Search

検索したいワードを入力してください

2019年11月22日

レイクALSAの仮審査と本審査の違い・落ちる理由について

消費者金融は、仮審査通過後に本審査で落ちるのか?仮審査と本審査の違いとは?仮審査に通っても本審査に落ちる人の特徴とは?仮審査に受かるコツとは?申込者の中には、これらの疑問を持ってる方がいるかと思います。これらの疑問についてこの記事では説明をしていきます。

レイクALSAには、仮審査と本審査があります。

仮審査では、生年月日、本人年収(税込み)、他社からの借入件数、現在の他社借入れ金額を入力して自動判断した上で、仮の利用限度額が提示されます。その次の本審査では、個人信用情報機関に保存されている信用情報や必要書類などをチェックし、勤務先への在籍確認を行います。

仮審査は、申込者が申し込み時に申告した情報をもとに可決を決定しているだけなので、ほとんどの人が通過をすることができます。そこから本審査に通るかどうかがレイクALSAから借入するためには一番大事なことです。

今回の記事では
・レイクALSAの仮審査と本審査の違いとは?
・レイクALSAの仮審査に通るコツとは?
・レイクALSAの仮審査に通って本審査で落ちる人の特徴とは
・レイクALSAの本審査に落ちてしまった場合に借入する方法
・レイクALSAの仮審査と本審査の違い・落ちる理由についてのまとめ

を順番に紹介していきます。

1分でわかるこの記事の要約
  • 仮審査に通ったからといって本審査に受かるかはわからない
  • レイクALSAの審査は事前の準備が大事
  • 本審査を受ける前に落ちる人の特徴を抑えておく
  • まずはお借入診断を試してみる

レイクALSAの仮審査と本審査の違いとは?

ここからレイクALSAの仮審査と本審査の違いについて、また本審査に落ちてしまう人の特徴や落ちてしまった場合に借入する方法などをまとめています。

レイクALSAの仮審査と本審査の違いとは?
  • そもそも仮審査と本審査はどのようなものなのか?
  • 仮審査は15秒で終わる
  • レイクALSAの仮審査と本審査にかかる時間
  • 審査の際に電話はかかって来るのか?
  • 在籍確認はいつ行われるのか?
  • 信用情報はいつ活用されるのか?
  • お借り入れ診断と仮審査は別物なので注意
ざっくりと仮審査と本審査の違い
  • 仮審査は機会を使って自動的に行われる審査のこと
  • 本審査は申込者が提出した書類をもとに事実確認を行う

そもそも仮審査と本審査はどのようなものなのか?

この記事ではレイクALSAの仮審査と本審査の違いについて、また本審査に落ちてしまう人の特徴や落ちてしまった場合に借入する方法などをまとめています。

仮審査は15秒で終わる

レイクALSAの仮審査は、15秒で終わります。WEB申し込みならサイト上に自動契約機ならモニターにすぐに審査結果が出ます。

「たった15秒で何を検査しているの?」と思うかもしれませんが、レイクALSAが独自で開発している人工知能により、入力した項目が全て数値化されて、合格か不合格が決まるようになっています。

もちろん、お借入診断を利用した記録は信用情報には残りません。なので、気軽に利用することができます。借り入れを検討している方は、レイクALSAの「仮審査」にもう押し込む前に「お借り入れ診断」を利用してみるといいでしょう。

レイクALSAの仮審査と本審査にかかる時間

レイクALSAの審査は「仮審査」「本審査」の二段階で実地され、最短で30分で審査結果が出てくるので融資を受けることが可能となります。ただし、審査が混み合っていたり審査を受ける時間帯や書類の検査に時間がかかるなどことがあるので1時間ほど掛かることも少なくありませんので、平均すると1時間程はかかると思っておくと良いでしょう。

また、本審査の審査過程で会社への電話連絡がある「在籍確認」が実地されます。在籍確認の所有時間は1,2分ほどで済みます。

審査の種類かかる時間
仮審査即時
本審査30分 〜 1時間
在籍確認1,2分 ( 本審査に含まれる )

審査の際に電話はかかって来るのか?

レイクALSAの仮審査と本審査の違いの1つ目に電話がかかってくるのかどうかという点が挙げられます。

基本的には仮審査の段階は機械だけで自動的に行いますので、特に電話はかかってくるということはありません。

電話確認
仮審査×
本審査

在籍確認はいつ行われるのか?

レイクALSAの仮審査と本審査の違いとして挙げられる特徴の1つとして、在籍確認が行われるかどうかという特徴が挙げられます。

在籍確認とは、申込者に安定した収入があるのか確認するため、また申請内容に嘘がないかを確認するために実施される本審査の一環です。

実際にレイクALSAの担当者に確認したところ、「レイクALSAの本審査の際に在籍確認が行われる」と返事がきました。

また、勤務先などに連絡がきた場合に質問される内容は、生年月日や干支の質問がなされて終了します。

また、申込者本人が電話に応対できなくとも「(申込者)は席を欠勤です」と言ってもらえるだけでも、会社に在籍していることが確認できるので、ここで在籍確認は完了します。

ただし1つ注意すべき点として、職場側が「個人情報保護を理由にお答えできない」などと回答した場合です。この場合、残念ながら、在籍確認ができなかったという理由で審査落ちとなってしまいます。

在籍確認が行われるかどうか
仮審査×
本審査

在籍確認についての流れが気になる方もいらっしゃると思うので以下にレイクALSAで在籍確認が行われる流れについて書きました。

レイクALSAの審査で在籍確認が行われる流れ
  1. 申し込む
  2. 審査(審査の一環として在籍確認が行われる)
  3. 契約の意思確認
  4. 本人確認書類の提出
  5. 契約
  6. ローンカード発行
  7. 借入

信用情報はいつ活用されるのか?

消費者金融からお金を借入する際にどうしても業者側(カードローン)が参考にするのが、申込者の信用情報です。信用情報には申込者の過去の借入額や返済履歴(滞納歴も含める)、さらには申込回数が詳しく記載されてます。

レイクALSAの審査では本審査の段階で信用情報にアクセスします。そして仮に信用情報に見逃すことのできないような傷がついていた場合は、その段階で審査落ちとなるのが一般的です。

下記に「信用情報」についての説明を載せておきました。

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
 
近年、クレジットカードを利用して買い物をしたり、ローンを利用して自動車を購入するなど現金を使わずに支払をすることが増えてきています。
このように現金を使わずに「個人の信用(期日までにお金を支払うという約束)」にもとづく取引を「信用取引」といいます。

そして「個人の信用」を客観的に表した情報が「信用情報(※)」です。 

信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。
信用情報は、皆さまの「信用力」を表す唯一の情報であり、「個人の信用」にもとづくサービスの提供を希望する際に大切な情報です。

出典: https://www.jicc.co.jp/whats/about_00/index.html |
レイクALSAの審査に影響を与える記録
  • カードローンの延滞
  • 奨学金の返済の滞納
  • クレジットカードの支払いの延滞
  • 携帯電話の端末料金の支払いの滞納

お借い入れ診断と仮審査は別物なので注意

間違えやすいですがレイクALSAの「お借入れ診断」は、審査とは別物です。

お借入診断は、あくまでも審査の方向性を示すものです。生年月日、本人の収入、他社借入件数、借入額の4項目でシュミレーションしているだけであり、人為的な審査は一切行われていません。また個人の信用情報にもお借入診断を利用した履歴はつきません。

お借り入れ診断が良い結果だったからといって、実際の審査に通過できる訳ではありませんし、その結果が審査で考慮されることもないので注意しましょう。

レイクALSAの仮審査に通るコツとは?

レイクALSAへの申し込みが完了すると、レイクALSAでは機械を使って診断を受ける仮審査というものが行われます。

仮審査ではスコアリングシステムという機械的な判断が行われています。そのため、どのような事情があろうが、信用情報に傷があったり、年収や借金に問題がある場合は自動的に審査に落ちてしまう場合があるので仮審査に申し込む前に提出書類が正しいかどうか申告内容を正しく記入したか信用情報に傷がついていないかについて今すぐ確認してください。

仮審査に落ちる人の原因とは?

仮審査に落ちてしまう原因として考えられることは3つほどあります。

1つ目はレイクALSAの貸付者基準の「満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する型で、当社基準を満たす方」と定められています。この基準に当てはまらない方が仮審査を受けると落ちてしまいます。

2つ目は無職の人です、レイクALSAは「安定的な収入」を有する方に対して、貸付を行なっているので収入のない人は仮審査に落ちてしまいます。

3つ目は他社借り入れ件数が3件以上の方で、信用情報に傷がついており、過去や現在で返済の延滞などを行なってきた人も仮審査に落ちてしまうので注意しましょう。

レイクALSAの仮審査に通って本審査で落ちる人の特徴

仮審査に通っても、本審査に落ちて融資を受けられなかった場合は以下のような原因があります。

レイクALSAの本審査に落ちてしまう原因
  • 電話確認が取れなかった
  • 信用情報に傷がついていた
  • 他社借入の件数が多かった
  • 必要書類が提出できなかった
  • 仮審査と本審査で個人情報に違いがあった
  • 融資希望額が総量規制に引っかかっている

電話連絡が取れなかった

レイクALSAの本審査の流れの中で在籍確認が行われます。

勤務先への電話連絡に抵抗がある人も多いですが、電話連絡を受けることができないと審査が通らないので気をつけましょう。

また、レイクALSAの電話を受ける際に「在籍確認で会社にバレてしまわないか」という不安を抱えている方も多くいらっしゃることでしょう。

在籍確認で担当者は社名を絶対に明かさないのでバレることはありません。また在籍確認の電話を必ずなしにする方法はありませんが、条件によっては在籍確認の電話がなしになる場合もあります。こちらの記事に詳しい内容を載せておきましたので興味ある方はご確認ください。

信用情報に傷がついていた

他社からのカードローンのキャッシングを行い、返済を延滞してたり携帯電話の料金の未払いやクレジットカード利用の強制解約などを受けると信用情報に傷がついてしまいます。「信用情報」に傷がある状態だと、レイクALSAの本審査に通るのは難しくなります。

「信用情報」とは個人のローンやクレジットカードなどの申込履歴、契約情報、借入・返済状況といった利用履歴のことであり、金融機関との契約に関する情報である完済や延滞といった返済状況なども全て信用情報に記録されます。

また、信用情報は業界内で共有されるため、クレジットカードの審査やカードローンの審査などに影響を及ぼします。

金融事故の具体例
  • 代位弁済をしてもらった
  • 3ヶ月以上の長期延滞
  • 申し込みブラックになった
  • 債務整理(任意整理、特定調停、個人再生、自己破産)をした
  • 携帯電話料金(本体代)をクレジットカード利用の強制解約を受けた
  • 自己破産
  • 特定調停

上記のようなトラブルは金融事故として扱われるため注意しましょう。
またこれらの情報は最低でも5年から10年の間、信用情報機関に登録され続けます。

一口に信用情報機関といっても、取り扱い機関は3つあります。

信用情報機関
  • JICC 日本信用情報機構
  • CIC シー・アイ・シー
  • JBA 全国銀行個人信用情報センター

信用情報機関の種別や特徴について簡単にわかる表を下記に載せておきました。

JICCCICJBA
延滞の有無延滞解消から1年延滞解消から5年延滞解消から5年
自己破産5年5年10年
個人再生5年登録されない10年
任意整理5年登録されない登録されない
申込6ヶ月6ヶ月6ヶ月
契約・借入・返済 5年5年5年

他社借入の件数が多かった

レイクALSAから借入する方の中にはすでに借り入れをしている方が多いと思いますが他社から借り入れがある場合だとレイクALSAできない場合があります。

レイクALSAや他社の消費者金融の審査では、信用情報機関に個人情報を照会して他社借入状況を確認することがあります。他社から借入をしている場合は、その情報が信用情報機関に登録されていますのですぐに確認ができます。

具体的には他社からの借入が2社以上ある方は、アイフルの審査に通過することはできないと考えた方が良いです。他社からの借りているお金を返済して1社以下にしてから申し込みをした方が良いです。

必要書類が提出できなかった

仮審査が終わると、本審査の前に必要提出書類の提出を求められます。必要書類を用意できず、提出できなかった場合は本審査に落ちてしまいますので注意しましょう。

レイクALSAに申し込む際は、本人確認書類として運転免許証やパスポートを提出しましょう。なお、運転免許証やパスポートをお持ちではない方は下記の書類も本人確認書類として提出可能です。

本人確認書類として認められる書類について
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 在留カード/特別永住者証明書(外国人登録証明書)

上記の書類は、いずれか1点で問題ありません。

また、本人確認書類(身分証明書)に記載されている住所と現住所が異なる場合、健康保険証などの顔写真がない本人確認書類を提出する場合は以下の書類も別途必要となります。

短期間に複数社に申し込んでいた

短期間で複数の金融機関に借入を申し込むと「他社で融資を断られて複数の会社に申し込みしている」と判断され、「申し込むブラック」と呼ばれる状態に陥ります。申込ブラックとは、短期間に複数のクレジットカードやカードローン、キャッシングに申し込んだ状態のことです。

クレジットカード審査は期間が長いもので1ヶ月ほどかかる場合があるので、その間に審査に通るのか不安に思い、保険のつもりで複数者に申し込むことがあるので注意しましょう。

なお、他社借入額が気になる方はレイクALSAのお借入診断を試してみましょう。レイクALSAのお借入診断を利用して「借入の可能性が高い」と診断されれば、レイクALSAの審査に通る可能性が高くなります。

仮審査と本審査で個人情報に違いがあった

レイクALSAに申し込む際には、年収や勤務先、雇用形態、他社借入件数といった個人情報の申告と個人情報の確認を行う書類の提出を行います。

申告内容に虚偽や記入ミスがあった場合は審査時間が長くなる原因となりますので申告時の情報に間違いがないかもう一度確認しましょう。

融資希望額が総量規制に引っかかっている

レイクALSAでは仮に審査に通過しても、借り入れ希望金額を借りられる訳ではないです。

レイクALSAは総量規制という「利用者の借入総額が年収の3分の1を超える貸付は禁止」と定められたと法律の元で融資を行なっています。一般的に、年収の1/3以上の借入は返済が難しくなるとされています。そのため、融資希望額が年収の3分の1以上かそれくらいの金額を希望をしている場合は、総量規制に引っかかってしまっている場合があります。

「総量規制」とは、いくつもの消費者金融機関やクレジットカード会社からお金を借り、返済が困難になる多重債務の問題を事前に回避するために設けられた規定です。

また総量規制には除外や例外もあります。例えば、不動産屋自動車を購入する際に担保付の貸付を行う場合は総量規制に該当しません。また急な高額医療費などの負担のために借入する場合も例外として認められる場合もあります。

レイクALSAの本審査に落ちてしまった場合に借入する方法

レイクALSAの成約率は他社の消費者金融より審査が通るのが難しいので、レイクALSAの審査に落ちてしまって「今すぐお金が必要だ」と思ってる方もいらっしゃるかと思います。

各会社で審査基準は異なるので、レイクALSAの審査基準を満たさなかっただけで他社のカードローンに通過する可能性はあります。

本審査に落ちてしまった場合に借入する方法
  • 他の大手消費者金融に申し込む
  • 銀行カードローンに申し込む

それでは、レイクALSAの本審査に落ちてしまった場合に借入する方法についてそれぞれ説明していきます。

他の大手消費者金融に申し込む

消費者金融ごとに審査基準は違うので、レイクALSAの本審査に落ちた場合は他のお大手消費者金融に申し込む手段もあります。

審査基準が違うため、レイクALSAの審査に落ちても他の大手消費者金融に申し込む手段もあります。


例えば、利用者数ナンバーワンのアコムなら、2019年3月には成約率が50.0%(※1)となっています。
2019年3月、同じ時期に成約率が30.1%(※2)となっているレイクALSAよりは審査が通りやすいかと思います。 レイクALSAと同じくアコムの審査は「最短30分」で完了、即日融資にも対応しています。

※1: アコム: マンスリーレポートより
※2: 新生銀行カードローン レイク 銀行カードローンに申し込む

消費者金融よりも銀行カードローンの方が、金利は低いです。まずは大手銀行と大手消費者金融( アコム・レイクALSA・楽天銀行カードローン) が展開しているカードローン商品の違いを確認しましょう。

金融機関金利 ( 実質年率 )
アコム年3.0% ~ 18.0%
レイクALSA年4.5% ~ 18.0%
楽天銀行カードローン 年1.9% 〜 14.5%

上記の表を見ると、銀行カードローンの方が消費者金融よりも金利が低いということがわかります。

利息による負担は少しでも軽減するなら、銀行カードローンを選択した方が得策と言えます。

レイクALSAの仮審査と本審査の違い・落ちる理由についてのまとめ

今回の記事では、レイクALSAの仮審査と本審査の違いについて、仮審査に通るコツや、仮審査に通って本審査で落ちる人の特徴や本審査に落ちてしまった場合に借入する方法について説明していきました。

カードローンから借入する際には、専門用語や細かい知識をつけるのが面倒だと思う人がいるかもしれませんが、長期的にみたら得をすることなのでこの際しっかり仮審査と本審査の違いと落ちる理由を借入する前に把握して、申し込みましょう。

初めての利用におすすめなのはレイクALSA

レイクALSAなら申込み後最短15秒審査、Webで最短60分融資も可能です。

審査通過率も他の消費者金融と比較して高いので、今すぐにお金を借りたい方が多く利用しています。また、家族や職場にバレたくない方にも柔軟に対応してくれるので安心。

キャッシングがはじめてなら、まずはレイクALSAからお申し込みを。

即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~18.0% 申し込み後、最短15秒
Web完結 無利子期間 融資時間
可能 下記参照 Webで最短60分融資も可能

メリット
  • 最短30分で審査回答!急なお申し込みも電話で対応!
  • いつでも返済可能!利息も利用日数分だけ!
  • 1回審査が通れば、ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済が可能!

関連記事