Search

検索したいワードを入力してください

プロミスのキャッシング方法・審査基準・流れ|カードなし/専業主婦

初回公開日:2018年07月06日

更新日:2018年07月06日

記載されている内容は2018年07月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

プロミスのキャッシングは、「コンビニ」「専用のATM」で利用することができます。特にプロミス専用のATMや三井住友銀行のATMは24時間利用することができ、なおかつ、手数料がかかりません。この記事では、プロミスのキャッシング方法、審査基準などを記述しています。

プロミスのキャッシング方法

プロミスは、あらゆるATMでキャッシングすることができ、コンビニのATMであれば全国各地でキャッシングすることができます。加えて、メンテナンス時間を除くとほぼ24時間利用することができます。しかし、一部のATMでは手数料が発生することがあります。この手数料を節約する場合には、プロミスのATMか三井住友銀行ATMを利用しましょう。

全国各地のATMでキャッシングすることができるプロミスですが、「コンビニ」「専用のATM」ではどのような方法で利用できるのでしょうか。解説していきます。

コンビニ

コンビニでキャッシングをする場合は、コンビニに設置してあるATMを利用することでキャッシングすることができます。プロミスのキャッシュカードをATMに入れ、画面の操作に従って借入することができます。

ちなみに、返済などを行う場合には専用のマルチメディア端末を利用します。このマルチメディア端末は、ローソンの場合「Loppi」、ファミリーマートの場合「Famiポート」などといった、プロミスなどの返済以外にも例えば高速バスの予約など、さまざまなサービスを利用することができる端末です。

ATM

コンビニのATM以外にも、プロミス専用のATMなどを利用してキャッシングする方法もあります。このプロミスのATMは、主に駅前などに設置してある無人店舗を利用します。契約コーナーとATMが設置してあることが多く、初めて利用する方は契約してからすぐにATMで借入することも可能です。

キャッシングの方法は、プロミスのATMに専用のキャッシュカードを入れて画面の指示に従って借入します。先にも既述したように、このATMは手数料が一切かかりません。

千円単位

プロミスは、千円単位でキャッシングすることができます。ですが、すべてのATMで千円単位でキャッシングできるわけではありません。千円単位で可能なのは、「プロミスのATM」「三井住友銀行のATM」のみとなっています。コンビニのATMでは、千円単位ではなく一万円単位でキャッシングすることができます。

ちなみに、千円単位でのキャッシングはできなくてもセブン銀行でのみ返済をすることは可能です。全国のコンビニの中でもセブンイレブンが一番設置数が多いので、返済しやすい環境にあります。

プロミスは専業主婦でもキャッシングできるのか

プロミスに限らず多くのカードローンでは、収入のない専業主婦は申込することはできません。もし申し込んだとしても審査を通過することはありません。これは、今後返済の見込みが立たなく、融資したとしても返済が滞ってしまうと判断されるからです。

ですので、プロミスを利用したいときには、パートでもアルバイトでも安定した収入を確保することです。パートで収入を得ている主婦の方でも、20~69才の方は、プロミスで申し込みできます。

プロミスカードなしでのキャッシング方法

プロミスのカードローンはカードを作らずに契約することができます。カードを発行することなく契約をした場合は、ATMや提携ATMなどからお金を借りることができません。 キャッシングしたい場合には、銀行口座へ振込んでもらうようになります。

振込による借り入れが面倒になった場合は、あとからカードを発行することが可能です。しかも、手数料などはかかることはなく必要なときにいつでも発行することができます。発行してもらうときに、身内にプロミスを利用していることを隠したい場合は、自動契約機や店頭窓口でカードを発行してもらうとバレることはありません。

プロミスのキャッシングの体験談

プロミスは、年利が約4.5%~17.8%と他の大手のカードローン会社と比べると若干金利が高いです。ですが、その分30日間の無利息サービスなど利用者にとってプラスになるサービスもあり、非常に使いやすいカードローンと評価する口コミも多くあります。

使い方を間違えると返済していくときに大きな負担になります。よくある例として、年収100万円前後の主婦が30万円借り入れしたときに、毎月の返済が最低でも11,000円となります。毎月やりくりしていく中でこの返済額はかなり痛手です。

プロミスのキャッシングの審査基準

プロミスのキャッシングの審査基準

プロミスのキャッシングの審査基準は、安定した収入があるかどうかという点が最も重要です。ですが、安定した収入はいったいどのくらいあればいいのでしょうか。

安定した収入ですが、年収100万円以上あると審査落ちする可能性が低くなります。ここでの年収は、「手取り年収」ではなく「額面年収」で申告するのがおすすめです。

さらに、過過去に一度も滞納や返済遅れがないこと、もしくは、最低でも過去3ヶ月の間に返済遅れや未納がないことも重要です。加えて、借入件数が少ないということも重要です。一般的に4社以上の借り入れがあると審査を通過することができません。

プロミスのキャッシングの審査の流れ

プロミスのキャッシングの審査の流れ

プロミスのキャッシングの審査は、申し込みをした内容を元に仮審査がこの審査に応じて本審査が行われます。申し込みの時点での内容に不備があった場合や嘘の内容を申告してしまうと審査が順調に進みません。大まかな流れが以下のようになります。
  
・申し込みで申告した内容をもとに仮審査
・本人確認書類といった必要書類の提出
・本審査
・申し込み内容の電話確認
・在籍確認
・審査結果の連絡(メールか電話)
・ローンカード発行

本人確認書類

プロミスに限らず、消費者金融や銀行系カードローンでキャッシングする場合には本人確認書類が必要になります。ここで言う本人確認書類とは以下のようなものを指します。

・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・住民票
・国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書
・公共料金の領収書

基本的には、運転免許証を提示すれば本人確認書類として有効です。運転免許証を持っていない方は、パスポートか健康保険証+住民票が必要になります。これらの書類に記載されている住所と現在住んでいる住所が異なる場合は、「国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書」「社会保険料の領収書」「公共料金の領収書」のいずれかが必要になります。

在籍確認

プロミスのキャッシングの審査段階で在籍確認があります。これは、申し込み内容で申告した勤務先で実際に勤務しているかどうかを確認します。基本的に会社に電話がかかってきますので、キャッシングしたことがバレるのではないかと心配する方もいます。

ですが、在籍確認をする場合、個人名で電話することがほとんどであり、プロミスを名乗ることはほとんどありません。電話がかかってくるのが嫌な方は、社員証などといった書類で在籍確認をパスすることも可能です。

プロミスのキャッシングは海外でも使えるのか

プロミスのキャッシングは海外でも使えるのか

プロミスのキャッシングは海外で使うこともできます。ですがその場合、「ジャパンネット銀行」か「楽天銀行」の2つに限られます。これらの口座に振り込んでもらうことでプロミスの借り入れが可能になります。したがって、海外のATMでプロミスのカードを利用して借入れや返済をすることはできません。

プロミスのキャッシングを効率よく利用しよう

プロミスのキャッシングを効率よく利用しよう

プロミスのキャッシングは、「コンビニATM」「専用のATM」で利用することができます。また、千円単位で利用できるATMもあります。いずれの方法にしても気軽にキャッシングできるので、急にお金が必要になった場合でも安心です。

特に、コンビニのATMでは、マルチメディア端末を使って利用します。画面の操作に従って借入をすることができます。ですが、多少の手数料がかかってしまいます。その点、専用のATMは手数料がまったくかかりません。

近場に専用のATMがある方はそちらを、ない方はコンビニのATMでできるだけ多く借り入れして手数料を少しでも減らすようにしましょう。

初めての利用におすすめなのはプロミス!

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短10秒で振り込み

メリット
  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

関連記事