Search

検索したいワードを入力してください

プロミスの返済日は延長できるのか・延長する方法・デメリット

初回公開日:2018年06月01日

更新日:2018年06月01日

記載されている内容は2018年06月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

カードローンの中でも大手であるプロミスは利用しやすいということで人気があります。しかし、もしも返済が滞りそうになった場合、返済日を延長するということはできるのでしょうか。そこで今回はプロミスを利用する際に「返済日の延長ができるのか」や方法について見ていきます。

プロミスの返済日は延長できるのか?

カードローンを利用する方が多い昨今ですが、国内に数多くあるカードローンを扱う金融機関の中でも人気のあるところの1つがプロミスです。最大で500万円まで借りられるうえ、借入金額によっては金利の利率が比較的低めに設定されており利用しやすいともいえます。

プロミスに限らずカードローンを利用する際には毎月の決まった返済日には一定の金額を支払う必要があります。しかし、利用者の中には何らかの都合によって返済日を延長せざるを得ない場合もあるでしょう。

そこで今回はプロミスを利用する際に返済日を延長するための方法やデメリットなどについて見ていきます。

14日以内の延滞なら自動音声でできる

そもそもプロミスでは返済日を延長することは可能なのでしょうか。まず、この点を知っておかないと安心することができないでしょう。

結論から先に書けば、返済日を延長することは可能です。具体的には返済が遅れそうな状態になった場合は返済日から14日以内の延滞であればコールセンターであるプロミスコールから自動音声案内を通じて申し込むことができます。

もちろん、連絡するのであればなるべく早めに知らせることに越したことはありません。ただし、取引内容によってはプロミス側で返済日の延長に応じられないということもありますので、その点はあらかじめ理解しておきましょう。

プロミスの返済日を延長する方法とは?

それでは、プロミスで返済日を延長するための手続きの方法にどのようなものが挙げられるのでしょうか。

主な方法として以下に紹介する3つのやり方があります。

コールセンターの自動音声を利用する

まず最初に挙げられるのが、プロミスのコールセンター(プロミスコール)の自動音声案内を利用することです。この方法は電話(固定電話・携帯電話とも)を使うことで利用できます。

ただし、返済できる日が14日以上先になる場合は、音声案内ではなくオペレーターに直接伝えるようにしましょう。その際には返済できる期日を明確なものにすることが大切です。

メールを送信する

もしもコールセンターに連絡するのに気が進まない場合は、メールを送信して返済日を延長してもらうという方法もあります。

こちらの方法を使う場合でもあらかじめ返済できる期日をはっきりさせたうえで連絡するのが無難です。

会員サービスページから申し込む

出先などでプロミスに連絡する時間があまりないという方は会員サービスページから返済日の延長を申し込むという方法もあります。

具体的には、プロミスの会員サービスページからログインしたうえで「ご返済変更申込」にアクセスして申し込むというやり方です。

プロミスの返済日を延長する注意点とは?

ここまで見てきたようにプロミスでは返済日に間に合わない場合は、返済期日を延長することができます。ただし、返済日の延長を申し込む際には前もって注意点があるということも把握しておくことが大切です。

それでは、プロミスで返済日の延長を申し込む際の注意点とはどのようなものなのでしょうか。

遅延損害金が発生する

プロミスに連絡すればたしかに返済日の延長に応じてもらうことはほぼできます。ただし、1つ気を付けたいのは延長してもらったからといって遅延損害金が発生することは変わらないという点です。

これはいくら前もって延長を受理されても、延滞をしていることに変わりがないためです。加えて、延長している間に発生する遅延損害金は普通の利息の場合に比べて金利が高くなるため、なるべく早く返済した方が良いといえるでしょう。

最長でも次回の給料日までにすること

さらに、返済日の延長のためにプロミスに連絡する前に返済期日を明確にしておくことが大切であることはすでに書きましたが、返済期日については最長でも次回給料日までとすることが重要です。

返済日の延長が比較的長い期間(14日以上)必要な場合はプロミスのオペレーターに事情を話したうえで申し込むことになります。が、あまりにも長引きすぎると良い印象を持たれないだけでなく延長そのものを受理してもらえなくもなります。

このため、最長で次回の給料日までに支払う旨を伝えておくことがどうにか返済日の延長を受理してもらえるギリギリの期限といえるでしょう。

プロミスの返済日を延長しても返せそうにない場合

せっかくプロミスに連絡して返済日を延長してもらっても、状況によっては新たな期日までに返せそうにない場合が発生することもあります。

本当のところはあまりこのような状況に陥らない方が良いですが、仮に陥ったとしても以下の方法をとることで何とかなることが多いです。

コールセンターで相談する

最も手っ取り早い方法がコールセンターへの連絡です。とはいっても、自動音声案内ではなく直接オペレーターに連絡して今後どのようにすればよいかについて話し合うとよいでしょう。

もちろん、オペレーターに事情を話す際には見え透いた言い訳や嘘を並べることなく、誠実かつ正直に話すことが大切です。

延滞の約束をする

できるならば、延滞の約束を取り付けるとよいでしょう。プロミス側も難色を示す場合もありますが、きちんと事情を説明すれば返済のめどが立つ期日までは延長してもらえます。

別の金融機関から借り換える

延長した返済日にどうしても間に合わせる必要がある場合は、別の金融機関からお金を借り換えるという方法があります。

ただし、この方法をとるには、いわゆる自転車操業の悪循環に陥らないように、今後プロミスにも新しく借りた金融機関にもきちんと返すことのできるあてを確保する必要があります。

プロミスで延長日を延長するのであれば早めの連絡を

プロミスで延長日を延長するのであれば早めの連絡を

プロミスで返済日の延長をするための方法やデメリットなどを見てきました。返済日は延長できますが、その際にはコールセンターや会員ページを経由して申し込みをする必要があります。この時に支払期日を明確にしておくことも重要です。

もし、返済日を延長したにもかかわらず返済できない場合もコールセンターに連絡したり借り換えるなりして対策を立てましょう。

いずれにせよ、プロミスで返済日を延長するということであれば早めに手を打つことが大切です。

初めての利用におすすめなのはプロミス!

63bf6e02 693c 48fe b0a6 7b688fcbcdd3
即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短10秒で振り込み

メリット
  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

関連記事