Search

検索したいワードを入力してください

2019年11月22日

レイクALSAの審査の流れと審査基準について

消費者金融のレイクALSAは、審査基準と申込企画には何があるのか?審査は甘いのか?審査にかかる時間はどれくらいなのか?自営業者・個人事業主は審査に通りづらい傾向があるのか?レイクALSAの審査基準はどうなのか?などの疑問について書いていきます。

レイクALSAの審査基準と申込資格

レイクALSAの公式ホームページには、申込資格に「満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)」と記載されています。

そのため、20歳以上で安定した収入があれば、正社員や派遣社員(契約社員)はもちろん、アルバイトをしている学生・フリーターの方でも、レイクALSAのカードローンに申し込むことが可能です。
ただし、専業主婦の方は、配偶者に収入が合っても申込者本人に収入がないのでレイクには申し込みできません。

結論として、レイクALSAの借入を考えていて安定した収入が無い人は最低でも2ヶ月の期間を空けてレイクALSAに申し込みをしましょう。

レイクALSAの審査は甘い?

レイクALSAのカードローンに申し込もうとしている人にとって、レイクALSAのカードローン に申し込もうとしている人にとって、レイクALSAの審査が甘いのか他社と比べて審査の通りやすさなどが気になる部分だと思います。

そこでレイクALSAと大手消費者金融の成約率については下記の表にまとめました。

金融機関名2017年12月 2018年3月2018年6月2019年3月
レイクALSA 36.7%※132.0%※128.9%30.1%※4
アコム45.4%※344.8%※344.6%※350.0%※3
アイフル47.3%46.5%48.2%※2None
プロミス44.8%45.6%45.7%42.9%※5

※1:2018年3月以前の成約率は「新生銀行カードローン レイク」のものです
※2:2018年5月度の成約率です。
※3:アコム:マンスリーレポートより
※4:2019年3月以前の成約率はSMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標より

レイクALSAの審査が落ちるかどうか不安な方はお借入診断を受ける

レイクALSAの審査に通過できるか不安な方は、カードローン申込前にレイクALSAの公式サイトにある「お借入診断」を受けてみましょう。

お借入できるか不安な方もいるかと思います。そこでお借入診断を受けてみることをお勧めします。お借入診断とは、「生年月日」「年収」「他社借入額」を入力するだけで、カードローンを契約できるサービスです。

お借入診断で「融資可能」と表示された人は、レイクALSAから借り入れができる可能性が高いです。
ただし、あくまでもレイクALSAのお借入診断は、融資可否の目安を判断するサービスであるため、本審査と結果が異なる場合があります。

特に他社借入の件数が3社以上であったり、金融事故を起こした人は、お借入診断の結果が「融資可能」でとしても、本審査に通らない可能性があります。

レイクALSA審査にかかる時間

レイクALSAの審査は「仮審査」「本審査」の二段階で実施され、合計最短30分で審査結果がでます。ただし、審査が混み合っている、書類の検査にかかるなど、1時間ほど掛かることも少なくありませんので、審査には平均すると1時間かかると思っておくと良いでしょう。

また、本審査の途中では「在籍確認」が実施されます。在籍確認の所要時間は1,2分ほどで済みます。

審査の種類かかる時間
仮審査即時
本審査30分 〜 1時間
在籍確認1,2分 (本審査に含まれる)

審査実施の申し込みはメールで審査結果を受け取る

レイクALSAは審査実施時間内に申し込みが完了すると、すぐに仮審査の結果が通達されます。
レイクALSAの審査結果は電話かメールで通達されます。電話できたら審査通過、メールだったら審査否決と言うわけではなく、申し込み内容で細かく聞きたいことがあれば電話がかかってきますし通過した時にメールで通達されることもあります。

審査の実施時間外に申し込みをした場合は、審査の実施時間内になった瞬間、随時メールで審査結果が通知されます。

申し込み期間仮審査の結果通知
0:00~8:108:10以降随時
8:10~21:50 (第3日曜日のみ8:10~19:00)申込完了後すぐ
21:50~23:59翌日の8:10以降

自営業者・個人事業主は審査に通りづらい傾向がある

自営業者と個人事業主の方は、審査に通りづらい傾向があります。実際に他社からの借り入れもなく年収300万円〜400万円で審査に落ちてしまった」という人もいます。

アコムに限らず、自営業者や個人事業主がカードローンの審査に申し込む際、事業計画書や返済計画書の提出が求められるケースもあり、正社員などの給与所得者より審査が厳しくなっているのが実情です。

また大手消費者金融は銀行系カードローンと比べて金利が低いので、金利を優先するのであれば銀行系カードローンをおすすめします。

「レイクALSAの審査は仮審査と本審査の2段階」

レイクALSAの審査は「仮審査」と「本審査」の2段階で行われます。

ざっくりと仮審査と本審査の違い
  • 仮審査は機械を使って自動的に行われる審査のこと
  • 本審査は申込者が提出した書類をもとに事実確認を行う

仮審査

仮審査は機械を使って自動的に行われる審査のことです。申し込む際に「年収」「勤務先
」「他社借入件数」など、様々な情報を申し込みフォームに入力してきますが、この入力した情報を元に仮審査が行われます。

仮に仮審査に落ちてしまった人は、本審査に進めないのはもちろんのこと、レイクALSAのカードローンを契約することもできません。仮審査に落ちた場合は、他のカードローンに申し混むことを検討してみてください。

本審査

レイクALSAの本審査では、本人確認書類や収入証明書類の確認、さらに「申込者が申告した勤務先で本当に働いているか」を確認するための在籍確認が行われます。

仮審査を通過して、本審査に進んだとしても「虚偽の申告をした」「在籍確認が取れなかった」「信用情報に傷がついている」などの問題があると、本審査に落ちたり、希望した額の借入ができなくなる可能性があるので注意しましょう。

レイクALSAの審査基準

レイクALSAの公式ホームページには、申込資格に「満20歳以上70歳以下の型で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)」と記載されています。

そのため、20歳以上で安定した収入があれば、正社員や派遣社員(契約社員)はもちろん、アルバイトをしている学生・フリーターの方でも、レイクALSAのカードローンに申し込むことが可能です。2018年3月末に終了してしまった、新生銀行カードレイクの新規融資の時は専業主婦(主夫)の借入は可能だったんですけど、経営元が消費者金融会社の新生フィナンシャルグループに変わったため、銀行カードローンから消費者金融カードローンに生まれ変わりました。


そこでおおまかな審査基準として、各消費者金融で行われている審査方法についてポイントをみていきましょう。

スコアリング審査

スコアリングは一般的に仮審査の段階で行われる審査のことです。

スコアリングとは、申込者から提供された個人情報を元に、本人の属性を統計的に処理しスコア化(点数化)、レイクALSAが決めた一定の基準点を超えた申込者を、スコアリング審査の合格者とするシステムです。

合否判定は自動的に行われるのでスコアリングの結果が出るのも極めて早いです。

信用情報に基づく外部調査

レイクALSAでは、スコアリング審査とは別に加盟する信用情報機関に申込者本人の信用照会を行い、その結果を審査の判定に利用しています。

他社からのカードローンのキャッシングを行い、返済を延滞していたり携帯電話の料金の未払いやクレジットカード利用の強制解約などを受けると信用情報に傷がついてしまいます。「信用情報」に傷がある状態だと、レイクALSAの本審査に通るのは難しくなります。

信用情報は、業界内で共有されるため、クレジットカードの審査やカードローンの審査に影響を及ぼします。

また、信用情報機関の取り扱い機関は3つあります。

信用情報機関
  • JICC 日本信用情報機構
  • CIC シー・アイ・シー
  • JBA 全国銀行個人信用情報センター

審査担当者による勤務先への在籍確認

レイクALSAの審査において、在籍確認は信用情報照会と共に欠かせない手続きです。

在籍確認とは、申込者に安定した収入があるのか確認するため、また申請内容に嘘がないかを確認するために実施される本審査の一環です。

実際にレイクALSAの担当者に確認したところ、「レイクALSAの本審査の際に在籍確認が行われる」と返事がきました。

在席確認がなぜ重要かと言うと、仮に本人が勤務先を申込書に申告していても、じつはすでに退職済みのような場合があり、実際働いていないと、もしカードローンを貸した場合、返済不能となる可能性があるからです。

賃金業者としても、そのリスクは避けたいので在籍確認は審査の必須手続きとなっています。

また、在席確認が取れないと、ローンカードも発行できず、当然キャッシング契約もできません。

レイクALSAの在籍確認のタイミング

ところで在籍確認が行われるタイミングはいつ頃なのでしょうか?

在籍確認についての流れが気になる方もいらっしゃると思うので以下にレイクALSAで在籍確認が行われる流れについて下記に書きました。

レイクALSAの審査で在籍確認が行われる流れ
  1. 申し込む
  2. 審査 ( 審査の一環として在籍確認が行われる )
  3. 契約の意思確認
  4. 本人確認書類の提出
  5. 契約
  6. ローンカード発行
  7. 借入

レイクALSAの申し込み方法を比較

レイクALSAの申し込み方法は「電話」「自動契約機」「インターネット」の3つです。それぞれの特徴をまとめたのが以下の表です。

申込方法申込受付時間借入方法
電話通常時間帯: 9:10 ~ 21:00振込融資:平日14時まで
電話毎月第3日曜日: 9:00 〜 19:00自動契約機でローンカード発行、ATMでキャッシング
自動契約機平日・土曜日:8:00~24:00 ※2カード発行、ATMでキャッシング
自動契約機日曜日・祝日:8:00~22:00カード発行、ATMでキャッシング
自動契約機毎月第3日曜日:8:00~19:00カード発行、ATMでキャッシング
インターネット24時間受付 ※1振込融資:平日14時まで、自動契約機でローンカード発行、ATMでキャッシング
インターネット24時間受付 ※1振込融資:平日14時まで、自動契約機でローンカード発行、ATMでキャッシング

もっともおすすめな申し込み方法は、インターネットから申し込む方法です。インターネット申し込みの最大のメリットは、自動契約機や電話とは違ってレイクALSAの申し込みを24時間受付ているためです。好きな場所で好きな時間に申し込み手続きがを完了させることができるのは魅力的です。

次におすすめな電話での申し込みでは、インターネット申込と比べて受付時間が短いですが、インターネット申込と同様に場所を選ばず申し込み手続きができるのがメリットです。
疑問点がある場合もオペレータに相談しながら申し込み手続きを進めることもできるので、便利な申込方法と言えるでしょう。

自動契約機の申し込みでは、都内在住の方であれば設置されてる場所が簡単に見つかると思うのですが地方に在住してる方だとなかなか見つけるのが難しかったりするので、あまりおすすめできる申し込み方法ではありません。

レイクALSAに申し込んでから融資を受けるまでの流れ

レイクALSAの申し込み方法を知る前に、レイクALSAの申し込みから融資を受けるに至るまでの一連の流れを把握しておきましょう。

なぜなら、申し込み方法はレイクALSAから融資を受けるための手続きなので、そのあとの申し込みから融資を受けるまでの流れを知っておかなければお金を借りることができないからです。

レイクALSAに申し込んでから融資を受けるまでの流れは以下の通りです。
  1. 申し込みフォームに必要事項を入力し、送信
  2. 仮審査
  3. 本審査
  4. 在籍確認
  5. カードローン審査通過の通知
  6. 契約手続き
  7. 融資

レイクALSAの審査に通りやすくなる方法

レイクALSAの審査に通るコツは以下の通りです。

レイクALSAの審査に通りやすくなるコツは以下の通りです。
  • 同じ職場で2か月以上働いてから申し込む
  • 申し込みフォームに正しい情報を入力する
  • 他社借入件数が2社以内

レイクALSAの申込資格は「満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方」「1つの職場から2ヶ月以上連続して給料をもらっていること」です。

また、「申し込みフォームに記載する内容を間違えてしまい審査落ち」というケースも少なくありません。当たり前のように感じるかもしれませんが、急ぎの融資を希望している方は、十分気を付けましょう。

レイクALSAの審査に落ちた人の特徴

レイクALSAの審査に落ちた人の特徴は以下の通りです。

落ちた人の特徴は以下の通りです。
  • 信用情報に傷があった
  • 他社借入の件数が多かった

それぞれの項目について、以下で具体的に解説します。

信用情報に傷があった

過去の事故情報や申込ブラックなどの状態が信用情報に記録されてしまうことを、一般的に"傷が付く"と言います。

金融トラブル(事故情報)の主流となるのが、返済遅延によるものです。返済遅延の行く末は大きく分けて4つに分類されます。延滞、債務整理、強制解約、代位代弁などです。

レイクAKSAの審査では本審査の段階で信用情報にアクセスします。そして仮に信用情報に見逃すことのできないような傷がついていた場合は、その段階で審査落ちとなるのが一般的です。

下記に「信用情報」についての説明を載せておきました。

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
 
近年、クレジットカードを利用して買い物をしたり、ローンを利用して自動車を購入するなど現金を使わずに支払をすることが増えてきています。
このように現金を使わずに「個人の信用(期日までにお金を支払うという約束)」にもとづく取引を「信用取引」といいます。

そして「個人の信用」を客観的に表した情報が「信用情報(※)」です。 

信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。
信用情報は、皆さまの「信用力」を表す唯一の情報であり、「個人の信用」にもとづくサービスの提供を希望する際に大切な情報です。

出典: https://www.jicc.co.jp/whats/about_00/index.html |

他社借入の件数が多かった

他社借入件数が多い人は、「返済能力に問題がある」と判断されてレイクALSAの審査に落ちてしまいます。他社借入件数の明確な基準はありませんが、借入件数は少なければ少ないほどレイクALSAの審査に落ちにくくなります。

複数社から借入をしている方は、レイクALSAの「お借入診断」を試してみましょう。「お借入診断」は信用情報に登録されることはないので気軽に借入可能か診断してもらえます。

* レイクALSAのお借入診断はこちらです

初めての利用におすすめなのはレイクALSA

レイクALSAなら申込み後最短15秒審査、Webで最短60分融資も可能です。

審査通過率も他の消費者金融と比較して高いので、今すぐにお金を借りたい方が多く利用しています。また、家族や職場にバレたくない方にも柔軟に対応してくれるので安心。

キャッシングがはじめてなら、まずはレイクALSAからお申し込みを。

即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~18.0% 申し込み後、最短15秒
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 下記参照 Webで最短60分融資も可能

メリット
  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

関連記事