 仮審査と本審査で個人情報に違いがあった
  • 短時間に複数のカードローンに申し込んでいた

在籍確認が確認できなかった

プロミスの本審査の流れの一環で行われます。

勤務先への電話連絡に抵抗もある人も多いかと思いますが電話連絡を受けることができないと審査が通らない場合もあるので気をつけましょう。

実際に以下のようなことが起こると在籍確認の際の審査に落ちてしまいます。

在籍確認の際に、審査に落ちるケース
  • アリバイ会社を利用した
  • 申告した勤務先が正しくなかった
  • 休職中であることが発覚した
  • プロミスの電話に対して、電話口に出た人が「答えできない」と言った

上記のような出来事が起こると審査に落ちてしまいます。
在籍確認で担当者は社名を絶対に明かさないのでバレることはありません。また在籍確認の電話を必ずなしにする方法はありませんが、条件によっては在籍確認の電話がなしになる場合もあります。こちらの記事に詳しい内容を載せておきましたので興味ある方はご確認ください。

こちらの記事に詳しい内容を載せておいたので興味のある方はご確認ください。

信用情報に傷がついていた

プロミスや他社の消費者金融でも「信用情報の傷が付いているかどうか」は重視されます。プロミスの本審査の段階では信用情報が記録されている個人信用情報から仲介して信用情報にアクセスします。また、信用情報は業界内で共有されるため、クレジットカードの審査や他社のカードローンの審査などにも影響を及ぼします。

「信用情報」とは個人のローンやクレジットカードなどの申込履歴、契約情報、借入、返済状況といった利用履歴のことです。金融機関との契約に関する情報である延滞といった返済状況なども全て信用情報に記録されます。

なので「信用情報」に傷が付いている状態だと、プロミスの本審査に通るのは難しくなります。

過去に金融事故を起こしていた

プロミスの本審査に落ちてしまう原因の一つに過去に金融事故を起こしていたことが挙げられます。

金融事故はトラブルとして扱われるため注意をしましょう。またこれらの情報は最低でも5年間から10年の間、信用情報機関に登録され続けます。

下記の具体例の携帯電話料金の未払いや申し込みブラックについては特に見落としがちなので注意しましょう。

金融事故の具体例
  • 自己破産
  • 特定調停
  • 3ヶ月以上の長期延滞
  • 代位弁済をしてもらった
  • 申し込みブラックになった
  • 携帯電話料金の未払い
  • 債務整理(任意整理、特定調停、個人再生、自己破産)をした

必要書類が提出できなかった

プロミスの本審査の際に必要書類が提出できない場合も本審査に落ちる原因となります。提出ができないと職業や借入希望額、本人の個人情報がわからないので審査に通過することができません。

また、インターネットで提出した書類の画像や文字が不鮮明だった場合でも、審査に影響を与えます。書類をスキャンする際は、出来るだけ鮮明に写ることを心がけてください。

仮審査と本審査で個人情報に違いがあった

プロミスに申し込む際には、年収や勤務先、雇用形態、他社借入件数といった個人情報の申告と個人情報の確認を行う書類の提出を行います。

仮審査と本審査の申告内容に虚偽や記入ミスがあった場合は審査時間が長くなる原因となりますので申告時の情報に間違いがないかもう一度確認しましょう。

短時間に複数のカードローンに申し込んでいた

短時間に複数のクレジットカードやカードローン 、キャッシングに申し込むと「申し込みブラック」という扱いになると言われています。

ここで言っている「短時間に複数」とは、1ヶ月の間に3枚以上の申し込みをすることです。3枚以上申し込みをしてしまうと「申し込みブラック」扱いになります。

「申し込みブラック」の状態に陥ってしまうと、カードローンの審査に通りづらくなるので注意しましょう。

プロミスの本審査に落ちてしまった場合に借入する方法

プロミスの仮審査には通ったのに、本審査に落ちてしまった場合は他社の消費者金融や銀行カードローンに申し込むことをおすすめします。

プロミスの仮審査に通過することが出来る方は、貸付対象者の申し込み条件は満たしているので、どのような原因で審査に落ちてしまったかを上記に載せた審査に落ちる人の原因などを読んで考えてみましょう。

また、プロミスから借入することが出来なかったという理由で、他社の消費者金融の審査や銀行カードローンの審査に落ちることはありませんので安心してください。

他の大手消費者金融に申し込む

大手消費者金融のカードローンならば、各公式サイトに借入診断があります。借入を検討している方はまず借入診断を試してみると良いでしょう。

また、大手消費者金融の中でもアコムなら、安定的な給与所得があれば申し込みが可能です。申し込む際は、プロミスの本審査に落ちてしまった原因を修正して、申し込みましょう。

銀行カードローンに申し込む

プロミスの審査に落ちてしまった場合、銀行カードローンに申し込むこともおすすめです。銀行カードローンと消費者金融の大きな違いは、審査時間や金利の面で性質が異なっています。

下記に、消費者金融と銀行カードローンの違いをリストにまとめましたので参考にしてください。

項目銀行カードローン消費者金融
金利低め高め
借入額利用限度額いっぱいまで年収の3分の1まで
審査時間最短翌日( 即日融資不可 ) 最短30分 ( 即日融資可能 )
審査難易度厳しい普通

大きな違いは、審査の時間が銀行カードローンの方が長いことが上げられます。審査時間に長い時間がかかっても考えている方は銀行カードローンを申し込むことも検討してみましょう。

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
不可 1.9%~14.5% 数営業日
Web完結 無利息期間 融資時間
あり なし 楽天銀行なら即時

仮審査で提示した限度額が本審査で落ちることもある

仮審査、本審査の審査には通過したけれど、仮審査の際に提示していた利用限度額が本審査の審査の結果、利用できる金額が少なくなるケースもあります。

利用できなくなるケースは、申込者の信用が下がることが主な原因です。

利用限度額が少なくなるケースは以下の通りです。
  • 申し込み書類に誤りが多かった
  • 在籍確認の際に時間がかかった
  • 提出した書類と実際の申告内容に若干の違いがあった
  • 仮審査と本審査で申告していた他社借り入れ金額の額が違った

本審査の際に上記のようなことが見つかると、利用限度額は低く設定されます。


しかし、返済していくごとにプロミスの方から「信用に値する人」と判断されれば、利用限度額を増やすことは可能です。

プロミスの仮審査・本審査の違い・落ちる原因のまとめ

今回の記事では、大手消費者金融であるプロミスから借入をする際に気になることについて書きました。

プロミスの仮審査と本審査の違いや落ちる原因などから言えることは、仮審査に通ることができれば本審査に通る確率はかなり高くなります。なので、本審査に落ちないために落ちる原因を書いたので内容を参考にして、申し込みをしてもらえると審査に通ることができます。

また、プロミスでは「瞬フリ」と呼ばれる最短10秒で即日融資を受けることができるサービスがあります。少しでもお金を借りたい人におすすめです。

初めての利用におすすめなのはプロミス!

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短10秒で振り込み

メリット
  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

関連記事