Search

検索したいワードを入力してください

プロミスのカードが使えない原因・対処法|限度額/返済が遅延

初回公開日:2018年05月30日

更新日:2018年05月30日

記載されている内容は2018年05月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

急にプロミスのカードが使えない事態に陥ったことはありませんか。本記事ではプロミスのカードが使えない原因・対処法について紹介していきます。思いもしなかった部分で信用情報に傷がつくなどカードを利用停止にされてしまうことがあるのでしっかりとチェックしていきましょう。

プロミスのカードが使えない原因とは?

プロミスは金利の利息が低いことで消費者金融の中でも人気が高い会社の一つです。現在プロミスのキャッシングを利用しているという方も多いのではないでしょうか。しかし、普段使っていたプロミスのキャッシングですがあるとき急にカードが使えない事態に陥ってしまう、ということもあるでしょう。

本記事ではプロミスのカードが使えない原因・対処法について紹介していきます。まずはじめにプロミスのカードが使えない事態に陥ってしまう原因についてみていきましょう。

頻繁に借入を繰り返している

消費者金融のキャッシングは利用限度額の範囲内であれば、追加で借入と返済を繰り返すことが可能です。しかし場合によっては「利用状況が悪い」と消費者金融側に判断されることがあります。

頻繁に借入を繰り返していると「貸し倒れ発生リスクが高まっている」と判断されプロミスのカードが使えない事態になってしまうことがあります。例えば1、2回返済しただけですぐ利用限度額まで借りてしまうと、カードを停止されてしまうことがあるでしょう。

信用調査は契約前にだけ行うものではなく、契約後も信用情報を取り寄せて借入状況を確認しているのでキャッシングの使い方には注意が必要です。「大きな金額を借り過ぎた」「何度も最近頻繁に借入し過ぎている」と、自分で不安になるような部分があれば、利用停止になる前追加借入を自重したほうが良いでしょう。

限度額

プロミスのカードが使えない原因として多いのが、利用限度額まで使ってしまったという事態です。利用限度額まで使ってしまうと当然カードが使えない事態に陥ります。いくら借りているか把握していないと限度額まで気づいたら達していた、ということはあるでしょう。

返済が遅延している

プロミスのカードが使えない原因として、カードローンの返済期日に遅延してしまうことがあります。消費者金融が提供するカードローンはお互いの信頼に基づいて契約され、利用者は誠実に返済を行うことが義務となっています。そのため返済期日に遅れてしまうことは契約違反で、プロミス側にとって好ましくない状況です。

返済期日までに借金を支払わない利用者は「不良な顧客」と判断されこれ以上利用させないようにとカードが使えない状況にするため、カードの利用を停止させてしまいます。

虚偽の告知が発覚した

プロミスでは申込の内容について虚偽と発覚した場合にはカードの利用を停止されます。これはプロミス以外の消費者金融、銀行系カードローンでも同様でしょう。

プロミスの契約書には細かい字で「免責事項」というものが書いていて、免責事項には申込内容と事実が違った場合、カードは使えなくなるということが記されています。虚偽内容があまりにも劣悪な場合は、カードが使えないどころか、借入金をすべてを一括返済するよう求められる可能性もあります。

債務整理

債務整理は金融事故であり、カード会社が契約中に行う審査(途上与信)で発覚する場合があります。また、債務整理を行う際弁護士から「債務整理を開始した」という通知がお金を借りているすべての金融機関に通告されます。債務整理が明らかになった時点でカードローンの追加借入が停止され、プロミスのカードも使えないようになる手続きが行われます。

スマホ代金や家賃の未払い

スマートフォンの料金、賃貸マンションの家賃を滞納していると信用情報に傷がつき、プロミスのカードが使えない事態になってしまうことがあります。

スマートフォンの料金はローン契約です。賃貸マンションはジャックス・アプラスやなどの保証会社が間に入っています。「たかが携帯、家賃」と軽く考えていると痛い目をみるので注意しましょう。

プロミスのカードが使えないときの対処法とは?

プロミスのカードが使えないときの対処法とは?

では実際にプロミスのカードは使えない事態に陥ってしまった場合どうしたらよいでしょうか。次はプロミスのカードが使えないときの対処法について紹介していきます。

プロミスへ連絡

プロミスのカードが使えないとき、心当たりがなく理由に検討がつかないという場合もあるでしょう。プロミスのカードが理由もわからず使えなくなった時点で、プロミスに連絡をして「なぜカードが使えなくなってしまったのか」という状況を確認することが先決です。

磁気不良の場合はカードの作成

プロミスのカードが磁気不良によって使えないということがあります。次期不良の場合再発行をプロミス側に依頼しましょう。プロミスカードを再発行するには電話・店頭窓口・自動契約機の3つの方法があります。

カードの再発行の手続きに関してはインターネットでの申込ができません。電話・店頭窓口・自動契約機のどれかを利用してカードの再発行を行いましょう。

電話の場合はプロミスコールの番号「0120-24-0365」にかけましょう。再発行の依頼をするとカードは郵送で自宅に送られてきます。家の人にばれたくないという場合は店頭窓口で再発行の手続きを行うか自動契約機が良いでしょう。

返済が滞っている場合は返済する

返済が滞っている場合「これ以上借すことはできない」とプロミス側に判断されればカード利用は停止されます。このような事態に陥った場合はただちに滞ってしまった返済をしましょう。もし返済できない事態に陥っている場合プロミスに連絡し、金利の引き下げや返済期日の調整など相談するようにしましょう。

そのまま返済が滞ってしまい延滞していくと、遅延損害金が発生し返済額が膨れていきます。また信用情報に傷がついてしまうのでほかのカードローンに申し込みをしようとしても審査落ちする可能性が高くなるでしょう。

増額の申込み

利用限度額までキャッシングを行うと当然カードが使えない状況になります。利用限度額を超えてもさらにお金が必要という場合は、増額という方法があります。利用限度額の枠を増やして増えた分だけはキャッシングを行えるようになります。

しかし増額の審査は新規の借入申込に比べて厳しい内容になっています。枠がないほど使い込んでいると増額審査は通らない可能性が高いです。「お金に酷く困っている」という印象に移り、しっかりと返済能力があるのか疑問が残る判断になるでしょう。

プロミスのカードが使えないときのカードローン

プロミスのカードが使えないときのカードローン

実際にプロミスのカードが使えない事態に陥ってしまい、対処法などを試してみてもだめだった場合どうしたらいいでしょうか。その場合はプロミス以外のカードローンを検討したほうが良いでしょう。次はプロミスのカードが使えないときにおすすめのカードローンを紹介します。

アコム

消費者金融のカードローンで有名といえばプロミスとアコムです。CMなどでも放映数で目にすることも多く、消費者金融のカードローンの申し込みをする際この2社で悩む場合があるでしょう。

アコムにはプロミス同様30日間無利息サービスがあります。そのほかアコムは最短1分振り込み融資が完了することや、自動契約機の営業時間が長く返済日の選択の幅が広いなど利用者にとって嬉しいメリットも多いです。プロミスのカードが使えないときのカードローンとしてアコムを検討してみても良いでしょう。

プロミスのカードを使えない状況を防ごう!

プロミスのカードを使えない状況を防ごう!

プロミスのカードが使えない原因・対処法について紹介していきましたが、理解できたでしょうか。借入審査に通ったことで利用限度額まで使っても問題がない、と安易に考えているとプロミス側から不審を抱かれてしまうこともあり、簡単にカードが使えない事態に陥ってしまうことがあります。携帯や家賃の滞納も同様です。

意外と簡単なところでカードが使えない状況になるような事態は起きるので、本記事でのプロミスのカードが使えない原因についてしっかりと確認し、カードローン利用中は行動には十分注意しましょう。

初めての利用におすすめなのはプロミス!

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短10秒で振り込み

メリット
  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

関連記事